ショアジギング界でも多大な存在感を放つダイワのショアジギングロッドを一挙にまとめてご紹介。

製品の一覧や選び方、アイテムごとの特徴をわかりやすくまとめてみました。

ダイワのショアジギングロッド購入を検討されている方はご一読ください。

目次

ダイワ製ショアジギングロッドの全体像

出典:ダイワ

大手メーカーであるダイワ社からは、たくさんのショアジギングロッドが発売されています。

現時点でダイワ社の公式HPに記載されている主な製品一覧はコチラ↓。

製品参考実売価格
ショアスパルタン ブレイクスルー6万円台~
オーバーゼア AGS5万円台~
オーバーゼア グランデ(ショアジギングモデル)3万円台~
オーバーゼア グランデ(サーフモデル)3万円台〜
オーバーゼア AIR2万円台~
オーバーゼア1万円台~
ジグキャスター1万円台~
ショアジギングX1万円台~
※「ワインドX」は本記事の趣旨とは少しズレている製品なので対象から除いています。

かなり幅広い価格帯にロッドを展開しており、初心者から上級者までをカバーする充実の陣容となっています。

ラインナップの中心となるのは「オーバーゼア」シリーズ

上表を見てわかる通り、製品展開の中心となっているのは「オーバーゼア」シリーズ。

ダイワ社も猛プッシュ中の人気ロッドシリーズとなっていますので、基本的には「オーバーゼア」シリーズを軸に選定していくのがおすすめです。

ダイワ製ショアジギングロッドの選び方ガイド

出典:ダイワ

各製品の特徴を紹介する前に、ダイワ製ショアジギングロッドの選び方をカンタンに解説しておきます。

検討すべきポイントは以下の2つです。

  1. ”サーフ・ライトショアジギング”と”ショアジギング”のどちらに寄せるのか
  2. どれぐらいの予算をかけるのか

てことで、それぞれのポイントについて解説していきます。

ポイント①”サーフ・ライトショアジギング”と”ショアジギング”のどちらに寄せるのか

出典:ダイワ

ダイワのショアジギングロッドは

  • サーフ・ライトショアジギング寄りの製品
  • ショアジギング寄りの製品

にざっくり分類することができます。

要は、自身がやりたいのはどちらのカテゴリの釣りか?をあらかじめ決めておこうってことです。

それぞれのカテゴリの特徴をまとめた表がコチラ↓。

カテゴリメインで使うジグ重量主なターゲット主なフィールド
サーフ・ライトショアジギング20~60gヒラメ、小~中型青物、シーバスなどサーフ、堤防、ゴロタ
ショアジギング80g前後中~大型青物など磯、堤防

ダイワのショアジギングロッドのほとんどは、サーフ・ライトショアジギングあるいはショアジギングのどちらかに寄せた機種展開となっています。

どんなフィールドで、どれくらいの重さのルアーで、どれくらいの大きさの獲物を狙いたいのか?を決めておけば、その時点で自分に合うアイテムをかなり絞り込めます。

ポイント②どれぐらい予算をかけるのか

もう1つのポイントは予算。買いたいロッドの価格帯を絞り込んでおきましょうってことです。

ダイワのショアジギングロッドを選ぶ際は、以下の3つの価格帯(クラス)に分けて考えると良いでしょう。

価格帯(クラス)実売価格製品
入門クラス1万円台~オーバーゼア
ジグキャスター
ショアジギングX
ステップアップ・中堅クラス2万円台・3万円台~オーバーゼア AIR
オーバーゼア グランデ
ハイエンドクラス4万円台~オーバーゼア AGS
ショアスパルタン BT

入門クラスは初めての1本におすすめの価格帯。これからショアジギングを始めたいという人向けに、性能と価格のバランスをとったコスパ型の製品が揃っています。

ステップアップ・中堅クラスは、入門ロッドからさらに高性能なものに乗り換えたいという人向け。あるいは、上級者のサブロッドとして活躍することも多い価格帯です。

ハイエンドクラスは、主に中上級者をターゲットする価格帯。値は張ってもいいからとにかく性能が高いロッドを求める、超こだわり派のアングラーから支持されています。

入門クラスのダイワ製ショアジギングロッド

てなわけで、ここからはダイワのショアジギングロッドを価格帯別に紹介していきます。

まずは入門クラスから見ていきましょう。

イチオシはもちろん「オーバーゼア」!

