メジャークラフトの中堅シーバスロッド「トリプルクロス シーバス」をご紹介。

1万円台の低価格ながらも、4軸カーボンやクロスフォース製法、SiCリングを搭載する超高コスパロッドとなっています。

しっかり使い込める低価格ロッドをお探しの方は必見です。

メジャークラフト「トリプルクロス シーバス」の特長

まずはメジャクラ製シーバスロッドの全容をサラッと紹介しておきます。

製品のラインナップは↓のとおり。

製品参考実売価格
トルザー シーバス40,000円前後
クロスライド シーバス25,000円前後
エヌワン シーバス20,000円前後
★トリプルクロス シーバス15,000円前後
クロステージ シーバス11,000円前後
ソルパラ シーバス9,000円前後
ファーストキャスト シーバス7,000円前後

この記事で紹介する「トリプルクロス シーバス」は、中堅クラスに位置するアイテムです。

中堅機とはいえ、低価格帯アイテムがメインのメジャクラ製ですから、お値段は1万円台半ば。

手頃なお値段なので、入門用ロッドとしても人気です。

というわけで、仕様を詳しくチェックしていきましょう!

強度・感度十分なオリジナルブランクス

「トリプルクロス シーバス」の一番の売りはブランクス。

中〜高弾性カーボンを取り入れながら、高感度に仕上げてあります。

4軸カーボンやクロスフォース製法を用いることで、強度面も申し分なし。

パワーが不可欠なシーバスフィッシングも快適に楽しめます。

シーバスにも悠々と対応する高性能ガイド

ガイドにはSiC-Sリングを採用。軽量・高感度で糸抜けも良く、ラインへのダメージも少ない万能リングです。

フレームはステンレス製のKシリーズとなっています。糸が絡みかけても自然に解ける設計なので、ガイドのトラブルを未然に防ぐことが可能。

余計なストレスなく釣りに没頭できます。

操作性の高いグリップ設計

リールシートは、シーバスロッドでも定番のVSSシートを搭載。

スリムで手にしっくりフィットし、キャストや操作精度アップに貢献します。

セパレートタイプながらも、リアグリップは長めの設計。

力を込めるべきタイミングでは両手でしっかり握り込めるってのも良いですね。

メジャークラフト「トリプルクロス シーバス」の機種ラインナップ

「トリプルクロス シーバス」は全7機種構成となっており、スペックの一覧は↓のとおり。

機種全長自重ルアー重量継数
TCX-892L2.67m非公表7-23g2本
TCX-862ML2.59m非公表10-30g2本
TCX-902ML2.79m非公表10-30g2本
TCX-962ML2.90m非公表10-30g2本
TCX-962M2.90m非公表15-42g2本
TCX-1002M3.05m非公表15-42g2本
TCX-1062M3.20m非公表15-42g2本

Lパワーモデル

小型プラグやワームを主として、繊細なアプローチを展開したい方はLパワーモデルがおすすめ。

軽量ルアーの存在感を感じながら、ルアーを細かく操作できます。

MLパワーモデル

多彩な攻め手をもつ万能クラスがお好みの方にはMLパワー各種がおすすめ。

その場その場に応じたルアーを使い分けながら、バリエーションに富んだゲームを楽しめます。

Mパワーモデル

重ためのルアーをぶち投げて、良型のキャッチを目指す方にはMパワーモデルがピッタリ。

圧倒的な飛距離で広大なオープンエリアを攻め尽くすことができるでしょう。

10ft超の2モデルは磯ヒラゲームとの相性もGoodです。

関連記事