上位グレードと同等のブランクスを採用!「アジストSSD」のコスパがすごい!

テイルウォークのアジングエントリー機「アジストSSD」をご紹介。

上位グレードと同等クラスのブランクスを使用した高コスパロッドとなっています。

入門ロッドだけでなく、中上級者のサブロッドとしてもおすすめです。

created by Rinker
全長:1.91m / 自重:67g / ルアー重量:MAX5g / 継数:2本
目次

テイルウォーク「アジストSSD」の特長

てことで、さっそく「アジストSSD」の特長を見ていきましょう。

上位グレードと同等のブランクス

「アジストSSD」の一番の売りは、上位グレードの「アジストTZ」と同等クラスのブランクスを使用していること。

適度な強さと感度が実装され、アジングに最適化されています。

ハイグレードなブランクスを採用しながら、お値段が2万円クラスってのが注目ポイントなのです。

安心・定番のガイドセッティング

「アジストSSD」のガイドセッティングはステンレスフレーム×SiCリングの組み合わせ。

2万円クラスのロッドとしては、定番のセッティングとなっています。

チタンフレーム×トルザイトリングを採用している上位グレード「アジストTZ」との一番の違いはココ。

良いブランクスを使っているぶん、ガイドで適度にコストを削っているわけです。

細身で握りやすいTVSシート

リールシートは「アジストTZ」と共通のTVSシートです。

なんですが、装飾が簡略化されており、ここでも適度にコストカット。

「アジストSSD」には、「アジストTZ」のようなメタリック感はなく、良くも悪くもシンプルな仕上がりとなっています。

なんと、上位グレードよりも軽い!

当然ながら、「アジストSSD」のブランクス以外の仕様は「アジストTZ」よりも控え目です。

そんななか、「アジストSSD」が「アジストTZ」に勝っている部分もあります。

それが軽さです。類似モデルの自重を比較すると↓のとおり。

アジストSSDアジストTZ
55
(60g)
55/SL
(73g)
63
(67g)
62/SL
(80g)
76
(80g)
73
(85g)

装飾などが簡略化された恩恵ともいえますが、上位モデルよりも大幅に軽くなっているんです。

アジングにおいてロッドの軽さは感度面のアドバンテージになります。

他社の2万円クラスのロッドと比べるとやや見劣りしますが、「アジストSSD」も十分に軽量化されています。

テイルウォーク「アジストSSD」の機種ラインナップ

「アジストSSD」には、長さや強さが異なる多彩な機種がラインナップされています。

一覧は↓のとおり。

機種ティップ全長自重ルアー重量
55ソリッド1.65m60gMAX3g
510ソリッド1.78m65gMAX4g
63ソリッド1.91m67gMAX5g
68ソリッド2.03m70gMAX5g
71ソリッド2.06m75gMAX6g
76ソリッド2.29m77gMAX8g
710ソリッド2.39m80gMAX8g
554ソリッド1.65m65gMAX3g
604ソリッド1.83m67gMAX4g

全機種がソリッドティップモデルとなっており、食い込みに優れる乗せ型チューンです。

アジストSSD 55

created by Rinker
全長:1.65m / 自重:60g / ルアー重量:MAX3g / 継数:2本

ジグ単特化のシリーズ最短モデル。

取り回しに優れ、軽量リグを正確に操作できます。常夜灯まわりのスローな攻めと相性抜群です。

アジストSSD 510

created by Rinker
全長:1.78m / 自重:65g / ルアー重量:MAX4g / 継数:2本

”55”と同じく、ジグ単特化のショートモデル。

少し長さがあるぶん、ジグヘッドを軽い力で遠くへ飛ばせます。

4gまでのリグを背負えるので、軽めのプラグなんかを使いたい方にもおすすめです。

アジストSSD 63

created by Rinker
全長:1.91m / 自重:67g / ルアー重量:MAX5g / 継数:2本

ジグ単〜スプリットに対応するセミショートモデル。

5ft台の2モデルよりもパワーがあり、流れの強いポイントやディープでも快適なリグ操作が可能です。

アジストSSD 68

created by Rinker
全長:2.03m / 自重:70g / ルアー重量:MAX5g / 継数:2本

足場の高い堤防や強風下でも使いやすい6.8ftモデルです。

リグキャパは”63”と同じMAX5g。近〜中距離のバーサタイルロッドとなっています。

アジストSSD 71

created by Rinker
全長:2.06m / 自重:75g / ルアー重量:MAX6g / 継数:2本

”68”よりも少し長い7.1ftモデル。1.5g前後のちょい重ジグ単を軸にしたい方に適します。

垂らしが長くなるスプリットやキャロも扱いやすく、遠投リグのキャスト・操作も快適です。

アジストSSD 76

created by Rinker
全長:2.29m / 自重:77g / ルアー重量:MAX8g / 継数:2本

キャロやスプリット、フロートを中心に攻められる長尺モデル。

遠距離型のアジングを展開するのにピッタリな1本です。

アジストSSD 710

created by Rinker
全長:2.39m / 自重:80g / ルアー重量:MAX8g / 継数:2本

「アジストSSD」の最長モデル。

重たいリグをガッツリ遠投できるので、サーフやゴロタでの良型狙いにおすすめです。

アジストSSD 554

created by Rinker
全長:1.65m / 自重:65g / ルアー重量:MAX3g / 継数:4本

携帯性の高い4本継のパックロッド。

トートバッグなんかにポンと放り込めるサイズ感なので、旅先でも気軽にアジングを楽しめます。

アジストSSD 604

created by Rinker
全長:1.83m / 自重:67g / ルアー重量:MAX4g / 継数:4本

全長6.0ftの4ピースロッド。”554”と同じく、ジグ単に特化したアジングに適します。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次