発売直後からバカ売れした結果、絶賛品薄中の「20コルトUX」の特徴をまとめていきます。

尖った新機種の追加も発表され、入門ロッドとは思えないラインナップに陣容拡大予定!

2021年も見逃せない超絶高コスパロッドとなっていますので、在庫を見つけたらぜひゲットしてみて下さい。

オリムピック製アジングロッドのラインナップ

オリムピックのアジングロッドは「CORTO(コルト)」というブランド名で売り出されており、以下の7種の製品ラインに分かれます。

製品ライン実売価格
スーパーコルトAT110,000円~
スーパーコルト65,000円~
スーパーコルトエサゴナーレ50,000円~
ヌーボコルトプロトタイプ35,000円~
18コルト20,000円~
コルトRV18,000円~
★20コルトUX12,000円~

本記事でご紹介する「20コルトUX」は最もリーズナブルな入門機です。しかし可愛いのは価格だけで、クオリティーは上級機顔負け。

本当に1万円台前半??というスペック・性能に仕上がっており、筆者を含め多くのアジンガーが腰を抜かしました。

オリムピック「20コルトUX」の注目ポイント

低価格・高機能な「20コルトUX」の特徴を見ていきましょう。注目ポイントは3点。

  1. 超フィネスな極細ティップ
  2. ステンレスフレーム×SiC-SリングKガイドを採用
  3. 軽量・高感度なIPSリールシートを採用

超フィネスな極細ティップ

20コルトUXで最も注目すべきはティップの細さ。特にソリッドティップ搭載の5~6フィート台のモデルです。

モデル先径
20GCORUS-572UL-HS0.7mm
20GCORUS-612L-HS0.7mm
20GCORUS-642L-HS0.7mm
20GCORUS-6102L-HS0.8mm

ティップの先径はなんと極細の0.7mm。これはハイエンドロッドと同水準となっており、アタリや潮を感じる繊細さは1万円台のロッドの中でもピカイチと思われます。

単なる入門用ロッドという枠を超えて、上級者のサブロッドとしても優秀です。

近距離専用のショートロッドとは別にお手頃な遠投用ロッドが欲しい方からも熱視線が注がれていることでしょう。

ステンレスフレーム×SiC-SリングKガイドを搭載

ガイドセッティングは「ステンレスフレーム×SiC-Sリング」。Kガイドコンセプトなので糸絡みも少なく、快適にアジングを楽しめます。

遠投型のロングロッドはPEの使用も想定した造りとなっており、ハードな沖攻めにも対応。

ヘビーなリグを竿抜けポイントにぶん投げて、良型をグイグイ寄せちゃいましょう。

軽量・高感度なIPSリールシートを採用

リールシートは大人気の上位モデル「18コルト」と同じIPSリールシートが採用されています。

小型でしっくり手に馴染み、ブランクスからの振動を逃さず伝達。フロントグリップレス仕様なので、ブランクスタッチもしやすいです。

「20コルトUX」に怒涛の新機種追加!最新ラインナップをチェック!

出典:オリムピック

2020年4月の発売直後からバカ売れが続き、2021年1月現在も品薄状態の「20コルトUX」。

破竹の勢いで売れまくる「20コルトUX」ですが、2021年に2種の追加機種が発表されました。それがコチラ↓。

  • 482UL-HS
  • 542UL-HS

中上級者から人気のショートモデルの陣容が拡大され、入門用ロッドとは思えない7機種構成にパワーアップ!

そんな「20コルトUX」の最新ラインナップが↓です。

モデル全長自重ルアー重量
482UL-HS【2021NEW】1.42m(未定)0~1.8g
542UL-HS【2021NEW】1.62m(未定)0.3~3g
572UL-HS1.70m57g0~3g
612L-HS1.86m60g0.3~4g
642L-HS1.93m62g0.5~5g
6102L-HS2.08m65g0.5~8g
742L-T2.24m75g0.8~10g

新機種については、おそらく最終調整を行っている段階です。発売日等の詳しい情報はこれから徐々に公開されていくと思われます。

てことで、各機種の特徴を見ていきましょう。

20コルトUX 482UL-HS

全長自重ルアー重量継数
1.42m(未定)0~1.8g2pcs

筆者の知る限り、オリムピック製アジングロッドで初となる4フィート台のウルトラショートロッド。

接近戦に特化しまくりの尖ったモデルです。恐らく、夏場の豆アジングに照準を合わせたと思われます。

常夜灯周りの表層を0.5gクラスで極スローにふわふわさせるアプローチにがっちりハマるでしょう。

全長自重ルアー重量継数
1.62m(未定)0~3g2pcs

「482UL-HS」よりも汎用性を備えたショートモデル。上位クラスでも評判が良い5.4ftレングスが採用されています。

筆者も「ヌーボコルトプロトタイプ 542UL-HS」を愛用していますが、取り回しとストロークのバランスが最高です。近接レンジの駆け引きがグンと楽しくなります。

「20コルトUX 542」は、「ヌーボコルト 542」のカドが取れたマイルドな乗せ調子になると予想。期待度はかなり高めです。

20コルトUX 572UL-HS

全長自重ルアー重量継数
1.70m57g0~3g2pcs

「572UL-HS」は初期ラインナップでは最短の5.7ftモデル。

スリリングな近距離戦に特化しており、超軽量リグの操作に適します。アンダー1gを多用する常夜灯下の港内アジングにおすすめです。

20コルトUX 612L-HS

全長自重ルアー重量継数
1.86m60g0.3~4g2pcs

「612L-HS」は少し長めのショートロッド。「572UL-HS」よりもシャキッとした掛け調子モデルとなっています。

ロッドの長さと強さがあるぶん、ちょい重ジグ単やスプリットとの相性もGood。水深のあるポイントも攻めやすいです。

20コルトUX 642L-HS

全長自重ルアー重量継数
1.93m62g0.5~5g2pcs

「642L-HS」は近~中距離で高い汎用性を発揮するミドルレングスロッド。

長めの垂らしが必要になるキャロやフロートリグも扱いやすく、ジグ単の繊細な操作も快適なオールラウンダーです。

大遠投を必要としない港内アジングなら、こいつ1本でほとんどのシチュエーションに対応できます。

20コルトUX 6102L-HS

全長自重ルアー重量継数
2.08m65g0.5~8g2pcs

「6102L-HS」は全モデルで最もバランスの取れたバーサタイルロッドです。ジグ単から遠投リグまでを万能にこなし、港内だけでなく外洋への遠投にも対応します。

1本で何でもこなせるので、アジングデビュー用のロッドにもおすすめです。

20コルトUX 742L-T

全長自重ルアー重量継数
2.24m75g0.8~10g2pcs

「742L-T」は遠投リグをつけてのロングキャストが得意なモデルです。

反響感度の高いチューブラーティップが採用されており、沖のディープからの小さなアタリもしっかりアングラーに伝えてくれます。

ジグ単用と遠投用をきっちり分けたい方におすすめです。

高コスパの「20コルトUX」で華麗なアジングデビューを

というわけで、オリムピック「20コルトUX」の紹介は以上です。

本文で紹介したとおり、1万円台のアジングロッド界では突出した性能を持つ本機。発売後からバカ売れしており、2020年12月現在は完全なる品薄状態です…。

追加された新機種も発売されたらアッという間に売り切れると思われます。狙っている方は最新情報をマメにチェックしておきましょう。

この記事で紹介したアイテム

関連記事