シマノ製ロッドのなかから、ライトショアジギングに適したアイテムをピックアップ。

人気のネッサシリーズ、コルトスナイパーシリーズを中心に、コストパフォーマンスに優れる製品が盛りだくさんとなっています。

ライトショアジギングロッドの購入を検討している方は、とりあえずチェックしておきたいメーカーですぞ。

そもそもライトショア(LSJ)ジギングとは?

まずは、ライトショアジギングとはなんぞ?ってお話をちょこっとだけしておきますね。

俗に言うライトショアジギングとは

  • 20~60gのメタルジグを軸に
  • サーフや堤防などで
  • 青物やフラットフィッシュなんかを狙う

こんな釣りです。

日本LSJ協会なるもの(※存在しない)が明確に定義を設定しているわけではないので、LSJの認識は人によって誤差があります。

…が、上記のように思っておけば、とりあえず間違いではありません。

本記事ではそんな前提のもと、シマノ社のおすすめライトショアジギングロッドを紹介していきます。

シマノ製ライトショアジギング(LSJ)ロッドの選び方

出典:シマノ

みなさまもご存知のとおり、シマノ社は非常~に多彩な製品を開発している老舗の大手メーカー。

ライトショアジギングに対応するロッドの種類もしこたま多いです。

「シマノのロッドがほしいけど、どれがいいかわからん。」って思っている人も多いんじゃないでしょうか。

ということで、シマノ製ライトショアジギングロッドの選び方について、簡単に解説しておきます。

シマノ製ライトショアジギング(LSJ)ロッドの全体像

まず、主な選択肢となるのがコチラ↓です。

製品実売価格
ルアーマチックアンダー1万円
ソルティーアドバンス1万円前後
「ネッサ」シリーズ1万円台~7万円台
「コルトスナイパー」シリーズ1万円台~7万円台

格安入門ロッドの「ルアーマチック」「ソルティーアドバンス」

「ルアーマチック」「ソルティーアドバンス」は、低価格帯に展開された多ジャンル横断型のロッドシリーズ。

とってもリーズナブルなので、入門ロッドとして人気があります。

軽量・フィネスな「ネッサ」シリーズ

出典:シマノ

「ネッサ」は、サーフフィッシングに特化したロッドシリーズ。

メインターゲットはヒラメですが、ライトショアジギング適性も申し分ありません。

感度と軽量性重視でライトショアジギングロッドを選びたい方にGoodです。

パワー系ロッドが充実する「コルトスナイパー」シリーズ

出典:シマノ

「コルトスナイパー」は、沖堤防やロックショアでのヘビーなショアジギングにも対応するパワー系のロッドシリーズ。

「ネッサ」と比べると感度や軽量性は劣りますが、ことパワーにおいては圧倒的に勝ります。

ライトショアジギング的にいえばオーバーパワーになるモデルも多いですが、強さ=安心感と捉えるならばとても有力な選択肢。

軽さ・感度よりも、強さを重視してライトショアジギングロッドを選びたい方におすすめなブランドです。

この後の流れは…?

というわけで、このあとは

  • 格安入門ロッド編
  • ネッサ編
  • コルトスナイパー編

の3カテゴリに分けて、シマノのおすすめライトショアジギングロッドをまとめていきます。

気になるカテゴリを中心にチェックして下さいませ。

シマノのおすすめライトショアジギングロッドまとめ【格安入門ロッド編】

まずは格安入門ロッド編からまいりましょう。

対象となるロッドの一覧はコチラ↓です。

製品実売価格
ルアーマチック8,000円前後
ソルティーアドンバンス10,000円前後

この価格帯のロッドの仕様については、正直あまり語る余地がありません。

なので、ライトショアジギングにおすすめな機種とそのスペックだけを、簡単にまとめておきますね。

「ルアーマチック」のLSJ対応モデル一覧

機種全長自重ルアー重量継数
S90ML2.74m155g6-28g2本
S90MH2.74m190g10-50g2本

>シマノ「ルアーマチック」の公式ページはコチラ

「ソルティーアドバンス」のLSJ対応モデル一覧

機種全長自重ジグ重量プラグ重量継数
LIGHT SHORE JIGGING S96L2.90m176gMAX42gMAX36g2本
LIGHT SHORE JIGGING S100L3.05m187gMAX42gMAX36g2本
LIGHT SHORE JIGGING S96ML2.90m187gMAX50gMAX42g2本
LIGHT SHORE JIGGING S100ML3.05m196gMAX50gMAX42g2本

