ハイエンドの最強サーフロッドを総まとめ!最高峰のおすすめヒラメロッドを大特集

ハイエンド帯(実売4万円台〜)の最強サーフロッドを総まとめにしてご紹介。

ビンビンの感度性能を武器にターゲットを獲るまでの過程をどっぷり楽しめる、おすすめの最高峰ヒラメロッドを厳選しました。

サーフフィッシングをガチりたい方は要チェックです。

目次

サーフロッド(ヒラメロッド)の”ハイエンド”はおよそ4万円台〜

出典:シマノ

はじめに、サーフロッド(ヒラメロッド)の相場感について簡単に解説しておきます。

こちら↓の表をご覧ください。

実売価格相場感
~1万円格安
1万円台安い
2万円台ふつう
3万円台高い
4万円台~とても高い

サーフロッドについても、ソルトルアーの他ジャンルと同じような相場感といえますね。

本記事では上表に基づき、実売4万円台以上のロッドを”ハイエンドロッド”として話を進めていきます。

※サーフ専用のハイエンド(最高峰)ロッドは種類が少ない

とはいっても、実売4万円台以上のサーフ専用ロッドとなると、選択肢がかなり限られてしまいます。

そもそも、価格帯を問わずともサーフ専用ロッドってのは、数が多くありませんし。

そんなわけなので、記事の後半ではサーフに流用しやすい他ジャンルロッドだったり、ハイエンド機と比べてちょっぴりリーズナブルなサーフ専用ロッドの情報もまとめています。

こちらも合わせてご検討くださいまし。

ハイエンドの最強サーフロッドおすすめ4選|サーフ専用ロッド編

てことで、まずはサーフ専用のおすすめハイエンドロッドから紹介していきます。

一覧は↓のとおり。

  • シマノ「ネッサ リミテッド」
  • シマノ「ネッサ エクスチューン」
  • ダイワ「オーバーゼア AGS」
  • パームス「サーフスター フラットフィッシュエディション」

シマノ「ネッサ リミテッド」

「ネッサ リミテッド」は、シマノの最上位サーフロッド。

張りが強めな竿調子が採用されており、玄人好みなシャープな使い心地を味わうことができます。

カーボンモノコックグリップやスパイラルXコアなど、シマノの独自技術もたっぷり搭載済。

ネッサの最高峰にふさわしい超豪華仕様となっていますぞ。

そんな「ネッサ リミテッド」の機種一覧はコチラ↓。

品番全長(m)自重(g)ジグウェイト(g)プラグウェイト(g)継数(本)
S108M3.25176MAX 4510-403
S1010M+3.3178MAX 5012-453
S116M+3.5188MAX 5012-453
S108MH3.25177MAX 5812-543
S110MH+3.35182MAX 6812-623

