アジング楽しすぎやろ!ハマってもうたわ。今使ってる入門機よりもうちょい良いロッドが欲しいんだけど、おすすめある?できれば安いのでお願いね。

 

↑のようにお悩みの方のために、本記事では2万円台のおすすめアジングロッドをご紹介していきます。入門機からのステップアップ機に最適なロッドを厳選しましたので、ぜひお役立てください。

2万円台のアジングロッドは入門機からのステップアップにおすすめ

2万円台のアジングロッドは入門機でアジングをやってみて、どっぷりハマっちゃた方におすすめです。主な理由は以下の3点!

  1. やりたい釣りにアジャストできるロッドが揃う
  2. ハイエンドと同水準の軽さに仕上がったモデルも存在
  3. デザインも洗練されている

やりたい釣りにアジャストできるロッドが揃う

2万円台のアジングロッド購入を検討するのはたいてい、入門機でアジングの面白さにどっぷりハマったタイミング。自分が好きなアジングスタイルも見えてきて、入門機の性能に物足りなさを感じ始めたってとこではないでしょうか。

  • 常夜灯下でのゲームが多いので、近距離戦に特化したロッドが欲しい
  • もっと沖を攻められるパワフルなロッドが欲しい
  • 潮の流れを感じられるしなやかなロッドが欲しい
  • 足場が高いポイントでの釣りが多いので、7フィート前後で繊細な釣りができるロッドが欲しい

↑が代表例ですね。

タックルに求める要素も決まっているし、あとはロッドの情報収集してお財布と相談やな。
ただ、いきなりハイエンドを買うのもね~…。そこそこお手頃で高性能なロッドはねえのか?

 

って方の悩みをドンピシャで解決するのが2万円台のアジングロッド。なるべく万能型に作られた入門機と比べて、各モデルが担う役割が明確です。現状でかゆいと感じている領域にしっかり手を伸ばしてくれます。

自身の攻め方にフィットするロッドが手に入ると、掛けるまでのプロセスを自分の理想に近づけることができるんです。

ハイエンドと同水準の軽さに仕上がったモデルも存在

先輩アジンガーのハイエンドロッドを触って

え…、なにこれ。軽っっっ!!!!!

 

とビックリ仰天した経験、ないですか?実は、このタイミングでロッドを買い替えたくなるケースも多いんですよね。

2万円台のアジングロッドは入門機と比較すると圧倒的に軽量化されたモデルが多く、ハイエンド並みの軽さに仕上がったロッドもリリースされています。

もちろん、総合的な感度ではハイエンドにはかないませんが、タックルの軽さがもたらすメリットは2万円台のロッドで体感することが可能。ずっしり重い入門機では伝わってこない情報が手元に届くので、さらにアジングが楽しくなります。

デザインも洗練されている

完全に筆者の主観ですが、2万円台のロッドはデザインもかなり洗練されています。1万円台やアンダー1万円のロッドの野暮ったさがとれたというか、とにかく垢抜けてるんです。

全体的に細身なブランクスにすっきりしたグリップ、軽やかなガイド。それに適度な装飾が施され、購買意欲がそそられます。

ガチガチのガチ勢からは総スカンを食らいそうですが、デザインってロッド選びにおいて意外と重要だと思うんです。ダサくて超高性能なロッドよりは、カッコよくてそこそこ高性能なロッドの方が楽しくアジングができる気がしませんか…?

ぜひ、デザインにもこだわってロッドを選んでみて下さい♪

 

2万円台のおすすめアジングロッド7選

GyoGyoくん
GyoGyoくん

ここからは2万円台のおすすめアジングロッドを7つ紹介していくゾ!ノミネートされたロッドはこいつらだ~!

 

  1. ダイワ「月下美人MX アジング」
  2. シマノ「ソアレCI4+ アジング」
  3. オリムピック「18コルト」
  4. メジャークラフト「N-ONE(エヌワン)」
  5. テイルウォーク「アジストTZ」
  6. ヤマガブランクス「ブルーカレントⅢ」
  7. 34(サーティーフォー)「ガイドポストLHR」

ダイワ「月下美人MX アジング」

「月下美人MX アジング」はダイワのミドルエンド機。ブランクスに上位モデルと同じ「HVFナノプラス」が用いられるなど、お手頃価格ながらも高性能なアジングロッドとなっています。

「月下美人MX アジング」のラインナップは以下の5種類。

モデル全長自重ルアー重量
55LS-S1.65m60g0.5~8g
510ULS-S1.78m55g0.3~5g
64.5LS-S1.94m65g0.5~8g
75HS-S2.26m90g5~25g
79MLS-S2.36m90g1.5~10g

注目すべきはロッドの自重です。ハイエンド機に迫るレベルまで軽量化されており、持ち重りのないロッドバランスに調整済。軽量リグの操作感も良く、繊細なゲームを楽しめます。

出典:ダイワ

グリップも各モデルに最適化されており、感度向上に貢献。手にしっくり馴染んで、快適なリグ操作をアシストしてくれます。

GyoGyoくん
GyoGyoくん

そんな「月下美人MX アジング」の用途別おすすめモデルはこいつらだ!

