2022年12月、ダイワ社から気になる新製品が発売されます。

それがコチラ↓です。

「DA-2022(フィッシングリストバンド)」という、手首用サポーター。

ただのサポーターではなく、釣具メーカーが作った、釣り専用の手首用サポーターなのです。

これは気になりますね〜。

1

釣りにおけるリスト(手首)の重要性たるや…

末長く釣りを楽しむために、体は大事にしたいもの。

とりわけリスト(手首)は重要な部位です。

リストに不安があると、思ったようなキャストや操作ができません。

その他、ファイトやランディングなど、各局面で苦しむことに…。

短期間で完治するケガならいいですが、長期的な不安は抱えたくありませんよね。

釣り人の手首を守る「DA-2022(フィッシングリストバンド)」

出典:ダイワ

そこで、厄介なリストのケガを防止するために活用したいアイテムが「DA-2022(フィッシングリストバンド)」です。

手首を軽く圧迫して動きを制限することで、ケガや消耗を防いでくれるというスグレモノ。

基本的には予防目的で装着してくほうが好ましいと思いますが、すでに抱えている痛みをごまかしつつ(これ以上の悪化を防ぎつつ)釣りを楽しむという使い方もできます。

「DA-2022(フィッシングリストバンド)」の装着方法

使い方は簡単で、バンドを手首に巻いて軽く圧迫する程度までベルトを締めるだけ。

もちろん右手首にも左手首にも装着可能です。

出典:ダイワ
出典:ダイワ

上画像のように、パッド(生地が厚い部分)が小指側にくるようにするのが正しい装着方法となります。

ここだけはお間違いのないよう注意です。

締まりすぎを防ぐ2つの工夫

出典:ダイワ

手首を外側から支える圧迫部には厚めのクッションが配置されており、柔らかな付け心地になるよう配慮されています。

また、非伸縮素材を使うことでも、患部の締まりすぎを防止。

確かに、ストレッチ素材のサポーターって、よく伸びるもんだからギュインギュインに締めちゃいますもんね。

あえて伸びない素材を使うことで、ナチュラルに患部を圧迫できるようになっているってのは好印象です。

幅20mmのコンパクト設計

ベルト幅は20mmとなっており、非常にコンパクトで邪魔になりません。

手首の動きを制限はするけど、釣りの動作には支障をきたさない。

これぐらいのバランスで作ってあります。

アクセサリー感覚でつけられる軽やかなデザイン

なんならアクセサリーに見えるぐらいの軽やかな見た目もイイ感じ。

どんな場面でも気軽に使えますね。

(仰々しい見た目の手首サポーターをつけて、ライトゲームとかってなると、なんとなく恥ずかしい気もしますからね。「小魚釣るのにそんなゴツいサポーターつけてんのかよ。」って思われそうで…w。)

サイズフリーだけど、手首周囲径は事前確認を

出典:ダイワ

「DA-2022(フィッシングリストバンド)」はフリーサイズ設計。

手首をぐるっと一周する長さで、15~20cmに対応します。

手首周囲径について軽くググってみますと、

  • 成人男性の平均は17cm程度
  • 成人女性の平均は15cm程度

とのこと。

手首が細いと自負している男性アングラー、ならびに女性アングラーはちょっと要注意かもしれません。

購入する前に、自身の手首周囲径をメジャーで測ってみることをおすすめします。

サポーターのたぐいは、ゆるゆるだと役目を果たしませんので…!

「買ったけどゆっっっる…。」

ってなことにならないよう、くれぐれもご注意を。

柔軟剤はNGっす。柔軟剤入り洗剤にも注意したい。

あと、お手入れについても、ひとつ注意すべきことがあります。

「DA-2022(フィッシングリストバンド)」を洗う際は

中性洗剤で手洗い→陰干し

をしてくれ、と公式ページに記載されています。

柔軟剤を使用すると面ファスナーの接着力が弱くなる恐れがあるそうです。

洗うときに柔軟剤を使わないのはもちろん、柔軟剤入りの洗剤を使わないってところにも気をつけたいですね。

1

「DA-2022(フィッシングリストバンド)」は全3色展開

「DA-2022(フィッシングリストバンド)」のカラーは

  • ブラック
  • カーキ
  • オレンジ

の3色展開となっています。

よく使うウエアの色に合うカラーを選びたいですね。

お値段は3,100円(定価)で、やや割高感あり

「DA-2022(フィッシングリストバンド)」のお値段は定価で3,100円。

「手首のサポーターに3000円か…。」と、少しためらってしまうお値段です。

ちなみに、スポーツ用の手首サポーターは、有名メーカー品のちょっと立派なやつでも1,500円。

そこと比べちゃうと、割高感は否めません。

とはいえ、「DA-2022(フィッシングリストバンド)」は、ダイワが釣り専用にどうぞと太鼓判を押すアイテムです。

釣り用サポーターとして大安心して使えるってのは、他にはない強みといえそう。

まあ、割高っちゃ割高ですが、バカみたいに高額というわけでもないですし、今後の釣りライフを楽しむための小さな投資と思って買ってみるのも良いと思います。

釣り用の手首サポーターはシマノ社からも発売済み

余談ですが、釣り用の手首サポーターはシマノ社からも発売されています。

それがコチラ↓です。

出典:シマノ

こちらは「DA-2022(フィッシングリストバンド)」と比べると、より頑丈なつくり。

親指までまとめて固定する設計となっています。

動きはそこそこ制限さますが、ガッチリ固定したいという方にはこちらのほうが好都合でしょう。

手首への負担が重いショアジギング、ジギングなんかを楽しむ方は、シマノの「リストサポートグローブ」のほうが安心かもしれません。

こちらもお値段は3000円ぐらいで、「DA-2022(フィッシングリストバンド)」と同水準です。

手首の釣り用サポーターをお探しの方は、自身の用途に合うほうをチョイスすると良いでしょう。

1

釣り専用っていったけど、釣り以外でも使えますぞい。

「DA-2022(フィッシングリストバンド)」は釣り用の手首サポーターなわけですが、釣り以外では使えないってことはありません。

コンパクトでつけていて邪魔にならないにならない設計ですし、普段づかいするのもぜんぜんアリ。

釣りを楽しむためにも、人生を謳歌するためにも、手首のバクダンを大きくしないよう気をつけていかないとですね。

この記事で紹介したアイテム

便利グッズ関連の人気記事はコチラ

ダイワ関連の人気記事はコチラ