オリムピックのアジングロッドシリーズ「コルト」の魅力と製品ラインナップを大特集。

本格派のアジングを楽しみたい方にピッタリな5製品をピックアップしてみました。

アジングロッドの新調を検討されている方はお見逃しなく!

オリムピック製アジングロッドの全体像

オリムピックは圧倒的高性能なブランクスを強みとするロッドメーカー。

アジングロッドの「コルト」も界隈を席巻する超人気シリーズとなっています。

そんな「コルト」シリーズの主要ラインナップは↓のとおり。

製品参考実売価格
20コルトUX1万円台〜
23コルト2万円台〜
23コルトプロトタイプ3万円台〜
17スーパーコルト6万円台〜
19スーパーコルトAT10万円台〜

1万円台前半のエントリークラスから10万円超のスーパーハイエンドまで、グレード展開は多彩。

初心者から上級者まで、多種多様なアングラーをカバーする充実の構成ですね。

オリムピックのアジングロッドを一気見!

てことで、「コルト」シリーズの主要製品の特長を一気に紹介していきます。

オリムピックのアジングロッド①20コルトUX

「20コルトUX」は2020年に発売されたシリーズの入門機。

1万円台前半のお手頃価格ながらもオールSIC-Sリング仕様など、とりあえずコスパがバグってます。

アジングで重要となるロッドそのものの軽さも上位グレード並み。入門用にはもったいないほどの入門ロッドといえます。

そんな「20コルトUX」の最新ラインナップが↓です。

モデルティップ全長自重ルアー重量
482UL-HS【2021NEW】ソリッド1.42m(未定)0~1.8g
542UL-HS【2021NEW】ソリッド1.62m(未定)0.3~3g
572UL-HSソリッド1.70m57g0~3g
612L-HSソリッド1.86m60g0.3~4g
642L-HSソリッド1.93m62g0.5~5g
6102L-HSソリッド2.08m65g0.5~8g
742L-Tチューブラー2.24m75g0.8~10g

↓ジグ単特化のショートレングスモデル↓

↓ジグ単から遠投まで対応する万能モデル↓

↓遠投特化のロングモデル↓

オリムピックのアジングロッド②23コルト

先代モデルの「21コルト」からわずか2年でモデルチェンジされた、新世代のスタンダード機。

最大の注目ポイントは、オリムピック独自の新リールシート”OP-01”です。

軽量・高感度なNEWシートがコルトシリーズの新境地を切り開いてくれるでしょう。

その他の仕様や機種ラインナップは、おおむね先代モデルの「21コルト」を継承した形です。

「コルト」シリーズの強みは、しっかりと受け継がれています。

機種全長自重ルアー重量継数
572UL-TS1.70m48gMAX 2.5g2本
572UL-HS1.70m52gMAX 2g2本
592XUL-S1.75m48gMAX 1.5g2本
612L-HS1.86m53gMAX 3g2本
622UL-HS1.88m53gMAX 2g2本
642L-HS1.93m55gMAX 4g2本
642L-T1.93m55gMAX 4g2本
6102L-HS2.08m56gMAX 5g2本
802ML-HS2.44m73gMAX202本

↓大注目のチタンソリッドモデル↓

↓近〜中距離対応のチューブラーセミショート↓

オリムピックのアジングロッド③23コルトプロトタイプ

「23コルト プロトタイプ」は、実売4万円前後の中堅グレード。

下位グレードの「23コルト」と同じく、先代モデルからわずか2年での激早モデルチェンジで投入されたアイテムです。

東レの最新カーボンマテリアル”トレカM40X”や、オリムピックの独自製法”G-MAPS”を適用するなど、その仕様はバチバチのハイエンド系。

そして、今作から新搭載となったNEWグリップ(OP-01)も、もちろん採用されています。

大胆な肉抜きが施され、グリップからブランクが剥き出しになった奇抜な見た目は、インパクト抜群。

「コルト」シリーズの新展開を感じさせられます。

そんな「23コルト プロトタイプ」の機種一覧は↓のとおり。

機種全長自重ルアー重量継数
552UL-HS1.65m45gMAX1.5g2本
602L-HS1.83m48gMAX3g2本
612L-T1.85mMAX3g2本
642UL-HS1.93m49gMAX2g2本
672L-HS2.01m60gMAX5g2本
782ML-HS2.34m70gMAX20g2本

