高コスパと評判のおすすめライトショアジギング(LSJ)ロッドを一挙にまとめてご紹介。

~3万円台の有力製品をたっぷりとピックアップし、特長や機種ラインナップをまとめてみました。

なるべく出費を抑えつつ、高性能なLSJロッドをGETしたい方はチェックしていってください。

目次

ライトショアジギング(LSJ)ロッドの相場感について

まずはLSJロッドの相場感について簡単に解説しておきます。

価格帯とその運用イメージの一覧はコチラ↓です。

価格帯相場感カテゴリ
~1万円格安入門ロッド
1万円台クラス安い入門ロッド
2万円台クラスふつうスタンダードロッド
ステップアップロッド
3万円台クラス高い中堅ロッド
4万円台~とても高いハイエンドロッド

各価格帯に対するイメージは人それぞれですが、上記のように捉えておけば大間違いはありません。

良コスパな価格帯は?

じゃあ、どの価格帯のロッドが良コスパなの?って話ですが、正直どれとは言いづらいです。

お値段に対するイメージは人それぞれなもんで…。

ただ、コスパという評価軸で語られることが多いのは、ハイエンド以外の価格帯でしょう。

つまり、~3万円台のロッドたちです。

そんなわけなので本記事では

  • ~1万円
  • 1万円台
  • 2万円台
  • 3万円台

の4カテゴリに分けて、コスパの高いおすすめロッドたちを紹介していきます。

~1万円編|コスパ最強のおすすめライトショアジギングロッドまとめ

まずはアンダー1万円クラスのおすすめロッドから見ていきましょう。

この価格帯は格安の入門ロッドとして人気です。

とにかく初期費用を抑えて、手軽にLSJを始めたい方にピッタリな製品が揃います。

おすすめロッドの一覧はコチラ↓です。

メーカー製品
ダイワルアーニスト
シマノソルティーアドバンス
メジャークラフトソルパラ
アブガルシアソルティーフィールド

この価格帯のロッドは、仕様についてそれほど語る余地がありません。

なので、ライトショアジギングにおすすめな機種とそのスペックだけをサクッとまとめておきます。

ダイワ「ルアーニスト」

出典:ダイワ
機種全長自重ルアー重量継数
96MH2.90m220g10-40g2本

>ダイワ「ルアーニスト」の公式ページはコチラ

シマノ「ソルティーアドバンス」

出典:シマノ
機種全長自重ジグ重量プラグ重量継数
LIGHT SHORE JIGGING S96L2.90m176gMAX42gMAX36g2本
LIGHT SHORE JIGGING S100L3.05m187gMAX42gMAX36g2本
LIGHT SHORE JIGGING S96ML2.90m187gMAX50gMAX42g2本
LIGHT SHORE JIGGING S100ML3.05m196gMAX50gMAX42g2本

>シマノ「ソルティーアドバンス」公式ページ

メジャークラフト「ソルパラ」

機種全長(ft)自重ルアー重量継数
SPX-902LSJ9’0″40±20g2本
SPX-962LSJ9’6″40±20g2本
SPX-1002LSJ10’0″40±20g2本

>メジャークラフト「ソルパラ」の公式ページはコチラ

アブガルシア「ソルティーフィールド」

機種全長自重ルアー重量継数
SFS-832ML2.52m133g3-30g2本
SFS-962M2.90m162g7-45g2本
SFS-1002MH3.05m253g20-80g2本

