予算から選ぶ|コスパ最強のタイラバロッド完全ガイド!安いと評判のアイテムを厳選。

コスパの高さに定評があるおすすめタイラバロッドを一挙にまとめてご紹介。

アンダー1万円から3万円台クラスまでを3つの価格帯に分け、(この価格でこの性能は)安いと評判の製品を集めています。

自分にピッタリなタイラバロッドを、お得に賢く選びたい方は要チェックです。

目次

タイラバロッドのコスト感について

出典:ダイワ

まずはタイラバロッドのコスト感について、簡単に解説しておきます。

とりあえず、こちら↓の表をご覧くださいませ。

実売価格コスト感
〜1万円台安い
2万円台ふつう
3万円台やや高い
4万円台〜高い

タイラバロッドのコスト感については、ざっくり上記のように捉えておけば、大間違いはありません。

とはいえ、高い安いの感覚は人それぞれ。

何をもって「コスパが良い」とするかを、明確に定義するのは難しいです。

てことで、この記事では「良コスパ」の概念を広めに捉え、

  • 〜1万円台クラス
  • 2万円台クラス
  • 3万円台クラス

の3つの価格帯(※すべて実売価格)に分けて、おすすめのタイラバロッドを紹介していきます。

〜1万円台クラスのコスパ最強(安い)タイラバロッド

まずはタイラバ入門ロッドに最適な〜1万円台クラスからいきましょう。

ピックアップした製品は以下です。

  • メジャークラフト「ソルパラ」
  • メジャークラフト「クロステージ」
  • ダイワ「紅牙X」
  • ダイワ「紅牙 AP」
  • シマノ「炎月BB」
  • シマノ「炎月TT」
  • ジャッカル「ビンビンスティック RB」
  • アブガルシア「オーシャンフィールド タイラバ」

メジャークラフト「ソルパラ」

「ソルパラ」は、メジャークラフトの高コスパロッドシリーズ。

タイラバ以外のジャンルにも広く展開されている製品です。

アンダー1万円の価格帯で、タイラバをしっかり楽しめる性能が整っています。

▽グリップ脱着式

機種全長自重ルアー重量継数
SPXJ-B69LTR/ST6’9″MAX801本
SPXJ-B69MLTR/ST6’9″MAX1201本
SPXJ-B70MTR/DTR7’0″MAX1601本
SPXJ-B70MHTR/DTR7’0″MAX2001本

▽完全2ピース

機種全長自重ルアー重量継数
SPXJ-B692LTR/ST6’9″MAX802本
SPXJ-B692MLTR/ST6’9″MAX1202本
SPXJ-B702MTR/DTR7’0″MAX1602本

≫メジャークラフト「ソルパラ タイラバモデル」公式ページ

メジャークラフト「クロステージ」

「クロステージ」は、「ソルパラ」よりも少しお高めな実売1万円台前半クラスの製品です。

メジャークラフトのタイラバロッド製品全体では、スタンダードクラスに位置します。

入門用だったり、「ソルパラ」からのステップアップだったりにおすすめです。

▽ドテラチューブラーモデル(グリップ脱着式)

機種全長
(ft)
自重ルアー重量継数
CRXJ-B69LTR/DTR6’9”MAX801本
CRXJ-B69MLTR/DTR6’9”MAX1201本
CRXJ-B70MTR/DTR7’0”MAX1601本
CRXJ-B70MHTR/DTR7’0”MAX2001本

▽ドテラチューブラーモデル(完全2ピース)

機種全長
(ft)
自重ルアー重量継数
CRXJ-B692LTR/DTR6’9”MAX802本
CRXJ-B692MLTR/DTR6’9”MAX1202本
CRXJ-B702MTR/DTR7’0”MAX1602本
CRXJ-B702MHTR/DTR7’0”MAX2002本

▽ソリッドティップモデル(グリップ脱着式)

機種全長
(ft)
自重ルアー重量継数
CRXJ-B66ULTR/ST6’6”MAX801本
CRXJ-B69ULTR/ST6’9”MAX801本
CRXJ-B69LTR/ST6’9”MAX801本

▽ソリッドティップモデル(完全2ピース)