↓王道のジグ単ショート↓

↓尖ったチューブラーショート↓

↓7.8ftのド遠投モデル↓

オリムピックのアジングロッド④17スーパーコルト

出典:オリムピック

「17スーパーコルト」は超本格仕様のハイエンドロッド。

  • 高弾性カーボンの「トレカT1100G」
  • 軽量ガイドリングの「トルザイトリング」

など、高級素材・高等技術が使われたガチ勢向け製品です。

機種ラインナップはオリムピック製品の中でも珍しいショートレングスのチューブラー1本のみ。

ティップ全長自重ルアー重量継数
チューブラー1.85m49g0.3-4g2pcs

お値段はなかなか高額ですが、チューブラー好きにはたまらない製品といえるでしょう。

オリムピックのアジングロッド⑤19スーパーコルトAT

「19スーパーコルトAT」は10万円超の超ハイエンド機。ひょっとしたら、日本一高額なアジングロッドかもしれません。

もちろん、ただ高いというわけではなく、お値段に見合う豪華仕様となっています。

最注目は「オートクレーブ製法」。

加熱によるカーボン硬化時に極限まで空気を抜くことで、より軽くて強く、感度の高いブランクスに仕上げる技術となっています。

下位グレードには適用されていない唯一無二の技術となっており、これが「19スーパーコルト AT」の”特別”な点です。

機種ラインナップは「692UL-HS-AT」の1モデルのみ。

全長自重ルアー重量継数
2.05m53g0.5-6g2pcs

ULクラスの繊細さがありながら、上は6gまで背負える近〜中距離の万能型です。

1機種のみのラインナップにするならコレでしょ!と納得のスペックですね。

アジングジャンルでオリムピックと競合する有力メーカーまとめ

アジングジャンルでオリムピックと競合するメーカーの情報も、軽くまとめておきます。

有力どころは↓あたりでしょう。

メーカー注目製品
ダイワ22月下美人EX
21月下美人MX アジング
シマノ21ソアレXR
22ソアレSS アジング
メジャークラフト鯵道5G
アブガルシアソルティーステージ プロトタイプ アジング
エラディケーター リアルフィネス プロトタイプ
がまかつラグゼ 宵姫 爽
ラグゼ 宵姫 華弐
ラグゼ 宵姫 天

オリムピック社は入門〜ハイエンドまで多グレードにアジングロッドを展開していますから、競合するメーカーも多め。

近年のアジング人気とともに、ロッド市場も活気付いてきています。

他メーカーの情報も集めておくと良いでしょう。(中堅〜ハイエンドクラスのロッドを買う時は特に)

オリムピック製ロッドでアジングを楽しもう!

というわけで、オリムピックのアジングロッド紹介は以上です。

本記事で紹介したのは↓の5製品。

製品参考実売価格
20コルトUX1万円台〜
23コルト2万円台〜
23コルトプロトタイプ3万円台〜
17スーパーコルト6万円台〜
19スーパーコルトAT10万円台〜

厳密にいえばもっと多くの製品がありますが、有力な選択肢としては上記5製品になると思います。

超本格派のアジングを楽しめるオリムピック製ロッド。ぜひ、使ってみてください。

この記事で紹介したおすすめアイテム

競合メーカーのアジングロッド特集記事はコチラ

メーカー注目製品
ダイワ22月下美人EX
21月下美人MX アジング
シマノ21ソアレXR
22ソアレSS アジング
メジャークラフト鯵道5G
アブガルシアソルティーステージ プロトタイプ アジング
エラディケーター リアルフィネス プロトタイプ
がまかつラグゼ 宵姫 爽
ラグゼ 宵姫 華弐
ラグゼ 宵姫 天

関連記事