釣具の老舗メーカーであるシマノ社から発売されているショアジギングロッドを一挙にまとめて紹介します。

サーフ・ライトショアジギング向けの「ネッサ」シリーズ、ショアジギング向けの「コルトスナイパー」シリーズともに、シーンで抜群の存在感を放つ人気ロッド。

本記事では各製品の特徴や選び方をざざっと解説していきます。

シマノのショアジギングロッド購入をお考えの方は要チェックです。

シマノ製ショアジギングロッドの全体像

出典:シマノ

サーフ・ショアジギジャンルへの注力度が高いシマノ社からは、非常に多くのロッド製品が発売されています。

シマノ製ショアジギングロッドの全体像はこんな感じ↓です。

製品参考実売価格
コルトスナイパー リミテッド7万円台〜
コルトスナイパー エクスチューン5万円台~
コルトスナイパーXR3万円台~
コルトスナイパーSS2万円台~
コルトスナイパーBB1万円台~
ネッサ リミテッド7万円台~
ネッサ エクスチューン4万円台~
ネッサXR3万円台~
ネッサBB1万円台~

入門機からハイエンドまでぎっしりな多グレード展開となっており、さすが大手といえる取り揃えですね。

シマノ製ショアジギングロッドの選び方をざざっと解説

出典:シマノ

各製品の特徴を紹介する前に、シマノ製ショアジギングロッドの選び方も簡単に解説しておきます。

ポイントは↓の2つです。

  • ネッサか、コルトスナイパーか
  • 予算はいかほどか

ポイント①ネッサか、コルトスナイパーか

シマノのショアジギングロッド(サーフ・LSJ含む)は、「ネッサ」と「コルトスナイパー」の2大ブランドで展開されています。

両シリーズの特徴をカンタンにまとめた表がコチラ↓。

シリーズ得意ジャンル主なターゲット主なフィールド
コルトスナイパーショアジギング中~大型青物堤防
ネッササーフ
ライトショアジギング
ヒラメ
マゴチ
小~中型青物
サーフ
ゴロタ
堤防

ざっくりいえば

  • ネッサ:サーフ・ライトショアジギング寄り
  • コルトスナイパー:ショアジギング寄り

ということになります。

両シリーズは、フィールドやターゲットに重複する部分はありますが、コンセプトは割と別物です。

強さを重視しているのが「コルトスナイパー」シリーズ、感度や軽量性を重視しているのが「ネッサ」シリーズという棲み分けがなされています。

上記を参考にして、自身に合うのはどちらのシリーズか?を最初に決めておくと良いでしょう。

ポイント②予算はいかほどか

次に決めておくべきは予算。

シマノのショアジギングロッドを選ぶ際は、以下の3グレードに分けて考えるとシンプルです。

グレード実売価格製品
入門1万円台~コルトスナイパーBB
ネッサBB
ステップアップ・中堅2万円台・3万円台~コルトスナイパーSS
コルトスナイパーXR
ネッサXR
ハイエンド4万円台~コルトスナイパー リミテッド
コルトスナイパー エクスチューン
ネッサ リミテッド
ネッサ エクスチューン

上表を参考にして予算を絞っておくと、より効率よく好みの1本に巡り会えるでしょう。

入門クラスのシマノ製ショアジギングロッド

というわけで、ここからはシマノのショアジギングロッドを一気に紹介していきます。

まずは入門クラスの2製品

  • コルトスナイパーBB
  • ネッサBB

からいきましょう。

いずれもシリーズの入り口となるエントリー機。

テクノロジーこそさほど豪華ではありませんが、入門機としては十分すぎる性能を有します。

コルトスナイパーBB

出典:シマノ

ショアジギングに寄せた機種が揃うのが「コルトスナイパーBB」。

定番の2ピースモデルだけでなく、3ピースや振出モデルも含む全15機種展開となっており、入門機ながらも選択肢が豊富です。

いろんなスタイルでショアジギングゲームを楽しめます。

スペックの一覧は↓のとおり。

機種全長自重ジグ重量プラグ重量継数
S96ML2.9m233gMAX50gMAX42g2本
S100ML3.05m244gMAX50gMAX42g2本
S96M2.9m253gMAX60gMAX45g2本
S100M3.05m266gMAX60gMAX45g2本
S106M3.2m276gMAX60gMAX45g2本
S96MH2.9m280gMAX80gMAX65g2本
S100MH3.05m293gMAX80gMAX65g2本
S106MH3.2m309gMAX80gMAX65g2本
S96H2.9m294gMAX100gMAX85g2本
S100H3.05m307gMAX100gMAX85g2本
S100M-33.05m262gMAX60gMAX45g3本
S100MH-33.05m290gMAX80gMAX65g3本
S100H-33.05m300gMAX100gMAX85g3本
S100M-T3.05m255gMAX60gMAX45g3本
S100MH-T3.05m282gMAX80gMAX65g3本