機種全長
(ft)
自重ルアー重量継数
CRXJ-B662ULTR/ST6’6”MAX802本
CRXJ-B692ULTR/ST6’9”MAX802本
CRXJ-B692LTR/ST6’9”MAX802本

≫メジャークラフト「クロステージ タイラバモデル」公式ページ

ダイワ「紅牙X」

出典:ダイワ

「紅牙X」は、ダイワのタイラバロッド「紅牙」シリーズのなかで最もリーズナブルな製品。

タイラバの基本である「乗せ」の性能を重視した設計を採用し、ゲームを易しく楽しめるようデザインされています。

ブランクには「ブレーディングX」が適用されており、上位グレードのロッドのようなシャープさを体感できるでしょう。

機種全長自重ジグ重量継数
69MB-S2.06m100g30-120g2本
69MHB-S2.06m104g40-150g2本
69HB-S2.06m109g45-200g2本
69XHB-S2.06m113g60-300g2本
69MHS-S2.06m110g20-65g2本

ダイワ「紅牙 AP」

出典:ダイワ

「紅牙AP(エアポータブル)」は、「紅牙X」のひとつ上位のグレードです。

ダイワ独自の高品質カーボン素材「HVFカーボン」や、どの方向に対しても均一に曲がるオリジナルのソリッドティップ「メガトップ」などが使われており、値段が高いぶん仕様も豪華。

実売2万円付近のロッドをお探しの方におすすめの製品です。

機種全長自重ジグ重量継数
N69MB-S AP2.06m95g30-120g2本
N69MHB-S AP2.06m97g40-150g2本
N69HB-S AP2.06m106g45-200g2本
N69XHB-S AP2.06m110g60-300g2本
K67HB-S AP2.01m106g40-120g2本
K67XHB-S AP2.01m110g60-150g2本
C69MHS-S AP2.06m103g20-65g2本
TJ65MH-S AP1.96m100g20-100g2本
TJ610H-S AP2.08m107g40-120g2本

シマノ「炎月BB」

出典:シマノ

「炎月BB」は、シマノのタイラバロッド「炎月」シリーズのなかで最もお手頃な入門グレードです。

握りやすくて釣行中に疲れづらい「Xシート デュアルガングリップ」や、独自のブランク強化機構「ハイパワーX」を携え、実釣性能は十分。

入門から上達まで、長く使い込める製品となっています。

機種全長自重キャスト
重量
バーチカル
重量
継数
B69ML-S/22.06m131g30~100g2本
B69M-S/22.06m141g40~150g2本
B69MH-S/22.06m147g45~200g2本
B69L-S2.06m128g20~80g2本
B69ML-S2.06m132g30~100g2本
B69M-S2.06m137g40~150g2本
B69MH-S2.06m148g45~200g2本
S610M2.08m116g20~70g20~100g2本

>シマノ「炎月BB」公式ページ

シマノ「炎月TT」

出典:シマノ

「炎月TT」は、「炎月BB」のひとつ上のグレード。ちょっぴり高級な入門ロッドといった位置付けの製品です。

ブランク強化機構「スパイラルX」が搭載され、パワーや操作性をアップ。

グリップは「炎月BB」と同じ「Xシート デュアルガングリップ」を採用しています。

新設グレードだけに存在感は薄めですが、コスパは上々です。

機種全長自重キャスト
重量
バーチカル
重量
継数
B69L-S2.06m123g20~80g2本
B69ML-S2.06m126g30~100g2本
B69M-S2.06m126g40~150g2本
B69MH-S2.06m132g45~200g2本
S610M2.08m117g20~70g20~100g2本

>シマノ「炎月TT」公式ページ

ジャッカル「ビンビンスティック RB」

「ビンビンスティック RB」は、ジャッカルのタイラバロッド「ビンビンスティック」シリーズのなかで、最も安価な入門グレード。

マーキングティップや多点ガイドなど、シリーズならではの仕様をしっかり適用し、ユーザビリティが高められています。

同時に、性能をなるべく落とすことなく、ほどよいコストカットが行われています。

性能とお値段のバランスに優れたエントリーロッドです。

機種全長自重ルアー重量継数
BSRB-C66XSUL1.98m117gMAX120g2本
BSRB-C66SUL1.98m117gMAX120g2本
BSRB-C66M1.98m120gMAX160g2本
BSRB-C69SUL2.05m119gDOTERA MAX 300g2本
BSRB-S66ML1.98m100gCAST MAX 80g2本