~1万円クラスのLSJロッド|その他の選択肢まとめ

メーカー製品
シマノルアーマチック
メジャークラフトファーストキャスト

1万円台編|コスパ最強のおすすめライトショアジギングロッドまとめ

つづいては1万円台のおすすめロッドを紹介していきます。

こちらも入門ロッドとして人気がある価格帯ですが、アンダー1万円クラスの製品には使えない素材や製法が使われているぶんだけ、ロッドの基本性能が高くなっています。

ライトショアジギングの入門から上達までの過程を、しっかりと支えてくれるでしょう。

そんな1万円台クラスのおすすめLSJロッド一覧はコチラ↓。

メーカー製品
ダイワショアジギングX
シマノネッサBB
メジャークラフトトリプルクロス

ダイワ「ショアジギングX」

出典:ダイワ

「ショアジギングX」は、2022年にダイワから発売されたフレッシュな入門ロッド。

バット部に独自テクノロジーの”ブレーディングX”が採用されているというのが、本製品の注目ポイントです。

ブランクのネジレを防ぎ、反発力を効率よく使えるので、ファイト時のパワーやキャストの飛距離向上に貢献します。

また、ブルーを差し色とした爽やか系デザインも「ショアジギングX」の魅力。

低価格な入門ロッドながらも、上質な外観に仕上げられています。

「ショアジギングX」は全4機種構成。ライトショアジギングにおすすめなのは、96Mです。

機種全長自重ルアー重量ジグ重量継数
96M2.90m275g10〜50g15~60g2本

シマノ「22ネッサBB」

出典:シマノ

「22ネッサBB」は、2022年にモデルチェンジを迎えたシマノ「ネッサ」シリーズのエントリー機。

実売価格は1万円台後半~となっていますが、2万円台クラスのロッドに匹敵する性能を有します。

ブランクには”ハイパワーX”が適用されており、軽いのに強さも十分なシマノロッドらしい仕上がり。

サーフから狙えるターゲットに幅広く対応し、ライトショアジギングと相性が良いモデルもしっかりと揃っています。

機種全長自重ジグ重量プラグ重量継数
S104M3.15m176gMAX42g8~36g3本
S108M+3.25m185gMAX48g8~42g3本
S112M+3.40m192gMAX48g8~42g3本
S106MH3.20m186gMAX56g10~50g3本
S100MH+3.05m176gMAX65g10~56g3本

メジャークラフト「トリプルクロス」

「トリプルクロス」は、メジャークラフトの中堅ロッドシリーズ。

こちらも実売1万円台後半~となっていますが、それだけ仕様も充実しています。

”クロスフォース製法”と”4軸カーボン”をダブルで適用した、ネジレに強いブランクが「トリプルクロス」の持ち味です。

また、ガイドリングにはSiC-Sが使われており、ガイドまわりの安心感もあります。

「トリプルクロス」のLSJ推奨モデルは↓のとおり。

機種全長(ft)自重ルアー重量継数
TCX-962LSJ9’6”40±20g2本
TCX-1002LSJ10’0”40±20g2本

>メジャークラフト「トリプルクロス」の公式ページはコチラ

1万円台クラスのLSJロッド|その他の選択肢まとめ

メーカー製品
ダイワジグキャスター
シマノコルトスナイパーBB
メジャークラフトクロステージ
アブガルシアソルティースタイル ライトショアジギング

2万円台編|コスパ最強のおすすめライトショアジギングロッドまとめ

お次は2万円台のおすすめロッドを見ていきましょう。

この価格帯はスタンダードクラス、ステップアップクラスなどと呼ばれており、入門ロッドからの乗り換えや、中上級者のサブロッドとしても人気があります。

おすすめ製品の一覧はコチラ↓です。

メーカー製品
シマノコルトスナイパーSS LSJ
メジャークラフトクロスライド5G
アブガルシアソルティーステージ プロトタイプ ライトショアジギング
がまかつラグゼ コヨーテS
テイルウォーククリムゾン

シマノ「コルトスナイパーSS LSJ」

出典:シマノ

「コルトスナイパーSS LSJ」は、シマノ「コルトスナイパー」シリーズで唯一のLSJ専用モデル。(※2022年現在)

近年のLSJ人気に応える形で発売された、シマノ社自慢のLSJロッドです。

ブランクにはシマノの独自機構である”スパイラルX”と”ハイパワーX”をダブルで適用。

いついかなるときでも安定したパワーを発揮し、釣行中のストレスを減らしてくれます。

また、全モデルがアンダー200gという軽さも「コルトスナイパーSS LSJ」の注目ポイント。

長丁場になっても疲れにくく、集中力を保ったままバイトを待つことができるでしょう。

機種全長自重ジグ重量プラグ重量継数
S100L3.05m196gMAX42gMAX36g2本
S96L2.90m181gMAX42gMAX36g2本
S100ML3.05m199gMAX50gMAX42g2本
S96ML2.90m187gMAX50gMAX42g2本

メジャークラフト「クロスライド5G」

「クロスライド5G」は、メジャークラフト製ショアジギングロッドの最高峰グレード。

また、2021年に発売された新機軸シリーズ”5G”の一角を担う人気製品でもあります。

実売2万円強のお値段ながらも、

  • 東レの先進カーボン素材”トレカT1100G”
  • 独自の多軸ブランク製法”R360構造”

を採用する鬼コスパ仕様となっています。

LSJモデルは全3機種がラインナップされており、スペックの一覧は↓のとおりです。

機種全長(ft)自重ルアー重量継数
942ML/LSJ9’4”15ー40g2本
962M/LSJ9’6”15ー50g2本
1002M/LSJ10’015ー50g2本

