• ダイワのアジングロッドって種類がいっぱいあるけど、どう違うの?
  • 高いやつと安いやつってどう違うの?
  • 自分の予算に合うダイワ製アジングロッドが知りたい!

↑のような疑問にお答えしていきます。

国内の釣り具メーカーとして絶大な人気を誇るダイワには、本当に多彩なアジングロッドが存在するんです。

しかし種類が多いがために、どれを選んだら良いかわかんなくなっちゃうんですよね…。

そこで本記事では

  • ダイワ製アジングロッドの全ラインナップ
  • ダイワのアジングロッドの注目テクノロジー
  • 価格帯別のおすすめモデル

をがっつりと解説していきます。

ダイワ製アジングロッドを買いたいけど、どれにしようか迷っている方は、ぜひお役立てください♪

ダイワのアジングロッド「月下美人」完全ガイド 〜ラインナップ〜

出典:ダイワ

ダイワ製アジングロッドのラインナップは大きく分けると5種類。

ラインナップクラス実売価格
アジングXローエンド7,000円~
月下美人 AJINGミドルエンド10,000円~
月下美人 MX AJINGスーパー・ミドルエンド20,000円~
月下美人 AIR AGSハイエンド30,000円~
月下美人 EX AGS/EX AJINGスーパー・ハイエンド50,000円~

価格が高くなるほど高度な技術が搭載されていますので、アジングで最も重要な感度が良くなります。

アジングにおける感度はセンサー。アジの繊細なアタリ、潮流の変化へのセンサー性能が良ければ、アジのキャッチ率が上がるのです。

当然ながら、予算の許す限りクオリティーの高いロッドを使う方が釣果はついてきやすくなります。

ただし、↑は「同じフィールド・同じ条件で釣りをするなら」という前提付きです。

ロッドやリールのスペックよりも大事な、ポイント選定・誘いを極めれば、リーズナブルなロッドでも十分に戦えますので、その点はご安心ください。

ダイワ製アジングロッドの注目テクノロジー

出典:ダイワ

ざっくりとダイワ製アジングロッドのラインナップをご紹介しましたが、7,000~50,000円前後まで割と幅がありましたよね。

「ぶっちゃけ、高いヤツは何が違うのよ?」と思われた方も多いと思います。

簡単に言えば、高いアジングロッドにはダイワ独自の高度なテクノロジーが投入されているってことです。

アジングにおいてテクノロジーは感度に反映され、釣果を分けるポイントとなります。

ここからは、ダイワの上位モデルと下位モデルの違いを見るうえで重要な

  • ガイド
  • トップ
  • リールシート

に使われる注目のテクノロジーをご紹介していきます。

ガイド

ガイドとは、ラインの通り道となる輪っかのこと。

ガイド性能が高ければ、ライントラブルは減少し、アングラーの手に伝わる情報も多くなります。

ガイドの技術において注目すべき点は以下の2つ。

  • ガイドリング
  • ガイドフレーム

ガイドリングはラインが通る輪っかのこと、ガイドフレームはその輪っかを支える部分を指します。

ガイドリング

ダイワ製のアジングロッドに搭載されるガイドリングは以下の4種類に分類されます。

ガイドリングの種類性能・特徴
ハードガイドリングその他大勢。安いけど劣化は早め
Sicリング中級モデルに搭載される高機能リング
Cリング、Nリングコバルト合金やシリコンを使った新開発リング
トルザイトリング最高級品(※アングラーによって見解の違いあり)

下にいけばいくほど高価になり、丈夫でラインを傷めずトラブルも少ない。さらに、感度も良くなるイメージです。

前項でご紹介したダイワ製品にあてはめると以下のような感じになります。

ガイドリングの種類搭載されているモデル
ハードガイドリングアジングX
Sicリング月下美人 AJING、月下美人 MX AJING
Cリング、Nリング月下美人 AIR AGS
月下美人 EX AGS/EX AJING
トルザイトリング月下美人 EX AJINGの一部

当たり前ですが、高いヤツには高いガイドリングが使われています。

とはいえ、ハードガイドでも十分にアジングは楽しめますので、そんなにこだわりすぎなくてもOKです。

ガイドフレーム

ダイワ製アジングロッドのガイドフレームは、材質や製法によって以下のように分類されます。

  • 金属製
  • チタン製
  • AGS(エアガイドシステム)

金属製ガイドフレームはアジングXや月下美人 AJINGといった低価格帯のモデルに、チタン製ガイドフレームは中級クラスの月下美人 MX AJINGに採用されています。

