シマノの最高峰シーバスロッド「エクスセンス インフィニティー」の特長&機種ラインナップを徹底解説。

高度なテクノロジーが惜しみなく投入され、デザイン面や細かな利便性にも一切の妥協がない、純度の高いハイエンドロッドとなています。

シーバスフィッシングに特化した最高の相棒が欲しい方は必見です。

シマノ「エクスセンス インフィニティー」の特長

出典:シマノ

シマノの主なシーバスロッド(ショア)の一覧は↓のとおり。

製品参考実売価格
★エクスセンス インフィニティー6.5万円前後
エクスセンス ジェノス6.0万円前後
ルミナス3.5万円前後
ディアルーナ2.5万円前後
エンカウンター1.8万円前後
ムーンショット1.5万円前後

本記事で紹介する「エクスセンス インフィニティー」は、シマノ製シーバスロッドの最高峰に君臨するハイエンド機。

値段も性能も高いエキスパート向けのアイテムとなっています。

てことで、仕様を詳しく見ていきましょう。

こだわり抜かれた軽量ブランクス

出典:シマノ

まず注目すべきはロッドの肝心要であるブランクス。複数のテクノロジーが併用されたハイエンドチューンとなっています。

ブランクス素材には東レの高級カーボン素材「トレカT1100G」を採用。

高弾性・高強度を特長とし、感度・軽さ・強度のすべてが高水準です。

シマノ独自のテクノロジーとしては、「スパイラルXコア」と「ハイパワーX」が重要。

ブランクスが内側と外側からX状に強化されており、どの方向に曲がっても安定したパワーを発揮します。

カーボンモノコックグリップで総合力アップ!

出典:シマノ

シマノの上位ロッドではおなじみの「カーボンモノコックグリップ」も当然適用されています。

「カーボンモノコックグリップ」は、ブランクスと一体構造のカーボン製リアグリップ。

中空構造になっているので、軽さと感度アップに貢献します。

「エクスセンス インフィニティー」のリアグリップは逆三角型に成形されており、握りやすく、ひじに当てて固定しやすいってのも注目ポイント。

キャスト・操作・ファイトの安定感もアップしています。

軽量ガイドで一味違う振りの軽さを実現

出典:シマノ

ガイドはチタンフレーム×トルザイトリングが主となっています。

軽くて空気抵抗が少なく、強度面も優秀。上位グレードならではの気持ち良い振り抜けを味わうことができます。

ラインとの干渉が激しいトップガイドだけは、トルザイトリングよりも厚みのあるSiCリングをあえて採用。

ガイドとの接触によるラインのダメージを低減し、ラインブレイクのリスクをぐっと下げてくれます。

軽くて手にフィットするリールシート

出典:シマノ

リールシートは軽量・高感度・高強度なCI4+素材を用いたオリジナルデザイン。

  • スピニングモデルには「エクスフィットシートCI4+」
  • ベイトモデルには「エクスフィットシートCI4+」

が採用されています。

違和感なく手にフィットし、各操作の精度を上げてくれます。

利便性を高める細かな気配り

バット部に設けられた「フックキーパー」→ランガン効率化

出典:シマノ

ジョイント部に設けられた「セットポジション」→簡単に真っすぐ継げる

出典:シマノ

など、地味に利便性を上げる細かな仕掛けがあるのも本機の魅力。

こういった気配りがあると、製品・ブランドに対する好感度が上がりますよね~。

ハイエンド感が漂う装飾

エクスセンス インフィニティーはシマノ製シーバスロッドの最高峰に君臨するハイエンド機。

細かい部分の装飾にも抜かりがありません。

「∞」と「EXSENCE」のロゴが入ったグリップエンド

出典:シマノ

フロントグリップのメタルリング

出典:シマノ

など、細部までこだわってデザインされています。

所有の満足度を上げてくれるオシャレ感もハイエンドロッドならではの魅力ですよね。

シマノ「エクスセンス インフィニティー」の機種ラインナップ

出典:シマノ

エクスセンス インフィニティーは

  • スピニングモデル5機種
  • ベイトモデル1機種

の計6機種構成となっており、スペックの一覧は↓のとおり。

機種対応リール全長自重ルアー重量
S900ML/RFスピニング2.74m122g5~32g
S906ML/RFスピニング2.90m128g5~32g
S1000ML/RFスピニング3.05m132g5~32g
S906M/RFスピニング2.90m132g6~38g
S1000M/RFスピニング3.05m138g6~38g
B806M/Rベイト2.59m120g6~38g

全モデルの自重が120~130g台に収まり、シーバスロッドとは思えない軽さに仕上げられています。

軽さも強度も感度も欲張れるというのも、ハイエンドロッドならではです。

最後に、各機種の特徴をサクッとまとめておきます。

エクスセンス インフィニティー S900ML/RF

全長自重ルアー重量継数
2.74m122g5~32g2本

ウェーディングを得意とするフィネス系バーサタイルモデル。

軽~中量級の多彩なルアーに適応し、精度の高いアプローチを展開できます。

正確なキャストとリグ操作を武器にシーバスを誘い出す、テクニック型アングラーにピッタリの1本です。

エクスセンス インフィニティー S906ML/RF

全長自重ルアー重量継数
2.90m128g5~32g2本

9.6ft×MLパワーのバランス型バーサタイル。

エクスセンス インフィニティーのなかでも特に汎用性が高いモデルとなっています。

遠投性・操作性のバランスに優れ、様々なフィールドに1本で対応できるのが強み。

総合力を重視したい方におすすめです。

エクスセンス インフィニティー S1000ML/RF

全長自重ルアー重量継数
3.05m132g5~32g2本

遠投型のMLパワーモデル。ブランクスのしなりを最大限に利用した遠投で、広範囲を探れるってのがこの機種の持ち味です。

遠浅の干潟や河川など、ヒットエリアまで距離があるフィールドで強みを発揮します。

サーチできる範囲が広いぶん、サーフやゴロタなどのオープンエリア攻略にも適任です。

エクスセンス インフィニティー S906M/RF

全長自重ルアー重量継数
2.90m132g6~38g2本

9.6ft×Mクラスを採用したパワー型モデル。

ランカーサイズを強引に寄せる怪力が備わっており、何も考えずにゴリ押せる安心感が魅力です。

相手に主導権を与えないので、ファイトに制約があるエリアでも貴重な1本を獲りきることができます。

エクスセンス インフィニティー S1000M/RF

全長自重ルアー重量継数
3.05m138g6~38g2本

10ft×Mクラスの遠投型パワーモデル。

重たいルアーを豪快にぶち投げ、竿抜けポイントからデカシーバスを引っ張り出したいときに頼れる1本となっています。

少々取り回しが悪くてもいいから、パワーと遠投性能がずば抜けたモデルが欲しいって方に最適です。

エクスセンス インフィニティー B806M/R

全長自重ルアー重量継数
2.59m120g6~38g2本

エクスセンス インフィニティーで唯一のベイトモデル。

重量級のルアーまでカバーするパワー設計が採用され、どんなフィールドでも活躍できるようチューンされています。

ベイトならではの手返しと操作性を活かし、テクニカルな攻めを楽しみたい方におすすめです。

関連記事