アブガルシア「オーシャンフィールド タイラバ」

「オーシャンフィールド タイラバ」は、アブガルシアのタイラバ入門機。

これからオフショアフィッシングに挑戦したい方向けに、必要十分な性能を実装し、できる限りプライスダウンした良コスパロッドです。

「オーシャンフィールド」シリーズからは専用リールも発売されており、ロッドと相性バッチリなコーディネートを決められるというのもステキポイント。

機種全長自重ルアー重量継数
OFTC-672LT-802.01m130g40-100g2本
OFTC-672MLT-1202.01m150g60-180g2本
OFTC-67ULT-602.01m139g40-100g1本
OFTC-69LS-802.06m147g60-120g1本
OFTS-66LT-601.98m127g20-80g1本
OFTC-692LS-802.06m130g60-120g2本

≫アブガルシア「オーシャンフィールド タイラバ」公式ページ

2万円台クラスのコスパ最強(安い)タイラバロッド

つづいては、2万円台クラスのおすすめロッドを紹介していきます。

一覧はコチラ↓。

  • シマノ「炎月SS」
  • メジャークラフト「レッドバック5G」
  • ジャッカル「ビンビンスティック VCM」
  • ジャッカル「ビンビンスティック HS」
  • がまかつ「ラグゼ 桜幻 鯛ラバーS」
  • アブガルシア「ソルティーステージ プロトタイプ タイラバ」
  • テイルウォーク「タイゲームSSD」
  • オリムピック「ヌーボパグロ」

シマノ「炎月SS」

出典:シマノ

「炎月SS」は、シマノ「炎月」シリーズの中堅グレード。

入門ロッドからのステップアップ用として人気が高いアイテムです。

フルソリッドモデルがラインナップされていることや、最上位グレードまで搭載されている「Xシート エクストリームガングリップ」が採用されていることなど、下位グレードの「炎月BB」や「炎月TT」に対して圧倒的な優位性を誇ります。

機種全長自重キャスト
重量
バーチカル
重量
継数
B610L-S/RIGHT2.08m144g20~80g2本
B610L-S/LEFT2.08m144g20~80g2本
B610ML-S/RIGHT2.08m145g30~100g2本
B610ML-S/LEFT2.08m145g30~100g2本
B610M-S/RIGHT2.08m148g40~150g2本
B610M-S/LEFT2.08m148g40~150g2本
B610MH-S/RIGHT2.08m150g45~200g2本
B610MH-S/LEFT2.08m150g45~200g2本
B66ML-S/RIGHT1.98m143g30~100g2本
B66ML-S/LEFT1.98m143g30~100g2本
B66M-S/RIGHT1.98m145g40~150g2本
B66M-S/LEFT1.98m145g40~150g2本
S66M1.98m115g20~70g20~100g2本
S72MH2.18m112g30~90g30~150g2本
B60ML-FS/RIGHT1.83m134g30~100g2本
B60ML-FS/LEFT1.83m134g30~100g2本
B63M-FS/RIGHT1.91m146g40~150g2本
B63M-FS/LEFT1.91m146g40~150g2本
B66MH-FS/RIGHT1.98m149g45~200g2本
B66MH-FS/LEFT1.98m149g45~200g2本

>シマノ「炎月SS」公式ページ

メジャークラフト「レッドバック5G」

「レッドバック5G」は、メジャークラフトの新機軸ロッド「5G」シリーズのタイラバロッドです。

実売2万円台ながらも、東レの先進カーボン素材「トレカT1100G」、ならびに新製法の「R360構造」を採用しているというのがセールスポイント。

コストパフォーマンスの高さに定評のあるメジャークラフト製ロッドのなかでも、特にコスパがバグっている製品です。

機種全長
(ft)
自重ルアー重量
(g)
継数
RB5-B610L/S6’10”MAX100
ドテラ150
1本
RB5-B610ML/S6’10”MAX160
ドテラ200
1本
RB5-B610M/S6’10”MAX200
ドテラ300
1本
RB5-S70M7’0″MAX120
キャスMAX100
1本

