天龍から発売されている人気のサーフ用ロッド「パワーマスター サンドウォーカー」をご紹介。

実売3万円台クラスで本格派の性能を持つ中上級者向けアイテムとなっており、性能の高さに定評があります。

記事後半では他社競合ロッドともまとめていますので、中堅クラスのサーフ用ロッドをお探しの方は必見です!

天龍「パワーマスター サンドウォーカー」の特長

出典:天龍

というわけで、さっそく「パワーマスター サンドウォーカー」の特長を見ていきましょう。

シーバスとLSJの間をとったパワー設計

「パワーマスター サンドウォーカー」は、シーバスロッドとライトショアジギングロッドの中間ぐらいのパワー設計。

天龍製品でいくと、「スワット」と「パワーマスター ライトコア」の中間ぐらいってことになりますね。

 

サーフやゴロタでの繊細な釣りに特化した設計となっており、柔らかめのティップに強いバットという、そこそこ極端なチューニングを採用しています。

バイトを嫌わずに絡めとり、掛けたあとはバットの強さで安心感のあるファイトを楽しめる。

「パワーマスター サンドウォーカー」は、このあたりの要因で支持を集めているロッドです。

 

≫関連:天龍「スワット」公式ページ

≫関連:中堅LSJロッドの実力者|天龍「パワーマスター ライトコア」を徹底解説!

定番のガイドセッティング

出典:天龍

ガイドはステンレスフレーム×SiCリングの組み合わせです。

サーフやショアジギロッドでは定番のセッティングとなっており、耐久力があり、ラインにも優しいのが良いところ。

実釣時の安定性に優れます。

DPS仕様のストレートグリップ

出典:天龍

グリップには「パワーマスター」シリーズの兄弟機と同じく、DPSシートを採用。

EVAをたっぷり配置したストレートグリップとなっており、汎用性に優れます。

キャストから操作、フッキング、ファイトまで快適にこなせるでしょう。

トップクラスの軽量性

「パワーマスター サンドウォーカー」はラインナップされている2機種は、どちらも自重が180g前後。

軽さに定評のある他社人気ロッドと比べても、見劣りしないレベルまで軽量化されています。

 

同価格帯の人気ロッドと類似モデルの自重を比較すると、以下のとおり。

メーカー製品機種自重ルアー重量
天龍パワーマスター サンドウォーカー9102S-ML175gmax45g
シマノ21ネッサXR104M170gmax42g
ヤマガブランクスアーリーフォーサーフ103M174gmax42g
天龍パワーマスター サンドウォーカー1032S-MLM184gmax50g
シマノ21ネッサXR108M+172gmax48g
ヤマガブランクスアーリーフォーサーフ105MH192gmax50g

さすがに、「21ネッサXR」には競り負けているものの、ほぼ同水準と言って良い軽さです。

「パワーマスター サンドウォーカー」はサーフ用ロッドのなかでもトップクラスの軽量性を誇ります。

天龍「パワーマスター サンドウォーカー」の機種ラインナップ

出典:天龍

「パワーマスター サンドウォーカー」には全2機種をラインナップ。

ミニマルな機種構成となっており、あまり悩まずにサクッと機種を決めることができますね。

 

スペックは↓のとおり。

機種全長自重ルアー重量継数
PMS9102S-ML3.00m175gBest20g/Max45g2本
PMS1032S-MLM3.12m184gBest30g/Max50g2本
PMS1102S-M
※2022NEW
3.35m209gBest40g/Max60g2本

各機種の特徴もサクッと紹介しておきます。

パワーマスター サンドウォーカー PMS9102S-ML

全長自重ルアー重量継数
3.00m175gBest20g/Max45g2本

軽量ルアーを駆使した近〜中距離攻めに適した1本。最近流行りのサーフフィネスを得意とするモデルです。

 

サーフ用ロッドとしては短めの9フィート台を採用しており、取り回しと操作性に優れます。

あえて遠投をせず、近距離を手返しよく、かつネチネチ攻めたい方におすすめです。

パワーマスター サンドウォーカー PMS1032S-MLM

全長自重ルアー重量継数
3.12m184gBest30g/Max50g2本

サーフロッドの定番スペック。10フィート強のレングスで十分な飛距離を確保し、広範囲に手を伸ばせます。

最大50gのルアーを背負えるという点でも汎用性が高く、どんなフィールドでも無難な活躍を見せてくれるでしょう。

 

1本でいろんな問題を解決してくれる万能型モデルが好みな方はこっち(1032S-MLS)がいいでしょう。

パワーマスター サンドウォーカー PMS1102S-M

全長自重ルアー重量継数
3.35m209gBest40g/Max60g2本

2022年の追加モデル。

11フィートの長尺かつ強めのパワー設計により、重めのルアーをバシッと遠投できるのが持ち味です。

ルアーをしっかり飛ばして、とにかく広範囲を探りたい方にピッタリ。

天龍「パワーマスター」シリーズの全体像

出典:天龍

「パワーマスター」は天龍のショアキャスティングロッドシリーズ。

本記事で取り上げている”サンドウォーカー”以外にも、多くのアイテムが揃っています。

 