ガイドフレームの中でも特に注目すべきなのが、上級モデルに搭載されているAGS(エアガイドシステム)です。

出典:ダイワ

AGSが搭載されたモデルでは、フレームにカーボン素材が使われており、さらなる軽量化と高感度が実現されています。

リグに加わった衝撃や変化をしっかりとロッドに伝えてくれるので、手元に届く情報量が段違いです。

トップ(ティップ)

トップ(ティップ)とはロッドの穂先部分のことを指し、感度に大きく影響するパーツのひとつです。

ダイワのロッドトップの技術で注目すべきは2つ。

  • メガトップ
  • SMT(スーパーメタルトップ)/SMTチューブラー

メガトップ

出典:ダイワ

メガトップは中級モデル以上に搭載されているカーボンソリッドのこと。

繊維と樹脂の分散が均一になるように調整されており、感度と剛性に長けたソリッドティップとなっています。

SMT(スーパーメタルトップ)

出典:ダイワ

SMT(スーパーメタルトップ)は、最上位モデルの「月下美人EX AGS AJING/EX AJING」の一部製品にのみ搭載されているティップです。

穂先に高弾性のチタン合金が使われており、微細な振動も逃さず手元に伝えてくれます。

ティップの柔軟性も高いので、「コツン」という金属的なアタリだけでなく、「フワッ」とラインのテンションが抜けるような食い上げのアタリも逃しません。

中が詰まったソリッド、空洞のチューブラーの2種類がラインナップ。

より柔軟性の高いソリッドティップはジグ単寄りの短尺ロッド、ハリの強いチューブラーティップは遠投リグに寄せた長尺ロッドに搭載されています。

リールシート

出典:ダイワ

リールシートとは、ロッド下部にあるリールをセッティングする部分のこと。

釣行中にダイレクトに手で握る部分ですので、手感度を左右する重要パーツです。

上級モデル(AIR AGS AJING/EX AGS AJING/EX AJING)では、この「リールシート」が専用設計されています。

素材にカーボンファイバーを用いることで、軽量化・高感度化の両方を実現。

専用設計のリールシート「エアーセンサーシート」は、ロッドから伝わる「変化」を逃さずアングラーに伝えてくれます。

【完全ガイド】ダイワ製アジングロッドの全モデルを解説

【ローエンド】アジングX

出典:Amazon ダイワ店

ダイワのアジングロッドで最もお求めやすく、入門機として最適なのは「アジングX」です。

ライトゲームのトップブランド「月下美人」の開発で培ったノウハウが、存分に活かされたエントリーモデルに仕上がっています。

確かな剛性と繊細さを併せ持ち、上位機種のデザインを踏襲する人気の1本です。

アジングXには、用途に合わせて3つのタイプがラインナップされています。

アイテム特徴
アジングX 59UL-S軽量ジグ単にも対応でき、より繊細な釣りを楽しむためのモデル。
アジングX 68L-Sジグ単に加えて、キャロやスプリットの使用も想定したバランス型。
アジングX 72L-Sキャロやスプリットなどの遠投リグをメインに使いたい方におすめのモデル。

ジグ単特化のおすすめモデル「59UL-S」

ダイワ(Daiwa) アジング X 59UL-S 01480220
全長自重ルアー重量
1.75m98g0.3-5g

アンダー1gのジグヘッドでも操作感が失われない繊細さをもつショートロッド。

実売7,000円台ながらも、高感度が実現されています。

ジグ単&遠投リグ兼用のおすすめモデル「68L-S」

全長自重ルアー重量
2.03m108g0.5-8g

1本のロッドで遠投リグもジグ単も楽しみたい方は「68L-S」がおすすめ。

最大8gまでのルアーを背負えるので、捜索範囲が広がります。

遠投リグ特化スペックのおすすめモデル「72L-S」

全長自重ルアー重量
2.18m113g0.5-8g

アジングXの3モデルの中で最も長さがあり、遠投性能が高いのが「72L-S」。

潮の流れが速く、水深のあるフィールドでの釣りがメインの方に最適です。

【ミドルエンド】月下美人 AJING

↓投入されているテクノロジー↓

  • ガイド:Sicリング
  • トップ(ティップ):メガトップ( 71UL-S、74L-S に搭載)

