アブガルシアから2022年9月に発売されたNEWロッド「ソルティーフィールド」をご紹介。

1製品でほぼすべてのソルトルアーゲームに対応できる、超バーサタイルなロッドシリーズとなっています。

お値段もアンダー1万円と超お手頃ですから、2本買い、3本買いもしたくなっちゃうところ。

高コスパかつ汎用性の高いロッドをお求めの方は、要チェックなアイテムでございます。

アブガルシア「ソルティーフィールド」の特徴

ということで、「ソルティーフィールド」の特徴をもうちっと深掘りしていきましょう。

圧倒的な汎用性!

なんといっても1番の魅力は汎用性の高さです。

「ソルティーフィールド」1製品で対応するジャンルの一覧は↓のとおり。

  • シーバス
  • エギング
  • ショアジギング
  • ライトショアジギング
  • マイクロショアジギング
  • アジング
  • メバル
  • サーフ
  • タチウオ
  • チニング
  • ロックフィッシュ
  • イカメタル
  • バチコンアジング
  • サビキ
  • 投げ

海の釣りであれば、ほとんど何でもOK。

というか、製品名に”ソルティー”とついてはいますが、フレッシュウォーターの釣りもあらかた楽しめちゃいます。

超多ジャンル対応なのに、機種はわずかに6モデル

もっとすごいのは、これだけ多くの釣りに対応しながら、機種数をわずか6モデルに抑えている点。

これも「ソルティーフィールド」の強みです。

6フィート台から10フィート台に各1機種ずつ、それに加え、ベイトモデルが1機種。

これで計6機種となっています。

それぞれの機種が得意とするジャンルについては、公式ページにわかりやすい表が用意されていました。

それがコチラ↓です。

  • ライトゲームには、6〜7フィート台
  • ミドル〜ヘビーゲームには、8〜10フィート台
  • オプションでライトクラスのベイトモデル

といった棲み分けになっています。

厳選された6機種が独自のバリューに

これだけ多くの釣りに1製品で対応するロッドシリーズは、他社にもあるっちゃあります。

ただ、繰り返しになりますが、「ソルティーフィールド」のすごいところは”わずか6機種で”そこに対応しちゃうところ。

複数ジャンル対応かつ低価格な他社ロッドシリーズとしては

あたりが有名どころ。

これらはトータル10機種オーバー、20機種オーバーは当たり前の大型製品です。

確かに、選択肢が多いのは良いことではあるんですが、逆に選びづらいとも言い換えられます。

特に、ロッド選びに詳しくない釣り初心者さんともなれば、大型ラインナップゆえの選びづらさを、なおさら感じてしまうことでしょう。

細かな使い分けはあまり考えず、「この釣りにはこの機種!」ぐらいにズバッと提示してくれるほうが、意外とちょうど良い気もしますよね。

実売価格は驚きのアンダー1万円

そして、もうひとつ嬉しいのがお値段。

「ソルティーフィールド」は定価で7,900〜11,900円ということで、全モデルが実売1万円未満なのですよ。

もちろん、バチバチの高感度なんかは期待できませんが、快適にいろんな釣りを楽しめるロッドが1万円未満で入手できる。

それもよくわからないメーカーのものではなく、安心のアブガルシア製。

これはどう考えても魅力的です。

アブっぽいデザインが良き

「ソルティーフィールド」はお値段は手頃ながらも、デザインは非常~にええ感じ。

特にバット部まわりなんかは、「SALTY FIELD」のロゴがドカっと配置され、アブっぽさ全開です。

ポップだけど、品のあるオシャレデザインとなっており、とてもアンダー1万円には見えません。

外観という面でも、満足度が高い製品といえるでしょう。

アブガルシア「ソルティーフィールド」の機種ラインナップ

つづいては、「ソルティーフィールド」の機種ラインナップを紹介してきます。

全6機種のスペック一覧は↓のとおりです。

機種全長自重ルアー重量継数
SFS-662UL1.98m81g0.2-7g2本
SFS-762L2.29m106g1-14g2本
SFS-832ML2.52m133g3-30g2本
SFS-962M2.90m162g7-45g2本
SFS-1002MH3.05m253g20-80g2本
SFC-702ML2.13m110g2-24g2本

厳選された6機種構成で十分わかりやすいのですが、もっとわかりやすいように以下の3カテゴリに分類されています。

  • ライトゲームバーサタイル(SFS-662UL、SFS-762L)
  • キャスティングバーサタイル(SFS-832ML、SFS-962M、SFS-1002MH)
  • ベイトフィネスバーサタイル(SFC-702ML)

