釣り具のポイントでゴリ押しされてる「リアルメソッド」のアジングロッドってぶっちゃけどうなの?
店員さんも自社製品の悪いとこは言わないだろうから、中立的で忖度ナシの評価が聞きてえよ。
誰かぶっちゃけてくれ!

↑のような疑問にズバッとお答えしていきます。

軽く結論をぶっちゃけると、低価格帯のロッドが充実しているリアルメソッドですが、安いからといって全部買いなわけではありません。

本文ではその辺も含めてガッツリと解説していきますので、リアルメソッド製ロッドを検討中の方はぜひお役立てください。

リアルメソッド製アジングロッドの特徴と全体像

リアルメソッドは、釣り中毒者御用達の「釣り具のポイント」を運営するタカミヤのプライベートブランドです。ロッドやウェア、小物まで幅広いラインナップが揃っており、コストパフォーマンスの高さに定評があります。

もちろん、アジングロッドも例外ではありません。ローエンド~ミドルエンドを中心に高コスパなロッドが発売されています。

リアルメソッドのアジングロッドの製品ラインナップは↓の4種類。

モデル実売価格
リアルメソッド AJING-PREMIUM19,800円~
リアルメソッド AJING-GRⅡ9,800円~
W HUNTER AJING 68S&73T4,800円~
H.B ライトステップⅡ アジング3,800円~

正直言って、アンダー5,000円の2モデルは買いではありません。その理由は後で解説するとして、まずは最もおすすめな「AJING-GRⅡ」シリーズの特徴から解説していきます。

次ページ>>>リアルメソッド AJING-GRⅡの全モデルの特徴を徹底解説

リアルメソッド製アジングロッドの完全ガイド目次

  1. リアルメソッド製アジングロッドの特徴と全体像(←本ページ)
  2. 高コスパの「リアルメソッド AJING-GRⅡ」がおすすめ
  3. その他のローエンドロッドは…?
  4. 高品質の1ピースロッド「リアルメソッド AJING-PREMIUM」
  5. 振出式のモバイルロッド「リアルメソッドコンパクトゲームGRⅡ」
1 2 3 4 5