>シマノ「ソルティーアドバンス」の公式ページはコチラ

シマノのおすすめライトショアジギングロッドまとめ【ネッサ編】

お次は「ネッサ】シリーズにまいりましょう。

全4グレード展開となっており、製品の一覧はコチラ↓です。

製品実売価格
ネッサBB20,000円前後
ネッサXR33,000円前後
ネッサ エクスチューン55,000円前後
ネッサ リミテッド75,000円前後

ネッサBB

出典:シマノ

「ネッサBB」は、シリーズのエントリー機。

2022年に5年ぶりのモデルチェンジが行われ、最新スペックに生まれ変わっています。

実売1万円台から購入できるリーズナブルさと、その価格に見合わない本格派の性能が好評です。

「ネッサBB」の機種ラインナップは↓のとおりです。

機種全長自重ジグ重量プラグ重量継数
S104M3.15m176gMAX42g8~36g3本
S108M+3.25m185gMAX48g8~42g3本
S112M+3.40m192gMAX48g8~42g3本
S106MH3.20m186gMAX56g10~50g3本
S100MH+3.05m176gMAX65g10~56g3本

ネッサXR

出典:シマノ

「ネッサXR」は、シリーズの中堅グレード。

スパイラルXコア、カーボンモノコックグリップなど、ハイエンド帯の「ネッサ エクスチューン」や「ネッサ リミテッド」で採用されている機構が多数盛り込まれています。

実売3万円台クラスでこの仕様はかなりのお得感。中堅機といえども、コスパはヤバめです。

「ネッサXR」の機種一覧はコチラ↓。

機種全長自重ジグ重量プラグ重量継数
S104M3.15m170gMAX42g8~36g3本
S108M+3.25m172gMAX48g8~42g3本
S112M+3.40m180gMAX48g8~42g3本
S106MH3.20m175gMAX56g10~50g3本
S100MH+3.05m167gMAX65g10~56g3本
B104M+3.15m175gMAX50g10~45g3本

ネッサ エクスチューン

出典:シマノ

「ネッサエクスチューン」は、シリーズの準ハイエンド機。

高価格帯のアイテムながらも、誰でも扱いやすいマイルドさも大事にされている、ちょっと珍しいタイプのハイエンドロッドです。

シマノ社の高度テクノロジーも、当然のようにガッツリ採用されています。

リミテッドの7万円台はさすがに…。でも、高性能なロッドはほしい。4万円台ならなんとか…!

って方におすすめです。

機種全長自重ジグ重量プラグ重量継数
S104M3.15m167gMAX45g8~38g3本
S108M+3.25m177gMAX50g8~45g3本
S1102M+3.40m185gMAX50g8~45g3本
S106MH3.20m175gMAX58g10~52g3本
S100MH+3.05m177gMAX65g10~56g3本

ネッサ リミテッド

出典:シマノ

「ネッサ リミテッド」は、シリーズの最上位グレード。

ということで、仕様や性能のすべてで下位グレード機を凌駕します。

マイルドめな「ネッサ エクスチューン」とは対照的に、シャープな調子に仕上げてあるのが”リミテッド”の持ち味。

玄人をうならせるセッティングとなっています。

金はいくらでも出すから、いっちゃんええやつをくれ!
あ…!使用感は、キレ味鋭いシャープ系でたのむわ。

って方向けのアイテムです。

機種全長自重ジグウエイトプラグウエイト継数
S102M3.10m162gMAX42g8-36g3本
S1010M+3.30m179gMAX48g8-42g3本
S100MH+3.05m172gMAX65g10-56g3本
S104MH3.15m172gMAX56g10-50g3本

