新たな豪華仕様に生まれ変わった「22ソアレSS」を大特集。

4年ぶりのモデルチェンジを遂げた、シマノの人気ライトゲームロッドの魅力に迫ります。

注目の仕様に機種ラインナップ、競合ロッドまで、「22ソアレSS」の気になる情報をチェックしていきましょう。

シマノ「22ソアレSS」の基本情報

出典:シマノ

まずは、シマノのライトゲームブランド「Soare(ソアレ)」のロッドラインナップをおさらいしておきましょう。

製品の一覧は↓のとおり。

製品実売価格主な対象ジャンル
19ソアレ リミテッド6万円台~アジング
メバリング
20ソアレ エクスチューン4万円台~アジング
メバリング
21ソアレXR3万円台~アジング
メバリング
22ソアレSS ★2万円台~メバリング
22ソアレSS アジング2万円台~アジング
20ソアレTT1万円台~メバリング
20ソアレTT アジング1万円台~アジング
19ソアレBB1万円台~メバリング
19ソアレBB アジング1万円台~アジング

本記事で特集する「22ソアレSS」は、メバリング軸のライトゲームロッド中堅機。

入門ロッドからのステップアップや、上級者のセカンドロッドに適した製品です。

シマノ「22ソアレSS」の価格と発売日

「22ソアレSS」の発売は、2022年8月予定。定価は28,100~29,700円です。

一部店舗ではすでに予約受付が始まっており、実売価格は2万円台前半。

好みの機種を逃したくない方は、早めに予約を入れておきましょう。

シマノ「22ソアレSS アジング」も同時期発売予定

出典:シマノ

ちなみに、同じSSグレードのアジング特化モデル「22ソアレSS アジング」も同時期に発売予定。

アジングを主軸にライトゲームを楽しみたい方は、チェック推奨です。

≫シマノ「22ソアレSS アジング」の特集記事はコチラ

シマノ「22ソアレSS」の仕様をチェック!

つづいては、「22ソアレSS」の仕様をみていきましょう。

搭載テクノロジー

まず気になるのは搭載テクノロジーでしょう。

「22ソアレSS」に乗っている主要テクノロジーはコチラ↓。

  • スパイラルX
  • ハイパワーX
  • ソフチューブトップ(※S76UL-Tに搭載)
  • タフテックα(※S76UL-Sに搭載)
  • ハイレスポンスソリッド(※S76L-S、S80L-S、S80UL-S、S86ML-Sに搭載)
  • CI4+
  • ブリッジライクシート(アップロック式)
  • ソアレ専用極小グリップ

2万円クラスの中堅機ということで、なかなか豪華なセッティング。

ここからは、それぞれのテクノロジーについて、サクッと解説していきます。

スパイラルX

出典:シマノ

「22ソアレSS」の仕様のなかで一番の目玉となるのが、”スパイラルX”。

シマノ公式サイトでは、以下のように解説されているブランクス強化系テクノロジーです。

スパイラルXはロッド縦繊維の内層と外層に、カーボンテープをそれぞれ逆方向斜めに密巻きした三層構造。

出典:シマノ

斜め方向のカーボンテープが入ることで、ネジレやツブレへの耐性が上がり、キャスト・操作・ファイト時のパワーロスが少なくなります。

ファイト時にはきちんと曲がって反発するのに、操作時には心地よい張り感がある。

高価なロッド特有の使用感を実現するためには、欠かせないテクノロジーです。

この”スパイラルX”は、先代モデルである「18ソアレSS」には非搭載。

したがって、「22ソアレSS」のモデルチェンジにおける進化ポイントとなります。

ハイパワーX

出典:シマノ

”ハイパワーX”は、先述の”スパイラルX”を外側から補強するブランクス強化機構です。

シマノ公式ページでの解説は↓のとおり。

キャスト時やファイト時に発生するネジレをさらに抑え込む強化構造。スパイラルXの最外層、あるいはカーボンシート縦横交差構造の上からカーボンテープをX状に締めあげていくのが特長。