出典:ダイワ

一番のおすすめは「オーバーゼア」。人気沸騰中の「オーバーゼア」シリーズのエントリー機です。

2022年に大幅な機種追加が行われ、サーフから堤防、磯まで多彩なフィールドに対応できる陣容に。

本記事で紹介する製品のなかでも、最も汎用性のある機種ラインナップを擁します。

出典:ダイワ

入門クラスの3製品のなかではお高めな実売1万円台後半~となっていますが、そのぶん”HVFカーボン”や”X45”などの技術仕様が豪華。

売り出し中の「オーバーゼア」シリーズですから、上位グレードへのステップアップもスムーズです。

この先のことも考慮したうえで、最も推せる入門ロッドとなっています。

「オーバーゼア」は、

  • サーフ・堤防モデル(=サーフ・ライトショアジギング寄り)
  • 堤防・磯モデル(=ショアジギング寄り)

の2カテゴリに分けて計13機種が展開されています。

スペックの一覧はコチラ↓です。

ーサーフ・堤防モデル(全7機種)ー

機種全長自重プラグ重量ジグ重量継数
97M2.92m172g10-45g10-50g2本
911M/MH3.02m175g10-60g10-65g2本
103M3.12m175g10-45g10-50g2本
103MH3.12m190g15-60g12-65g2本
109ML/M3.28m180g7-45g7-50g2本
109MH3.28m206g15-60g12-65g2本
1010M/MH3.30m200g10-60g10-65g2本

ー堤防・磯モデル(全6機種)ー

機種全長自重プラグ重量ジグ重量継数
96MHH2.90m235g15-70g20-80g2本
100MHH3.05m240g15-70g20-80g2本
106MHH3.20m245g15-70g20-80g2本
96H2.90m255g20-80g30-100g2本
100H3.05m270g20-80g30-100g2本
106H3.20m280g20-80g30-100g2本

「オーバーゼア」の詳細はコチラ

ショアジギ特化なら「21ジグキャスター」or「ショアジギングX」も!

出典:ダイワ

ショアジギングに特化するなら「21ジグキャスター」あるいは「ショアジギングX」という選択肢もアリでしょう。

両者はほぼ同価格ではあるものの、「21ジグキャスター」のほうが若干高く、そのぶん基本性能が優秀です。

とはいっても、「ショアジギングX」も入門機としては十分な性能を有します。

お値段の差もわずかですから、この2製品については最終的に見た目の好みで決めちゃっても良いかと思います。

ー「21ジグキャスター」の機種一覧ー

出典:ダイワ
機種全長自重ルアー重量ジグ重量継数
90M・N2.74m190g10~50g15~60g2本
100M・N3.05m210g10~50g15~60g2本
90MH・N2.74m225g15~65g20~80g2本
96MH・N2.90m230g15~65g20~80g2本
100MH・N3.05m245g15~65g20~80g2本
100H・N3.05m271g20~80g30~100g2本

ー「ショアジギングX」の機種一覧ー

出典:ダイワ
機種全長自重ルアー重量ジグ重量継数
96M2.90m275g10〜50g15~60g2本
96MH2.90m280g15~65g20~80g2本
100MH3.05m290g15~65g20~80g2本
96H2.90m292g20~80g30~100g2本

