天龍のショアジギング・キャスティングロッド「パワーマスター ヘビーコア」をご紹介。

天龍の独自技術であるC・N・T(カーボンナノチューブ)も使われた超本格派ロッドとなっており、エキスパートを中心に支持されているアイテムです。

予算はかさんでもいいから本気のショアジギングロッドが欲しいって方はお見逃しなく!

天龍「パワーマスター ヘビーコア」の特長

出典:天龍

まずは天龍のショアジギング・キャスティングロッドの全体像をチェックしておきましょう。

製品の一覧は↓のとおり。

製品実売価格
パワーマスター ヘビーコア(★)5万円台〜
パワーマスター プラッキング3万円台〜
パワーマスター ライトコア3万円台〜
パワーマスター サンドウォーカー3万円台〜

ご覧のとおり、天龍のショアジギング・キャスティングロッドは”パワーマスター”というブランド名で展開されています。

本記事で紹介する「パワーマスター ヘビーコア」は、シリーズを代表するパワー型の高性能機。

重量級のルアーをぶち投げて大型回遊魚を獲るためのアイテムです。

てことで、仕様を詳しくチェックしていきましょう。

C・N・T(カーボンナノチューブ)

出典:天龍

仕様面での最注目ポイントは天龍の独自技術である”C・N・T(カーボンナノチューブ)。

超微細なC・N・T粒子がカーボン繊維を繋ぐ樹脂(レジン)の間に入り込み、繊維同士の結束を強めます。

負荷がかかったときの粘りが強化され、ファイトやキャスト時の強さ・安定感が飛躍的に向上。

パワフルな大型魚と真っ向勝負するショアジギング・キャスティングにはもってこいの技術といえます。

ガイドは軽量・高感度なフィネス系セッティング

出典:天龍

ガイドはチタンフレームのKガイド&RVガイドを採用。

十分な剛性を担保しつつ、心地よい振り抜けも味わえるよう調整されています。

リングはトルザイト仕様。薄型・大口径で糸抜けが良く、飛距離アップに貢献します。

ガイドを全体的に見れば、必要な強さを確保しながら、できるだけ繊細に仕上げてある印象。

小さなアタリや地形・潮の変化をきっちりとっていく、丁寧な釣りスタイルにマッチするでしょう。

DPSシートを組み込んだストレートグリップ

出典:天龍

グリップはどこを握っても力が入るストレート形状。

フロント・リアともに大型のEVAが配置されており、手が大きな方でも鷲掴みにできるデザインです。

リールシートはストレートグリップと相性抜群のDPSシートを採用。

カーボンパイプを入れることで段差を最小限に抑え、感度と操作性を高めているのも注目ポイントです。

西陣織の優雅なデザイン

出典:天龍

バットとリールシートには西陣織模様のカーボンが配置されています。

実釣に関与する部分ではありませんが、見た目が美しいロッドは使っているだけでワクワクしてくるもの。

高級感と優美な和テイストを醸し出す西陣織は、所有の満足感を一層高めてくれるでしょう。

天龍「パワーマスター ヘビーコア」の機種ラインナップ

出典:天龍

「パワーマスター ヘビーコア」には全6機種をラインナップ。スペックの一覧は↓のとおりです。

機種全長自重ルアー重量継数
PMH96H2.89m387gBest80g/Max100g2本
PMH96HH2.89m399gBest100g/Max120g2本
PMH100H3.05m407gBest80g/Max100g2本
PMH100HH3.05m418gBest100g/Max120g2本
PMH110H3.35m433gBest80g/Max100g2本
PMH130H3.96m544gBest80g/Max100g3本

全6機種をざっくり分類するなら、”Hパワー”と”HHパワー”に分かれます。

Hパワー(4機種)

Hパワーは80gクラスのルアーを主軸に攻めたい方向けのモデル。

4種類のレングスが揃っているので、操作性重視なら短め、飛距離重視なら長めのレングスを選びましょう。

HHパワー(2機種)

HHパワーは1段階強めの設計。100gのルアーがベストウエイトです。

Hパワーよりもさらに広範囲を攻めることができ、ティップからベリーには抵抗の強いルアーも快適に動かせる張りが実装されています。

レングスは9.6ftと10ftの2種類です。

関連記事