出典:シマノ

単体でもパワー向上効果の高い”スパイラルX”を、さらに外側から補強しちゃうという製法です。

ブランク系技術がグレードの差に

ちなみに、「22ソアレSS」と近いグレードに搭載されているブランクス強化系テクノロジー一覧は以下のとおり。

スパイラルXコアスパイラルXハイパワーX
21ソアレXR
22ソアレSS
20ソアレTT
19ソアレBB

”スパイラルX”や”ハイパワーX”といったブランクス系テクノロジーの搭載状況は、グレードごとに異なります。

「22ソアレSS」の上位グレードにあたる「21ソアレXR」には、”スパイラルX”の上位互換である”スパイラルXコア”を採用。

これは、下位グレードである「22ソアレSS」が、上位グレードに対して明確に劣る点です。

一方、下位グレードである「20ソアレTT」「19ソアレBB」には、”スパイラルX”と”ハイパワーX”のどちらか片方しか使われていません。

こうして、下位グレードに対しては、「22ソアレSS」の優位性がしっかり担保されています。

ティップは4種を使い分け

お次はティップについて。「22ソアレSS」には、以下の4種のティップが使い分けられています。

ティップ特徴搭載機種
ソフチューブトップ柔らかめのチューブラーティップS76UL-T
通常のチューブラーティップ硬めのチューブラーティップS86ML-T
タフテックα柔らかめのソリッドティップS76UL-S
ハイレスポンスソリッド硬めのソリッドティップS76L-S、S80L-S、S80UL-S、S86ML-S

「22ソアレSS」は中上級者の仕様も想定した中堅グレード。

各機種のコンセプトに合わせて、ティップが細かく使い分けられているわけです。

まず、軽めのジグ単やプラグを軸に、リトリーブ主体で攻める王道アプローチが好みなら、ティップはなるべく柔らかめのものがベター。

ということで、7.6ftのULクラスの2機種には、柔らかめの穂先(ソフチューブトップ、タフテックα)が入っています。

逆に、重めのリグ操作や、流れの強いポイントでの使用を想定した機種には、硬めの穂先(通常のチューブラーティップ、ハイレスポンスソリッド)を採用。

ルアーや流れの重さにティップが負けないよう、張り感が調整されています。

ティップの選択肢が豊富という点も、「22ソアレSS」の大きな強みといっていいでしょう。

ガイドセッティング

「22ソアレSS」のガイドセッティングは、ステンレスフレーム×SiCリングの組み合わせ。

ここは先代機を踏襲した形となっており、2万円台のロッドとしては、定番の(無難な)セッティングです。

最近では、チタンフレームガイドを採用する2万円台のライトゲームロッドも増えてきています。

(※がまかつ「宵姫 爽」、オリムピック「19フィネッツァ」など)

そのあたりと比べると、見劣り感があるかもです。

ブリッジライクシート

出典:シマノ

リールシートは、「ソアレ」シリーズではおなじみの”ブリッジライクシート”。

メバリング軸の「22ソアレSS」には、ロッドを寝せた状態で操作しやすいアップロック式で採用されています。

ソアレ専用極小グリップ

出典:シマノ

リアグリップは、極小サイズのライトゲーム仕様。

両手キャストのときに最低限握れる程度の大きさにとどめ、無駄な重量増を抑えています。

シマノ「22ソアレSS」の機種ラインナップ

出典:シマノ

「22ソアレSS」は全7機種構成。スペックの一覧はコチラ↓です。

機種全長自重ルアー重量継数
S76UL-S2.29m未定0.5-5g2本
S80UL-S2.44m未定0.4-8g2本
S76L-S2.29m未定0.6-12g2本
S80L-S2.44m未定1.5-14g2本
S86ML-S2.59m未定2-28g2本
S76UL-T2.29m未定0.6-6g2本
S86ML-T2.59m未定2-28g2本

軽量リグに対応するフィネスモデルから、ガッツリ遠投できるパワーモデルまで、バリエーション豊かです。

メバリングだけでなく、多彩なゲームで活躍できる機種構成となっていますね。

ざっくり3カテゴリに分けると選びやすい

全7機種がラインナップされている「22ソアレSS」ですが、機種選びに迷っちゃう場合は以下の3カテゴリに分けると選びやすいでしょう。

  • フィネス系(ULクラス)
  • オールラウンド(Lクラス)
  • パワー系(MLクラス)

てことで、上記のカテゴリ別に各モデルの特徴を解説していきます。

フィネス系(ULクラス)

まずは、ULクラスのフィネス系。

ジグ単や軽量プラグを主体にゲームを組み立てる、メバリングロッドの王道スタイルです。

近距離特化で、スピーディーなゲームを展開したい方にマッチします。

22ソアレSS S76UL-S

全長自重ルアー重量継数
2.29m未定0.5-5g2本

7.6ftにしなやかなソリッドティップを合わせた1本です。

ルアーの引き抵抗がわかりやすく、食い込みも上々。メバリングロッドでは最も一般的なセッティングです。

リトリーブ主体で巻きながら乗せるスタイルはもちろん、ロッドワーク+糸フケ回収でリグを漂わせるスローなドリフトスタイルとも好相性。

接近戦に特化して、超繊細なゲームを楽しみたい方におすすめです。

22ソアレSS S76UL-T

全長自重ルアー重量継数
2.29m未定0.6-6g2本

しなやかながらも適度な張り感も残る”ソフチューブトップ”モデル。

食わせ性能や荷重系感度はS76UL-Sより劣るものの、操作とフッキングのレスポンスに優れます。

リトリーブ一辺倒ではなく、ロッドアクションを使った誘いを多用して、こちらから仕掛ける釣りをしたい方にGood!

