ダイワから発売されているタイラバロッドを一挙にまとめてご紹介。

人気の「紅牙」シリーズから、タイラバモデルの5製品をピックアップしてみました。

入門機からハイエンドまで多彩なアイテムが揃っていますので、全タイラバアングラーにとって要チェックなメーカーです。

ダイワ製タイラバロッドの全体像

出典:ダイワ

まずは、本記事で紹介するダイワ製タイラバロッドの全体像をまとめておきます。

一覧はこちら↓です。

製品参考実売価格
紅牙X12,000円前後
紅牙 AP(エアポータブル)17,000円前後
紅牙MX AP(エアポータブル)30,000円前後
紅牙AIR42,000円前後
紅牙EX62,000円前後

実売1万円台クラスのリーズナブルな製品から、6万円超のハイエンドロッドまでがバシッと揃う、大手メーカーらしい陣容となっています。

ちなみにダイワ「紅牙」シリーズからは、上表の5製品以外にもタイジギングやテンヤに対応するアイテムも多数発売済み。

ただ、それらのアイテムまで紹介しちゃうとかなり長くなってしまうので、本記事ではタイラバ特化の5製品に的を絞って紹介していきます。

※2023年追加情報:「23紅牙MX」が発売決定!

ダイワのタイラバロッド選びにおける4つのポイント

出典:ダイワ

つづいては、ダイワ製タイラバロッドを選ぶ際のポイントを解説していきます。

ポイント①予算・用途

まず、誰もが検討すべきポイントは予算でしょう。

繰り返しになりますが、「紅牙」シリーズ各製品の参考実売価格は以下のとおり。

製品参考実売価格
紅牙X12,000円前後
紅牙 AP(エアポータブル)17,000円前後
紅牙MX AP(エアポータブル)30,000円前後
紅牙AIR42,000円前後
紅牙EX62,000円前後

全グレードをもう少しわかりやすく分類するなら

  • 入門機(~2万円クラス):紅牙X、紅牙AP
  • 中堅機(2~4万円クラス):紅牙MX AP、紅牙AIR
  • ハイエンド機:紅牙EX

といったところ。

まずは上記の3カテゴリのどこを狙うのか?を決めると、絞り込みやすいでしょう。

※2023年追加情報:「23紅牙MX」が発売決定!

ポイント②ダイワの独自素材・テクノロジーの搭載状況

グレード選びの際にもうひとつ外せないポイントといえば、ダイワ独自の素材・テクノロジーの搭載状況です。

2023年1月時点の仕様一覧はこんな感じ↓になっています。

※「紅牙MX AP」は、次世代モデルの「23紅牙MX」が発売予定。

ご自身が重要視するパーツにどんな素材・技術が使われているのかをチェックすれば、さらにグレードを絞り込みやすくなるでしょう。

ポイント③TG(スリルゲーム)モデルは「紅牙 MX AP」以上のグレードだけ

「紅牙」シリーズのなかでも根強い人気を誇るのがTG(スリルゲーム)モデル。

TG(スリルゲーム)モデルの特長は、フルソリッド仕様のしなやかブランクです。

食い込みが良く、バラシづらく、着底もわかりやすいという、タイラバロッドにとっては理想のチューニングとなっています。

人気のTGモデルがラインナップされているのは、「紅牙MX AP」以上のグレードのみ。

ダイワのフルソリッドタイラバロッドが欲しい方は、自動的に「紅牙MX AP」「紅牙AIR」「紅牙EX」の3択となります。

ポイント④電動タイラバなら「紅牙AIR」一択

他の特殊モデルとして挙げられるのは、電動タイラバモデル。

  • オートマチックな等速巻きが可能
  • 回収やファイトがラク
  • 疲れにくく、集中力が持続

などメリットが多い電動タイラバの専用ロッドがラインナップされているのは、「紅牙AIR」のみです。

快適かつ効率的にタイラバを楽しみたい方には、「紅牙AIR」の電動タイラバモデルをおすすめします。

ダイワのタイラバロッドを一気見!

出典:ダイワ

ここからはダイワのおすすめタイラバロッドをざざっと紹介していきます。

紅牙X

出典:ダイワ

「紅牙X」は実売1万円台から入手できる入門グレード。

食い込み重視のソリッドティップを搭載し、タイラバ初心者がつまづきがちな”乗せ”を易しくするセッティングに仕上げてあります。

しなやかなトップを支えるのは、独自技術の”ブレーディングX”が適用されたバット部。

良型のマダイを相手にしてもきっちり勝負できるパワーも実装されています。

「紅牙X」の機種ラインナップは↓のとおり。

機種全長自重ジグ重量継数
69MB-S2.06m100g30-120g2本
69MHB-S2.06m104g40-150g2本
69HB-S2.06m109g45-200g2本
69XHB-S2.06m113g60-300g2本
69MHS-S2.06m110g20-65g2本

>ダイワ「紅牙X」公式ページ

紅牙 AP(エアポータブル)

