国内の王道メーカー「ダイワ」から発売されているアジングロッドを総まとめにしてご紹介。

高感度かつピンシャンの掛け調子を特徴とする”月下美人”ブランドを中心に至高のラインナップとなっています。

アジングロッドの新調をお考えの方は必見です!

ダイワ”月下美人”のアジングロッドは全4グレード

出典:ダイワ

ダイワのアジングロッドは”月下美人”ブランドを中心に展開されています。

1万円台〜5万円台まで豊富な品揃えとなっており、グレードの一覧は↓のとおりです。

グレード実売価格
月下美人 アジング13,000円前後
月下美人 MX アジング25,000円前後
月下美人 AIR AGS アジング35,000円前後
月下美人 EX AGS アジング/EX アジング55,000円前後

ビギナーからエキスパートまで幅広く対応するダイワらしいラインナップとなっています。

ピンシャンの掛け調子が魅力

ダイワ”月下美人”のアジングロッドの特徴はズバリ、「ピンシャン」です。

全体的にパリッとした調子に仕上がっており、アジングの醍醐味である”掛け”を存分に楽しめます。

ロッド全体はファーストテーパー寄りの「ピンシャン」なのですが、ティップで各機種の味付けを変えているのも注目ポイント。

絶対領域である”掛け”を損なわないことを大前提に、アングラーの細かな好みに応える美しい機種構成にもご注目ください。

GyoGyoくん
GyoGyoくん

てなわけで、ここからはダイワ”月下美人”ブランドのアジングロッドを一気見していくゾ!

ダイワ「月下美人 アジング」※実売1.2万円前後

出典:Amazon

2020年にモデルチェンジされた自慢の入門機。

自重を中心としたスペックは上位機に迫る水準となっており、コスパがやばすぎると評判です。

ブランクスには「高密度HVFカーボン」を採用し、本格派のピンシャンを実現。

上級者のサブロッドとしても十分に使える実力派のエントリーロッドです。

そんな「月下美人 アジング」の機種ラインナップは↓のとおり。

機種ティップ全長(m)自重(g)ルアー重量(g)
55UL-Sソリッド1.65550.3-5
510UL-Sソリッド1.78570.3-5
68L-Sソリッド2.03630.5-8
78ML-Sソリッド2.34812-15
80ML-Tチューブラー2.44852-15

注目機種:月下美人 アジング 68L-S

ティップ全長自重ルアー重量継数
ソリッド2.03m63g0.5-8g2本

そこそこ取り回しがよく、ジグ単から遠投リグまで使える万能モデル。アジング入門用の1本にうってつけです。

ダイワ「月下美人 MX アジング」※実売2.5万円前後

出典:ダイワ

「月下美人MX アジング」は入門機で基礎を固めたアングラー向けのステップアップ機です。

2021年にモデルチェンジを迎え、好評だった先代機よりもさらに性能がブラッシュアップされています。

ブランクスには上位機と同じ「HVFナノプラス」を採用。お得意の掛け調子に磨きがかかり、感度向上にも貢献しています。

そんな「月下美人 MX アジング」の機種ラインナップは↓のとおり。

機種ティップ全長自重ルアー重量
55XUL-S・Nソリッド1.65m46g0.3-3g
510UL-S・Nソリッド1.78m50g0.3-5g
64L-S・Nソリッド1.93m55g0.5-8g
65L-T・Nチューブラー1.96m55g0.5-8g
710ML-S・Nソリッド2.39m70g1.5-10g