注目機種①23ネッサ リミテッド S1010M+

サーフフィッシングで高い汎用性を発揮する「23ネッサ リミテッド」のベースモデル。

軽〜中量級のルアーに広く適応し、多彩なシチュエーションで活躍できるセッティングとなっています。

機種選びに迷ったらコレ!という無難な1本です。

品番全長(m)自重(g)ジグウェイト(g)プラグウェイト(g)継数(本)
S1010M+3.3178MAX 5012-453

注目機種②23ネッサ リミテッド S110MH+

「23ネッサ リミテッド」のなかで最もパワーのあるモデル。

広範囲をサーチし、良型のヒラメや青物、オオニベなどの大型ターゲットを引きずり出すことができます。

タフさとサーチ範囲の広さを重視したい方にマッチする1本です。

品番全長(m)自重(g)ジグウェイト(g)プラグウェイト(g)継数(本)
S110MH+3.35182MAX 6812-623

シマノ「ネッサ エクスチューン」

出典:シマノ

「ネッサ エクスチューン」は、先述の「ネッサ リミテッド」のひとつ下のグレード。

シリーズの準ハイエンド機です。

最上位の”リミテッド”グレードと仕様の多くを共有しており、ハイエンド帯のアイテムながらもお得感があります。

パリッとシャープな仕上がりの「ネッサ リミテッド」と比べると、マイルドめなチューニングを採用しているというのも「ネッサ エクスチューン」の特徴です。

いうなれば、易しく扱えるハイエンドロッドというような感じ。

予算に余裕がある方は、入門ロッドからの乗り換えにもおすすめです。

「ネッサ エクスチューン」の機種一覧はコチラ↓。

機種全長自重ジグ重量プラグ重量継数
S104M3.15m167gMAX45g8~38g3本
S108M+3.25m177gMAX50g8~45g3本
S1102M+3.40m185gMAX50g8~45g3本
S106MH3.20m175gMAX58g10~52g3本
S100MH+3.05m177gMAX65g10~56g3本

注目機種①20ネッサ エクスチューン S104M

シリーズで最もフィネスな1本。ミノーやワームなどの軽量ルアーとの好相性です。

全モデル中で唯一”Xガイドエアロチタン”を搭載しており、振り抜けの心地良さは最強。

全長自重ジグ重量プラグ重量継数
3.15m167gMAX45g8~38g3本

注目機種②20ネッサ エクスチューン S106MH

50g超のルアーも選択肢に入るパワー型モデル。

ヒラメ狙いだけでなく、ブリやオオニベといった大型ターゲットにも対応します。

サーフから大型魚を狙いたい方にピッタリです。

全長自重ジグ重量プラグ重量継数
3.20m175gMAX58g10~52g3本

ダイワ「オーバーゼア AGS」

出典:ダイワ

「オーバーゼア AGS」は、ダイワ「オーバーゼア」シリーズの最上位グレード。

  • SVFナノプラス
  • X45フルシールド

など、ダイワ独自の高級マテリアル・高度製法がふんだんに使われた超高性能ロッドとなっています。

全モデルが4ピース仕様になっているのも、他にはない「オーバーゼア AGS」の強みです。

抜群の機動力を武器に、多彩なフィールドを攻略できます。

「オーバーゼア AGS」の機種一覧は↓のとおり。

機種全長自重プラグ重量ジグ重量継数
97M2.92m172g10-45g10-50g4本
103M3.12m177g10-45g10-50g4本
109ML/M3.28m179g7-45g7-50g4本
911M/MH3.02m177g10-60g10-65g4本
1010M/MH3.30m189g10-60g10-65g4本

注目機種①オーバーゼア AGS 1010M/MH(バーサタイル)

全長自重ルアー重量継数
3.30m189gプラグ:10ー60g
ジグ:10-65g
4本

最も汎用性が高いバーサタイルモデルが”1010M/MH”。

60gクラスのジグでもシュパっと大遠投でき、重さに負けずに操作できます。

ティップには繊細さが残してあり、アタリや地形変化の察知能力も高め。

パワー・感度のバランスが絶妙に整ったシリーズの代名詞的な1本です。

注目機種②オーバーゼア AGS 109ML/M(サーフフィネス)

全長自重ルアー重量継数
3.28m179gプラグ:7ー45g
ジグ:7-50g
4本

サーフで繊細な釣りを楽しもう(サーフフィネス)というコンセプトの1本です。

MLパワーのフィネスティップはしなやかでバイトを弾きづらく、海中・海底の情報収集力も高め。

小〜中型のメタルルアーでボトムをネチネチ誘うには最適すぎます。

レングスは10.9ftが採用されており、飛距離をきっちり出せるってのも本モデルの長所。

飛距離勝負になることも多いサーフでのゲームにハマるセッティングです。

パームス「サーフスター フラットフィッシュエディション」

出典:パームス

「サーフスター フラットフィッシュエディション」は、パームスの最上位サーフロッド。

ブランクに惜しみなく高弾性カーボンが使われており、精度の高いキャスト・操作が可能です。

シャープなブランクならではの振り抜けの良さも本製品の魅力。

強風時でもしっかりとルアーを遠投できます。

シルバーが映える「サーフスター」ならではのブランクデザインも注目ポイント。

ロッドの性能だけでなく、見た目にもこだわりたいって方に推したいアイテムです。

「サーフスター フラットフィッシュエディション」の機種一覧はコチラ↓。

機種全長自重ルアー重量継数
SSFS-98M+・FL9ft.8inc.196g10-45g2本
SSFS-106M+・FL10ft.6inc.206g10-45g2本
SSFS-112M+・FL11ft.2inc.225g10-45g2本