 

ジグ単特化のおすすめモデル「510ULS-S」

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥21,313(2020/09/25 06:09:00時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
1.78m55g0.3~5g2pcs

ジグ単&遠投リグ兼用のおすすめモデル「64.5LS-S」

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥23,870(2020/09/25 06:09:01時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
1.94m65g0.3~8g2pcs

遠投リグ特化のおすすめモデル「79MLS-S」

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥27,181(2020/09/25 06:09:01時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
2.36m90g1.5~10g2pcs
GyoGyoくん
GyoGyoくん

ちなみに、「月下美人MX アジング」各スペックの違いや特徴は以下の記事で詳しく解説しているゾ!!

 

詳細はコチラ>>>「月下美人MX アジング」全モデルの特徴解説

シマノ「ソアレCI4+ アジング」

「ソアレCI4+アジング」はシマノのミドルエンド機です。上級機にも搭載されている「スパイラルX」「ハイパワーX」をはじめとするシマノ独自のテクノロジーが詰まったロッドに仕上がっています。

「ソアレCI4+アジング」のラインナップは以下の4種類。バーサタイルな6フィート台モデルを中心としながらも、ショートロッドにおいては4フィート台という尖ったスペックがぶち込まれています。

モデル全長自重ルアー重量
S408UL-S1.42m47g0.4~8g
S604L-S1.93m57g0.6~12g
S608UL-S2.03m57g0.4~8g
S610L-S2.08m60g0.6~12g

全モデル共通でソリッドティップ仕様となっており、食い込みの良さと高感度を両立した「ハイレスポンスソリッド」を搭載。絶妙な張りがあるティップを武器に掛けるアジングを楽しみ尽くせます。

GyoGyoくん
GyoGyoくん

そんな「ソアレCI4+ アジング」の用途別おすすめモデルはこいつらだ!!

 

ジグ単特化のおすすめモデル「S408UL-S」

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥27,720(2020/09/24 17:42:37時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
1.42m47g0.4~8g2pcs

ジグ単&遠投リグ兼用のおすすめモデル「S610L-S」

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥27,532(2020/09/25 12:23:00時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
2.09m60g0.6~12g2pcs
GyoGyoくん
GyoGyoくん

ちなみに、「ソアレCI4+ アジング」各スペックの違いや特徴は以下の記事で詳しく解説しているゾ!!

 

詳細はコチラ>>>「ソアレCI4+ アジング」全モデルの特徴解説

オリムピック「18コルト」

「18コルト」はこだわり派メーカーのオリムピックが手掛けるステップアップ機。樹脂量を抑えた高弾性カーボンによって実現される高感度が持ち味のロッドです。中上級者からの支持も厚く、2万円台ロッドの中でもトップクラスの性能を持ちます。

スペックのラインナップは以下の6種類。近距離戦に特化したモデルが充実しており、ジグ単好きアングラーの細かな要望に寄り添う構成となっています。

モデル全長自重ルアー重量
GCRTS-572UL-HS1.70m50g0~3g
GCRTS-612L-HS1.86m51g0.3~4g
GCRTS-612L-T1.86m53g0.3~4g
GCRTS-642L-HS1.93m53g0.5~5g
GCRTS-6102L-HS2.08m57g0.5~8g
GCRTS-742L-T2.24m63g0.8~10g

各スペックの軽さもハイエンドと比べても全く見劣りしないレベル。本記事でご紹介する2万円台ロッドの中でも指折りの軽量ロッドです。

GyoGyoくん
GyoGyoくん

そんな「18コルト」の用途別おすすめモデルはこいつらだ!!

 

ジグ単特化のおすすめモデル「GCRTS-572UL-HS」

created by Rinker
オリムピック
¥25,980(2020/09/25 12:23:01時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
1.70m50g0~3g2pcs

ジグ単&遠投リグ兼用のおすすめモデル「GCRTS-6102L-HS」

全長自重ルアー重量継数
2.08m57g0.5~8g2pcs

遠投リグ特化のおすすめモデル「GCRTS-742L-T」

created by Rinker
オリムピック
¥22,500(2020/09/25 12:23:02時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
2.24m63g0.8~10g2pcs
GyoGyoくん
GyoGyoくん

ちなみに、「18コルト」各スペックの違いや特徴は以下の記事で詳しく解説しているゾ!!