出典:ダイワ

「紅牙 AP(エアポータブル)」は、ややお高めな入門グレード。

”HVFカーボン”や”メガトップ”など、「紅牙X」には見られない素材・技術が使われています。

機種数も「紅牙X」よりもずいぶん多彩です。

基本の乗せモデルだけでなく、テクニカルな攻めに適した掛けモデルも選ぶことができます。

機種全長自重ジグ重量継数
N69MB-S AP2.06m95g30-120g2本
N69MHB-S AP2.06m97g40-150g2本
N69HB-S AP2.06m106g45-200g2本
N69XHB-S AP2.06m110g60-300g2本
K67HB-S AP2.01m106g40-120g2本
K67XHB-S AP2.01m110g60-150g2本
C69MHS-S AP2.06m103g20-65g2本
TJ65MH-S AP1.96m100g20-100g2本
TJ610H-S AP2.08m107g40-120g2本

>ダイワ「紅牙 エアポータブル」公式ページ

紅牙 MX AP(エアポータブル)

出典:ダイワ

「紅牙MX AP(エアポータブル)」は、シリーズのスタンダード機です。

ひとつ前に紹介した「紅牙 AP」と比べると、ダイワの独自テクノロジーもさらに充実。

  • HVFカーボン
  • X45
  • Vジョイント
  • エアセンサーシート

などが採用され、感度や強度、軽さがさらにアップします。

フルソリッド仕様のTG(スリルゲーム)モデルもラインナップされており、機種のバリエーションも豊富。

入門ロッドからステップアップしたい中級者さんだけでなく、高コスパなサブロッドをお求めの上級者さんにもおすすめのアイテムです。

機種全長自重ジグ重量継数
N69MHB-METAL AP2.06m105g30-80g2本
N69HB-METAL AP2.06m105g40-100g2本
N70XHB-METAL AP2.13m110g60-150g2本
N70XXHB-METAL AP2.13m112g80-200g2本
N72HB-METAL AP2.18m110g40-100g2本
K67HB-METAL AP2.01m105g40-120g2本
K67XHB-METAL AP2.01m110g60-150g2本
C69MHS-S AP2.06m115g20-65g2本
N69MLB TG AP2.06m110g20-120g2本
N63MB TG AP1.91m110g20-150g2本
N69MB TG AP2.06m115g20-150g2本
N63MHB TG AP1.91m115g40-180g2本
C63MHS TG AP1.91m125g20-65g2本

>ダイワ「紅牙MX エアポータブル」公式ページ

※2023年追加情報:「23紅牙MX」が発売決定!

紅牙AIR

出典:ダイワ

「紅牙 AIR」は軽量・高感度を持ち味とするハイスタンダード機。

スタンダード機の「紅牙MX AP」よりも素材・技術のグレードが上がり、ハイエンドに迫る性能を有します。

「紅牙」シリーズで唯一、電動タイラバ専用モデルがラインナップされているというのも、「紅牙AIR」ならではの特徴。

機種の引き出しが多いというのは、最上位の「紅牙EX」にはない魅力といえるでしょう。

機種全長自重ジグ重量継数
N69MHB-MT・N2.06m95g40-150g2本
N69HB-MT・N2.06m95g45-200g2本
N69XHB-MT・N2.06m100g60-300g2本
N510MB TG・N1.78m92g40-250g2本
N610MB TG・N2.08m100g40-250g2本
N610MHB TG・N2.08m105g60-300g2本
K65HB-MT・N1.96m95g40-120g2本
K65XHB-MT・N1.96m100g60-150g2本
D68MHB TG・N2.03m122g60-300g2本
D70HB TG・N2.13m130g60-350g2本
C74MHS-MT・N2.24m95g20-65g2本
C610MS TG・N2.08m105g20-65g2本

>ダイワ「紅牙 AIR」公式ページ

紅牙EX

出典:ダイワ

「紅牙EX」は、最高の素材と製法を用いて造られた堂々たる最高峰グレードです。

高級カーボン素材の”SVFナノプラス”や、”SMT(スーパーメタルトップ)”など、「紅牙AIR」以下のグレードには非搭載の機構も多数。

最高の感度とともに、緻密なタイラバゲームを楽しむことが可能です。

全4モデル展開と機種の選択肢は少ないものの、それだけ1本1本が細かく作り込まれています。

潤沢な予算があり、一切の制約なしに最強のタイラバロッドをGETしたい方におすすめの製品です。

機種全長自重ジグ重量継数
N65LB TG1.96m90g20-200g2本
N611MLB TG2.11m110g30-200g2本
N68HB-SMT2.03m100g45-200g2本
K64HB-SMT1.93m104g40-120g2本

>ダイワ「紅牙EX」公式ページはコチラ

ダイワのおすすめタイラバロッドまとめ

というわけで、ダイワのタイラバロッド紹介は以上です。

最後に、この記事で紹介したアイテムをおさらいしておきましょう。

製品参考実売価格
紅牙X12,000円前後
紅牙 AP(エアポータブル)17,000円前後
紅牙MX AP(エアポータブル)30,000円前後
紅牙AIR42,000円前後
紅牙EX62,000円前後

気になるアイテムが見つかった方は、情報をフカボリしてみてください。

※2023年追加情報:「23紅牙MX」が発売決定!

この記事で紹介したアイテム

ダイワ関連の人気記事はコチラ