ネッサBB

出典:シマノ

サーフ・ライトショアジギングに寄せた機種が揃うのが「ネッサBB」です。

全モデルが3ピース仕様となっており、携帯性も高いというシリーズの長所は健在。

手軽な重量のルアーから、ゆるっとサーフ・ショアジギゲームを楽しめます。

スペックの一覧は↓のとおり。

機種全長自重ジグ重量プラグ重量継数
S104M3.15m未定MAX42g8~36g3本
S108M+3.25m未定MAX48g8~42g3本
S112M+3.40m未定MAX48g8~42g3本
S106MH3.20m未定MAX56g10~50g3本
S100MH+3.05m未定MAX65g10~56g3本

≫シマノ「22ネッサBB」の特集記事はコチラ

ステップアップ・中堅クラスのシマノ製ショアジギングロッド

ステップアップ・中堅クラスの選択肢は↓の3製品。

  • コルトスナイパーSS(2万円台〜)
  • コルトスナイパーXR(3万円台〜)
  • ネッサXR(3万円台〜)

入門機からの乗り換え、中上級者のサブ機として人気のアイテムたちです。

2万円台には「コルトスナイパーSS」

出典:シマノ

予算2万円台のシマノ製ショアジギングロッドなら「コルトスナイパーSS」の一択となります。

BBグレードには非搭載の”スパイラルX”が適用され、ブランクスがより高品質。

パワーロスが少なく、見た目以上のパワーを秘めています。

スペックの一覧はコチラ↓。

機種全長自重ジグ重量プラグ重量継数
S96M2.90m225gMAX60gMAX45g2本
S100M3.05m240gMAX60gMAX45g2本
S106M3.20m245gMAX60gMAX45g2本
S96MH2.90m248gMAX80gMAX65g2本
S100MH3.05m260gMAX80gMAX65g2本
S106MH3.20m265gMAX80gMAX65g2本
S96H2.90m270gMAX100gMAX85g2本
S100H3.05m280gMAX100gMAX85g2本
S106H3.20m285gMAX100gMAX85g2本
S100M-T3.05m255gMAX60gMAX45g3本
S100MH-T3.05m288gMAX80gMAX65g3本

ちなみに2022年には、LSJ(ライトショアジギング)特化の派生モデルである「コルトスナイパーSS LSJ」が発売。

全4機種がアンダー200gまで軽量化されているなど、軽快さを追求したセッティングとなっています。

軽めのジグを中心に、サクッとショアジグゲームを楽しみたい方は要チェックです。

↓「コルトスナイパーSS LSJ」の機種一覧↓

機種全長自重ジグ重量プラグ重量継数
S100L3.05m196gMAX42gMAX36g2本
S96L2.90m181gMAX42gMAX36g2本
S100ML3.05m199gMAX50gMAX42g2本
S96ML2.90m187gMAX50gMAX42g2本

3万円台には「コルトスナイパーXR」「ネッサXR」

3万円台クラスには、他ジャンルでも大人気の”XR”グレードを冠する2製品が鎮座。

  • ショアジギ特化の「コルトスナイパーXR」
  • サーフ・LSJ特化の「ネッサXR」

という図式となっています。

上位の”エクスチューン”グレードに肉薄する性能を持ちながら、それでいて実売3万円台〜というお得感が好評のアイテムです。

ブランクスは最上位グレードまで採用されている”スパイラルXコア”で武装。

ネジレに強く、ブレない本格派の性能を味わえます。

「ネッサXR」には、バス釣りやライトゲーム等で人気の”カーボンモノコックグリップ”も適用。

冴えわたる感度で、テクニカルなゲームを展開できます。

出典:シマノ

「コルトスナイパーXR」のラインナップは↓の全18機種。

機種全長自重ジグ重量プラグ重量継数
B100M3.05m290gMAX70gMAX56g2本
B100MH3.05m307gMAX90gMAX70g2本
B100H3.05m315gMAX120gMAX100g2本
S96ML2.90m222gMAX56gMAX45g2本
S100ML3.05m232gMAX56gMAX45g2本
S96M2.90m275gMAX70gMAX56g2本
S100M3.05m282gMAX70gMAX56g2本
S106M/PS3.20m270gMAX70gMAX56g2本
S96MH2.90m307gMAX90gMAX70g2本
S100MH3.05m313gMAX90gMAX70g2本
S106MH/PS3.20m306gMAX90gMAX70g2本
S96H2.90m315gMAX120gMAX100g2本
S100H3.05m315gMAX120gMAX100g2本
S106H/PS3.20m330gMAX120gMAX100g2本
S98XH2.95m327gMAX150gMAX120g2本
S100MH-33.05m310gMAX90gMAX70g3本
S100H-33.05m317gMAX120gMAX100g3本
S100XH-33.05m335gMAX150gMAX120g3本

