ヤマガブランクスのハイエンドシーバスロッド「バリスティック TZ/NANO」をご紹介。

TZ(トルザイトリング)、NANO(ナノアロイ)を携えたヤマガの最高峰シーバスロッドとなっています。

シーバス釣りの楽しさを髄までしゃぶり尽くしたい方はご注目ください。

ヤマガブランクス「バリスティック TZ/NANO」の特長

ヤマガブランクスのシーバスロッドを一覧にすると↓のとおり。

製品参考実売価格
★バリスティック TZ/NANO60,000円前後
バリスティック ヒラ TZ/NANO60,000円前後
バリスティック ベイト50,000円前後
アーリーフォーシーバス35,000円前後

本記事で紹介する「バリスティック TZ/NANO」は実売6万円前後のハイエンドロッド。

ロッドに最高の性能を求めるガチ勢向けのアイテムです。

てことで、仕様をチェックしていきましょう。

ナノアロイ適用カーボンを駆使した高品質ブランクス

まずブランクスで注目すべきは、東レの”ナノアロイ”適用カーボンを使用していること。

製品名の”NANO”の部分ですね。

ナノアロイテクノロジーはカーボン繊維同士をつなぐ樹脂の粒を細かくすることで、カーボンの強みを引き上げる技術。

一般的なカーボン素材よりも強度が高くなるので、それだけ軽いロッドを組み上げることができ、結果的に感度や振り抜けの向上にも寄与します。

今やハイエンドロッドには欠かせないテクノロジーとなっており、「バリスティック TZ/NANO」にも当然採用されているというわけです。

多彩なキャスト姿勢に対応

多彩なキャスト法に対応するというのも、「バリスティック TZ/NANO」の強みのひとつ。

垂らしを長くとって強く大きく振り切るペンデュラムキャストだけでなく、小場所で使うことが多いコンパクトなキャストの精度も大事にされています。

遠投からピンポイントキャストまで、フィールドに合わせた投げ方を快適に使い分けていきましょう。

シーバスフィッシング全場面での感度を追求

感度に関しても並々ならぬこだわりが込められています。

アタリや地形への感度に加え、潮読み感度、ファイト時の感度までカバー。

シーバスフィッシングの釣果アップには、誘ってから掛けるまでの過程だけでなく、ファイトをいかに安定させるかも重要です。

ファイト時の感度が高いことで、魚の動きが読みやすくなります。

フックアウトのリスクを減らし、1本1本を素早く獲れるのも「バリスティック TZ/NANO」の長所です。

ブランクスの邪魔をしない軽量ガイド

ガイドはチタンフレーム×トルザイトリングを軸にセッティングされています。

軽量薄型のトルザイトリングは糸抜けが良く、振り抜けや感度アップにも貢献。

ラインとの干渉が激しいトップガイドには、通常のトルザイトリングよりも少しだけ厚みがあるF(フランジ)型を採用しています。

ラインへのダメージを抑えることができ、メインラインブレイクのリスクを減らしてくれるでしょう。

操作性に定評のあるVSSシート

他のヤマガブランクス製ロッドよろしく、リールシートはVSSシートを採用。

ロッドを倒した状態で操作しやすいアップロック式ですので、リトリーブがメインとなるシーバス釣りとは相性抜群です。

ヤマガブランクス「バリスティック TZ/NANO」の機種ラインナップ

「バリスティック TZ/NANO」は、生産が終了したモデルを含めて全7機種展開となっています。

スペックの一覧は↓のとおり。

機種全長自重ルアー重量
86M2.605m122g6~32g
94M2.850m143g6~35g
96MMH2.910m151g8~38g
102MH3.110m177g8~42g
92ML ※生産終了2.790m120g5~24g
73ML ※生産終了2.220m95g5~24g
86L ※生産終了2.605m102g4~21g

本記事執筆時点(2021年9月)で生産されている4機種の特徴をサクッとまとめておきますね。

バリスティック 86M TZ/NANO

全長自重ルアー重量継数
2.605m122g6~32g2本

シーバスロッドとしてはやや短めの8.6ftを採用したバランス型モデル。

シーバスで使われるほぼ全てのルアーに適応し、マルチな活躍を見せてくれます。

取り回しの良いショートタイプなので、ウェーディングや小場所のランガンにも最適です。

バリスティック 94M TZ/NANO

全長自重ルアー重量継数
2.850m143g6~35g2本

全モデルのなかで最も汎用性が高いセンターモデル。

同じMクラスの”86M”よりも飛距離面のアドバンテージがあり、磯や大規模河川などの開けたフィールドでも活躍してくれるでしょう。

バリスティック 96MMH TZ/NANO

全長自重ルアー重量継数
2.910m151g8~38g2本

“94M”よりもパワーとレングスが少し上がった万能モデル。

重めのルアーを力一杯キャストし、思いのままに操作できるパワーが実装されています。

獲物をかけたあとはゴリ押しファイトもでき、力でねじ伏せることも可能。

ランカーとの真っ向勝負を楽しみたい方におすすめです。

バリスティック 102MH TZ/NANO

全長自重ルアー重量継数
3.110m177g8~42g2本

飛距離性能に特化したロングディスタンスモデル。

シリーズ最長の10.2ftが採用されており、重量級ルアーを遥か沖までぶっ飛ばせます。

フレッシュな個体が回遊する竿抜けポイントを狙えるので、ハイプレッシャーエリアの攻略にも強いです。

関連記事