シマノのエギング専用リール「セフィアBB」がモデルチェンジ。

本記事では、先代モデルに非搭載の機構がモリモリ搭載され、性能が大幅強化された「22セフィアBB」を大特集。

高コスパなエギング用リールをお探しの方は必見です。

シマノ「22セフィアBB」が登場!

出典:シマノ

「セフィアBB」はシマノから発売されているエギング用リールです。

安価ながらも性能もしっかりしていると評判で、エギングの入門用リールとして人気を博しています。

そんな「セフィアBB」が2022年にモデルチェンジ。

新たな仕様に生まれ変わり、注目を集めています。

「22セフィアBB」の価格と発売日

「22セフィアBB」の発売は2022年10月予定。

定価は18,500~20,600円、実売価格は13,000円前後となっています。

一部店舗ではすでに予約受付が始まっていすので、発売と同時に使い込みたい方は、早めに予約を入れておきましょう。

ロッド版「22セフィアBB」も発売

出典:シマノ

ちなみに、ロッド版の「22セフィアBB」は2022年8月に発売済み。

最新スペックに生まれ変わったエギング入門ロッドとして、注目を集めています。

本記事で特集するリール版「22セフィアBB」との相性も抜群。

入門タックルを「セフィア」ブランドで統一したい方は、ロッド版「22セフィアBB」についてもチェックしてみてください。

シマノ「22セフィアBB」の仕様

「22セフィアBB」は、技術仕様がかなりエエ感じになっています。

搭載されている主要テクノロジーはコチラ↓。

  • HAGANEギア
  • マイクロモジュールギアⅡ
  • Xシップ
  • サイレントドライブ
  • Xプロテクト
  • Gフリーボディー
  • AR-C スプール
  • ロングストロークスプール
  • CI4+
  • ラピッドファイアドラグ
  • S A-RB
  • ワンピースベール

1万円ちょっとで入手できるリールとは思えない、豪華セッティングとなっています。

汎用スピニングでいうなら「21アルテグラ」と同格ですね。

各テクノロジーの詳細については、すべて語っていると長くなっちゃうので、ここでは割愛します。

詳しく知りたい方は、「22セフィアBB」の公式ページをチェックしてみてください。

「22セフィアBB」を旧モデルと比較すると…

「22セフィアBB」は先代機の「18セフィアBB」と比べて、仕様がめちゃめちゃ豪華になっています。

公式ページには旧モデルとの比較表も掲載されており、それがコチラ↓です。

出典:シマノ

上図によると、NEWモデルの「22セフィアBB」で新たに搭載されているテクノロジーは、以下の5つです。

  • マイクロモジュールギアⅡ
  • サイレントドライブ
  • ロングストロークスプール
  • Xプロテクト
  • CI4+

巻きや飛距離、トラブルレス性能、防水性まで、性能が全体的に上がっています。

おまけに自重も10gほど軽くなっているってのも素敵です。

もはや先代モデルとは完全に別物のリールに仕上がっています。

ラピッドファイアドラグ

出典:シマノ

「22セフィアBB」には、セフィアシリーズのリールで好評の”ラピッドファイアドラグ”もしっかり搭載。

”ラピッドファイアドラグ”の仕組みについては、公式ページでは↓のように解説されています。

ドラグノブの回転数に対するドラグ力の変化が大きく、ストラクチャー周りで魚を止めたいとき、足元で急に突っ込まれたときなど、瞬時にドラグ調整をしたいシチュエーションで非常に有効な機能です。

出典:シマノ
出典:シマノ

エギングでは、ジャークに適したドラグ設定、ファイトに適したドラグ設定が異なることが少なくありません。

ファイト中でもスピーディーにドラグの効き具合を変更できる”ラピッドファイアドラグ”は、エギングとの相性が抜群です。

この”ラピッドファイアドラグ”は、「22セフィアBB」と汎用スピニングリールの違いを生む注目の機構。

エギングにマッチするドラグを重要視したい場合は、「21アルテグラ」や「22ミラベル」よりも、「22セフィアBB」の優先度が高くなるでしょう。

「22セフィアBB」の機種ラインナップ

「22セフィアBB」には全4機種がラインナップされており、スペックの一覧は↓のとおり。

機種ギア比自重糸巻量ベアリング
BB/ローラー
C3000S5.3225gPE0.6号
200m
5/1
C3000SHG6.0225gPE0.6号
200m
5/1
C3000SDH5.3235gPE0.6号
200m
5/1
C3000SDHHG6.0235gPE0.6号
200m
5/1

シングルハンドルが2機種、ダブルハンドルが2機種という組み合わせとなっています。

シングルハンドルモデル

出典:シマノ

「22セフィアBB」のシングルハンドルモデルは、”C3000S”と”C3000SHG”の2機種。

軽さ重視で機種を選びたい方は、シングルハンドルで決まりです。

↓ノーマルギアモデル↓

↓ハイギアモデル↓

ダブルハンドルモデル

出典:シマノ

「22セフィアBB」のダブルハンドルモデルは、”C3000SDH”と”C3000SDDHG”の2機種。

ハンドルノブが2つあるので、リールから目を放していてもノブを見つけやすいという利点があります。

ただ逆に言えば、ダブルハンドルには、ノブを見つけやすい以外のメリットがほぼありません。

基本的にはより軽いシングルハンドルモデルを選んでおいた方が無難です。

↓ノーマルギアモデル↓

↓ハイギアモデル↓

「22セフィアBB」の代案となりうるシマノ製リールは?

出典:シマノ

シマノ社からは「22セフィアBB」以外にも、優秀なリールがたくさん発売されています。

てことで、近い価格帯の有力リールも一応ピックアップしてみました。

他の選択肢と比較検討しながらエギング用リールを選びたいという方は、↓あたりをチェックしてみると良いでしょう。

製品参考実売価格
21セフィアXR2万円台~
20ヴァンフォード2万円台~
21アルテグラ1万円台~
22ミラベル1万円台~
21ナスキー8,000円台~
22サハラ6,000円台~

今作の「22セフィアBB」も仕上がってる~!

先代には非搭載のテクノロジーが多く採用され、大幅強化された「22セフィアBB」。

1万円台前半でこの仕様のリールが手に入るなんて、本当に良い時代ですよね~。(テクノロジーの進歩に感謝。)

買って大損をこくことはないと思われますので、気になる方はGETしてみてください。

「22セフィアBB」の機種一覧

機種ギア比自重糸巻量ベアリング
BB/ローラー
C3000S5.3225gPE0.6号
200m
5/1
C3000SHG6.0225gPE0.6号
200m
5/1
C3000SDH5.3235gPE0.6号
200m
5/1
C3000SDHHG6.0235gPE0.6号
200m
5/1

シマノ「セフィア」関連の人気記事はコチラ

エギング関連の人気記事はコチラ