メバリング好きから絶大な支持を獲得しているダイワ製メバリングロッドを総まとめにしてご紹介。

王道の”月下美人”ブランドを中心に、手ごろなアイテムから超ハイエンドまで鬼のラインナップが揃っています。

メバリングを始めてみたい方、すでにハマっている方、極めている方も要チェックです。

ライトゲーム界で不動の地位を築くダイワ「月下美人」シリーズ

出典:ダイワ

ダイワのライトゲームロッドといえば、「月下美人」シリーズですよね。

初心者から上級者までカバーする多彩なラインナップが揃っており、ライトゲーム界で確固たる地位を確立しています。

そんな「月下美人」のロッドは、アジング/メバリングの2ジャンル展開です。

ちなみに、アジングロッドには製品名に”AJING”という文字が入りますから、”AJING”が入らないのがメバリングロッドということになります。

ダイワのメバリングロッドは全6シリーズ

本記事で紹介するダイワ製メバリングロッドは全6製品が揃います。製品と実売価格を一覧にすると↓のとおり。

製品実売価格
ルアーニスト6,000円前後
メバリングX10,000円前後
20月下美人メバル14,000円前後
21月下美人MX25,000円前後
19月下美人AIR AGS35,000円前後
18月下美人EX AGS55,000円前後

アンダー1万円のローエンドから、5万円超のハイエンドまで揃っています。

これから、全シリーズを一気見していきましょう。

ダイワ「月下美人」シリーズのメバリングロッドを一気見

出典:ダイワ

てことで、まずは大人気の「月下美人」シリーズから見ていきましょう。

ラインナップされている4グレードの特徴と注目機種をまとめていきます。

20月下美人メバル

出典:ダイワ

「20月下美人メバル」は、月下美人シリーズの中で最もリーズナブルな入門用ロッド。

1万円ちょいの価格帯ながらも、中堅機クラスのロッドに肉薄する性能を持ちます。

レジン量を減らして強度を高めた「HVFカーボン」を筆頭に、ダイワテクノロジーも充実。

上位クラスを食いそうな勢いすら感じるローエンドロッドです。

そんな「20月下美人メバル」には、以下の4機種が揃います。

機種ティップ全長(m)自重(g)ルアー重量(g)
610L-S・Nソリッド2.08640.5-8
74UL-S・Nソリッド2.24660.3-5
76L-T・Nチューブラー2.29770.5-8
83M-T・Nチューブラー2.51862-15

注目機種:20月下美人メバル 74UL-S

ジグ単や小型プラグを使った基本のメバリングを楽しめる万能ソリッドティップモデル。

小規模な漁港からゴリゴリの磯場まで、満遍なく対応するレングスなので、最初の1本に最適です。

21月下美人MX

出典:ダイワ

「21月下美人MX」はコスパに定評があるステップアップ機。

入門ロッドでのメバリングに慣れ、より本格的なロッドが欲しくなってきた〜って方から人気です。

「HVFカーボン」のブランクスに、ネジレ耐性を上げる「X45」テクノロジーをプラス。

下位グレードの「20月下美人 メバル」よりもシャープで粘り強い仕上がりとなっています。

機種ラインナップは↓の4機種。

機種ティップ全長自重ルアー重量
68L-S・Nソリッド2.03m59g0.5-8g
74UL-S・Nソリッド2.24m64g0.3-5g
78ML-T・Nチューブラー2.34m74g1.5-10g
83MH-T・Nチューブラー2.51m82g3-20g

注目機種:21月下美人MX 78ML-T・N

フロートリグに対応する強めの7.8ftモデル。飛ばしウキをぶん投げて広範囲を探ることができます。

メバルの着き場を特定できていない初場所攻略におすすめです。

19月下美人 AIR AGS(メバルモデル)

出典:ダイワ

「19月下美人 AIR AGS」はダイワ史上最軽量を誇るメバリングロッドです。

上位クラスのロッド特有の気持ち良い張りと振り抜けを感じられ、感度も研ぎ澄まされています。

ダイワの上級機ではおなじみの軽量カーボンガイド「AGS(エアガイドシステム)」を採用しているのも大きな特長。

先重り感のないロッドバランスで、気難しいメバルを仕留める繊細な操作を展開できます。

そんな「19月下美人 AIR AGS(メバルモデル)」は、↓の5機種構成です。

機種ティップ全長(m)自重(g)ルアー重量(g)
68L-T・Rチューブラー2.03570.5-8
74UL-S・Rソリッド2.24600.3-5
78ML-S・Rソリッド2.34701.5-10
60XULB-T・Rチューブラー1.83652-6
76ULB-S・Rソリッド2.29752-8