注目機種:月下美人MX アジング 55XUL-S・N」

ティップ全長自重ルアー重量継数
ソリッド1.65m46g0.3-3g2本

超軽量ジグ単に特化したゴリゴリのフィネス系モデル。

アンダー1gのジグ単を軸に、超スローかつスリリングな近距離戦を楽しめます。

ダイワ「月下美人 AIR AGS アジング」※実売2.5万円前後

出典:ダイワ

「月下美人 AIR AGS アジング」はシリーズの準ハイエンド機です。

ダイワの上位グレードでは定番のカーボンガイド「AGS(エアガイドシステム)」を採用。

自重以上の軽さを感じられる”AIR”にふさわしい仕上がりで、ベテランアングラーを中心に手堅い支持を集めています。

そんな「月下美人 AIR AGS アジング」の機種ラインナップは↓のとおり。

モデルティップ全長自重ルアー重量
510UL-Sソリッド1.78m50g0.3~5g
65L-Sソリッド1.96m56g0.5~8g
68L-Tチューブラー2.03m56g0.5~8g
79L/M-Sソリッド2.36m74g1.5~10g
710L/M-Tチューブラー2.39m74g1.5~10g
81M-Tチューブラー2.46m76g2~15g

注目機種:月下美人 AIR AGS アジング 65L-S

ティップ全長自重ルアー重量継数
ソリッド1.96m56g0.5~8g2pcs

ジグ単にも遠投リグにも高次元で対応するミラクルな万能ロッド。

シャキッと張りのあるブランクスに、適度にしなやかなソリッドティップが合わせてあります。

6.5ftクラスとは思えないほどの繊細さを持ち、ショートロッドの十八番である超スローなゲーム展開にも適応可。

1本でなんでもやりたい方には持ってこいのモデルです。

ダイワ「月下美人 EX AGS アジング / EX アジング」※実売5.5万円前後

出典:ダイワ

シリーズの最高峰に君臨するのが「月下美人 EX AGS アジング / EX アジング」です。

キンキンの感度を手に、アジングを極められるハイエンドロッドとなっています。

多くのモデルにチタンティップを搭載し、金属的な反響感度と、負荷の変化を捉える荷重感度を同時に実装。

一歩も譲らずに”感度”を欲張りたいガチ勢におすすめのハイグレードロッドたちです。

そんな「月下美人 EX AGS アジング / EX アジング」の機種ラインナップは↓のとおり。

モデルティップ全長自重ルアー重量
64LS-SMT・Eチタンソリッド1.93m63g0.5-8g
75HS-SMTT・Eチタンチューブラー2.26m92g5-25g
510L/MHS-SMT・Eチタンソリッド1.78m59g0.5-8g
64.5L/MLS-S・Eカーボンソリッド1.94m61g0.5-8g
711MLS-T・Eカーボンチューブラー2.41m78g1.5-10g
55L/HS-SMT・Eチタンソリッド1.65m61g0.3-5g

注目機種:月下美人EX アジング 55L/HS-SMT・E

全長自重ルアー重量継数
1.65m61g0.3-5g2本

5.5ftのショートレングスに極細のチタンソリッドティップを合わせた超フィネスモデル。

  • ティップのしなやかさで潮流や抜けアタリを感知
  • チタンの反響で地形変化やツン系のアタリを感知

”反響”と”荷重”を両立するチート性能が、接近戦で絶大な強みを発揮します。

とにかく、あらゆる感度に優れたショートロッドをお探しの方はコレです。

”月下美人”以外のダイワ製アジングロッド

出典:ダイワ

天下のダイワ様からは、”月下美人”シリーズ以外のアジングロッドも多数発売されています。

性能はいいんだろうけど、入門機からいきなり1万超えはキツイわ…。

って方向けのローコストかつハイコスパな製品です。

できるだけ出費を抑えてアジングデビューしたい方はご注目ください。

ダイワ「アジングX」

出典:Amazon

「アジングX」は月下美人ブランドの性能とテイストを極限まで乗せ、アンダー1万円まで価格を落とした高コスパロッド。

ロッドの最外層にクロス状のテーピングを施す「ブレーディングX」という技術により、ブランクスの強度を上げ、ブレをしっかり抑えています。

  • 感度や総合的な性能では上位グレードに劣るけど、ノーストレスでアジングを楽しめる!
  • それで価格はアンダー1万円!