「月下美人 AJING」は、ダイワのライトゲームブランド「月下美人」のエントリーモデルです。

上位機種のエッセンスをできる限り取り入れ、極限までコストパフォーマンスを高めたダイワ自慢のロッド。

  • リフトとフォールが主体の縦の釣り
  • 巻きが主体になる横の釣り
  • メタルジグや遠投リグも活用するマルチな釣り

に対応できるように構成された商品ラインナップは以下の3つです。

アイテム特徴
月下美人 AJING 611L-Sジグ単から遠投リグまでカバーできるオールラウンダーな1本。
月下美人 AJING 71UL-S長めのレングス×柔らかいティップで横の釣りを展開しやすいモデル。(アジングよりは、メバリング向きかな)
月下美人 AJING 74L-Sオールラウンダーな611L-Sよりも遠投性能に特化したモデル。竿抜けポイントまで遠投をかましたいシーンで活躍します。

ジグ単特化のおすすめモデル:なし

「月下美人AJING」には、ジグ単に特化したショートロッドはラインナップされていません。

5フィート台のショートロッドでの近距離戦を楽しみたい方は、「アジングX」にグレードを落とすか、「月下美人 MX AJING」以上の上位モデルを検討してみてください。

ジグ単&遠投リグ兼用のおすすめモデル「611L-S」

全長自重ルアー重量
2.11m88g0.5-8g

高感度なソリッドティップを搭載したダイワ自慢の1本。

ルアーは8gまで背負えるので遠投リグにも対応できますが、どちらかといえばジグ単が得意な仕様となっています。

「ほとんどジグ単しか使わないけど、たま~に遠投リグも投げたい!」って方におすすめです。

遠投リグ特化スペックのおすすめモデル「74L-S」

全長自重ルアー重量
2.24m92g0.6-10g

遠投リグの使用に適したパワーのあるモデルです。

レングスが長いぶん、飛距離のアドバンテージが大きいので、竿抜けポイントまで大遠投をぶちかませます。

冬場に盛り上がるプラグでのメバリング、ヒイカ狙いのライトエギングにも流用できるオールマイティーさも魅力です。

【スーパー・ミドルエンド】月下美人 MX AJING

出典:ダイワ

↓投入されているテクノロジー↓

  • ガイド:Sicリング(軽量チタンフレーム)
  • トップ(ティップ):メガトップ

スーパー・ミドルエンドは「月下美人 MX AJING」です。

実売価格2万円~という価格帯ながらも上位モデルに肉薄する性能を持つ、ハイコスパが魅力。

MX AJINGはハリがあって高感度!ダイワらしい「ピン・シャン」の掛け調子に仕上げられており、より精緻なゲームを楽しむことができます。

アイテム特徴
月下美人 MX AJING 55LS-Sジグ単や小型プラグの操作に適したショートロッド
月下美人 MX AJING 510ULS-Sアンダー1gのジグ単を繊細に操れるフィネスモデル
月下美人 MX AJING 64.5LS-Sジグ単から遠投リグまでこなせるオールラウンダー
月下美人 MX AJING 79MLS-S遠投リグの使用に適した強さのある長尺ロッド
月下美人 MX AJING 75HS-Sギガアジを狙うための強度が備わったパワーモデル

ジグ単特化のおすすめモデル「510ULS-S」

全長自重ルアー重量
1.78m55g0.3-5g

超軽量ジグ単を使って、食い渋るアジを攻略するためのモデル。

アミパターンに特化した超スローな釣りが得意で、近年のアジングシーンにマッチしたショートロッドです。

「ルアー重量0.3g~」とうたっているだけあり、アンダー0.5gのジグ単でもしっかりと存在感を感じることができます。

ジグ単&遠投リグ兼用のおすすめモデル「64.5LS-S」

全長自重ルアー重量
1.94m65g0.5-8g

軽量ジグ単から遠投リグまで対応できる万能アジングロッド。

レングスがあるぶん「510ULS-S」より少し感度は劣りますが、十分な繊細さも持っています。

ルアー重量も8gまで扱えますので、そこそこの遠投にも対応可能。

どんなフィールドにもマッチする1本となっています。

遠投リグ特化スペックのおすすめモデル「79MLS-S」

全長自重ルアー重量
2.36m90g1.5-10g

遠投リグの使用に特化した長尺アジングロッドです。

ルアー重量は1.5g~となっていますが、このロッドが登場するときは5g以上のシンカーを使ってぶちかましたいタイミング。

沖のブレイクを回遊している大型のアジを狙いたいときに真価を発揮します。

【ハイエンド】月下美人 AIR AGS AJING

出典:ダイワ

↓投入されているテクノロジー↓

  • ガイド:AGS(エアガイドシステム)
  • トップ(ティップ):メガトップ
  • リールシート:エアセンサーシート

ハイエンドは「月下美人 AIR AGS AJING」。

ダイワの上級ロッドに採用される「AGS(エアガイドシステム)」の名を冠した高級品です。

出典:ダイワ

フィット感と軽さを追求した専用設計の小型リールシート(エアセンサーシート)が搭載されており、感度・使い心地ともに上々。

以前のモデルも性能は良かったものの、1ピースで持ち運びしにくいという点がネックでした。

今作は2ピースで持ち運びも快適なうえに、1ピースと遜色ない感度が備わっています。

買わない理由がなくなったってやつです。(ダイワさんお見事!)