「21ジグキャスター」「ショアジギングX」の詳細はコチラ

ステップアップ・中堅クラスのダイワ製ショアジギングロッド

ステップアップ・中堅クラスの選択肢は、「オーバーゼア AIR」と「オーバーゼア グランデ」の2製品。

この両者には

  • オーバーゼア AIR:実売2万円台~
  • オーバーゼア グランデ:実売3万円台~

という価格の違いもありますが、それ以上にテイストが異なります。

テイストは

  • オーバーゼア AIR:サーフ・ライトショアジギング寄り
  • オーバーゼア グランデ:ショアジギング寄り

※「オーバーゼア グランデ(サーフモデル)も2022年に追加済み

という感じです。

パワー感がだいぶ違いますので、グレード(予算)で選ぶというよりは、役割で選ぶ方が良いかと思います。

サーフ・LSJ寄りのステップアップ機「オーバーゼア AIR」

出典:ダイワ

サーフ・ライトショアジギングに寄せたステップアップ機。

「オーバーゼア」のサーフ・堤防モデルの上位互換といったところです。

搭載されているテクノロジーも下位グレードの「オーバーゼア」と比べて豪華ですし、軽量性でも順当に勝ります。

実売2万円台~ということで、超高額ではないってのも人気の理由のひとつ。

コスパという面でもたいへん魅力的なアイテムとなっています。

スペックの一覧はコチラ↓。

機種全長自重ルアー重量ジグ重量継数
109ML/M3.28m178g7~45g7~50g2本
1010M/MH3.30m195g10~60g10~65g2本
103MH3.12m189g15~60g12~65g2本
109MH3.28m203g15~60g12~65g2本
97M2.92m160g10~45g10~50g2本
103M3.12m162g10~45g10~50g2本
911M/MH3.02m164g10~60g10~65g2本
※各機種の特徴は記事後半で解説

「オーバーゼア AIR」の詳細はコチラ

パワー型の高性能中堅機「オーバーゼア グランデ(ショアジギングモデル)」

出典:ダイワ

「オーバーゼア AIR」とは対照的に、ショアジギングに寄せた中堅機。

ダイワ社が”ショアジギングロッドの真打”と豪語する新世代ロッドです。

操作性と強さのバランスを突き詰め、”人竿一体”の境地を実現する設計コンセプトを特徴とします。

下位グレードと比べるなら「オーバーゼア」の堤防・磯モデルの上位互換。

強くてブレない上位グレードロッドならではの使用感を味わえるでしょう。

-2ピースモデル(全6機種)-

機種全長自重プラグ重量ジグ重量継数
100M3.05m275g10-40g15-60g2本
100MH3.05m300g15-60g20-80g2本
106MH3.20m308g15-60g20-80g2本
99H3.05m335g20-80g30-100g2本
106H3.20m345g20-80g30-100g2本
100HH3.05m376g30-100g40-120g2本

-3ピースモデル(全3機種)-

機種全長自重プラグ重量ジグ重量継数
100MH-33.05m300g15-60g20-80g3本
100H-33.05m340g20-80g30-100g3本
100HH-33.05m378g30-100g40-120g3本

「オーバーゼア グランデ(ショアジギングモデル)」の詳細はコチラ

2022年発売のNEWアイテム「オーバーゼア グランデ(サーフモデル)」

出典:ダイワ

2022年発売のNEWアイテム。製品名のとおり、サーフに特化した「オーバーゼア グランデ」です。

仕様的には「オーバーゼア AIR」をベースにブラッシュアップされています。

ダイワの独自技術もふんだんに使われており、上位・下位グレードに対するお得感も上々です。

「オーバーゼア グランデ(サーフモデル)」の機種一覧は以下のとおり。

機種全長自重ルアー重量ジグ重量継数
109ML/M3.28m162g7-45g7-50g2本
97M2.92m153g10-45g10-50g2本
103M3.12m159g10-45g10-50g2本
98MMH2.95m165g12-50g12-60g2本
911M/MH3.02m163g10-60g10-70g2本
1010M/MH3.30m180g10-60g10-70g2本
103MH3.12m177g15-60g15-70g2本

「オーバーゼア グランデ(サーフモデル)」の詳細はコチラ

ハイエンドクラスのダイワ製ショアジギングロッド

ハイエンドクラスは、「オーバーゼア AGS」と「ショアスパルタン ブレイクスルー」の2製品がラインナップされています。

こちらの2製品についても

  • オーバーゼア AGS:サーフ・ライトショアジギング寄り
  • ショアスパルタン ブレイクスルー:ショアジギング寄り

という具合にテイストが異なります。

どれぐらい強いロッドが欲しいのか、はたまたどれぐらい繊細なロッドが欲しいのか、という点が両ハイエンド機を選び分ける基準となるでしょう。

オーバーゼアの最高峰グレード「オーバーゼア AGS」

強さはそこそこでいいから、軽さと感度にこだわりたいという方には「オーバーゼア AGS」がおすすめです。

「オーバーゼア」シリーズの最高峰モデルということで

  • SVFナノプラス
  • X45フルシールド
  • AGS(エアガイドシステム)