 

詳細はコチラ>>>「18コルト」全モデルの特徴解説

メジャークラフト「N-ONE(エヌワン)」

出典:メジャークラフト

「N-ONE(エヌワン)」は他メーカーの上級機クラスに搭載される東レの「ナノアロイテクノロジー」を体感できるメジャークラフトのミドルエンド機です。

「ナノアロイテクノロジー」は、カーボン繊維同士を接合する樹脂の粒子を細かくすることにより、ロッドの剛性や感度が強化される技術。2万円台のロッドにはほぼ搭載されていないテクノロジーとなっており、かなりのお得感です。

スペックのラインナップは以下の6種類。

モデル全長自重ルアー重量
NSL-S562AJI1.68m非公表0.6~10g
NSL-S642AJI1.93m0.6~10g
NSL-S662H/AJI1.98m0.6~10g
NSL-S682AJI2.03m0.6~10g
NSL-T682AJI2.03m0.6~10g
NSL-S742AJI2.24m0.6~10g

ショートロッドからロングロッドまでバランスよく揃っています。どのモデルでも最大10gのリグを背負うことができる汎用性の高さも魅力です。

GyoGyoくん
GyoGyoくん

そんな「N-ONE(エヌワン)」の用途別おすすめモデルはこいつらだ~!

 

ジグ単特化のおすすめモデル「NSL-S562AJI」

created by Rinker
Major Craft(メジャークラフト)
¥17,424(2020/09/25 12:23:03時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
1.68m非公表0.6~10g2pcs

ジグ単&遠投リグ兼用のおすすめモデル「NSL-S682AJI」

created by Rinker
Major Craft(メジャークラフト)
¥18,304(2020/09/25 12:23:04時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
2.03m非公表0.6~10g2pcs

遠投リグ特化のおすすめモデル「NSL-S742AJI」

created by Rinker
Major Craft(メジャークラフト)
¥21,087(2020/09/25 12:23:05時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
2.24m非公表0.6~10g2pcs
GyoGyoくん
GyoGyoくん

ちなみに、「N-ONE(エヌワン)」各スペックの違いや特徴は以下の記事で詳しく解説しているゾ!!

 

詳細はコチラ>>>「N-ONE(エヌワン) 」全モデルの特徴解説

テイルウォーク「アジストTZ」

「アジストTZ」はテイルウォーク社のセミハイエンド機です。

名前の「TZ」からもわかる通り、ガイドに軽くて薄いトルザイトリングが搭載されています。3万円オーバーの製品では当たり前になったトルザイトリングですが、2万円台のモデルにはほぼ搭載されていません。軽くて薄い小口径ガイドの振り抜けの良さ、感度の高さを味わいたい方にピッタリなロッドです。

出典:テイルウォーク

テイルウォーク特有のレーシーな容姿もステキじゃありませんか?デザインに一目惚れして購入する方も多そうです。

「アジストTZ」はスペックのラインナップも11種類と豊富。アジングの醍醐味が詰まったショートレンジ攻略への並々ならぬ意欲がにじみ出る構成となっています。

モデル全長自重ルアー重量
AJIST TZ 53/SSL1.60m71gMAX3g
AJIST TZ 55/SL1.65m73gMAX3g
AJIST TZ 571.70m86gMAX5g
AJIST TZ 58/SL1.73m74gMAX3g
AJIST TZ 511/SL1.80m75gMAX3g
AJIST TZ 62/SL1.88m80gMAX5g
AJIST TZ 64/SL1.93m76gMAX5g
AJIST TZ 692.06m80gMAX5g
AJIST TZ 69/SL2.06m82gMAX5g
AJIST TZ 732.21m85gMAX10g
AJIST TZ MOBILE 64/SL1.93m81gMAX4g

他のロッドと比べるとやや重さは気になるかもしれませんが、手元に重心がくるようチューニングされていますから、それほど心配は要らないかと思います!

GyoGyoくん
GyoGyoくん

「アジストTZ」の用途別おすすめモデルはこいつらだ!

 

ジグ単特化のおすすめモデル「アジストTZ 53/SSL」

created by Rinker
テイルウォーク(tailwalk)
¥26,400(2020/09/25 08:39:03時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
1.60m71gMAX3g2pcs

遠投リグ特化のおすすめモデル「アジストTZ 73」

created by Rinker
テイルウォーク(tailwalk)
¥28,717(2020/09/25 08:39:03時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
2.21m85gMAX10g2pcs
GyoGyoくん
GyoGyoくん

ちなみに、「アジストTZ」各スペックの違いや特徴は以下の記事で詳しく解説しているゾ!!

