テイルウォークから発売されているサーフロッド(ヒラメロッド)を総まとめにしてご紹介。

専用ロッドは「SSD サーフラット」の1製品のみですが、その周辺の汎用・他ジャンルロッドが豊富です。

サーフロッドをお探しの方、はたまたソルトの何でもロッドをお探しの方は要チェック!

テイルウォーク製サーフロッド(ヒラメロッド)の全体像

はじめに、本記事で紹介するテイルウォーク製品の一覧をまとめておきます。

一覧がコチラ↓。

製品最適ジャンル実売価格
SSD サーフラットサーフ(ヒラメ)2万円前後
ハイタイド TZシーバス4万円前後
ハイタイド SSDシーバス2万円前後
クリムゾン汎用2万円前後
アウトバック汎用2万円前後
アウトバック ビヨンド汎用2.5万円前後
ライズシューター SSDショアジギング
LSJ
2.5万円前後
ビーキャスⅡ汎用2万円前後

見てのとおり、サーフ専用ロッドは「SSD サーフラット」の1製品のみとなっていますが、サーフで使える汎用or他ジャンルロッドが豊富です。

対応できる魚種やフィールドが多彩な、テイルウォークらしいアイテムが揃っています。

というわけなので、この後の流れとしては

  • サーフ専用ロッドの「SSD サーフラット」
  • サーフに流用しやすい汎用or他ジャンルロッド

の順に、注目製品をドサッとまとめていきます。

テイルウォークのサーフ専用ロッド「SSD サーフラット」

「SSD サーフラット」は、テイルウォーク製品で唯一無二のサーフ専用ロッド。

”扱いやすさ”と”実戦スペック”を合言葉に、コスパを高めたスタンダードロッドです。

操作やフッキングのレスポンスが高いファーストテーパー仕様を特長とし、シャープな使用感を楽しめます。

「SSD サーフラット」は以下の2機種構成。

機種全長(ft)自重ルアー重量継数
98M9’8″169gMAX42g2本
106M+10’6″215gMAX60g2本

操作性重視でモデルを選びたい方は、サーフロッドとしてはやや短めな”98M”(↓)がGood!

パワー・遠投性重視でモデルを選びたい方は、重めのルアーも背負える定番レングス”106M+”(↓)がおすすめです。

>テイルウォーク「SSD サーフラット」の公式ページはコチラ

サーフの釣りに流用しやすいおすすめの汎用or他ジャンルロッドまとめ

つづいては、サーフの釣りに流用しやすい汎用or他ジャンルロッドを紹介していきます。

おすすめの汎用or他ジャンルロッド①「ハイタイド」シリーズ

「ハイタイド」は、テイルウォークのシーバスロッドシリーズ。

一番の得意ジャンルはもちろんシーバスなのですが、サーフロッドとレングスやパワー感が近く、サーフの釣りに流用しやすいです。

シーバス釣りが主、サーフの釣りが副、という方には「ハイタイド」シリーズがイチオシ。

「ハイタイド」シリーズは

  • ハイタイド TZ(実売3万円台)
  • ハイタイド SSD(実売2万円前後)

の2グレード展開となっています。

サーフジャンルとの兼用を考えるなら、10フィート前後かつM周辺のパワークラスが吉。

両グレードのおすすめモデルは以下のとおりです。

-「ハイタイドTZ」のサーフ推奨機種-

機種全長自重ルアー重量
S96ML2.90m155g9-30g
S103M3.12m185g12-35g
S98MH2.95m230g14-50g
S110MH3.30m245g14-50g