2ピースだけでなく、3ピースやベイトモデルまで揃い、多様性という面でも素晴らしいフローです。

また、2022年には5ピースのモバイルモデルである「コルトスナイパーXR MB」も発売されています。

出典:シマノ
機種全長自重ジグ重量プラグ重量継数
S100MH-53.05mMAX90gMAX70g5本
S100H-53.05mMAX120gMAX100g5本
S100XH-53.05mMAX150gMAX120g5本

携帯製抜群のパックロッドまである、至れり尽くせり感も良いですね。

「ネッサXR」のラインナップは全6機種。

出典:シマノ
機種全長自重ジグ重量プラグ重量継数
S104M3.15m170gMAX42g8~36g3本
S108M+3.25m172gMAX48g8~42g3本
S112M+3.40m180gMAX48g8~42g3本
S106MH3.20m175gMAX56g10~50g3本
S100MH+3.05m167gMAX65g10~56g3本
B104M+3.15m175gMAX50g10~45g3本

サーフでもじわじわ普及しつつあるベイトモデルもしっかりラインナップ。

先進的な構成となっています。

ハイエンドのシマノ製ショアジギングロッド

ハイエンドクラスの選択肢は↓の4製品。

  • コルトスナイパー リミテッド(7万円台〜)
  • コルトスナイパー エクスチューン(5万円台〜)
  • ネッサ エクスチューン(4万円台〜)
  • ネッサ リミテッド(7万円台〜)

いずれもガチ勢ご用達の超高性能ロッドとなっています。

コルトスナイパー リミテッド

出典:シマノ

2022年、新たに追加された「コルトスナイパー」ブランドの最高峰グレード。

ロッドの頭から尻尾まで、高度テクノロジーが詰まったスーパーハイエンドロッドです。

特に注目度が高いのは、新形状の”Xガイド:タッチフリーチタン”。

ハイフレーム(高足)・小口径を採用することで、従来ガイドと比べて約75%もライントラブルを減らしてくれます。

「コルトスナイパー リミテッド」の機種ラインナップは↓のとおり。

機種全長自重ジグ重量プラグ重量継数
S100MH3.05m未定MAX90gMAX70g2本
S100H3.05m未定MAX120gMAX100g2本
S106H/PS3.20m未定MAX120gMAX100g2本
S98XH/JS2.95m未定MAX150gMAX120g2本
S104XH/PS3.15m未定MAX150gMAX120g2本

コルトスナイパー エクスチューン

出典:シマノ

「コルトスナイパー」シリーズの準最高峰グレード。

その価格にふさわしい素材とテクノロジーが投入され、高い総合力を有します。

「コルトスナイパー エクスチューン」のラインナップは↓の8機種。

機種全長自重ジグウエイトプラグウエイト継数
S100M3.05m268gMAX60gMAX50g2本
S100MH3.05m309gMAX90gMAX70g2本
S106MH/PS3.20m317gMAX90gMAX70g2本
S100H3.05m334gMAX120gMAX100g2本
S106H/PS3.20m356gMAX120gMAX100g2本
S100XH3.05m361gMAX150gMAX120g2本
S106XH/PS3.20m385gMAX150gMAX120g2本
S98XXH2.95m369gMAX180gMAX150g2本
  • 汎用性重視なら通常モデル
  • プラッキングに特化するならPS(プラッキングスペシャル)モデル

という図式になっていますので、そこを意識しておけば好みのモデルを選びやすくなるでしょう。

ネッサ リミテッド

出典:シマノ

ネッサシリーズの最高峰モデルは「ネッサ リミテッド」。

実売7万円台〜と頭ひとつ抜けたお値段となっていますが、それにふさわしい性能に仕上がっています。

重心バランスにこだわって設計されており、自重以上の軽量感を感じられるのも「ネッサ リミテッド」の魅力。

圧倒的な感度を下支えしています。

竿調子はシャープさが際立つエキスパート向け。アングラー自身のテクニックと相乗効果を発揮するよう計算されています。

「ネッサ リミテッド」のラインナップは全4機種の少数精鋭。あえて機種数をしぼって、1本1本の完成度を上げる方針なのでしょう。

機種全長自重ジグウエイトプラグウエイト継数
S102M3.10m162gMAX42g8-36g3本
S1010M+3.30m179gMAX48g8-42g3本
S100MH+3.05m172gMAX65g10-56g3本
S104MH3.15m172gMAX56g10-50g3本

