贅沢な素材とテクノロジーをふんだんに盛り込んだダイワの最高峰シーバスロッド「モアザン ワイズメン」をご紹介。

開発陣のこだわりが詰まりに詰まった仕様を解説しつつ、全4機種の特徴もサクッとまとめています。

ハイエンドのシーバスロッドを物色中の方は要チェックです。

ダイワ「モアザン ワイズメン」の特長

出典:ダイワ

まずはダイワ製シーバスロッドの全体像をサクッと紹介しておきます。

主な製品の一覧は↓のとおり。

製品参考実売価格
★モアザン ワイズメン8万円前後
モアザン5.5万円前後
ラブラックス AGS4万円前後
ラテオR2.5万円前後
レイジー2万円前後
シーバスハンターX1.5万円前後
リバティークラブシーバス9,000円前後

本記事で紹介する「モアザン ワイズメン」はダイワ製シーバスロッドの最高峰に君臨。

こだわりにこだわり抜いて開発されたスーバーハイエンドロッドとなっており、高度テクノロジーがぎゅうぎゅうに詰め込まれています。

とにかく高性能なロッドをくれ。金はいくらでも出すからよ。

って方向けの製品ですね。

てことで、仕様を紹介していきますね。

「SVFコンパイルXナノプラス」仕様の高品質ブランクス

出典:ダイワ

まず、ブランクス素材には「SVFコンパイルXナノプラス」を採用。

東レのナノアロイ適応素材とダイワ独自の技術を合わせ、低樹脂かつカーボン密度の高いブランクスを練り上げています。

十分な強度と感度を出しつつ、軽さも欲張れる!まさにハイエンドなスペックです。

X45でネジレ&ツブレ耐性を強化

出典:ダイワ

ブランクスには「X45」も適用。カーボン繊維の向きが竿先に対して0度・90度・±45度になる多層構造となっています。

曲がりだけでなく、ネジレとツブレへの耐性が高まっており、釣行中の歪みやパワーロスが生じづらいというのが利点です。

Vジョイントで継部の強さもアップ

出典:ダイワ

継部は「Vジョイント」(あるいは「Vジョイントα」)仕様。

負荷がかかると1ピースロッド顔負けの美しいベントカーブを描きます。

ジョイント部のパワーロスも極限まで低減されており、ファイト時の粘り強さも兼備。

最長モデルには3DXを適用

出典:ダイワ

「モアザン ワイズメン」で最長のヒラスズキ特化モデル”T150M-5 平狂”には、3DX(3軸クロス)を適用。

超ロングレングスでもゆがみが少なく、ラグを感じずに操作できるよう調整されています。

軽量カーボンガイド「AGS」

出典:ダイワ

ダイワ独自のカーボンガイドシステム「AGS(エアガイドシステム)」ももちろん採用。

軽量なカーボンガイドはロッドの振り抜けを邪魔せず、感度向上にも貢献します。

チタン製フレームよりも強度・耐腐食性に優れ、長期的な耐久力も高いです。

CWS(カーボンラッピングシステム)適用モデルもラインナップ

出典:ダイワ

”AGS 130M-4”と”AGS 97ML/M-4”の2機種にはCWS(カーボンラッピングシステム)を適用。

カーボンクロスでガイドを固定することで、ガイド周りの軽さと耐久性が高められています。

ダイワ「モアザン ワイズメン」の機種ラインナップ

出典:ダイワ

「モアザン ワイズメン」には全4機種がラインナップされており、スペックの一覧は↓のとおり。

機種全長自重ルアー重量継数/仕舞寸
T150M-5 平狂4.57m322g10-50g5本/112cm
AGS 90L2.74m125g5-24g2本/141cm
AGS 97ML/M-42.92m147g7-35g4本/79cm
AGS 130M-43.96m215g10-50g4本/105cm

モアザン ワイズメン T150M-5 平狂

全長自重ルアー重量継数/仕舞寸
4.57m322g10-50g5本/112cm

ヒラスズキゲームの攻略に特化した15フィートの超ロングモデル。圧倒的なキャスト飛距離で広範囲にアプローチできます。

バット部には強靭なパワーがあるものの、穂先は適度にしなやかでルアーの泳ぎを邪魔しません。

ダイナミックな飛距離だけでなく、繊細な操作性も備えた最高峰にふさわしい欲張りロッドに仕上がっています。

モアザン ワイズメン AGS 90L

全長自重ルアー重量継数/仕舞寸
2.74m125g5-24g2本/141cm

ウェーディングに最適化されたフィネス系の9フィートモデル。

ヘビー級のルアーは背負えませんが、そのぶん軽量ルアーを細かく操作できるという強みがあります。

ルアーを流れに乗せ、潮の変化を感じながらサーチするドリフトアプローチとも好相性です。

モアザン ワイズメン AGS 97ML/M-4

全長自重ルアー重量継数/仕舞寸
2.92m147g7-35g4本/79cm

携帯性に優れる4ピースの万能モデル。

漁港や河川等、身近なフィールドでの普段使いに適した設計の1本です。

バットはMパワーでモンスター級の獲物を掛けても安心。

一方、ティップは適度なしなやかさを有します。ルアーを自然に泳がせることができ、バイトも弾きづらいです。

柔と剛のバランスに優れるシリーズ随一のバーサタイルロッドとなっています。

モアザン ワイズメン AGS 130M-4

全長自重ルアー重量継数/仕舞寸
3.96m215g10-50g4本/105cm

13フィート、4ピース仕様の磯ヒラモデル。

ロングレングスながらも自重が200g強に抑えてあり、軽快な操作感を味わえます。

細かいアクションやトレースコースの微調整も得意なので、磯ヒラゲーム以外でもマルチな活躍を期待できるでしょう。

関連記事