スペックのラインナップも6種類に拡張され、自身のスタイルを追求しやすくなっています。

アイテム特徴
月下美人 AIR AGS AJING A510UL-S常夜灯下の激渋アジくんを攻略するためのフィネスモデル
月下美人 AIR AGS AJING A65L-Sジグ単から軽めの遠投までこなす高感度なバランス型
月下美人 AIR AGS AJING A68L-Tバランス型ながらもやや遠投リグの使用に寄せたチューブラーティップモデル
月下美人 AIR AGS AJING A79L/M-S遠投リグの使用に特化したしなやかな長尺ロッド
月下美人 AIR AGS AJING A710L/M-T沖に潜むアジを派手なアクションで誘えるチューブラーティップの遠投モデル
月下美人 AIR AGS AJING A81M-Tやんちゃなギガアジをぶちのめすためのパワフルロッド

ジグ単特化のおすすめモデル「510UL-S」

全長自重ルアー重量
1.78m50g0.3-5g

常夜灯下にアジがいるのはわかっているけど、なかなか口を使ってくれない低活性状態ってよくあると思います。

そんなときに超スローにワームを見せて、

「目の前に逃げないエサがあるし、とりあえず食っとくか!」

とアジに思わせるスローな釣りに特化したショートロッド。

港湾部アジング特有の「静」の釣りを髄まで楽しみ尽くせる繊細な仕上がりにビビりますよ。

ジグ単&遠投リグ兼用のおすすめモデル「65L-S」

全長自重ルアー重量
1.96m56g0.5-8g

「ジグ単がメインだけど、状況によっては遠投リグも使いたい!けど、ロッドを2本持ってくのは面倒。」って方におすすめのバランス型モデル。

オールラウンダーではありますが、ビンビンの感度で軽量ジグ単を操作できる繊細さが魅力のロッドです。

6フィート台のバランス型で自重56gというのも驚異的。軽すぎやろ~!

遠投リグ特化スペックのおすすめモデル「79L/M-S」

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥37,400(2020/09/24 06:18:28時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量
2.36m74g1.5-10g

しなやかで食い込みの良いソリッドティップながらも10gのルアーを背負えるスグレモノ。

柔軟性の高いティップは、手感度だけでなく、目感度においても大きなアドバンテージになります。

重ための遠投リグ使用時であっても、手感覚でフォールスピードの調整が可能。

縦の釣りにこだわり抜きたい上級者も唸らせる仕上がりですよ。

【スーパー・ハイエンド】月下美人 EX AGS AJING/EX AJING

出典:ダイワ

↓投入されているテクノロジー↓

  • ガイド:AGS(エアガイドシステム)
  • トップ(ティップ):メガトップ、SMT(スーパーメタルトップ)
  • リールシート:エアセンサーシート

「金に糸目はつけねえ。ダイワの中で一番高くて、一番良いロッドをよこせ!」

という豪快なあなたには、スーパー・ハイエンドの「月下美人 EX AGS AJING/EX AJING」一択です。

国内釣り具メーカーの神・ダイワが、持てる技術の全てをぶち込んだやべえヤツ。

食い上げの抜けアタリだけでなく、わずかな潮の変化まで感じ取れる、「なんでもござれ」の究極感度が実現されています。

釣りでメシを食うプロテスターたちの「わがまま」を存分に反映した極上のロッドをご堪能あれ!

