アジング中級者から人気のミドルクラス(実売2〜3万円台)ロッドをご紹介。

ミドルクラスのアジングロッドの特徴を解説してから、おすすめアイテムをざざっとまとめていきます。

入門グレードからの乗り換えや、手頃かつ高性能なサブロッドの購入を検討中の方は要チェックです。

アジングロッドの相場感について

はじめにアジングロッドの相場感について、簡単に解説しておきます。

てことで、こちら↓をご覧ください。

価格帯高い?安い?特徴
~1万円とても安い激安入門ロッド
1万円台安い入門ロッド
2万円台標準スタンダードロッド
3万円台やや高い中堅ロッド
4万円台~高いハイエンドロッド

人によって多少は認識が異なりますが、だいたい上表のように捉えておけばOKです。

中級者向けのアジングロッドとは

本記事のテーマである中級者向けのアジングロッドは実売2〜3万円台、いわゆるミドルクラスといわれる価格帯です。

〜1万円台のお値打ちロッドでアジングを始めて、それでアジングにハマった人が手に取るアイテムがメインとなります。

ミドルクラスのアジングロッドのメリット

ミドルクラスのロッドは、〜1万円台の入門グレードと比べると、ガイドやカーボン素材が高品質になり、各メーカーの独自テクノロジーも充実しています。

お値段が上がるぶんだけ、入門ロッドよりも性能が優秀です。

特に、軽さと感度性能が高く、アタリや地形変化、潮の重さなど、多くの情報を集めながら高度なアジングを楽しるという魅力があります。

ミドルクラスのアジングロッドのデメリット

上述のとおり、素材や製法にお金がかかっていて、そのぶん性能が高いってのがミドルクラスロッドの良いところです。

ですが、高度な素材やテクノロジーがどの部分にどれぐらい使われているのか?が明記されていないケースも少なくありません。

そして、予算の制約があるぶん、素材や実釣テストにかける時間も限られます。

ミドルクラスのロッドは、「買ってはみたけど、思ってたのと違う…」ってな具合に、意外と地雷を踏みやすい価格帯でもあるのです。

期待していた性能に届かず、結局すぐにハイエンドロッドに買い替えるみたいな例も珍しくありません。

予算と時間をどっぷりと投じて造られたハイエンド帯のロッドと比べると、どうしても性能にムラができてくるのでしょう。

ミドルクラスのロッドを選ぶ際は、ミスマッチを避けるために、仕様や機種ごとののテイストについて、より入念な下調べをしておくのがおすすめです。

中級者向けのおすすめアジングロッド【2万円台編】

さて、ここからはアジング中級者向けのおすすめロッドを紹介していきます。

まずは2万円台の有力アイテムから見ていきましょう。

がまかつ「ラグゼ 宵姫 爽」

「ラグゼ 宵姫 爽」は、がまかつ「宵姫」シリーズのエントリーグレード。

上級者からも好評なハイエンド製品の設計ノウハウを継承しつつ、価格を落とした高コスパロッドです。

「宵姫 爽」は全5機種構成ながらも、ジグ単特化のショートモデルから、遠投特化のパワーモデルまで多彩なゲームに対応します。

ミニマルかつ汎用性の高い機種ラインナップも魅力的です。

機種全長(m)自重(g)ルアー重量(g)継数
S53FL-solid1.60460.1~2.02本
S58FL-solid1.73500.1~2.52本
S63UL-solid1.905540.1~4.02本
S73L-solid2.21600.1~102本
S78M-solid2.34660.7~162本

オリムピック「21コルト」

オリムピック「コルト」シリーズのステップアップ機。

人気の先代モデル「18コルト」をベースに、大胆なブラッシュアップが施されています。

希少なチタンソリッドモデル(572UL-TS)がラインナップされているというのも、「21コルト」の注目ポイント。

チタンソリッドを試してみたい方にもおすすめの製品となっています。

機種全長(m)自重(g)ルアー重量(g)継数
572UL-TS1.7050MAX2.52本
572UL-HS1.7052MAX2.02本
592XUL-S1.7548MAX1.52本
612L-HS1.8653MAX3.02本
622UL-HS1.8853MAX2.02本
642L-HS1.9355MAX4.02本
6102L-HS2.0857MAX5.02本
802ML-HS2.44MAX202本

シマノ「22ソアレSS アジング」

出典:シマノ

2022年にモデルチェンジを迎えた「ソアレ」シリーズのステップアップ機。

シマノ社の独自技術である”スパイラルX”ならびに”ハイパワーX”がダブルで適用され、先代モデルよりも性能に磨きがかけられています。

同社のオリジナルリールシート”ブリッジライクシート”を搭載しているのも、他製品との差別化ポイント。

軽量・高感度な独自グリップも「22ソアレSS アジング」の持ち味です。

機種全長自重ルアー重量継数
S48SUL-S1.42m46g0.3~6g2本
S54SUL-S1.63m48g0.3~6g2本
S60SUL-S1.83m51g0.3~6g2本
S68SUL-S2.03m54g0.3~6g2本
S58UL-S1.73m51g0.4~8g2本
S64UL-S1.93m55g0.4~8g2本
S70UL-S2.13m59g0.4~8g2本
S64L-S1.93m56g0.6~12g2本

