がまかつのショアジギング・キャスティングロッド「ラグゼ ジェットブル」をご紹介。

高度なマテリアル・テクノロジーを贅沢に採用したハイエンド機となっており、ガチ勢を中心に支持を集めています。

超本格派のショアジギ・ショアキャスロッドをお探しの方は必見です。

がまかつ「ラグゼ ジェットブル」の特長

出典:がまかつ

がまかつのショアジギング・キャスティングロッドの一覧はコチラ↓。

製品参考実売価格
ジェットブル(★)7万円台~
ショアゴリラR5万円台~
コヨーテ3万円台~
チータR33万円台~
コヨーテS2万円台~

本記事で紹介する「ラグゼ ジェットブル」はガチガチのハイエンド機です。

60gクラス以上の重たいルアーをぶち投げて、大型回遊魚を狙うためのアイテムが揃います。

テクノロジー・マテリアルの仕様も豪華で、さすが最上位機といえる仕上がりです。

てことで、「ラグゼ ジェットブル」の仕様を詳しくチェックしていきましょう。

ブランクス素材に”トレカT1100G”

ブランクス素材には東レの先進素材”トレカT1100G”を採用。

高強度・高弾性のカーボン素材となっており、感度が高く、反発力も優秀です。

キャストに誘い、アクションの動作を快適にしてくれます。

”ナノアロイ”適用カーボンも使用

同じく東レの”ナノアロイテクノロジー”適用カーボンも採用。

低樹脂設計かつ、カーボン繊維同士をつなぐ樹脂の粒も細かくなっているので、カーボンの強さと反発力を引き出します。

筋肉質な高弾性カーボンを活かすにはもってこいのテクノロジーです。

”PCS(パワークロスシステム)”でネジレ耐性アップ

出典:がまかつ

ブランクスには”PCS(パワークロスシステム)”も適用されています。

従来の構成に45度方向のカーボン繊維を加えることで、ネジレ耐性を強化。

どの方向にも強い反発力を発揮し、キャストや操作、ファイト時に感じるブレが少なくなります。

チタン&ステンレスの混合ガイド

ガイドはチタンフレーム・ステンレスフレームを適材適所で使われるハイブリッドセッティング。

トップ部のブレが少ない設計となっており、心地よい振り抜けを味わえます。

ガイドリングはSiCを採用。ラインへのダメージが少ないリングなので、大型回遊魚とのガチンコファイトをタフにこなせます。

ホールド性抜群のグリップ

出典:がまかつ

ビジュアル面で特徴的なのはグリップです。

しっかり握りたいフロントには、これでもかと言わんばかりの凹凸が設けてあります。

どこを握っても手にフィットするので、キャストやルアー操作、ファイトの全局面で貢献してくれるでしょう。

リアグリップはストレートタイプとなっており、こちらも握りやすさ抜群。

脇にも挟んでも痛くなりづらいってのもいいですね。

がまかつ「ラグゼ ジェットブル」の機種ラインナップ

出典:がまかつ

「ラグゼ ジェットブル」は全3機種構成。スペックの一覧は↓のとおりです。

機種全長自重ルアー重量適合ライン
(PE/号)
継数
93XH2.82m365g60~120g3~52本
110XH3.35m390g60~120g3~52本
98XXH2.95m390g80~150g4~62本

いずれも重量級ルアーに対応するガチガチのパワーモデルとなっています。

93XH

全長自重ルアー重量適合ライン
(PE/号)
継数
2.82m365g60~120g3~52本

3機種のなかでは最も短く、取り回しが良いスタンダードモデル。

適度なストロークがあり、ジグもプラグも快適に操作できるレングス・パワー設計となっています。

非常に扱いやすい1本なので、多彩なフィールドで活躍してくれるでしょう。

110XH

全長自重ルアー重量適合ライン
(PE/号)
継数
3.35m390g60~120g3~52本

プラッキングに寄せたチューニングのロングモデルです。

圧倒的な飛距離性能が魅力で、沖のナブラにもしっかりルアーを打ち込める安心感がGood!

飛距離に特化したモデルが好みの方におすすめです。

98XXH

全長自重ルアー重量適合ライン
(PE/号)
継数
2.95m390g80~150g4~62本

シリーズで最強のパワーをもつXXHクラスの1本。

MAX150gクラスのルアーをフルキャストして、キレッキレのアクションを繰り出す張りと強さがあります。

重量級ルアーの遠投&パワーゲームをしたい方用の1本です。

関連記事