ネッサ エクスチューン

出典:シマノ

「ネッサ リミテッド」をひとつ下から支えるグレードが「ネッサ エクスチューン」。

リミテッドの長所を継承しつつ、寛容性をもたせたセッティングを採用しています。

上級者設計の「ネッサ リミテッド」よりも多くのアングラーに受け入れられるマイルドさを持ち味とします。

お値段も実売4万円台〜ですから、リミテッドと比べると少し割安です。

いろんな性能をあえて過剰にしている、こだわり強すぎな最上位グレードよりも親しみやすいアイテムとなっています。

「ネッサ エクスチューン」のラインナップは↓の5機種構成。

機種全長自重ジグ重量プラグ重量継数
S104M3.15m167gMAX45g8~38g3本
S108M+3.25m177gMAX50g8~45g3本
S1102M+3.40m185gMAX50g8~45g3本
S106MH3.20m175gMAX58g10~52g3本
S100MH+3.05m177gMAX65g10~56g3本

ショアジギング分野におけるシマノのライバルメーカーまとめ

ショアジギング界でシマノ社としのぎを削るライバルメーカーも紹介しておきます。

主な競合メーカーは↓のとおり。

  • ダイワ
  • メジャークラフト
  • アブガルシア
  • がまかつ

他にもショアジギングロッドを発売しているメーカーはありますが、挙げだすとキリがないので、とりあえずの4メーカーです。

大型ラインナップのダイワ

出典:ダイワ

シマノと同じく、入門〜ハイエンドまで広い価格帯にロッド製品を展開するメーカー。

多彩な製品のなかでも特に人気があるのが「オーバーゼア」シリーズです。

モデルチェンジのスパンも早いので、ダイワ社の動向を追っておけばショアジギングロッド界のトレンド把握にも役立ちます。

そういった意味でも要チェックなメーカーです。

ダイワのショアジギングロッド一覧はコチラ↓。

製品参考実売価格
ショアスパルタン ブレイクスルー6万円台~
オーバーゼア AGS5万円台~
オーバーゼア グランデ3万円台~
オーバーゼア AIR2万円台~
オーバーゼア1万円台~
ジグキャスター1万円台~
ショアジギングX1万円台~

低価格帯のアイテムが充実するメジャークラフト、アブガルシア

実売2万円台以下のリーズナブルなロッドを中心に取り揃えるメーカーなら

  • メジャークラフト
  • アブガルシア

が人気です。

お手頃かつ頑丈なロッドが揃い、ショアジギング初心者さんの心強い味方になっています。

メジャークラフトのショアジギングロッド一覧はコチラ↓。

製品参考実売価格
クロスライド5G2万円台~
トリプルクロス1万円台~
クロステージ1万円台~
ソルパラ9千円台~
ファーストキャスト7千円台~

アブガルシアのショアジギングロッド一覧はコチラ↓。

製品参考実売価格
ソルティーステージ プロトタイプ2万円台~
ソルティースタイル1万円台~

中堅~ハイエンドが充実するがまかつ

出典:がまかつ

中堅〜ハイエンドクラスのアイテムを多く展開する、中上級者ご用達のメーカー。

細部まできっちり作り込まれ、ショアジギングに必要な性能が高次元で整うこだわりロッドが揃っています。

性能重視で至高の1本を買いたい方は要チェックです。

がまかつのショアジギングロッド一覧はコチラ↓。

製品参考実売価格
ジェットブル7万円台~
ショアゴリラR5万円台~
コヨーテ3万円台~
チータR33万円台~
コヨーテS2万円台~

シマノ製ロッドでショアジギングを楽しもう!

というわけで、シマノのショアジギングロッド紹介は以上です。

  • ショアジギング寄りの「コルトスナイパー」
  • サーフ・ライトショアジギング寄りの「ネッサ」

の2シリーズで、得意分野を分けて製品を展開しています。

いずれのシリーズも入門にステップアップ、中堅、ハイエンドまできっちり揃い、予算や技量に合うモデルがきっと見つかるでしょう。

あなたにジャストフィットな1本を探してみてください。

この記事で紹介したアイテム

「ネッサ」「コルトスナイパー」関連の人気記事はコチラ

ショアジギング関連の人気記事はコチラ