アブガルシア「ソルティーステージ プロトタイプ ライトショアジギング」

「ソルティーステージ プロトタイプ」は、アブガルシアのスタンダードロッドシリーズ。

2021年に約10年ぶりのモデルチェンジを迎え、最新スペックにアップデートされた注目製品です。

ブランクのカーボン素材は100%国産。かつ、強度と軽さを両立する自慢の”TAF製法”も解禁されたとあって、お得感はモリモリ。

コスパに定評のあるアブガルシア製品のなかでも、特に脂の乗ったアイテムといえるでしょう。

LSJ専用設計の「ソルティーステージ プロトタイプ ライトショアジギング」の機種一覧はコチラ↓。

機種全長自重ルアー重量継数
XLSS-9112ML303.203m168g7~40g2本
XLSS-1092ML303.277m175g7~40g2本
XLSS-992M402.972m171g10~50g2本
XLSS-1072M403.226m179g10~50g2本
XLSS-1153M403.480m200g10~50g3本
XLSC-972ML302.921m152g7~40g2本

がまかつ「ラグゼ コヨーテS」

出典:がまかつ

「ラグゼ コヨーテS」は、がまかつのスタンダードLSJロッド。

上位グレードの人気製品「ラグゼ コヨーテ」(※後に紹介)の廉価版モデルです。

できる限り性能を保ちつつ、素材のグレードを適度に落とすことで価格が抑えられています。

中堅~ハイエンド帯を中心に製品展開するがまかつ製ロッドのなかで、2万円台は異色の存在。

そういった意味でも価値のあるアイテムです。

機種全長自重ルアー重量継数
S100MH3.05m245g30~50g2本
S100H3.05m245g40~65g2本
S100XH3.05m245g50~80g2本

>がまかつ「ラグゼ コヨーテS」公式ページ

テイルウォーク「クリムゾン」

「クリムゾン」はテイルウォークから2022年に発売された製品。

メインターゲットをあえて絞らず、多彩な魚種に対応する八方美人なセッティングを特長とします。

メタルジグはもちろん、プラグやエギなど、その他のルアーもストレスなく操作することが可能。

1本持っておけば、その時々の状況に合わせて柔軟なソルトルアーゲームを楽しめるでしょう。

機種全長
(ft.in)
自重ルアー重量継数
S82ML-F8.2120gmax28g2本
S95ML-R9.5137gmax35g2本
S83M-F8.3109gmax35g2本
S98M-R9.8144gmax42g2本
S80MH-F8.0128gmax45g2本
S88H-F8.8141gmax50g2本

>テイルウォーク「クリムゾン」公式ページ

2万円台のLSJロッド|その他の選択肢まとめ

メーカー製品
ダイワオーバーゼア
テイルウォークライズシューターSSD
テイルウォークSSDサーフラット
オリムピック19ヴェント

3万円台編|コスパ最強のおすすめライトショアジギングロッドまとめ

最後は実売3万円台クラスを見ていきましょう。

こちらは中堅機、ミドルクラスなどと呼ばれる価格帯です。

ハイエンドロッドに迫る性能を持ちながら、お値段もバカ高くはない。

ということで、LSJ中上級者を中心に広く愛される製品が揃います。

おすすめロッドの一覧はコチラ↓。

メーカー製品
ダイワオーバーゼア グランデ
シマノネッサXR
ヤマガブランクスアーリーフォーサーフ
がまかつラグゼ コヨーテ

ダイワ「オーバーゼア グランデ サーフモデル」

出典:ダイワ

「オーバーゼア グランデ」は、ダイワ「オーバーゼア」シリーズの中堅グレード。

サーフモデルは2022年に追加されたNEWラインナップです。

HVFナノプラスやX45、V-ジョイント、エアセンサーシートなど、ロッドの性能を底上げする素材・製法がまるっと搭載されています。

この仕様で実売3万円台はなかなかに高コスパです。

「オーバーゼア グランデ サーフモデル」では、10ft前後を中心に全7機種が展開されています。

いずれの機種もLSJ適性は高めです。

機種全長自重ルアー重量ジグ重量継数
109ML/M3.28m162g7-45g7-50g2本
97M2.92m153g10-45g10-50g2本
103M3.12m159g10-45g10-50g2本
98MMH2.95m165g12-50g12-60g2本
911M/MH3.02m163g10-60g10-70g2本
1010M/MH3.30m180g10-60g10-70g2本
103MH3.12m177g15-60g15-70g2本

シマノ「21ネッサXR」

出典:シマノ

「21ネッサXR」は、シマノ「ネッサ」シリーズの中堅グレード。

スパイラルXコア、カーボンモノコックグリップなど、シマノのハイエンドロッドでもおなじみの機構が惜しみなく使われた実力派ロッドとして、ネッサの中骨を支えています。

シリーズのなかでも特にお得感があるグレードでありまして、仕様とお値段が釣り合っておりません。(良い意味で)