 

詳細はコチラ>>>「アジストTZ」全モデルの特徴解説

ヤマガブランクス「ブルーカレントⅢ」

「ブルーカレントⅢ」は2020年にモデルチェンジされ、注目を集めているヤマガブランクス製ライトゲームロッドのエントリー機です。

自社工場での国内生産にこだわるヤマガブランクス製ですから、正真正銘のメイドインジャパン!職人のスピリットが吹き込まれ、軽さ、感度、強さ、飛距離の4拍子が揃ったロッドに仕上がっています。

ブランクスは「リグの操作時はシャキッとしているけど、獲物をかけたらしっかり曲がる」というライトゲームに理想的なチューニング。名機との呼び声が高かった前作を踏襲しながらも、さらに改良が加えられた「ブルーカレントⅢ」に死角なしですね。

スペックのラインナップは以下の8種類。

モデル全長自重ルアー重量
531.610m53gMAX4.5g
5101.775m56gMAX4.5g
631.910m59gMAX5g
692.070m66gMAX7g
742.235m71gMAX10g
76 Stream2.290m81gMAX11g
7112.425m81gMAX11g
822.495m83gMAX20g

5~8フィート台まで細かくレングスが刻んであるので、好みの長さを選びやすいですね。ロッドの軽さも申し分ありません。

GyoGyoくん
GyoGyoくん

そんな「ブルーカレントⅢ」の用途別おすすめモデルはこいつらだ!

 

ジグ単特化のおすすめモデル「BlueCurrentⅢ 510」

created by Rinker
ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks)
¥22,275(2020/09/25 07:43:49時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
1.775m56gMAX4.5g2pcs

ジグ単&遠投リグ兼用のおすすめモデル「BlueCurrentⅢ 74」

created by Rinker
ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks)
¥23,760(2020/09/25 07:43:50時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
2.235m71gMAX10g2pcs

遠投リグ特化のおすすめモデル「BlueCurrentⅢ 82」

created by Rinker
ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks)
¥29,260(2020/09/25 07:43:50時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
2.495m93gMAX20g2pcs
GyoGyoくん
GyoGyoくん

ちなみに、「ブルーカレントⅢ」各スペックの違いや特徴は以下の記事で詳しく解説しているゾ!!

 

詳細はコチラ>>>「ブルーカレントⅢ」全モデルの特徴解説

34(サーティーフォー)「ガイドポストLHR」

「ガイドポストLHR」はアジング界のパイオニア「34(サーティーフォー)」のエントリーモデルです。入門機とはいえアジングロッドに必要な感度は絶対に落としたくない!というメーカーの想いが込められた渾身のロッドとなっています。

上位モデルに限りなく近い性能をもつロッドを安く作るために行われたのは、実釣に関係ない部分の簡素化。装飾面を中心に徹底的な見直しをかけた結果、恐ろしく高機能な入門機ができあがったというわけです。

スペックのラインナップは以下の3種類。

モデル全長自重ルアー重量
LHR571.71m74g0.3~2.0g
LHR621.88m未公表0.3~2.0g
LHR692.07m未公表0~5.0g

どのモデルもアジング初心者でも扱いやすいスローテーパー(胴調子)にチューンされています。投げやすく、潮流の変化もわかりやすいので、これからアジングを始める方にピッタリです。

GyoGyoくん
GyoGyoくん

「ガイドポストLHR」の用途別おすすめモデルはこいつらだ!

 

ジグ単特化のおすすめモデル「ガイドポストLHR57」

created by Rinker
34
¥26,020(2020/09/24 21:27:00時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
1.71m74g0.3~2.0g2pcs

ジグ単&遠投リグ兼用のおすすめモデル「ガイドポストLHR69」

全長自重ルアー重量継数
2.07m未公表0~5.0g2pcs
GyoGyoくん
GyoGyoくん

ちなみに、「ガイドポストLHR」各スペックの違いや特徴は以下の記事で詳しく解説しているゾ!!

 

詳細はコチラ>>>「ガイドポストLHR」全モデルの特徴解説

お手頃かつ高機能な2万円台のステップアップ機でアジングを楽しもう!

近年の2万円台アジングロッドの進化はとどまることを知らず、上位モデルに迫る実力を持つ製品も多くリリースされています。入門機でアジングを楽しいと感じた方は、ぜひステップアップ機をゲットして更なるアジングの楽しさを探してみてください。

GyoGyoくん
GyoGyoくん

この記事で紹介した2万円台のおすすめアジングロッドについて詳しく知りたい方は以下の記事をのぞいてみてネ!