パワーマスターシリーズの製品と実売価格を一覧にするとコチラ↓。

製品実売価格
パワーマスター ヘビーコア5万円台〜
パワーマスター プラッキング3万円台〜
パワーマスター ライトコア3万円台〜
パワーマスター サンドウォーカー(★)3万円台〜

前述したとおり、「パワーマスター サンドウォーカー」はサーフに特化した製品。

軽量ルアーを扱いやすく、バイトを弾きづらい柔軟性を強みとします。

 

しかしながら、パワー面はパワーマスターの兄弟機よりもかなり控えめです。

堤防やロックショアでメタルジグをぶん投げるような力技は苦手としますので、その点は注意が必要です。

 

パワーマスターシリーズの中から自身に合うアイテムを探すなら

  • ワームやミノー、軽めのジグでサーフを攻めるなら”サンドウォーカー”
  • 40〜60gクラスのジグでショアジギするなら”ライトコア”
  • 80〜100gクラスのジグでショアジギするなら”ヘビーコア”
  • プラグで大型回遊魚を狙うなら”プラッキング”

といった基準を持っておくと良いでしょう。

 

≫関連:C・N・T搭載の本格ロッド「パワーマスター ヘビーコア」!ガチなショアジギロッドに注目。

≫関連:中堅LSJロッドの実力者|天龍「パワーマスター ライトコア」を徹底解説!

天龍「パワーマスター サンドウォーカー」のライバルロッドは?

出典:シマノ

さて、ここからは「パワーマスター サンドウォーカー」の競合ロッドを紹介していきます。

他社から発売されているライバル製品はコチラ↓。

メーカー製品参考実売価格
シマノネッサXR3万円台〜
ダイワオーバーゼアAIR2万円台〜
ヤマガブランクスアーリーフォーサーフ3万円台〜

見ての通り、2〜3万円台クラスのスタンダード・中堅機たちと競合することになります。

ハイエンドには届かないものの、上級者でも満足できる高性能ロッドといった位置付けのアイテムです。

 

テイストとしてはサーフに適した繊細さがあり、ライトショアジギングにも対応するってな感じのセッティングとなります。

てことで、競合ロッドの特徴を簡単にチェックしていきましょう。

シマノ「ネッサXR」

シマノのサーフ特化ブランド「ネッサ」の中堅ロッド。

2021年に追加された新グレードとなっており、コスパが高すぎると話題です。

 

トップクラスの軽さに加え、”カーボンモノコックグリップ”や”スパイラルXコア”といったハイエンドでおなじみの独自技術も適用。

死角がない仕様となっているので、「パワーマスター サンドウォーカー」にとっては最も手強いライバルとなります。

 

≫関連:カーボンモノコック降臨!「21ネッサXR」のコスパがやばめ。

ダイワ「オーバーゼア AIR」

人気のオーバーゼアシリーズのステップアップ機。

実売2万円台クラスとなっており、「パワーマスター サンドウォーカー」よりもお値段的なハードルが低いアイテムです。

コスパ重視で選ぶなら、かなり魅力的な選択肢となります。

 

十分に軽いのでサーフの釣りでも使いやすく、ライトショアジギ使いでも優秀。

ダイワ製ショアキャスロッドの新たな顔として、すごい勢いで支持を伸ばしています。

 

≫関連:実力はいかに?「20オーバーゼアAIR」を競合ロッドと比較しながら徹底解剖。

ヤマガブランクス「アーリーフォーサーフ」

ヤマガブランクスから発売されているサーフ特化のショアキャスティングロッド。

フィネス系からパワー系までバランスの良い機種構成となっており、じわじわ人気が出てきているベイトモデルも追加されています。

 

バラエティー豊かな個性派ラインナップという点は、「パワーマスター サンドウォーカー」にはない魅力。

コアなファンを中心に人気を集めるヤマガブランクス製品なので、使っているとちょっと”通(つう)”な感じがするってのも意外な長所かもしれません。

 

≫関連:新モデル追加済|アーリーフォーサーフ(ヤマガブランクス)が人気再燃中

ミニマル構成の実力派ロッド「パワーマスター サンドウォーカー」

天龍「パワーマスター サンドウォーカー」は乗せ性能に優れ、バットパワーも高いサーフ用ロッド。

フラットフィッシュに最適な性能がありながら、お値段は実売3万円台〜となっており、コストとクオリティーのバランスが良いアイテムです。

 

機種ラインナップは全2機種と選択肢は少ないものの、裏を返せば機種選びで迷いづらいともいえます。

好みに合いそうなモデルが見つかった方は、入手を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介したアイテム

天龍のおすすめ関連記事

サーフ・ショアジギのおすすめ関連記事