2万円台の価格帯ながらも最高級のガイドリングである「トルザイト」を搭載したテイルウォークの「アジストTZ」の魅力をご紹介していきます。

こだわり派メーカーが送り出すお洒落な高機能ロッド「アジストTZ」が気になっている方はぜひお役立てください。

テイルウォーク製アジングロッドの全体像

テイルウォークのアジングロッドは↓の4種の製品ラインで構成されています。

製品ライン実売価格
スーパーアジストTZ40,000円前後
★アジストTZ25,000円前後
アジスト SSD20,000円前後
SSD AJI18,000円前後

本記事でご紹介する「アジストTZ」は上から2番目のミドルエンド機となっています。上位モデルの「スーパーアジストTZ」は近距離戦に振り切ったラインなので、半分フラッグシップモデルのような位置づけです。

釣りスタイルに強いこだわりがある中上級者も納得の性能を持ち、コアなファンも多いロッドとなっています。

テイルウォーク「アジストTZ」の注目ポイント

続いては「アジストTZ」の特徴をご紹介していきます。注目ポイントは以下の4点!

  1. 2万円台ながらもトルザイトリングを搭載
  2. アタリの反響を増幅させる「バットエンドホール」
  3. 細身で握りやすい「TVSリールシート」を採用
  4. テイルウォーク特有のレーシーなデザイン

2万円台ながらもトルザイトリングを搭載

「アジストTZ」の中で最もお得感のあるポイントは「トルザイトリング」を搭載していることです。他社のハイエンドではおなじみのガイドリングですが、部材が高価なため2万円台のモデルにはほぼ搭載されていません。

2万円台ロッドで一般的なSicリングと比較して、性能は変わらないのですが軽くて薄いことが利点です。劇的に釣果が変わるわけではありませんが、アドバンテージがあることは確か。

「アジストTZ」はガイドフレームもチタン製となっており、十分に軽量化されています。振り抜けも良くなるので、キャストフィールも上々です。

アタリの反響を増幅させる「バットエンドホール」

テクノロジー面で注目なのがリアグリップの形状です。バットエンドに穴が空いた中空構造を採用することで、アタリやリグ操作時にブランクスに伝わる振動の伝達率が高まります。

バットエンドホールは「微細な振動を感知する」ことを徹底追及したアジストTZならではのこだわりパーツ。ロッドのケツにまで感度強化の武器を仕込むなんて脱帽ですね。

細身で握りやすい「TVSリールシート」を採用

アジストTZには細身で握りやすいと評判の「TVSリールシート」が搭載されています。他の釣りのようにグリップを握り込まないアジングにおいては、細身のグリップによって得られるメリットが大きいです。

手の平に干渉しづらいので潮のヨレや抜けアタリといった荷重の変化も感知しやすく、スローな攻めでのアミパターン攻略においてもアドバンテージを得られます。

テイルウォーク特有のレーシーなデザイン

出典:テイルウォーク

レーシングカーを彷彿させるスタイリッシュな容姿も「アジストTZ」の魅力です。テイルウォークらしさがにじみ出ており、男心をくすぐります。

色味的にはダイワの「19バリスティック」や「17セオリー」なんかと合わせると良さげ。想像しただけでヨダレが出そうですw。

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥29,830(2020/09/24 17:07:28時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥28,941(2020/09/24 17:07:29時点 Amazon調べ-詳細)

テイルウォーク「アジストTZ」全モデルの特徴解説

続いては「アジストTZ」各モデルの特徴や違いを解説していきます。多彩な用途に対応できるよう、11種類のスペックがラインナップされています。

モデル全長自重ルアー重量継数
AJIST TZ 53/SSL5ft3in71gMAX3g2pcs
AJIST TZ 55/SL5ft5in73gMAX3g2pcs
AJIST TZ 575ft7in86gMAX5g2pcs
AJIST TZ 58/SL5ft8in74gMAX3g1pc
AJIST TZ 511/SL5ft11in75gMAX3g1pc
AJIST TZ 62/SL6ft1in80gMAX5g2pcs
AJIST TZ 64/SL6ft4in76gMAX5g1pc
AJIST TZ 696ft9in80gMAX5g2pcs
AJIST TZ 69/SL6ft9in82gMAX5g2pcs
AJIST TZ 737ft3in85gMAX10g2pcs
AJIST TZ MOBILE 64/SL6ft4in81gMAX4g5pcs

継数を見てもらえるとわかるとおり、1ピースロッドもいくつかあります。「2ピースと思っていたらまさかの…」みたいなことがないようご注意ください。

アジストTZ 53/SSL

created by Rinker
テイルウォーク(tailwalk)
¥26,400(2020/09/24 07:40:27時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
5ft3in71gMAX3g2pcs

「53/SSL」はシリーズで最も短いショートロッドです。軽量ジグ単でのスローなゲーム展開を得意とします。リグを潮のヨレに停滞させるシビアな攻めが求められる湾奥アジングに最適!