ジャッカル「ビンビンスティック VCM」

「ビンビンスティック VCM」は、ジャッカル「ビンビンスティック」シリーズの中堅グレード。

グラスコンポジットのブランクを特長とする、しなやかで食い込みが良い王道の乗せ調子ロッドです。

クセが少なく扱いやすいので、ジャッカルのタイラバロッドを初めてお試しになる方にもオススメ。

機種全長自重ルアー重量継数
BS-C511SUL-VCM1.80m128gMAX120g2本
BS-C69UL-VCM2.06m149gMAX160g2本
BS-C69ML-VCM2.06m142gMAX200g2本

ジャッカル「ビンビンスティック HS」

「ビンビンスティック HS」は、シャキッと張りのあるブランクでアングラー側から掛けにいける掛け調子ロッド。

製品名のHSが意味する

  • 高感度(High Sensitivity)
  • 積極的な掛け(Hook Set)

を武器に、アグレッシブなスタイルでの攻略を楽しめます。

価格帯は「ビンビンスティック VCM」と同じくらいで、コストパフォーマンスも上々です。

機種全長自重ルアー重量継数
BS-C66M-HS1.98m132gMAX200g2本
BS-C69L-HS2.06m123gMAX160g2本
BS-C76UL-HS2.29m125gMAX160g2本
BS-S69ML-HS2.06m111gMAX80g2本
BS-S65M-HS1.96m120gMAX100g2本

がまかつ「ラグゼ 桜幻 鯛ラバーS」

「ラグゼ 桜幻 鯛ラバーS」は、がまかつ「桜幻 鯛ラバー」シリーズのなかで最もリーズナブルなエントリー機です。

「桜幻」シリーズの強みである軽量性・感度を上位グレードから受け継ぎつつ、限界まで低価格化。

ハードルが高いというイメージがあるがまかつ製ロッドを、2万円台で入手できるのは魅力的です。

上位グレードの「桜幻 鯛ラバーR」や「桜幻 鯛ラバーXX」が気になっているけどお値段がね〜…。

という方のお試し用にもおすすめであります。

機種全長自重ルアー重量継数
B68UL-solid2.035m120g30-80g2本
B68L-solid2.035m125g40-100g2本
B68ML-solid2.035m130g60-150g2本
S67ML-solid2.01m100g30-150g2本
S64M-solid1.93m100g40-180g2本

≫がまかつ「ラグゼ 桜幻 鯛ラバーS」公式ページ

アブガルシア「ソルティーステージ プロトタイプ タイラバ」

「ソルティーステージ プロトタイプ タイラバ」は、2023年に発売されたアブガルシアの実力派スタンダードロッド。

独自製法の「TAF製法」が解禁されたことによりブランク性能が上がり、軽さ、パワー、感度、操作性のすべてがレベルアップしています。

実売2万円台クラスながらも、上位の価格帯のロッドに匹敵する性能を有します。

機種全長自重バーチカル重量ドテラ重量継数
XTRC-642ULS60-ST1.93m131g20-100gMax200g1本
XTRC-692LS802.057m137g40-160gMax270g1本
XTRC-702LT1002.134m144g60-180gMax300g1本
XTRC-762ULT80-ST2.286m142g30-120gMax240g1本

≫メジャークラフト「ソルティーステージ プロトタイプ タイラバ」公式ページ

テイルウォーク「タイゲームSSD」

「タイゲームSSD」は、テイルウォーク「タイゲーム」シリーズの入門グレード。

シリーズのこだわりであるフルソリッドブランクを特長とするロッドです。

釣果を伸ばすために重要な食い込み・乗せ性能を最大限に高め、バラシを減らし、おまけにファイトもしっかり楽しめます。

機種全長自重ルアー重量継数
C69UL/FSL6’9″130gMAX1202(B)
C69L/FSL
OSAKA RUBBER
6’9″143gMAX1402(B)
C69ML/FSL6’9″145gMAX1802(B)
C69M/FSL6’9″147gMAX2102(B)
C69MH/FSL6’9″150gMAX2402(B)
C69H/FSL6’9″155gMAX2802(B)
C61XXH/FSL6’9″150gMAX3002(B)
S65L/FSL6’5″122gMAX1802(B)
S70ML/FSL7’0″145gMAX2002(B)
※(B)はバットジョイント