など、ダイワテクノロジーが盛り盛りとなっています。

出典:ダイワ

全モデルが4ピースとなっており、ロッドの基本性能だけでなく携帯性まで高いというのも良いトコロ。

ショアキャスティングゲームをより身近にしてくれるアイテムです。

スペックの一覧はコチラ↓。

機種全長自重プラグ重量ジグ重量継数
97M2.92m172g10-45g10-50g4本
103M3.12m未定10-45g10-50g4本
109ML/M3.28m179g7-45g7-50g4本
911M/MH3.02m177g10-60g10-65g4本
1010M/MH3.30m189g10-60g10-65g4本

「オーバーゼア AGS」の詳細はコチラ

ショアジギの最高峰ロッド「ショアスパルタン ブレイクスルー」

ガチガチのショアジギ向けにチューンされたパワー型のハイエンドロッドです。

「オーバーゼア AGS」に負けず劣らずの豪華仕様となっており、基本性能には言うことなし。

100g超のジグをぶん投げられる頼もしいモデルが中心となっており、沖磯に出向いてデカブツを引っ張り出したい方にピッタリです。

スペックの一覧はコチラ↓。

-地磯コンセプト(2機種)-

機種全長自重キャスト重量プラグ重量継数
106MH3.20m298g15ー60g20ー80g2本
103H3.12m308g20ー80g30ー100g2本

ー沖磯コンセプト(3機種)ー

機種全長自重キャスト重量ジグ重量継数
100HH3.05m396g30ー90g40ー120g2本
99XH2.97m406g50ー120g60ー160g2本
83XXXH2.51m450g70ー210g3本

「ショアスパルタン ブレイクスルー」の詳細はコチラ

ショアジギング分野のライバルメーカー4選

ショアジギング分野でダイワと競合するライバルメーカーもいくつか紹介しておきます。

ダイワのライバルメーカー①シマノ

出典:シマノ

まずはシマノ社。ダイワに匹敵する大型ナインナップを展開する大手メーカーです。

「コルトスナイパー」、「ネッサ」の両シリーズを中心に、エントリーからハイエンドまで充実の陣容が揃います。

シマノ製ショアジギングロッドの人気記事はコチラ

ダイワのライバルメーカー②メジャークラフト

続いてはメジャークラフト。低価格帯のアイテムが充実しており、高コスパメーカーの代名詞的存在です。

ラインナップのなかで一番新しい「クロスライド 5G」には特に要注目。

2万円台クラスながらも”トレカT1100G”や多軸カーボンを採用するなど、ぶっ飛んだ仕様となっています。

メジャークラフト製ショアジギングロッドの人気記事はコチラ

ダイワのライバルメーカー③アブガルシア

アブガルシアもコスパの高い1~2万円台ロッドを軸に製品展開するメーカーです。

定番のショアジギング・ライトショアジギングだけでなく、スーパーライト・マイクロショアジギングの専用ロッドも発売済。

もっと手軽なショアジグゲームの普及にも注力しています。

アブガルシア製ショアジギングロッドの人気記事はコチラ

ダイワのライバルメーカー④がまかつ

出典:がまかつ

がまかつは中堅~ハイエンドクラスのロッドを中心に取りそろえるメーカー。

中上級者から支持される、軽さ・強さを欲張った極上のショアジギングロッドたちが顔を揃えています。

がまかつ製ショアジギングロッドの人気記事はコチラ

「オーバーゼア」シリーズを中心に実力派揃いのダイワ製ショアジギングロッド

というわけで、ダイワのショアジギングロッド紹介は以上です。

多彩なアイテムが揃っていますが、基本的には「オーバーゼア」シリーズを中心に選定を進めると良いでしょう。

今後のダイワ製ショアジギングロッドの軸になっていくシリーズですからね。

もちろん、その他の製品もダイワクオリティーで優秀。コレだ!と思えるアイテムが見つかった方は、自信をもってGETしちゃってください。

この記事で紹介したアイテム

ダイワ製ショアジギングロッドの人気記事はコチラ

ショアジギング関連の人気記事はコチラ