飛距離と手返しに優れるタングステン製ジグヘッド「TG月下美人SWライトジグヘッドSS」の特徴・ラインナップをまとめました。水深のあるポイントを大きなアクションで攻略したい方におすすめですよ~!

ダイワ「TG月下美人SWライトジグヘッドSS」の特徴

まずは「TG月下美人SWライトジグヘッドSS」の特徴を見ていきましょう。注目ポイントは↓の3点です!

  1. 高比重のタングステン合金製ヘッド
  2. 貫通力の高い「サクサス(SaqSas)」フック
  3. 潮受けカップで操作感&アピール力アップ

高比重のタングステン合金製ヘッド

「TG月下美人SWライトジグヘッドSS」の一番の特徴はヘッドが高比重のタングステン製であること。同重量の鉛製ヘッドよりもコンパクトなので空気抵抗を受けにくく、より遠くまで飛ばすことができます。

また、フォールスピードも速いので

  • 水深のあるポイントで素早く底を取りたいとき
  • 大きなリフト&フォールで手返しよくレンジを探りたいとき

に有効です。しかし、超スローな誘いが求められる低活性時にはフォールスピードの早さは仇となります…。その点もよく理解しておきましょう。

貫通力の高い「サクサス(SaqSas)」フック

出典:ダイワ

ダイワ製ジグヘッドは「サクサス(SaqSas)」という技術によって実現される高い貫通力を強みとします。大アワセをしなくてもサクッとフッキングしてくれるので、シャープな鬼速アワセを決めることが可能。掛ける楽しさを存分に味わうことができます。

潮受けカップで操作感&アピール力アップ

コンパクトなタングステン製ヘッドの欠点として、ジグヘッドの存在感と引き抵抗が失われるという項目が挙げられます。その欠点をカバーするために、ヘッドのアタマに潮受けカップを搭載。

極小ヘッドでも操作感を得やすく、ラインテンションがかかったときのフォールスピードを抑えてくれます。形状でタングステンの弱点をカバーするのは、技術力の高い大手メーカー「ダイワ」ならではでしょう。

 

ダイワ「TG月下美人SWライトジグヘッドSS」のラインナップ

「TG月下美人SWライトジグヘッドSS」は7種の重量、4種のフックサイズで展開されており、ラインナップは↓のとおりです。

サイズ#10サイズ#8サイズ#6サイズ#4
0.5g
0.75g
1.0g
1.5g
2.0g
2.5g
3.0g

フックサイズは#の後の数字が大きければ大きいほどコンパクトです。ターゲットのサイズに合わせて使い分けましょう。イメージとしては

  • #10・#8→小型のターゲット
  • #6・#4→中型のターゲット

といった感じです!

↓購入はコチラ↓

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥528(2020/09/28 18:26:52時点 Amazon調べ-詳細)

 

というわけで、ダイワ「TG月下美人SWライトジグヘッドSS」の紹介は以上だよ!その他のダイワ製ジグヘッド&ワームを一気見したいなら↓の記事へGO♪

>>ダイワ製のライトゲーム用ジグヘッド・ワームまとめ<<