• がまかつのアジングロッドにはいろいろと種類があるけど、どれを選んだらいいかわからない。
  • 自分にピッタリな1本を選ぶ方法をおしえて~!

↑のような疑問にお答えしていきます。

がまかつは、「お値段は張るが、コスト以上のパフォーマンスを発揮する」と上級者から愛されるメーカー。

安くても3万円台と値段的なハードルは高めですが、玄人を唸らせ続ける職人的ロッドは魅力的です。

本記事では、そんながまかつ製アジングロッドの全モデルの特徴を徹底解説していきます。

あなたにピッタリな一本を見つけるためにお役立てください。

がまかつ製のライトゲームロッドは「ラグゼ 宵姫」シリーズ

がまかつのライトゲームロッドは「ラグゼ 宵姫(よいひめ)」というブランドで展開されています。

「ラグゼ 宵姫」の製品ラインナップは以下の2種類。

モデルクラス実売価格
宵姫華ミドルエンド35,000円~
宵姫天ハイエンド48,000円~

ご覧の通り、ビギナー向けのローエンド製品は展開されていません。

「高くても良いモノが欲しい人だけ買ってね!」というメッセージを感じる強気なラインナップですが、自社製品への自信の裏付けともいえます。

品質に絶対の自信があるからこそ、安売りはしないという信念を貫くことができるのでしょう。

てことで次のページからは、がまかつ製アジングロッドの特徴についてもう少し詳しく解説していきます。

がまかつ製アジングロッドの特徴

出典:がまかつ

続いては、がまかつ製アジングロッドの特徴について解説していきます。

ポイントは↓の3点。

  1. 高価格・高性能な職人的ロッド
  2. フィールドに最適化されたチューニングを提案
  3. 徹底的にムダを省き、驚愕の軽さを実現

順番に見えていきましょう。

高価格・高性能な職人的ロッド

高いけど、良いものを届ける。がまかつの一番の特徴は、安売りをしない老舗メーカーとしての誇りが滲む製品づくりです。

磯用ロッドが有名ですが、ルアーロッドも負けず劣らずの超高性能となっています。

最高級のカーボン繊維を用いて極細ロッドに強度を持たせ、ガイドにはチタンフレームとトルザイトリングを搭載。

ロッド全体を限りなく軽量化し、各パーツのバランスを整えることで

  • 反響感度
  • 抵抗感度
  • 接触感度

が最大限まで高められています。

「ラグゼ宵姫」シリーズのお値段はなかなか高いものの期待以上のクオリティーを持つので、一度使って病みつきになる人が後を絶ちません。

フィールドに最適化されたチューニングを提案

がまかつ製アジングロッドの「ラグゼ 宵姫」シリーズでは、水深や潮流、キャスト飛距離などフィールドごとに最適なチューニングが追及されています。

例えば、軽量ジグ単の使い分けだけでも

  • 1g未満のジグ単を潮に乗せながら巧みに操作できるフィネス型
  • 1g前後のジグ単で加重変化を感じて釣れる潮を探すサーチ型
  • 1.5g前後のジグ単でキレのあるダートアクションを決めるアピール型
  • 1g台後半~でディープや潮流が強いポイントを攻略するパワー型

といったように、それぞれのロッドに明確な役割を持たせているのです。

万能型よりも特化型のロッドの方が多く、ショートロッドを複数所有するマニアックなファンが多いのもうなずけます。

自分にピッタリな「宵姫」が見つかれば、フィールドに合わせた究極のセッティングでアジングを味わい尽くすことが可能です。

徹底的にムダを省き、驚愕の軽さを実現

がまかつ製アジングロッドは、装飾を徹底的に省くことで異次元の軽さに仕上げられています。

ハイエンド「宵姫天」の最軽量モデルはなんと28g。もはや空気です。

下表のとおり、他メーカーの最軽量モデルと比較しても圧倒的なパフォーマンスを誇ります。

メーカー最軽量モデル自重
がまかつ宵姫天 S48AL-solid28g
ダイワ月下美人 AIR AGS AJING510UL-S50g
シマノSoare CI4+ S408UL-S47g
ティクトSRAM UTR-58Tone-TOR48g
オリムピックSuper CORTO GSRCS-612L-T49g

