たくさんのリブが潮を掴み、サタンテールで魅了するダイワ「月下美人 アジングビーム」の特徴とラインナップをまとめました。シチュエーションを選ばず活躍してくれるスタンダードなワームですので、持っておくと重宝しますぞ!

ダイワ「月下美人 アジングビーム」の特徴

まずは「月下美人 アジングビーム」の特徴を見ていきましょう。ポイントは↓の4点です!

  1. 利点の多いソフトマテリアルを採用
  2. 潮を掴む多関節リブ
  3. 魅惑のアクションを生み出すサタンテール
  4. 味とニオイでもアピール!

利点の多いソフトマテリアルを採用

ダイワのライトゲーム用ワームは基本的にエラストマー系のソフトマテリアルで造られています。やや刺しにくいという難点があるかわりに、

  • ズレにくい
  • ちぎれにくい
  • 吸い込みが良い
  • ナチュラルなアクション

といったメリットを享受できます。一度刺してしまえば頻繁に刺し直す必要がなく、ワーム持ちもGood。釣りの手返しが良くなるので、結果的に釣果アップにも貢献してくれます。

潮を掴む多関節リブ

出典:ダイワ

「月下美人 アジングビーム」の形状で特徴的なのがボディーに施されたたくさんのリブです。巻きでは波動を発生させてアピールし、ラインテンションを掛ければ潮を掴んでスローフォールするので、ターゲットへ効果的にアプローチできます。

魅惑のアクションを生み出すサタンテール

出典:ダイワ

微妙な膨らみのあるテール形状は、リトリーブ時には微波動を出し、フォール時にはゆらゆらと艶めかしいアクションを生み出します。ひとつのワームで複数の誘いを試せるので、正解パターンの発見もスムーズ。パイロットワームにもおすすめです。

味とニオイでもアピール!

「月下美人アジングビーム」にはアミノ酸とオキアミフレーバーが練り込まれています。水中でニオイを出すのでワームを見つけてもらいやすく、味があるのでバイトの後はワームを吐き出しにくいってのも魅力です。

(ニオイ付きワームは反則だろ!なんて言う方もいますが、釣れりゃぁ何でもいいですよね。筆者はワームにニオイがついてようがドヤ顔で使いますよw。)

 

ダイワ「月下美人 アジングビーム」のラインナップ

「月下美人 アジングビーム」には長さやカラー展開が異なる3つの兄弟モデルがラインナップされています。

月下美人アジングビーム(2.0インチ/3.5インチ)

月下美人アジングビームは3兄弟の中でも最もスタンダードなモデルです。長さは2.0インチと3.5インチの2種類が展開されています。

  • 港内アジング→2インチ
  • 遠投・ボートアジング→3.5インチ

といった使い分けがおすすめです。カラーは2.0インチが27種類、3.5インチが17種類とめちゃ豊富!本ページに全て掲載するとえらいことになりますから、カラーを詳しくチェックしたい方は公式サイトでご覧くださいまし。

月下美人アジングビーム 極み(2.0インチ)

ワームのコア部分に「特濃エビ粉」、外層に「アミノX」が練り込まれ、3兄弟の中で最も集魚力に優れます。通常のアジングビームの味とニオイが強いバージョンです。普通のアジングビームでも十分釣れますから、渋すぎてヤバイときの奥の手として持っておけば良いかと思います。

「月下美人アジングビーム 極み」は、サイズは2インチのみ、カラーは6種類で展開。(カラーの詳細は公式サイトにて)

月下美人アジングビーム バチコンカスタム(2.2インチ/3.0インチ)

名前の通り、ボートからのバチコンアジングに最適なサイズ感に調整されたモデル。なのですが、丘っぱりで使ってもぜんぜんOKです。高活性時には小アジでも3インチを吸い込みますから、活性チェックにも良いでしょう。

サイズは3.0インチと2.2インチの2種類、カラーは10種類がラインナップされています。(カラーの詳細は公式サイトにて)

 

というわけで、ダイワ「月下美人アジングビーム」の紹介は以上だよ!その他のダイワ製ジグヘッド&ワームを一気見したいなら↓の記事へGO♪

>>ダイワ製のライトゲーム用ジグヘッド・ワームまとめ<<