シマノのおすすめライトショアジギングロッドまとめ【コルトスナイパー編】

つづいては、「コルトスナイパー」シリーズを見ていきましょう。

こちらは先述の「ネッサ」シリーズよりもかなり強度のある製品です。

”ライト”がつかないショアジギング用のロッドシリーズですから、抜群のパワーを誇ります。

ライトショアジギングの枠内でいうなら、50g近辺のジグをメインに使いたい方、大物を狙いたい方におすすめです。

「コルトスナイパー」シリーズは、「ネッサ」と同じく多グレードが揃い、入門機〜ハイエンドまでみっちりと製品展開されています。

製品の一覧はコチラ↓です。

製品実売価格
コルトスナイパーBB18,000円前後
コルトスナイパーSS LSJ22,000円前後
コルトスナイパーSS24,000円前後
コルトスナイパーXR34,000円前後
コルトスナイパー エクスチューン58,000円前後
コルトスナイパー リミテッド70,000円前後

ちなみに、上表を見てのとおり、「コルトスナイパー SS」にはLSJ専用モデルもアリ。

LSJの専用ロッドにこだわりたいなら、「コルトスナイパー SS LSJ」一択となります。

コルトスナイパーBB

出典:シマノ

コルトスナイパーBBは、シリーズで最も手頃な入門機。

実売1万円台から購入でき、基礎の習得から上達まで長く使い込めるショアジギングロッドです。

2ピースモデルはもちろん、3ピースモデルや振り出しモデルがラインナップされているのもうれしいポイント。

多彩なニーズをカバーします。

「コルトスナイパーBB」は全15機種展開。ライトショアジギングに適しているのは弱めのモデルです。

具体的には、MLクラス、あるいはMクラスのものがGood!

MLクラス、Mクラスモデルの一覧はコチラです。

機種全長自重ジグ重量プラグ重量継数
S96ML2.9m233gMAX50gMAX42g2本
S100ML3.05m244gMAX50gMAX42g2本
S96M2.9m253gMAX60gMAX45g2本
S100M3.05m266gMAX60gMAX45g2本
S106M3.2m276gMAX60gMAX45g2本
S100M-33.05m262gMAX60gMAX45g3本
S100M-T3.05m255gMAX60gMAX45g3本

コルトスナイパーSS

出典:シマノ

「コルトスナイパーSS」は、シリーズのステップアップ機。

「コルトスナイパーBB」には非搭載の”スパイラルX”を採用した、よりブレないブランクを強みとします。

「コルトスナイパーSS」には、通常のショアジギングモデルだけでなく、LSJ専用モデルもラインナップ済み。

ということで、LSJモデルならびに通常モデルのLSJ推奨機種一覧は以下です。

▽LSJ専用モデル

機種全長自重ジグ重量プラグ重量継数
S100L3.05m196gMAX42gMAX36g2本
S96L2.90m181gMAX42gMAX36g2本
S100ML3.05m199gMAX50gMAX42g2本
S96ML2.90m187gMAX50gMAX42g2本

▽通常モデルのLSJ対応機種

機種全長自重ジグ重量プラグ重量継数
S96M2.90m225gMAX60gMAX45g2本
S100M3.05m240gMAX60gMAX45g2本
S106M3.20m245gMAX60gMAX45g2本
S100M-T3.05m255gMAX60gMAX45g3本