てことで、各機種の特徴を見ていきましょう。

ソルティーフィールド SFS-662UL

全長自重ルアー重量継数
1.98m81g0.2-7g2本

SFS-662ULは、「ソルティーフィールド」のなかで最も繊細な(弱めな)モデル。

漁港などの小場所で、小ぶりなターゲットとゆるっと遊べる1本です。

対応するルアー重量は0.2〜7g。

ジグ単でのアジング・メバリング、小型のプラグ・メタルジグといったハードルアー、スプリットやフロートなどの分離シンカー系リグまで、まるっと対応してくれます。

ソルティーフィールド SFS-762L

全長自重ルアー重量継数
2.29m106g1-14g2本

SFS-762Lは、やや強めのライトゲームモデル。

先述の662ULと比べてライトルアーの使用感は悪くなるものの、飛距離やファイト時のパワー、背負える仕掛けの多さといった項目が優秀です。

フロートリグでのアジング・メバリング、重めのジグ単でのチニング、メバルやシーバス狙いのプラッキング、小型エギでのライトエギングなどなど、攻め手は多彩。

ライトゲーム分野における汎用性は最強です。

ソルティーフィールド SFS-832ML

全長自重ルアー重量継数
2.52m133g3-30g2本

SFS-832MLは、3〜30gのルアー使用を想定したミドルゲームロッド。

8.3フィート×MLパワーという、エギングロッドの人気セッティングを採用した1本です。

得意とする釣りは、エギングを筆頭に、遠投アジング・メバリング、シーバス、チヌ、小型青物、タチウオなどとなります。

スピニング5機種のなかでちょうどど真ん中にあたるモデルですから、パワー的にもレングス的にも特に使い勝手の良さは抜群。

「とりあえず竿1本だけ買って。いろんな釣りに手を出したいのよ。」って方にイチオシです。

ソルティーフィールド SFS-962M

全長自重ルアー重量継数
2.90m162g7-45g2本

SFS-962Mは、9.6フィート×Mパワーというシーバスロッドの定番セッティングを採用したモデル。

シーバスやフラットフィッシュ(ヒラメ・マゴチ)、小〜中型青物をメインに釣りを楽しみたいって方にマッチします。

サビキやちょい投げなど、手頃なエサ釣りにも使いやすい長さですから、活躍の幅はかなり広め。

竿全体にしっかりパワーのあるMクラスなので、不意の大物にも対応しやすいです。

釣り上げた小型魚を泳がせて、大物を狙う!なんて楽しみ方もできますよ〜。

ソルティーフィールド SFS-1002MH

全長自重ルアー重量継数
3.05m253g20-80g2本

SFS-1002MHは、「ソルティーフィールド」のなかで最もパワフルなモデル。

大型の青物やフラットフィッシュなどがメインターゲットとなり、デカいルアーでデカい魚を獲る豪快なゲームを楽しめます。

10フィート(約3メートル)の長さがあるぶん多少の扱いづらさはありますが、パワー面での安心感はトップクラス。

竿の強度が足りないために悔しい思いをする…なんてことは、ほとんど考えにくいです。

長めのロッドを振り回せる、開けた釣り場で遊ぶことが多い方には、なかなか推せる1本となっています。

ソルティーフィールド SFC-702ML

全長自重ルアー重量継数
2.13m110g2-24g2本

SFC-702MLは、「ソルティーフィールド」で唯一のベイトモデル。

近年じわじわと人気が高まっているベイトキャスティングゲームを楽しめる1本です。

1機種のみの展開ということで、長さは7フィート、対応ルアー重量は2〜24gに設定し、汎用性を重視したセッティングを採用。

1本持っておけば、たいていのターゲットは狙えます。

ミニマル構成の超万能ルアーロッドシリーズ「ソルティーフィールド」。こりゃ売れるわ。

というわけで、アブガルシアの新作ロッド「ソルティーフィールド」の紹介は以上です。

  • 1製品で、考えうるほとんどの釣りに対応
  • ミニマルな6機種構成
  • お値段はアンダー1万円
  • 価格に見合わないオシャレデザイン

ということで、魅力はたっぷり。

入門ロッドや新しい釣りのお試しロッドなど、用途は無限大です。

ニーズにマッチする1本が見つかった方は、試しにゲットしてみてはいかがでしょうか。

「ソルティーフィールド」の機種一覧

機種全長自重ルアー重量継数
SFS-662UL1.98m81g0.2-7g2本
SFS-762L2.29m106g1-14g2本
SFS-832ML2.52m133g3-30g2本
SFS-962M2.90m162g7-45g2本
SFS-1002MH3.05m253g20-80g2本
SFC-702ML2.13m110g2-24g2本

アブガルシア関連の人気記事はコチラ