注目機種:19月下美人 AIR AGS 68L-T・R

注目モデルは68L-T・R。人気アングラーである岩崎林太郎さん(愛称「りんたこ」さん)の監修モデルです。

ショアでもオフショアでも使いやすく、抜群に取り回しが良いショートチューブラーロッドに仕上がっています。

18月下美人EX AGS

出典:ダイワ

「18月下美人 EX AGS」は月下美人シリーズの最高峰に君臨するハイエンドロッド。

AGS(エアガイドシステム)に加え、極限までカーボン密度を高めた「SVFナノプラス」技術など、ダイワテクノロジーが鬼のように詰め込まれています。

実売価格で5万円超というハードルはありますが、それだけの価値を秘めているのは間違いありません。

金に糸目をつけず、とにかく良いロッドが欲しい方はぜひチャレンジしてみて下さい。

機種ラインナップは↓のとおり。

機種ティップ全長(m)自重(g)ルアー重量(g)
610LS-SMT・Eチタンソリッド2.08650.5-8
76MLS-T・Eチューブラー2.28711.5-10

注目機種:19月下美人 EX AGS 610LS-SMT・E

注目機種はチタン製の金属ソリッドティップを採用した「610LS-SMT・E」。

クリアに響き渡る反響感度と負荷のON・OFFを感知する荷重感度を高次元で両立するスペシャルモデルです。

ダイワには”月下美人”以外のメバリングロッドも有り!

出典:ダイワ

ダイワからは月下美人シリーズ以外にも、メバリングに使えるロッドが発売されています。

それが

  • メバリングX
  • ルアーニスト

の2シリーズです。どちらも月下美人シリーズよりも手ごろなお値段で入手できるお得アイテム。

とにかくコストを抑えてタックルを揃えたい方から人気です。

メバリングX

出典:ダイワ

ロッドの外層にX状のテーピングを施し、ネジレ耐性を上げる「ブレーディングX」が採用されたメバリング専用ロッド。

1万円前後の価格で入手でき、入門用ロッドとして好評を博しています。

ラインナップは↓の4機種です。

機種ティップ全長(m)自重(g)ルアー重量(g)
74UL-Sソリッド2.241080.5-5
74UL-Tチューブラー2.241100.5-7
78L-Sソリッド2.341181-8
78L-Tチューブラー2.341201-10

ただ、1万円強で入手できる「20月下美人メバル」の性能は、かなりヤバいです。

個人的には、「メバリングX」を買うなら「20月下美人メバル」まで頑張ったほうが良いと思っています。

注目機種:メバリングX 74UL-S

ジグ単を使った王道のメバリングを楽しむための7.4ftソリッドモデル。最初の1本にピッタリです。

ルアーニスト

出典:ダイワ

「ルアーニスト」はアンダー1万円で購入でき、入門用として人気があるダイワの汎用ルアーロッドです。

様々なジャンルにまたがる汎用ロッドということで、全17機種が揃っています。

その中で、メバリングと好相性なのが↓の2機種です。

機種ティップ全長(m)自重(g)ルアー重量(g)
74UL-Sソリッド2.241191-6
76Lチューブラー2.291322-10

注目機種:ルアーニスト 74UL-S

入門用に最適な7.4ftソリッドモデル。ジグ単や軽めのプラグに対応し、シンプルなメバリングを楽しめます。

大人気のダイワ製メバリングロッドをGETしよう!

というわけで、ダイワ製のメバリングロッド紹介は以上です。

天下の”月下美人”シリーズを中心に、アンダー1万円~5万円クラスまで充実していましたね。

メバリングに触れ、ハマり、上達していく過程ごとに最適なロッドをチョイスできます。

ぜひ、ピンときた1本を手に取ってみて下さい。

この記事で紹介したおすすめアイテム

関連記事