2021年春に発売されたテイルウォークのシーバスロッド「ハイタイドSSD」をご紹介。

最新のシーバスシーンに合わせたチューニングを施しつつ、1万円台後半まで価格を抑えた超高コスパなスタンダード機となっています。

入門やステップアップはもちろん、ガチ勢のサブ機にもおすすめですよ〜!

テイルウォーク「ハイタイドSSD」の特長

はじめにテイルウォーク製シーバスロッドの全容をざっくり確認しておきましょう。

製品の一覧は↓のとおりです。

製品参考実売価格
ハイタイドTZ40,000円前後
★ハイタイドSSD20,000円前後

テイルウォークは汎用ロッドも多く発売しているので、厳密に言えばシーバスフィッシングに対応するロッドはもっとたくさんあります。

ただ、それら全てを含めだすと話がゴチャゴチャしてくるので、ここではシーバス専用ロッドである「ハイタイド」シリーズのみを取り上げることにしました。

本記事で紹介する「ハイタイドSSD」は入門・スタンダードクラスの製品。

1万円台後半を主戦場としながら、上位グレードに肉薄する性能をもつ高コスパロッドとなっています。

というわけで、仕様をチェックしていきましょう。

現代シーバスにフィットする張りとしなやかさ

「ハイタイドSSD」が目指したのは、成熟期のシーバスシーンでしっかり戦えるロッド。

そのためにブランクスの見直しを行い、現代のシーバスフィッシングにフィットするよう設計されています。

鍵となるのは張りとしなやかさの共存。

  • キャスト・操作時に感じられる適度な張り
  • バイトをはじかない追随性
  • 掛けた魚をバラさない曲がり込みと粘り

上記の要素がバランスよく溶け込むオリジナルブランクスが1番の強みです。

軽さ・ロッドバランスの良さにも注目!

他社の競合ロッドと比べても見劣りしない軽量性も「ハイタイドSSD」の持ち味。

最軽量モデルは120g、最重量モデルでも163gという水準まで軽量化されています。

繊細さが要求されるシチュエーションが増えた現代シーバスシーンでも、十分に戦えるスペックに仕上がっていますね。

ただ軽いだけでなく、ロッドバランスも良いという点も見逃せません。

持ち軽さ・振り軽さにもこだわってあるので、スペック以上の軽さ・快適性を感じられるでしょう。

操作性が高いこだわりのグリップ

「ハイタイドSSD」のリールシートは、シーバスだけでなくエギングやライトゲームでも人気のVSSシートを採用しています。

アップロック式となっており、ロッドを倒した状態での操作がしやすいセッティング。

巻きが基本のシーバスフィッシングとの相性は抜群です。

リアグリップはしっかり握り込んで両手キャストができるロング仕様。

中央部に緩いクビレがあるってのも、こだわりポイントです。

握るとき、脇にあてがうときのフィット感がアップするので、キャスト、アクション、ファイトの安定感向上に貢献してくれます。

適材適所のガイドセッティング

ガイドは機種や部位に応じて最適なものをチョイス。

ティップ部は通常よりも口径を大きくすることで糸抜けが良くなり、飛距離アップが見込めるセッティングです。

太めのラインとの相性も良く、ランカーや青物とのファイトにも対応。

バットガイドは、機種によってシングルフットとダブルフットが使い分けられています。

バーサタイル系モデル(86ML/90ML/90M/96M/106M)には、シングルフットを採用。軽さと違和感のない曲がりが追求されています。

パワー系モデル(83MH/90MH)にはダブルフットを採用。重さのあるルアー・獲物に耐える安心感がありますね。

テイルウォーク「ハイタイドSSD」の機種ラインナップ

「ハイタイドSSD」には全8機種がラインナップされており、スペックの一覧は↓のとおり。

機種全長自重ルアー重量継数
711L+/SL2.41m120g5-24g2本
86ML2.59m120g7-35g2本
90ML2.74m135g7-35g2本
90M2.74m140g10-42g2本
96M2.90m155g10-42g2本
106M3.20m170g10-42g2本
83MH2.51m145g15-50g2本
90MH2.74m160g15-50g2本

ソリッドティップモデル

シリーズ唯一のソリッドティップモデルが”711L+/SL”。

追従性の高いティップは、ルアーにかかる負荷の変化をしっかり手元に伝えてくれます。

巻きと止めをどちらも使いつつ、緩めのテンションで誘いたい方におすすめです。

チューブラー×MLパワーモデル

チューブラーティップのMLパワーモデルは、86ML、90MLの2機種がラインナップ。

両モデルともに、小場所でのゲームが多くなる湾奥エリアに適したセッティングとなっています。

  • 取り回しを重視し、よりテクニカルな攻めを追求したい方には86ML
  • 遠投性と取り回しのバランスが良い万能モデルが好みの方には90ML

がおすすめです。

チューブラー×Mパワーモデル

チューブラーティップのMパワーモデルには、90M、96M、106Mの3機種がラインナップ。

MLパワーの両機種よりも重めのルアーを背負えるので、サーチ範囲が広がります。

レングスも9.0~10.6ftまで幅があり、攻めたいフィールドに合わせたチョイスが可能です。

ストラクチャーが点在する小場所では、取り回しの良いショートモデル”90M”

大規模な河川やオープンな河口域で活躍するロングキャストモデル”96M”

磯やサーフなど、飛距離が釣果のカギを握るポイントで有効な最長モデル”106M”

チューブラー×MHパワーモデル

チューブラーティップのMHパワーモデルには、83MH、90MHの2機種をラインナップ。

大型プラグやメタル系ルアーもバシッと遠投できる強靭なパワーが特徴です。

シーバスだけでなく、ライトショアジギングやフラットフィッシュとの相性もGood!

ジャンルを横断する汎用性もMHパワーの持ち味です。

関連記事