というのがこのロッドの魅力です。

そんな「アジングX」シリーズの機種ラインナップは↓のとおり。

モデルティップ全長自重ルアー重量
59UL-Sソリッド1.75m98g0.3~5g
68L-Sソリッド2.03m108g0.5~8g
72L-Sソリッド2.18m115g0.5~8g

ジグ単しかやらないと決めている方はショートモデルの「59UL-S」

ジグ単も遠投リグも使いたい方は万能モデルの「68L-S」

遠投専用のセカンドロッドをお求めの方はロングモデルの「72L-S」

といった感じで選ぶと良いですよ。

ダイワ「ルアーニスト」

出典:ダイワ

「ルアーニスト」は幅広いジャンルの釣りにまたがる汎用ルアーロッドです。

実売価格5,000円台の格安ロッドとなっており、あらゆる釣り種の入門用として人気があります。

本来なら「アジングX」や「月下美人 アジング」を入門用に選ぶのが理想ですが、もう少し予算を抑えたい場合もありますよね。

「ルアーニスト」はそんな方におすすめのロッドシリーズです。

アジング用として推奨されている機種は↓のとおり。

モデルティップ全長自重ルアー重量
63ULチューブラー1.91m96g1-6g
68L-Sソリッド2.03m126g2-10g
74UL-Sソリッド2.18m119g1-6g

性能はお値段なりなので正直おすすめはしませんが、とにかく安いロッドが欲しいって方にとってはアリな選択肢だと思います。

ダイワからは人気上昇中のボートアジングロッドも発売済!

出典:ダイワ

ここまではショアからのアジを狙うためのロッドを紹介してきましたが、”アジング”にはもう一つの形態があります。

そう、船で沖に繰り出してデカアジを狙う「ボートアジング」です。

じわじわ人気が高まるボートアジング用ロッドは、ダイワからも↓の2グレードが発売されています。

  • 月下美人 MX AJING BOAT
  • 月下美人 AIR AGS AJING BOAT

ダイワ「月下美人 MX AJING BOAT」

出典:Amazon

「月下美人MX AJING BOAT」は、お求めやすい中堅クラスのボートアジングロッド。

操作性が高く、適度にしなやかで食い込みが良い「メガトップ」をティップに採用しています。

スピニング用とベイト用、1機種ずつがラインナップされています。

モデルティップ全長自重ルアー重量
68MLS-S・Kソリッド2.03m75g10-60g
65MHB-S・Kソリッド1.95m95g15-100g

↓スピニングモデル↓

↓ベイトモデル↓

ダイワ「月下美人 AIR AGS AJINGBOAT」

出典:Amazon

AGS(エアガイドシステム)を採用した超本格派のボートアジングロッド。

ショアモデルと同じ「HVFナノプラス」仕様の筋肉質なブランクスを特徴とし、操作感は軽快そのものです。

ボートアジングでもピンシャンの掛け調子を存分に楽しめます。

「月下美人 AIR AGS AJING BOAT」はスピニングモデルが1機種、ベイトモデルが2機種という構成です。

モデルティップ全長自重ルアー重量
64LS-Sソリッド1.93m57g1-30g
68MLB-Sソリッド2.03m80g10-60g
65MHB-Sソリッド1.96m87g15-100g

↓スピニングモデル↓

↓ベイトモデル①↓

↓ベイトモデル②↓

ダイワ製アジングロッドをGETして無双しよう!

というわけで、国内の王道メーカー「ダイワ様」のアジングロッド紹介は以上です。

大人気の”月下美人”ブランドを中心に、ローエンドからハイエンドまで充実のラインナップでしたね。

どんなアイテムでもそうですが、迷ったときはとりあえず大手・王道を選べば大間違いはありません。

とにかく間違いないロッドを入手したい方は、ダイワ製で手堅くいきましょう。

この記事で紹介したおすすめアイテム

関連記事