アジング界のトップメーカーたちが50g前後でしのぎを削っている中、がまかつは異次元のアンダー30g。

驚愕の軽さがもたらすのは、もちろん最上級の感度です。

潮流の変化を読み取り、小さなバイトをモノにする近年のアジングシーンに最適化されています。

【ミドルエンド】のがまかつ製アジングロッド

出典:がまかつ

「ラグゼ 宵姫華」シリーズの特徴&全モデル紹介

ミドルエンドは実売価格35,000円~の「ラグゼ 宵姫 華」シリーズ。

上位機種の「ラグゼ 宵姫天」ほどではないものの、徹底的に軽量化されています。

特徴的なのはグリップのデザイン。

コルクやEVAを使わずにシンプルに仕上げてあり、軽量化に大きく貢献しています。

「握りにくくならない?」と不安に思われるかもしれませんが、アジングをするときはフロントグリップの前方を軽く持ち、ブランクスに指を掛ける方がほとんど。

リールの固定さえしてくれればOKなので、ぶっちゃけ握りやすさは不要です。

常識にとらわれず、不要な部分を根こそぎカットする大胆さは本当に素敵。惚れ惚れしちゃいます。

ガイドはオールチタンフレームで、トップガイドにSicリング、その他はトルザイトリングが使われています。

薄くて口径の小さなリングが搭載されており、こちらも軽量化・高感度化に一役買っているのです。

そんな「ラグゼ 宵姫華」には、ユーザーがゲーム性の高いアジングを楽しめるよう、10種類ものスペックがラインナップされています。

モデル全長自重ルアー重量
宵姫華 S54FL-solid1.63m39g0.1~2g
宵姫華 S60FL-solid1.83m43g0.1~2.5g
宵姫華 S63UL-solid1.91m46g0.1~3g
宵姫華 S66ML-solid1.98m49g0.1~9g
宵姫華 S69FL-solid2.06m47g0.1~3g
宵姫華 S610UL-solid2.09m50g0.1~5g
宵姫華 S74L-solid2.24m54g0.1~9g
宵姫華 S77M-solid2.31m58g0.7~12g
宵姫華 S80MH-solid2.44m63g1~18g
宵姫華 S82H-solid2.49m67g1~24

レングスが短い順に各スペックをご紹介していきます。

宵姫華 S54FL-solid

created by Rinker
Gamakatsu(がまかつ)
¥37,620(2020/09/28 16:17:09時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
1.63m39g0.1~2g2pcs

宵姫華シリーズで最も短いのが「S54F-solid」。

アミパターンが多い近年のアジングシーンに適したスローな誘いが得意なモデルとなっています。

アンダー1gであってもリグポジションを把握しながら、繊細な操作でアジの群れの中へリグを送り込むことが可能。

潮流の加重変化を最も察知しやすい近距離戦のスペシャリストとなっています。

宵姫華 S60FL-solid

全長自重ルアー重量継数
1.83m43g0.1~2.5g2pcs

シリーズで2番目に短いのが「S60FL-solid」。

こちらもアンダー1gのジグ単での繊細な攻めを得意とするモデルです。

最も短い「S54FL-solid」より長さがあるぶん、キャストのタイミングが取りやすくムチのようにしなるので、軽量リグを遠くへ運ぶことができます。

「ショートロッドを試してみたいけど、5フィート台は短すぎないかな…??」と不安を感じている方におすすめのレングスです。

宵姫華 S63UL-solid

全長自重ルアー重量継数
1.91m46g0.1~3g2pcs

パイロットリグとしてよく使われる1g前後のジグ単に最適化されたモデルが「S63UL-solid」。

先にご紹介した「S54FL-solid」「S60FL-solid」よりもロッドパワーがあるので、流れが速いポイントやボトム付近でもキレのあるアクションがつけやすくなります。

大きめのアクションを付けてアジに見つけてもらいたいとき、高活性のアジをテンポよく釣りたいマヅメどきに活躍する1本です。

ロッドの硬さを考慮してアクションを加減すれば、スローに誘うアミパターンのナイトゲームに対応できる汎用性の高さも魅力となっています。

宵姫華 S66ML-solid

created by Rinker
Gamakatsu(がまかつ)
¥38,335(2020/09/28 06:41:18時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
1.98m49g0.1~9g2pcs

「S63UL-solid」よりさらに長さとロッドパワーが上がったモデルが「S66ML-solid」。

取り回しの良いミドルレングスながらもMAX9gのリグを背負えるので、攻略範囲が広いという利点があります。

ジグ単から遠投リグまでを万能にこなせるバーサタイルな1本です。

「とりあえず1本でなんでもできるロッドが欲しい」という方はS66ML-solidで決まり!