-「ハイタイドSSD」のサーフ推奨機種-

機種全長自重ルアー重量継数
96M2.90m155g10-42g2本
106M3.20m170g10-42g2本

おすすめの汎用or他ジャンルロッド②「クリムゾン」

「クリムゾン」は、2022年に発売されたテイルウォークの汎用ルアーロッド。

最も汎用性が高く様々な釣りに使えるブランクス

出典:テイルウォーク

というコンセプトのとおり、あえて対象魚種を限定せず、多彩な釣りを楽しめるようバランスを取った万能チューンが魅力です。

超バーサタイルロッドということで、サーフに適性のあるモデルもしっかりラインナップ済。

サーフ(ヒラメ)の釣りにおすすめの機種一覧は以下のとおりです。

機種全長
(ft.in)
自重ルアー重量継数
S95ML-R9.5137gmax35g2本
S98M-R9.8144gmax42g2本

>テイルウォーク「クリムゾン」の公式ページはコチラ

おすすめの汎用or他ジャンルロッド③「アウトバック」シリーズ

テイルウォーク自慢のモバイルロッドシリーズ「アウトバック」も、サーフロッドとして有力な選択肢となります。

「アウトバック」シリーズは旅行や遠征を想定した設計となっており、仕舞寸が非常にコンパクト。

どんな場所にも気軽に連れていけるというのが素敵ポイントです。

同シリーズは

の2アイテムに分かれています。

両製品のなかでサーフと相性が良いモデルの一覧は↓のとおり。

-「アウトバック」のサーフ推奨機種-

機種全長自重ルアー重量継数
NS886L2.64m130gMAX28g6本
NS866ML2.59m160gMAX30g6本

>テイルウォーク「アウトバック」の公式ページはコチラ

-「アウトバック ビヨンド」のサーフ推奨機種-

機種全長自重ルアー重量継数
S8107ML2.69m130gmax 28g7本

>テイルウォーク「アウトバック ビヨンド」の公式ページはコチラ

おすすめの汎用or他ジャンルロッド④「ライズシューターSSD」

「ライズシューター SSD」はテイルウォークのショアジギングロッド。

一般的なサーフロッド(ヒラメロッド)と比べるとかなり強めのモデルが中心となっていますが、飛距離やパワー面ではとても頼りになります。

ヒラメを中心に狙いつつ、ナブラが立ったら青物狙い!的な感じで、状況に応じてターゲットを変えるなんて芸当もしやすいですし。

ショアジギが主、サーフが副というスタンスで釣りを楽しみたい方は、竿を「ライズシューター SSD」1本にまとめちゃうのもアリです。

てことで、サーフとショアジギの兼用におすすめな機種はコチラ↓。

機種全長
(ft.in)
自重ジグ重量プラグ重量継数
S96ML9.6212gmax50gmax40g2本
S100M10.0255gmax60gmax45g2本
S96MH9.6268gmax80gmax65g2本
S100MH10.0274gmax80gmax65g2本
S100M-P310.0238gmax60gmax45g3本
S100MH-P310.0248gmax80gmax65g3本

>テイルウォーク「ライズシューター SSD」の公式ページはコチラ

おすすめの汎用or他ジャンルロッド⑤「ビーキャスⅡ」

ちょっと変わりダネなロッドをお求めの方には、「ビーキャスⅡ」がおすすめ。

サーフでもじわじわと人気が高まっているベイトキャスティングゲームを楽しむためのアイテムです。

「ビーキャスⅡ」の機種ラインナップは、ミドル~パワー系モデルが中心となっており、サーフで使いやすい機種も複数あります。

てことで、サーフの釣りにおすすめなモデルはコチラ↓です。

機種全長(ft)自重ルアー重量継数
96M9’6″177gMAX40g2本
88MH8’8″190gMAX50g2本
106MH10’6″245gMAX50g2本

>テイルウォーク「ビーキャスⅡ」の公式ページはコチラ

サーフ(ヒラメ)ジャンルでテイルウォークと競合する有力メーカー

ちなみに、サーフ(ヒラメ)ジャンルでテイルウォークと競合する有力メーカーの一覧はコチラ↓。

メーカー注目製品
ダイワオーバーゼア(サーフ・堤防モデル)
オーバーゼア グランデ(サーフモデル)
シマノネッサBB
ネッサXR
メジャークラフトフラットレック5G
ゼスタランウェイSRF
タップで詳細ページへ

テイルウォーク製品にこだわらない方は、他メーカーのアイテムもチェックしてみてください。

汎用ロッドも魅力的なテイルウォーク製ロッド

というわけで、テイルウォークのサーフロッド(ヒラメロッド)特集は以上です。

専用の「SSD サーフラット」に加え、周辺を固める汎用・他ジャンルロッドがどっさり揃っていましたね。

サーフロッドはもちろん、ソルトの何でもロッドをお探しの方にも推したいメーカーとなっています。

気になるアイテムが見つかった方は、本メディアも活用しつつ、情報をフカボリしてみてください。

この記事で紹介したアイテム

製品最適ジャンル実売価格
SSD サーフラットサーフ(ヒラメ)2万円前後
ハイタイド TZシーバス4万円前後
ハイタイド SSDシーバス2万円前後
クリムゾン汎用2万円前後
アウトバック汎用2万円前後
アウトバック ビヨンド汎用2.5万円前後
ライズシューター SSDショアジギング
LSJ
2.5万円前後
ビーキャスⅡ汎用2万円前後

ライバルメーカーのサーフロッド特集記事はコチラ

メーカー注目製品
ダイワオーバーゼア(サーフ・堤防モデル)
オーバーゼア グランデ(サーフモデル)
シマノネッサBB
ネッサXR
メジャークラフトフラットレック5G
ゼスタランウェイSRF
タップで詳細ページへ

サーフ・ショアジギ関連の人気記事はコチラ

テイルウォーク関連の人気記事はコチラ