アジング用にダイワのジグヘッドとワームが欲しいんだけど、種類多すぎて選び方がわからんぞぃ!誰かワイにもわかるように教えろ。はや〜く。

本記事では↑のような疑問にお答えすべく、ダイワの「月下美人」シリーズのジグヘッド・ワームを総まとめにしてみました。ぜひ王道のダイワブランドでリグをコーディーネートしてみてください♪

ダイワ製アジング用ジグヘッドの特徴

まずはジグヘッドからです!ダイワ製のジグヘッド各種に共通する特徴をサクッとまとめておきます。注目ポイントは↓の3点!

  1. 「サクサス(SaqSas)」の貫通力
  2. めちゃめちゃ種類豊富
  3. 大きな目玉がパチクリ(一部機種除く)

「サクサス(SaqSas)」の貫通力

出典:ダイワ

ダイワ製ジグヘッドには独自の技術「サクサス(SaqSas)」が使われています。これの何が良いか?と言いますと、お察しの通りです。サクッと刺さります!

表面に特殊なコーティングがされているので、貫通力が従来モデルより最大40%アップしてるとか。針先が鈍りにくいので、爆釣時でも気持ち良い刺さりっぷりをキープしてくれるのもGoodです。

めちゃめちゃ種類豊富!

さすが超大手!というべき充実の製品展開もダイワ製ジグヘッドの魅力です。重量が多いだけでなく、フックサイズも豊富。対象魚のお口のサイズにビシッと合わせられるので、フッキング率が上がります。

スタンダードなジグヘッドだけでなく、極小フックや太軸、やじり型もラインナップ。1メーカーでほぼ全てのシチュエーションに対応できるので、ALLダイワで統一しているユーザーも少なくありません。

大きな目玉がパチクリ(※一部製品除く)

出典:ダイワ

全モデルに付いているわけではありませんが、ヘッド部分の目玉もダイワ製ジグヘッドの特徴です。というより昔からダイワのジグヘッドといったら目玉!という印象を個人的に持っていますw。

まあ、これに関しては釣果を大きく左右するポイントではないので、完全に好きか?嫌いか?の問題です。ベイトを意識したアクションを多用する方にとっては、イメージが良くなるかも??

 

次ページ>>>ダイワのアジング用ジグヘッドまとめ

1 2 3 4