ラインナップは以下の6種類。

アイテム特徴
月下美人 EX AJING 55L/HS-SMT・E満腹のアジにも口を使わせる切り札的な究極ジグ単ロッド。
月下美人 EX AGS AJING 510L/MHS-SMT・Eオカッパリだけでなくボートアジングにも対応する便利なショートロッド。
月下美人 EX AGS AJING 64LS-SMT・Eあえてハリ(硬さ)を減らした胴調子ロッド。ラインスラックの魔術師におすすめ。
月下美人 EX AGS AJING 64.5L/MLS-S・E「そつなくこなす」ではなく、「すべてを完璧にこなす」を目指した至極のスタンダードロッド。
月下美人 EX AGS AJING 75HS-SMTT・E25gまでのルアーを背負える力持ち。ギガアジを仕留めたい方にとっては最強のパートナーです。
月下美人 EX AGS AJING 711MLS-T・Eチューブラーティップが採用され、ハリと柔軟性が絶妙にマッチした究極の遠投リグ用ロッド。

ジグ単特化のおすすめモデル「55L/HS-SMT・E」

全長自重ルアー重量
1.65m61g0.3-5g

アンダー1gの超軽量ジグヘッドを使って、食い渋ったアジに口を使わせる近年のアジングシーンに合わせて作られたハイエンドロッド。

アタリをひとつも逃さないというコンセプトで設計された、鬼がけSMT(スーパーメタルトップ)が搭載されています。

ティップ素材は主流のカーボンにチタン合金をハイブリッドしており、他のロッドとは一味違う金属的な高感度。

ティップに超高性能センサーが搭載されてるようなもんなので、アタリだけでなく地形や潮の流れの変化まで察知できますよ。

ジグ単&遠投リグ兼用のおすすめモデル「64.5L/MLS-S・E」

全長自重ルアー重量
1.94m61g0.5-8g

ジグ単から軽めの遠投リグまでの釣りを完璧にこなすために考え抜かれた最高級のロッドバランスが魅力の一本です。

何かに特化した職人的ロッドではなく、完璧なオールラウンダーを作る苦労は想像を超える作業だと思います。

様々な種類のリグに命を吹き込む万能ロッドには、ダイワならではのテクノロジーが溢れんばかりに詰まっていますよ。

遠投リグ特化スペックのおすすめモデル「711MLS-T・E」

ダイワ 月下美人EX・AGS・AJING 711MLS-T・E (アジング ロッド)
全長自重ルアー重量
2.41m78g1.5-10g

チューブラートップを採用することで、バットとベリーだけでなくロッド全体をシャキッと仕上げた遠投リグのスペシャリストです。

遠投リグの欠点である感度の低下を、ダイワ特有の「ピンシャン」なロッドで補うことができます。

アジングの醍醐味である「掛け」の釣りを遠投リグでもお楽しみください。

【番外編】モバイルロッドもあります

出典:ダイワ

ダイワからは、持ち運びに便利なモバイルロッドもたくさん発売されています。

アジング仕様のおすすめモバイルロッドもついでに紹介しておきますね。

月下美人 MX AJING M62L-S・K

全長仕舞寸法自重ルアー重量
1.88m44cm76g0.5-8g

5本継を採用することで、仕舞寸法を44cmまで小型化した月下美人ブランドのモバイルロッドです。

もちろん、ただ小さくしただけではなく、1ピースや2ピースロッドと同じように使えるよう、調子が整えられています。

2ピースロッドに引けを取らないほどの好感度に仕上がっていますので、メインロッドとしても十分に活躍してくれますよ。

モバイルパック 615TLS

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥9,573(2020/09/24 21:49:21時点 Amazon調べ-詳細)
全長仕舞寸法自重ルアー重量
1.85m46cm87g1-10g

月下美人ブランドのモバイルロッドよりは感度・操作性が落ちますが、リーズナブルな価格で入手できる振出式モバイルロッドです。

アンダー1gのジグヘッドは扱いづらいですが、10gまでの重さを背負えるという利点があります。

コンパクトロッドながらもしっかりとしたパワーを秘めていますので、小型の青物ぐらいなら十分にキャッチ可能。

汎用性の高さは、月下美人MXモバイルにはない魅力です。

ダイワ製アジングロッドをGETして無双しよう!

ということで、ダイワ製アジングロッドの完全ガイドは以上っす。

国内釣り具メーカーの王・ダイワからは、多彩な種類のアジングロッドがリリースされています。

予算や釣りのスタイルに合わせて、ピッタリの1本を見つけてアジング無双しちゃってください♪

最後に、ローエンド~スーパー・ハイエンドのジグ単&遠投リグ兼用モデルをまとめておきますね。

↓ローエンド:アジングX 68L-S↓

↓セミ・ミドルエンド:月下美人 AJING 611L-S↓

↓ミドルエンド:月下美人 MX AJING 64.5LS-S↓

↓セミ・ハイエンド:月下美人 AIR AGS AJING A65L-S↓

↓ハイエンド:月下美人 EX AGS AJING 64.5L/MLS-S・E↓