メジャークラフト「鯵道5G」

メジャークラフトから2021年に発売されたNEWロッド。

他社ハイエンド帯でおなじみのカーボン素材”トレカT11000G”を採用しながら、価格を2万円台前半まで抑えたインパクト抜群の製品です。

種類豊富なメジャクラ製アジングロッドのなかでも、圧倒的に推せるロッドとなっています。

機種全長(ft)自重ルアー重量継数
S502L5’0″0.2-3g2本
S582L5’8″0.2-3g2本
S622L6’2″0.2-3g2本
S682L6’8″0.2-3g2本
S622M6’2″0.6-5g2本
S682M6’8″0.6-5g2本
S722H7’2″1-15g2本
S832FC8’3″3-24g2本

その他の有力アジングロッド一覧【2万円台】

メーカー製品機種ラインナップ
ダイワ21月下美人MX アジング55XUL-S・N
510UL-S・N
64L-S・N
65L-T・N
710ML-S・N
ヤマガブランクスブルーカレントⅢ53
510
63
69
74
76 stream
711
82
53/B
69/B
82/B
アブガルシアソルティーステージ プロトタイプ アジング552ULT-ST
5102LSS
632ULT-ST
642ULSS
6102LSS

中級者向けのおすすめアジングロッド【3万円台編】

つづいては3万円台のおすすめロッドを紹介していきます。

この価格帯は各社の中堅グレードが揃っており、ハイエンドに迫る性能を持つアイテムも多いです。

2万円台のロッドよりもさらに高性能なロッドが揃っています。

シマノ「21ソアレXR」

出典:シマノ

シマノ「ソアレ」シリーズの中堅グレード。

”カーボンモノコックグリップ”や”スパイラルXコア”を採用するなど、ハイエンドなみの高級仕様が魅力です。

感度・強度ともに下位グレードの「22ソアレSS アジング」を上回る、高性能ロッドとなっています。

機種全長自重ルアー重量継数
S76UL-T2.29m75g0.6~6g2本
S54SUL-S1.63m60g0.3~6g2本
S60SUL-S1.83m63g0.3~6g2本
S48UL-S1.42m52g0.4~8g2本
S58UL-S1.73m63g0.4~8g2本
S64UL+-S1.93m67g0.5~12g2本
S68UL-S2.03m68g0.4~8g2本
S76UL-S2.29m74g0.5~5g2本
S80UL+-S2.44m81g1.5~14g2本
S510L-S1.78m67g0.6~12g2本
S610L-S2.08m74g0.6~12g2本

オリムピック「21コルト プロトタイプ」

2021年にモデルチェンジを迎えた「コルト」シリーズの中堅機。

東レの先進カーボン素材”トレカT1100G”や、独自の4軸カーボン組布”スーパークワトログラファイトクロスLV”を搭載するなど、ハイエンド顔負けのセッティングとなっています。

2022年には7.8ftのロングディスタンスモデルも追加され、機種ラインナップも強化済み。

ジグ単からヘビーフロートまで、多彩なリグに対応します。

機種全長(m)自重(g)ルアー重量(g)継数
552UL-HS1.6551MAX1.52本
602L-HS1.8354MAX3.02本
642UL-HS1.9354MAX2.02本
672L-HS2.0162MAX5.02本
782ML-HS2.3470MAX202本

その他の有力アジングロッド一覧【3万円台】

メーカー製品機種ラインナップ
ダイワ19月下美人 AIR AGS アジング510UL-S
65L-S
68L-T
79L/M-S
710L/M-S
81M-T
ブリーデントレバリズムキャビン410CS-tip
506CS-tip
602CS-tip
606CS-tip
410CT-tip
506CT-tip
602CT-tip
606CT-tip
402TS-tip
410TS-tip
506TS-tip
602TS-tip
606TS-tip
アブガルシアエラディケーター リアルフィネスERFS-67SULT-ST-TZ
ERFS-610LS-TZ
ERFS-76LT-TZ
ERFS-79ULS-EXF-TZ

ハイエンドのアジングロッドについて

出典:ダイワ

アジングロッドの購入予算に余裕がある方は、ハイエンドロッド(実売4万円台〜)の購入を検討するのもアリ。

開発に十分なリソースを注ぎ込めるぶん、文句なしの性能を有する製品が多いですからね。

ハイエンドの有力アジングロッドについては、以下の記事で特集しています。

ミドルクラスよりもさらに高性能なロッドに興味がある方は、のぞいてみてください。

コスパ優秀なミドルクラスのアジングロッド

というわけで、中級者向けのミドルクラスアジングロッド紹介は以上です。

入門グレードよりも高性能かつ、お値段もバカ高くはないということで、中級者のみならず幅広いユーザーから人気があります。

本記事の内容も参考にしつつ、自身にぴったりのミドルクラスロッドを探してみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介したおすすめロッド

メーカー製品実売価格
がまかつラグゼ 宵姫 爽2万円台〜
オリムピック21コルト2万円台〜
シマノ22ソアレSS アジング2万円台〜
メジャークラフト鯵道5G2万円台〜
シマノ21ソアレXR3万円台〜
オリムピック21コルト プロトタイプ3万円台〜

アジングロッド関連の人気記事はこちら