≫テイルウォーク「タイゲームSSD」公式ページ

オリムピック「ヌーボ パグロ」

「ヌーボ パグロ」は、オリムピックのタイラバロッド「パグロ」シリーズのなかで最もお手頃なスタンダードグレード。

軽量かつパワフルなブランクを生み出す「G-MAPS製法」、竿元での粘り強さを生むカーボン組布「ライトウエイトグラファイトクロス」を採用する、オリムピック社らしい高品質ロッドに仕上がっています。

機種全長(m)重量(g)ジグ重量(g)継数(本)
GNPC-662M-HS1.98119MAX2002
GNPC-672M-S2.00116MAX1502
GNPC-692L-T2.06116MAX902
GNPC-692ML-S2.05114MAX1002
GNPC-6102L-S2.08112MAX802
GNPC-692UL-GS2.05112MAX602

≫オリムピック「ヌーボ パグロ」公式ページ

3万円台クラスのコスパ最強(安い)タイラバロッド

最後は3万円台クラスのおすすめロッドを紹介していきます。

ピックアップした製品はコチラ↓です。

  • ダイワ「23紅牙MX」
  • シマノ「炎月XR」
  • ジャッカル「ビンビンスティック エクストロ」
  • 天龍「レッドフリップ」
  • ヤマガブランクス「シーウォーク タイラバ」

ダイワ「23紅牙MX」

出典:ダイワ

「23紅牙MX」は、2023年にモデルチェンジされた紅牙シリーズの中堅機です。

金属ティップモデルのラインナップ、ブランク強化機構「X45」、オリジナルグリップの「エアセンサーシート」の搭載など、下位グレードに対する優位性は申し分なし。

また、先代モデルと比べて大幅な軽量化を遂げており、この点も大きな強みです。

機種全長(m)自重(g)ジグ重量(g)継数(本)
N610MHB-MT・W2.089240~1502
N69HB-MT・W2.069245~2002
N68XHB-MT・W2.039360~3002
N611MLB TG・W2.1110030~2002
N610MB TG・W2.0810340~2502
N69MHB TG・W2.0610760~3002
K65HB-MT・W1.969240~1202
K64XHB-MT・W1.939660~1502
D610HB TG・W2.0812860~3502
C62MHS-S・W1.889120~652
C65MS TG・W1.9610520~652
TJ610HS・W2.089940~1202

シマノ「炎月XR」

出典:シマノ

「炎月XR」は、シマノ「炎月」シリーズで上から3番目に位置する中堅グレードです。

ブランク強化機構には、ハイエンド帯の2製品(「炎月 エクスチューン」「炎月 リミテッド」)と同じ「スパイラルXコア」を採用。

フルソリッドモデルには「ハイパワーXフルソリッド」を採用するなど、中堅機とは思えない豪華仕様となっています。

下位グレードに対しては確固たる優位性があり、上位グレードに肉薄するセッティングということで、「炎月」シリーズのなかでもトップクラスのお得感を誇ります。

3万円台クラスのタイラバロッドのなかでも、特におすすめしたいアイテムです。

機種全長自重キャスト
重量
バーチカル
重量
継数
FS-B55ML/RIGHT1.65m131g30~100g2本
FS-B55ML/LEFT1.65m131g30~100g2本
FS-B66ML/RIGHT1.98m139g30~100g2本
FS-B66ML/LEFT1.98m139g30~100g2本
FS-B66M/RIGHT1.98m149g40~150g2本
FS-B66M/LEFT1.98m149g40~150g2本
FS-B68MH/RIGHT2.03m152g45~200g2本
FS-B68MH/LEFT2.03m152g45~200g2本
N-B63ML-S/RIGHT1.91m134g30~100g2本
N-B63ML-S/LEFT1.91m134g30~100g2本
N-B610ML-S/RIGHT2.08m136g30~100g2本
N-B610ML-S/LEFT2.08m136g30~100g2本
N-B610M-S/RIGHT2.08m138g40~150g2本
N-B610M-S/LEFT2.08m138g40~150g2本
N-B72MH-S/RIGHT2.18m143g45~200g2本
N-B72MH-S/LEFT2.18m143g45~200g2本
K-B66M-S/RIGHT1.98m134g40~150g2本
K-B66M-S/LEFT1.98m134g40~150g2本
C-S70M+2.13m107g20~100g20~120g2本