宵姫華 S69FL-solid

※ネットショッピングでは品切れ中

全長自重ルアー重量継数
2.06m47g0.1~3g2pcs

ミドルレングスロッドに繊細なソリッドティップを搭載したモデルが「S69FL-solid」。

足場が高いフィールドで使いやすい、軽量リグのキャスト距離が延びるなど、ミドルレングスならではの良さがあります。

ただ、感度に関してはショートロッドに大きなアドバンテージがあるので、フィネスなロッドが欲しい方は「S54FL-solid」や「S60FL-solid」の方がおすすめです。

宵姫華 S610UL-solid

※ネットショッピングでは品切れ中

全長自重ルアー重量継数
2.09m47g0.1~3g2pcs

アジングのメインとなる1g前後のジグ単に最適化されたモデルが「S610UL-solid」。

ブランクスに絶妙なハリがあり、潮流の感知性能を持ちながらもキレのあるアクションもできるというバランスの良さが魅力です。

MAX5gのリグを背負えるので軽めの遠投なら対応できます。

しかしミドルレングスのロッドを使うなら、もう少しパワーが欲しいところ…。

個人的にはさらに汎用性の高い66ML(ルアー対応重量MAX9g)の方を推します。

宵姫華 S74L-solid

created by Rinker
Gamakatsu(がまかつ)
¥38,335(2020/09/28 18:21:39時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
2.24m54g0.1~9g2pcs

ジグ単からスプリット、キャロ、フロートまで幅広く使える長尺ロッドが「S74L-solid」。

長めのレングスながらも、リグのポジションを把握しながら、細かな操作を付けることができる繊細さが持ち味です。

どちらかといえば巻きの釣りが得意なモデルなので、アジングよりはメバリングに向いています。

宵姫華 S77M-solid

created by Rinker
Gamakatsu(がまかつ)
¥40,570(2020/09/28 06:41:19時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
2.31m58g0.7~12g2pcs

「S77M-solid」は遠投リグの使用に特化したロングロッドです。

12gまでのリグを背負える力持ちなので重ためのキャロやフロートを全力キャストでき、沖を回遊するデカアジ狙いに最適。

ただ、遠投に特化したモデルなので、アンダー1gのジグ単の使用はちょいキツイです。

ショートロッドとの2本持ちを推奨します。

宵姫華 S80MH-solid

created by Rinker
Gamakatsu(がまかつ)
¥39,688(2020/09/28 18:21:40時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
2.44m63g1~18g2pcs

重ための遠投リグのロングキャストを想定したモデルが「S80MH-solid」。

攻略範囲は広いのですが、アジングにはややオーバースペックです。

アジングの遠投ロッドなら「S77M-solid」の方が、感度とパワーのバランスに優れます。

宵姫華 S82H-solid

全長自重ルアー重量継数
2.49m67g1~24g2pcs

「S82H-solid」は宵姫華のなかで最もパワフルなロッドです。

アジングロッドというよりは、フィネスなエギングロッドといった仕上がり。

言うまでもなく港湾部でのアジングにはオーバースペックです。

ただ、1本でアジング以外の釣りも楽しみたいという方にとっては魅力的なロッドとなっています。

ミドルエンドのがまかつ製アジングロッドのまとめ

「宵姫華」シリーズはとても種類が多いので、「結局どれを選んだら良いかわからない…」という方もいらっしゃるかと思います。

そこで「宵姫華」シリーズのまとめとして、全モデルを散布図にマッピングしてみました。(縦軸が感度、横軸が攻略範囲です。)

↑はあくまで個人的な見解ですが、おおむね合っているかと

ミドルエンドのまとめとして、10種のスペックから用途別のおすすめロッドを厳選しておきます。

近距離戦には感度MAXの「S54FL-solid」

created by Rinker
Gamakatsu(がまかつ)
¥37,620(2020/09/28 16:17:09時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
1.63m39g0.1~2g2pcs

★ジグ単&遠投リグ兼用モデルには感度と攻略範囲のバランスが良い「S66ML-solid」

created by Rinker
Gamakatsu(がまかつ)
¥38,335(2020/09/28 06:41:18時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
1.98m49g0.1~9g2pcs

★アジングの遠投リグに過不足なく対応できる「S77M-solid」

created by Rinker
Gamakatsu(がまかつ)
¥40,570(2020/09/28 06:41:19時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
2.31m58g0.7~12g2pcs