22ソアレSS S80UL-S

全長自重ルアー重量継数
2.44m未定0.4-8g2本

先に紹介した2つの7.6ftよりも、ひとまわり長くて強い汎用型フィネス。

穂先にハイレスポンスソリッド(硬めのソリッドティップ)が入っており、中量級のリグも快適に操作できる設計となっています。

基本のジグ単とプラグに加えて、ライトキャロやライトフロート、メタルジグ(3~5gクラス)も積極的に使っていきたい方におすすめの1本です。

オールラウンド(Lクラス)

つづいては、Lクラスを採用したオールラウンドモデル。

ジグ単やプラグを問題なく使えるのに、10g超のリグも背負えちゃう汎用性が魅力です。

尖った強みはないものの、1本で対応できるゲームの幅が広く、頼りがいがあります。

とにかくバランス重視で機種を選びたい方にピッタリのカテゴリです。

22ソアレSS S76L-S

全長自重ルアー重量継数
2.29m未定0.6-12g2本

取り回しに優れ、細かいリグ操作が得意な7.6ftモデル。

近距離戦メインで立ち回りつつ、たまに遠投リグを使うってスタイルにフィットします。

ULクラスでは操作がおぼつかなくなる激流エリアの攻略にも。

22ソアレSS S80L-S

全長自重ルアー重量継数
2.44m未定1.5-14g2本

S76L-Sよりも、ちょっぴりパワー型に寄せたオールラウンダーです。

長さ・強さ的に軽量ジグ単と噛み合わないというディスアドバンテージはありますが、それでも汎用性の高さはかなりのもの。

近距離戦はプラグがメイン、中~遠距離戦は10gクラスのフロートで!って方にイチオシなモデルです。

パワー系(MLクラス)

最後はMLクラスのパワー系機種。

ライトゲームの最重量級リグをフルキャストできる豪快さが持ち味です。

フィネスな近距離戦をある程度捨てて、沖で勝負するためのセッティングとなっています。

22ソアレSS S86ML-S

全長自重ルアー重量継数
2.59m未定2-28g2本

穂先に適度なマイルドさが欲しい人向けのソリッドモデル。

流れの変化を探りやすいので、フロートを使ったドリフトゲームを展開するのに持ってこいです。

S86ML-Sは、ジグ単でのドリフトアプローチを沖にスケールできるパワーロッド。

ウキを潮上に放り込んで、流しながら反応を探るスタイルの方に推したい1本となっています。

22ソアレSS S86ML-T

全長自重ルアー重量継数
2.59m未定2-28g2本

積極的にリグを動かして誘うスタイルに適した、チューブラーモデル。

ディープや激流に負けず、常に意図した操作をラグレスで繰り出せる爽快感が魅力の1本です。

適性重量の範囲内であれば、メタルジグもビシバシ動かせるので、タチウオやサゴシ釣りのお伴にもおすすめ。

ソルトルアーの何でもロッドとして運用するのもいいでしょう。

シマノ「22ソアレSS」のライバルロッドまとめ

出典:がまかつ

ついでに「22ソアレSS」のライバルロッドもまとめておきます。

一覧はコチラ↓です。

選出基準としては、2~3万円台クラスの汎用ライトゲームロッドといったところ。

他社製ロッドも含めて検討したい方は、上記のアイテムもチェックしてみてください。

高汎用のライトゲームロッドに「22ソアレSS」がおすすめ!

というわけで、シマノのNEWロッド「22ソアレSS」の紹介は以上です。

先代モデルに非搭載の”スパイラルX”が搭載されるなど、順当な進化を遂げた最新モデルとなっていましたね。

メインのメバリングのみならず、もう少し強い釣りに対応する機種も豊富ですから、オールラウンドなライト~ミドルゲームロッドとして導入してみてはいかがでしょうか。

「22ソアレSS」の機種一覧

機種全長自重ルアー重量継数
S76UL-S2.29m未定0.5-5g2本
S80UL-S2.44m未定0.4-8g2本
S76L-S2.29m未定0.6-12g2本
S80L-S2.44m未定1.5-14g2本
S86ML-S2.59m未定2-28g2本
S76UL-T2.29m未定0.6-6g2本
S86ML-T2.59m未定2-28g2本

ライバルロッドの特集記事はコチラ

シマノ「ソアレ」関連の人気記事はコチラ

ライトゲーム関連の人気記事はコチラ