>シマノ「炎月XR」公式ページ

ヤマガブランクス「シーウォーク タイラバ」

「シーウォーク タイラバ」は、2023年に発売されたヤマガブランクス自慢のタイラバロッド。

リトリーブ時は十分な曲がりシロがあり、タイを掛けたら美しい弧を描いて曲がり込む、計算し尽くされたブランクが高い実釣力を生み出します。

AT(オートマチック)、D(ディープ)、S(センシティブ)、F(ファスト)の4タイプからシンプルに選べる4機種構成も「シーウォーク タイラバ」の持ち味。

ちょっとお高めではありますが、はじめてのタイラバロッドとしても十分に推せるアイテムです。

機種全長自重ルアー重量継数
70AT2.143m134g60-150g2本
611D2.125m179g100-250g2本
72S2.185m100g30-100g2本
60F1.853m100g60-120g2本

ジャッカル「ビンビンスティック エクストロ」

「ビンビンスティック エクストロ」は、ジャッカル「ビンビンスティック」シリーズのフルソリッドロッドです。

カーボンソリッドブランクの外側にカーボンシートを巻いて成形する独自製法「エクストロ構造」を採用。

抜群の食い込みでバイトを絡め取り、竿をぶち曲げてのファイトするフルソリッドならではのゲームを楽しみ尽くせます。

機種全長自重ルアー重量継数
BXS-C511UL1.80m121gMAX160g2本
BXS-S57SUL1.70m100gCAST MAX 60g2本
BXS-C511XSUL1.80m116gMAX120g2本
BXS-C69XSUL2.06m122gMAX120g2本
BXS-C69SUL2.06m133gDOTERA MAX 300g2本
BXS-C66M1.98m133gMAX160g2本
BXS-S69UL2.06m131gDOTERA MAX 160g2本
BXS-S66ML1.98m127gCAST MAX 127g2本

天龍「レッドフリップ」

出典:天龍

「レッドフリップ」は、天龍が送り出す自慢のタイラバロッド。

お家芸の「マグナフレックス製法」や「C・N・T(カーボンナノチューブ)素材」を存分に活用し、軽くて粘り強いブランクが作り上げられています。

西陣織模様のカーボンパイプが使われたリールシートなど、細部までこだわり抜かれたデザインもユーザーから好評です。

機種タイプ全長
(m)
自重
(g)
ルアー重量
(g)
継数
RF5101B-UL/VSNベイト1.7896Vertical 30-100 , Dotera MAX1501本
RF5101B-ML/VSKベイト1.78100Vertical 45-160 , Dotera MAX2001本
RF642B-L/VDNベイト1.93113Vertical 45-120 , Dotera MAX1802本
(O.S.H)
RF642B-M/VDKベイト1.93116Vertical 60-180 , Dotera MAX2502本
(O.S.H)
RF6102B-MH/DKベイト2.08129Vertical 60-200 , Dotera MAX3002本
(O.S.H)
RF672S-ML/CKスピニング2.00101Vertical 45-160 , Dotera MAX200 , Cast MAX752本
(O.S.H)
※O.S.Hは「オフセットハンドル」

ハイエンドのタイラバロッドについて

出典:ダイワ

タイラバロッドに4万円以上の予算を用意できる方は、ハイエンドロッドの購入を検討するのもアリです。

ハイエンドロッドは値が張りますが、それだけ高い性能を秘めています。

ちなみに、ハイエンドのおすすめタイラバロッドについては、以下の記事にまとめていますので、興味がある方は覗いてみてください。

コスパ最強のタイラバロッドまとめ

というわけで、コスパ最強のタイラバロッド紹介は以上です。

最後に、本記事で紹介したロッドを一覧にまとめておきます。

▽〜1万円台クラスのおすすめロッド

▽2万円台クラスのおすすめロッド

▽3万円台クラスのおすすめロッド

気になる製品が見つかった方は、情報を深掘りしつつ好みの1本を絞り込んでみてください。

タイラバ関連の人気記事はコチラ

他ジャンルのコスパ最強ロッドまとめ記事はコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次