【ハイエンド】のがまかつ製アジングロッド

出典:がまかつ

「宵姫天」シリーズの特徴&全モデル紹介

がまかつ製アジングロッドの最高峰に君臨するのは、実売価格48,000円~の「宵姫天」。

本機の特徴は、軽量リグの感度・操作性の徹底追及です。

その答えのひとつとして特に際立っているのが圧倒的な「軽量化」。

感度追及のために、ロッド全体の余分な装飾がストイックに排除されています。

フロントグリップのEVAやコルクがないのは「宵姫華」と同様ですが、「宵姫天」に関してはリアグリップすらありません。

「ショートロッドで両手キャストするやつは、宵姫天を使うな!」と言わんばかりの乱暴さです。

しかし、実際に1g未満の軽量リグのキャストに両手は不要。ワンハンド構造はとても理になかっています。

斬新な発想でウェイトが削ぎ落とされた「宵姫天」の最軽量モデルの自重はなんと28g!!

この軽さは異次元。もはや空気です。

アジングロッドは基本的に軽ければ軽いほど、感度が研ぎ澄まされていきます。

言うまでもなく「宵姫天」のぶっ飛んだ軽さは、最高感度を生み出す源泉となっているのです。

そんな「宵姫天」には以下の5つのスペックが用意されています。

モデル全長自重ルアー重量
宵姫天 S48AL-solid1.42m28g0.1~1.5g
宵姫天 S54FL-solid1.63m32g0.1~2g
宵姫天 S510ML-solid1.78m41g0.1~7g
宵姫天 S511FL-solid1.80m36g0.1~2.5g
宵姫天 S61L-solid1.85m42g0.1~5g

軽量リグに特化したショートロッドの細かい使い分けが提案されており、上級者がヨダレを垂らしそうなラインナップです。

宵姫天 S48AL-solid

全長自重ルアー重量継数
1.42m28g0.1~1.5g2pcs

まだ手を出しているメーカーが少ない4フィート台の超絶ショートロッドが「S48AL-solid」。

究極の感度でわずかな潮流の変化やショートバイトを見逃さず、繊細なかけひきを楽しめるセッティングとなっています。

しなやかなブランクスは小さなアジを掛けてもよく曲がるので、掛けた後のやりとりもスリリング。

身近な港湾部でもアジングの醍醐味にどっぷり浸かることができるのです。

宵姫天 S54FL-solid

created by Rinker
Gamakatsu(がまかつ)
¥47,520(2020/09/28 07:33:26時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
1.63m32g0.1~2g2pcs

アンダー1gの超軽量ジグ単を駆使した繊細な釣りを想定して造られたのが「S54FL-solid」です。

超軽量ジグ単の使用時でもリグポジションや荷重をしっかり感じ取ることができ、操作性は抜群。

アジの群れに向かってへリグを流すドリフト釣法への適性もあり、群れが薄い状況でも釣果が上げやすいのも利点です。

宵姫天 S510ML-solid

created by Rinker
がまかつ
¥50,490(2020/09/28 15:23:42時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
1.78m41g0.1~7g2pcs

「S510ML-solid」は、宵姫天シリーズのなかで最もパワーがあるモデル。

2gオーバーのジグ単を使わざるを得ないような急流ポイントであっても、キレのあるアクションで効果的な誘いを入れることができます。

7gまでのリグを背負えるので、中量級の遠投リグにも対応可。

ショートロッドの高感度で沖を攻めることができる希少種となっています。

宵姫天 S511FL-solid

created by Rinker
がまかつ(Gamakatsu)
¥48,509(2020/09/28 15:23:42時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
1.80m36g0.1~2.5g2pcs

「S511FL-solid」は、アンダー1gのジグ単に最適化されたモデル。

用途や性能は「S54FL-solid」とほぼ変わりません。

少し長めのショートロッドがお好みの方は、「S511FL-solid」を選ぶと良いでしょう。

宵姫天 S61L-solid

created by Rinker
がまかつ
¥50,490(2020/09/28 16:17:10時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
1.85m42g0.1~5g2pcs

1g~のちょい重ジグ単に最適化された長めのショートロッドが「S61L-solid」。

横方向の流れがある釣り場やディープといった軽量ジグ単で攻めにくいシチュエーションでも、快適にアジを掛けていくことができます。

超ハイスペックな「がまかつロッド」でアジングを楽しもう!

ということで、がまかつ製アジングロッドの完全ガイドは以上です。

がまかつ製のロッドはお値段こそ高いものの、品質は最高。

最高の感度と操作性でアジングを楽しみ尽くせる精鋭ロッドばかりとなっています。

「釣れた」ではなく「釣った」という感覚を味わえますので、ぜひゲットしちゃってください。