コルトスナイパーXR

出典:シマノ

コルトスナイパーXRは、シリーズの中堅グレード。

”スパイラルXコア”、”ハイパワーX”、”ナノピッチ”、”スクリューロックジョイント”など、シマノの高度テクノロジーがもりもりに搭載されています。

先述の「ネッサXR」よろしく、ハイエンドと言われても不思議じゃないぐらいの豪華セッティング。

これで実売3万円台は安いです。

予算4万円ぐらいでロッドをお探しの方にとっては、まず見逃せないアイテムとなるでしょう。

「コルトスナイパーXR」のなかでライトショアジギングに適したモデルはコチラ↓。

機種全長自重ジグ重量プラグ重量継数
B100M3.05m290gMAX70gMAX56g2本
S96ML2.90m222gMAX56gMAX45g2本
S100ML3.05m232gMAX56gMAX45g2本
S96M2.90m275gMAX70gMAX56g2本
S100M3.05m282gMAX70gMAX56g2本
S106M/PS3.20m270gMAX70gMAX56g2本

コルトスナイパー エクスチューン

出典:シマノ

「コルトスナイパー エクスチューン」は、シリーズの準ハイエンド機。

2022年に「コルトスナイパー リミテッド」が発売されるまでは、最上位を張っていた製品です。

キャストにアクション、ファイトにいたるまで、高い総合力を有します。

「コルトスナイパー エクスチューン」はパワー系のモデルが中心となっており、ライトショアジギングで使えそうなMクラスモデルは以下の1機種のみです。

機種全長自重ジグウエイトプラグウエイト継数
S100M3.05m268gMAX60gMAX50g2本

コルトスナイパー リミテッド

出典:シマノ

「コルトスナイパー リミテッド」は、シリーズの最上位機です。

2022年に新たに追加されたグレードとなっており、下位グレードに対する優位性はかなり高めになっています。

特に、設計が一新されたガイドとグリップには要注目。これまでとは異次元の快適釣行を楽しめるでしょう。

…とここまで持ち上げておいて申し訳ないのですが、「コルトスナイパー リミテッド」には今のところMHクラス以上のパワー系機種しかラインナップされていません。

つまり、ライトショアジギングに適したモデルがないのです。

ただ、1年や2年ほど遅れてライトショアジギングに適したモデルが追加される可能性もなきにしもあらず…。ということで、楽しみに待ちましょう。

ライトショアジギング(LSJ)ジャンルの有力メーカーまとめ

出典:ダイワ

ライトショアジギング(LSJ)ジャンルで、シマノと競合するメーカーについても簡単にまとめておきます。

有力どころは↓あたりでしょう。

メーカー注目製品
ダイワオーバーゼア グランデ サーフ
オーバーゼア(サーフ・堤防モデル)
メジャークラフトクロスライド5G
アブガルシアソルティーフィールド
ソルティーステージ プロトタイプ ライトショアジギング

上記のメーカーは、リーズナブルなロッドから本格派のロッドまで、グレードの選択肢が豊富。

複数の価格帯でシマノ製ロッドと競合します。

「絶対にシマノのロッドがいい!!!!」という方以外は、チェック推奨です。

ネッサも、コルトスナイパーも、それ以外も

というわけで、シマノのライトショアジギングロッド紹介は以上です。

「ネッサ」シリーズにも、「コルトスナイパー」シリーズにも、格安帯にも多彩な選択肢が揃っていましたね。

初心者から上級者まで、いろんなレベル感のアングラーにおすすめできるメーカーです。

あなたにドンピシャな1本を探してみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介したアイテム

製品実売価格
ルアーマチック8,000円前後
ソルティーアドバンス10,000円前後
ネッサBB20,000円前後
ネッサXR33,000円前後
ネッサ エクスチューン55,000円前後
ネッサ リミテッド75,000円前後
コルトスナイパーBB18,000円前後
コルトスナイパーSS LSJ22,000円前後
コルトスナイパーSS24,000円前後
コルトスナイパーXR34,000円前後
コルトスナイパー エクスチューン58,000円前後

競合メーカーのライトショアジギングロッド特集記事はコチラ

メーカー注目製品
ダイワオーバーゼア グランデ サーフ
オーバーゼア(サーフ・堤防モデル)
メジャークラフトクロスライド5G
アブガルシアソルティーフィールド
ソルティーステージ プロトタイプ ライトショアジギング

(ライト)ショアジギング関連の人気記事はコチラ

シマノ関連の人気記事はコチラ