メジャークラフトの中堅シーバスロッド「エヌワン シーバス」をご紹介。

2万円クラスながらも、ブランクスにナノアロイ適用カーボンが使われている高コスパロッドとなっています。

高品質かつ、なるべくリーズナブルなシーバスロッドをお探しの方は必見です!

メジャークラフト「エヌワン シーバス」の特長

出典:メジャークラフト

まずはメジャクラ製シーバスロッドの全体像をさらっとチェックしておきましょう。

製品の一覧は↓のとおり。

製品参考実売価格
トルザー シーバス40,000円前後
クロスライド シーバス25,000円前後
★エヌワン シーバス20,000円前後
トリプルクロス シーバス15,000円前後
クロステージ シーバス11,000円前後
ソルパラ シーバス9,000円前後
ファーストキャスト シーバス7,000円前後

本記事で紹介する「エヌワン シーバス」は中堅クラスのアイテム。

本格的なシーバスフィッシングを楽しめて、お値段もバカ高くはないという絶妙にうれしい価格帯です。

てことで、詳しい仕様をチェックしていきましょう。

ナノアロイ適用カーボンを採用

「エヌワン シーバス」の売りは、東レのナノアロイテクノロジー適用のカーボン素材を使っていること。

カーボン繊維同士をつなぐ樹脂が非常〜に細かくなっており、カーボンの良さを限界まで引き出してくれます。

細身で軽くても、しっかり粘れる強さがあるという理想的なブランクスを仕上げるキーテクノロジーです。

クロスフォース製法で強度アップ

メジャークラフトの独自製法である”クロスフォース”を駆使して強度が底上げされているってのも注目ポイントです。

縦横方向のメインシートの外側から、斜め方向にカーボンテープを巻きつけることで、強度(特にネジレ耐性)がアップ。

縦横無尽に走り回るシーバスの動きに耐え、粘り強く寄せていくことができます。

糸絡みの少ないKRコンセプトガイド

ガイドはKRコンセプトを採用し、厄介な糸絡みをほぼ無効化。ライントラブルを気にせず、釣りに集中することができます。

アップロック式のVSSシートを採用

リールシートはアップロック式のVSSシートを採用。

ロッドを倒した状態での操作性が高く、巻きの釣りがメインとなるシーバスフィッシングに最適です。

EVA部分に指をあてがうことができるので、感度伝達効率も高め。バイトや地形変化をしっかりと察知しながらアプローチできます。

メジャークラフト「エヌワン シーバス」の機種ラインナップ

「エヌワン シーバス」には全7機種がラインナップされています。

スペックの一覧は↓のとおり。

機種ティップ全長自重ルアー重量
NSS-902Lチューブラー2.74m非公表7-23g
NSS-862MLチューブラー2.59m非公表10-30g
NSS-902MLチューブラー2.74m非公表10-30g
NSS-962MLチューブラー2.90m非公表10-30g
NSS-962Mチューブラー2.90m非公表15-42g
NSS-1002Mチューブラー3.05m非公表15-42g
NSS-892STソリッド2.67m非公表3-15g
  • チューブラーティップ×Lパワーモデル
  • チューブラーティップ×MLパワーモデル
  • チューブラーティップ×Mパワーモデル
  • ソリッドティップモデル

ぐらいの4グループにカテゴリ分けすると、好みのモデルを選びやすくなるでしょう。

チューブラーティップ×Lパワーモデル

軽量ルアーの操作に秀でたフィネスモデル。港湾部の小場所ランガンなどで重宝します。

正確なキャストと細かい操作が要求されるシチュエーションに最適です。

チューブラーティップ×MLパワーモデル

多彩なルアーに対応する万能モデルです。Lパワーほどではないものの、軽量ルアーの使用感もまずまず。

あらゆる局面での使いやすさを求めるなら、MLパワーが良いでしょう。

チューブラーティップ×Mパワーモデル

メタルバイブやメタルジグなど、重量のあるルアーと相性が良いのがMパワー。

ファイト時のパワーも優秀なので、ランカーシーバス狙いの際にもおすすめです。

ソリッドティップモデル

「エヌワン」には、シーバスロッドとしては珍しいソリッドティップモデルもラインナップ。

食わせ性能に優れ、バイトを嫌いづらいのが1番の強みです。

柔らかいティップは負荷の変化に対する反応も繊細。流れを感じながらのドリフトアプローチとも好相性です。

関連記事