アジストTZ 55/SL

全長自重ルアー重量継数
5ft5in73gMAX3g2pcs

「55/SL」は軽量ジグ単でのスローな誘いを得意とするモデル。アンダー1gのジグ単も快適に操作できる繊細なティップが搭載されています。用途的には「53/SSL」とほぼ同じですから、バリ短いのが欲しい方は「53/SSL」、ショートロッドの定番レングスが欲しい方は「55/SL」といった選び方で良いかと思います。

アジストTZ 57

created by Rinker
テイルウォーク(tailwalk)
¥25,748(2020/09/24 17:07:30時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
5ft7in86gMAX5g2pcs

「57」はシャキッとしたチューブラーティップが特徴のショートロッドです。やや重ためのジグ単やスプリットで水深のあるフィールドを攻略したい方におすすめ。取り回しの良いレングスなので、ボートでのバチコンアジングでも活躍してくれます。

アジストTZ 58/SL

created by Rinker
¥26,400(2020/09/23 17:16:21時点 楽天市場調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
5ft8in74gMAX3g1pc

「58/SL」はしなやかなティップによる乗せ性能と軽量リグの操作性の高さが魅力の1ピースロッドです。とはいえ、2ピースで高性能なショートロッド(53/SL、55/SL)がある中でわざわざ1ピースを選ぶメリットは薄いかなと思います…。

アジストTZ 511/SL

created by Rinker
¥26,400(2020/09/23 20:55:10時点 楽天市場調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
5ft11in75gMAX3g1pc

「511/SL」も軽量ジグ単を使ったスローアジングが得意なモデル。ただ、高性能な2ピースがあるなかでわざわざ…(以下略w)。

アジストTZ 62/SL

created by Rinker
テイルウォーク(tailwalk)
¥25,748(2020/09/24 17:07:31時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
6ft2in80gMAX5g2pcs

「62/SL」は少し長めのショートロッドという絶妙なレングスのモデル。取り回しが良く、5gまでのルアーを背負えるので軽めの遠投リグにも対応します。港湾部での近~中距離戦がメインの方にピッタリな1本です。

アジストTZ 64/SL

created by Rinker
テイルウォーク(tailwalk)
¥29,700(2020/09/24 17:07:32時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
6ft4in76gMAX5g1pcs

「64/SL」はしなやかなティップを持つミドルレングスの1ピースロッドです。1g前後のジグ単が使いやすく、ティップに感じる重みで潮の変化を読み取ることができます。しかし、高機能な2ピースがあるなかでわざわざ…(以下略)。

アジストTZ 69

created by Rinker
テイルウォーク(tailwalk)
¥26,580(2020/09/24 17:07:32時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
6ft9in80gMAX5g2pcs

「69」はキレのあるアクションが得意なチューブラー仕様のミドルレングスロッドです。プラグや重ためジグヘッドを使った釣りが得意という点は「57」と同じですが、「69」には長さのアドバンテージがあります。リグの飛距離も伸びますし、海面まで距離のあるポイントでも快適です。

アジストTZ 69/SL

created by Rinker
テイルウォーク(tailwalk)
¥27,411(2020/09/24 17:07:33時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
6ft9in82gMAX5g2pcs

「69/SL」はソリッド仕様のミドルレングスロッド。ジグ単から遠投リグまで扱いやすい6ft9inなのですが、対応ルアー重量はもう少し欲しいかなと言うのが個人的な感想です。他社の同レングス帯にはもっと汎用性の高いモデルがあるぶん、見劣り感が否めません。

アジストTZ 73

created by Rinker
テイルウォーク(tailwalk)
¥28,717(2020/09/24 07:33:21時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
7ft3in85gMAX10g2pcs

「73」は遠投リグに特化したロングロッド。芯のあるブランクスによってもたらされるキャスト性能に加え、チューブラー特有の反響感度の高さが魅力です。沖でもリグの操作性とアタリへの感度を失わないので、掛けにいく釣りを楽しむことができます。

アジストTZ MOBILE 64/SL.

全長仕舞寸自重ルアー重量継数
6ft4in42cm81gMAX4g5pcs

「MOBILE 64/SL」は5本継ぎでコンパクトに持ち運べるパックロッドです。ただ継数を増やしただけでなく、2ピースと遜色ない感度の実装にこだわって開発されています。旅先でも本格仕様のロッドでアジングを楽しめるので、出張や遠征のお伴にピッタリです。

「アジストTZ」で多彩なアジングを楽しもう!

というわけで、テイルウォーク「アジストTZ」のご紹介は以上です!

  1. 2万円台ながらもトルザイトリングを搭載
  2. アタリの反響を増幅させる「バットエンドホール」
  3. 細身で握りやすい「TVSリールシート」を採用
  4. テイルウォーク特有のレーシーなデザイン

上記の特徴をもつ「アジストTZ」は2万円台のアジングロッドの中でもトップクラスにお買い得な製品となっています。「2万円台なら何とか頑張れるぞ」って方はぜひ使ってみて下さい。

テイルウォーク「アジストTZ」の用途別おすすめモデル

最後に「アジストTZ」の11種のスペックの中から特におすすめのモデルを用途別にピックアップしておきます。

ジグ単特化のおすすめモデル:「アジストTZ 53/SSL」

全長自重ルアー重量継数
5ft3in71gMAX3g2pcs
created by Rinker
テイルウォーク(tailwalk)
¥26,400(2020/09/24 07:40:27時点 Amazon調べ-詳細)

遠投リグ特化のおすすめモデル:「アジストTZ 73」

全長自重ルアー重量継数
7ft3in85gMAX10g2pcs
created by Rinker
テイルウォーク(tailwalk)
¥28,717(2020/09/24 07:33:21時点 Amazon調べ-詳細)