サーフの釣りに流用しやすい他ジャンルのハイエンド(最高峰)ロッドまとめ

サーフ専用のハイエンドロッドだけではちょいと数が少ないので、サーフの釣りに流用しやすい他ジャンルロッドの情報も簡単にまとめておきます。

各製品の特徴に触れていくと長くなっちゃうので、注目製品とサーフの釣りにおすすめの機種だけちゃちゃっと網羅しておきました。

サーフの釣りに流用しやすいハイエンドのシーバスロッド

出典:ダイワ

まずはシーバスロッドから。

サーフ専用ロッドと最もパワー感が近く、流用がききやすいモデルが多めです。

おすすめのハイエンドシーバスロッドと、サーフの釣りに流用しやすい機種の一覧はコチラ↓。

メーカー製品サーフの釣りと好相性な機種
ダイワモアザン ブランジーノ EX AGS94LML、94ML、97ML/M、98M/MH、1010ML/M
シマノ22エクスセンス インフィニティS96ML、S96M、S100M
オリムピック18スーパーアルジェント943ML、983M、1033M
ヤマガブランクスバリスティック TZ NANO86M、94M、96MMH、102MH
アピアFoojin’Z94M、98H、103ML、108MH

サーフの釣りに流用しやすいハイエンドのショアキャスティングロッド

出典:シマノ

つづいては、ショアキャスティングロッド。

サーフの釣りで使うには少々パワー過剰なものが多いですが、重いルアーをぶち投げられる豪快さはこのクラスのロッドならではの強みです。

フラットフィッシュだけでなく、青物も狙いたい方にとってはかなり魅力的なカテゴリだと思います。

おすすめのハイエンドショアジギングロッドと、サーフの釣りに流用しやすい機種の一覧はコチラ↓。

メーカー製品サーフの釣りと好相性な機種
シマノコルトスナイパー リミテッドS100MH
ヤマガブランクスブルースナイパー96ML、100M、103L PS
天龍パワーマスター972S-M、1022S-M

~中堅クラスの高コスパサーフロッドもおすすめ

ハイエンドロッドは性能が抜群に高いんですが、それだけお値段も高いです。

そうそう気軽に手を出せるものでもありませんよね~。

てことで、そんな方に朗報!

近頃は~3万円台クラスのロッドの質も、グイグイ上がってきています。

無理してハイエンドロッドを買わずとも、それなりに高性能なロッドが入手可能です。

「予算的にハイエンドは厳しいわ~」って方は、実売2~3万円台クラスの高コスパロッドの購入を検討してみてもいいかもしれません。

てことで、有力どころはコチラ↓です。

メーカー製品実売価格
ダイワオーバーゼア グランデ(サーフモデル)3万円台
シマノネッサXR3万円台
メジャークラフトフラットレック5G3万円台
ヤマガブランクスアーリーフォーサーフ3万円台
天龍パワーマスター サンドウォーカー3万円台
ゼスタランウェイSRF2万円台

ハイエンドの最強サーフロッドをGETしよう!

というわけで、ハイエンド(最高峰)のサーフロッド特集は以上です。

ハイエンド帯の専用ロッドは種類が少ないですが、どの製品も実力十分。

お値段に見合う性能を有しています。

出費を惜しまず、とにかく高性能なロッドを入手したいという方は、本記事の内容も参考にしつつ、これぞ!と思える1本を探してみてください。

この記事で紹介したアイテム

~3万円台クラスの高コスパサーフロッド一覧はコチラ

メーカー製品実売価格
ダイワオーバーゼア グランデ(サーフモデル)3万円台
シマノネッサXR3万円台
メジャークラフトフラットレック5G3万円台
ヤマガブランクスアーリーフォーサーフ3万円台
天龍パワーマスター サンドウォーカー3万円台
ゼスタランウェイSRF2万円台

サーフ・ショアジギング関連の人気記事はコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次