「ネッサ」のロッドが気になっている方は、まず見逃せないアイテムです。

機種全長自重ジグ重量プラグ重量継数
S104M3.15m170gMAX42g8~36g3本
S108M+3.25m172gMAX48g8~42g3本
S112M+3.40m180gMAX48g8~42g3本
S106MH3.20m175gMAX56g10~50g3本
S100MH+3.05m167gMAX65g10~56g3本
B104M+3.15m175gMAX50g10~45g3本

ヤマガブランクス「アーリーフォーサーフ」

「アーリーフォーサーフ」は、ヤマガブランクスの人気ロッドシリーズ「アーリー」のサーフ特化モデル。

ヒラメやマゴチ、青物、シーバスなど、多魚種に対応します。

「アーリーフォーサーフ」の特長は、負荷がかかると素直に曲がり込み、ブランク全体で引きを受け止める設計。

心地よい釣り味を楽しみつつ、安定してキャッチに持ち込める信頼感があります。

機種ラインナップは10フィート台を中心に全5モデルを展開中。

汎用性の高い定番モデルにサーフフィネスモデル、ベイトモデルまで多彩です。

少数精鋭ながらも多様性に富んでいます。

機種全長自重ルアー重量適合ライン継数
99ML2.980m155g7~35gPE 0.8~1.5号2本
105MMH/B3.175m189g15~50gPE 1.5~2.5号2本
103M3.150m174g8~42gPE0.8~1.5号2本
109MMH3.295m195g8~50gPE1~2号2本
105MH3.180m192g10~50gPE1~2号2本

がまかつ「ラグゼ コヨーテ」

出典:がまかつ

「ラグゼ コヨーテ」は、がまかつ自慢の本格ライトショアジギングロッド。

ブランクの全層に東レの先進カーボン素材”トレカT1100G”を採用し、軽量・高強度・高感度な高級カーボンの利点を活かすチューニングが採用されています。

最軽量モデルは185g、最重量モデルでも205gという軽さも「ラグゼ コヨーテ」の武器。

釣行時間が長くなればなるほど、軽量ロッドのアドバンテージは大きくなります。

「ラグゼ コヨーテ」は、長時間釣行が多い方にもおすすめしたいアイテムです。

機種全長自重ルアー重量継数
S96M2.90m185g20-40g2本
S100M3.05m190g20-40g2本
S106M3.20m200g20-40g2本
S96MH2.90m190g30-50g2本
S100MH3.05m195g30-50g2本
S106MH3.20m205g30-50g2本
S96H2.90m197g40-65g2本
S100H3.05m205g40-65g2本

3万円台のLSJロッド|その他の選択肢まとめ

メーカー製品
シマノコルトスナイパーXR
ヤマガブランクスアーリーフォーロック
ヤマガブランクスアーリーフォーモバイル
がまかつラグゼ チータR3
ゼスタランウェイXR
ゼスタランウェイSRF
オリムピック19リモート
天龍パワーマスター サンドウォーカー

予算が潤沢な方はハイエンドのLSJロッドも

ロッドの購入予算に余裕がある方はハイエンドロッド(実売4万円台~)を検討するのもアリ。

本記事で紹介したコスパ型ロッドよりも高度な素材と製法が使われているぶん、性能が高めです。

おすすめのハイエンドLSJロッドは↓の記事にまとめていますので、興味のある方はのぞいてみてください。

高コスパなライトショアジギングロッドまとめ

というわけで、高コスパなライトショアジギングロッド紹介は以上です。

最後に、本記事で紹介したおすすめロッドの一覧をまとめておきます。

気になるアイテムが見つかった方は、下記リンクから情報を掘ってみてください。

~1万円のおすすめLSJロッド

メーカー製品
ダイワルアーニスト
シマノソルティーアドバンス
メジャークラフトソルパラ
アブガルシアソルティーフィールド

1万円台のおすすめLSJロッド

メーカー製品
ダイワショアジギングX
シマノネッサBB
メジャークラフトトリプルクロス

2万円台のおすすめLSJロッド

メーカー製品
シマノコルトスナイパーSS LSJ
メジャークラフトクロスライド5G
アブガルシアソルティーステージ プロトタイプ ライトショアジギング
がまかつラグゼ コヨーテS
テイルウォーククリムゾン

3万円台のおすすめLSJロッド

メーカー製品
ダイワオーバーゼア グランデ
シマノネッサXR
ヤマガブランクスアーリーフォーサーフ
がまかつラグゼ コヨーテ

サーフ・(ライト)ショアジギング関連の人気記事はコチラ