テイルウォークのチニングロッドを総まとめにして紹介します。

テイルウォークにはチニング専用ロッドこそラインナップされていませんが、チニングに適したロッドの選択肢は豊富です。

チニングを含む多彩な釣りに使えるマルチなロッドをお探しの方は本記事をお役立てください。

テイルウォーク製チニングロッドの全体像

前述のとおり、テイルウォークにはチニング専用のロッド製品は今のところ存在しません。

しかしながら、汎用ルアーロッドの品揃えが豊富なので、チニングに対応する機種は多いです。

チニングに対応する機種が含まれるロッド製品の一覧は↓のとおり。

製品実売価格
アジストSSD20,000円前後
アジストTZ25,000円前後
ベイミクスSSD18,000円前後
SSDメバリング20,000円前後
SSDマイクロゲーマー16,000円前後
ライトゲーマーTZ35,000円前後

テイルウォークのチニングロッドを一気見!

てことで、これからテイルウォークのチニング対応ロッドを一気見していきましょう。

各製品から1モデルずつ注目機種もピックアップしています。

テイルウォークのチニングロッド①アジスト SSD

「アジストSSD」はエントリーグレードのアジングロッドです。

上位機である「アジストTZ」と同等クラスのブランクスを採用しており、コスパの高さに定評があります。

高品質なブランクスを採用するかわりに、

  • ガイドのグレードダウン
  • 装飾の簡素化

といったところで、適度にコストカット。

本格派の性能を実装しつつ、2万円前後まで価格が抑えられています。

チニングに適応するモデルは以下の2機種。

機種ティップ全長自重ルアー重量
76ソリッド2.29m77gMAX8g
710ソリッド2.39m80gMAX8g

注目機種は「アジストSSD 76」。

created by Rinker
全長:2.29m / 自重:77g / ルアー重量:MAX8g / 継数:2本

アジ向けのロッドなのでリグキャパ的にはやや心許ないですが、5g前後のジグを用いた基本的なチニングには対応します。

負荷に追随するソリッドティップが入っており、リグの前方移動を抑えつつネチネチ誘えるのが強みです。

テイルウォークのチニングロッド②アジスト TZ

出典:テイルウォーク

「アジストTZ」はテイルウォークでは中堅グレードに位置するアジングロッドです。

ブランクスには高弾性カーボンを用い、振動の響きが良いパリッとした仕上がり。水中から豊富な情報を集めることができます。

テイルウォークらしいメタリック&レーシーなデザインも注目ポイント。妖艶なギラつきが男心をくすぐります。

「アジストTZ」はフィネスモデルが中心となっており、チニングと相性が良いのは「73」の1機種のみです。

全長ティップ自重ルアー重量継数
2.21mチューブラー85gMAX10g2本

「アジストTZ 73」はMAX10gのリグを背負えるシリーズ最長モデル。

反響感度の高いチューブラーティップが入っており、アタリや地形変化を察知しやすいという利点があります。

テイルウォークのチニングロッド③ベイミクス SSD

「ベイミクスSSD」は港湾部に顔を出す身近なターゲットと遊ぶためのロッド製品。

小型プラグや軽中量級のメタルジグを想定しているのが特徴です。

なので、これまで紹介したアジングロッドの2シリーズよりはパワー型に振ったチューニングとなっています。

繊細さは多少犠牲になりますが、アクションのキレやファイトの安定性は抜群です。

全5機種のうち、チニングに適性があるのはLクラス・MLクラスの3機種でしょう。

機種全長自重ルアー重量
S69L2.06m85g3.5-21g
S69ML2.06m88g5-24g
S72ML2.18m90g5-28g

注目機種は「ベイミクスSSD S69L」。

取り回しとキャスト精度に優れるショートレングスなので、ピンポイントを狙い打つことができます。

リグキャパについても3.5〜21gということで、チニングにドンピシャです。

テイルウォークのチニングロッド④SSD メバリング

「SSD メバリング」はエントリークラスのメバリングロッド。

巻きでの乗せやすさを意識したメバリング的チューンが採用されており、バイトを弾きづらい乗せ調子となっています。

プラグを使った釣りとの相性も良いので、夏場のトップチニングにもおすすめです。

グリップは小型ながらもホールド性が高いIPSシートを採用。EVA部分が広いので、手汗をかいても滑りづらいです。

全3機種中、チニングに適しているのはパワー型の2機種。

機種全長自重ルアー重量
76UL+2.29m82gMAX8g
80L+2.44m92gMAX10g

注目機種は「80L+」。

created by Rinker
全長:2.44m / 自重:92g / ルアー重量:MAX10g / 継数:2本

ちょい長めの8.0ftを採用したセミロングモデル。

取り回しを損なわず、キャスト飛距離もたっぷり稼げる絶妙なレングス感となっています。

テイルウォークのチニングロッド⑤SSD マイクロゲーマー

「SSD マイクロゲーマー」は小型・中型のターゲットと遊ぶための汎用ルアーロッド。

あえてメインターゲットを絞らず、総合的なバランスを重視した設計を特徴とします。

「チニングもしたいし、アジングもメバリングも楽しみたい!できれば竿1本で!」って方にぴったりのアイテムです。

全4機種のうち、チニングへの適性があるのは↓の3機種でしょう。

機種全長自重ルアー重量
S64UL1.93m85gMAX12g
S70UL2.13m90gMAX16g
S76UL2.29m95gMAX18g

注目機種は「SSD マイクロゲーマー S64UL」。

created by Rinker
全長:1.93m / 自重:85g / ルアー重量:MAX12g / 継数:2本

この記事で紹介するチニング対応ロッドの中でもダントツに短い6.4ftモデルです。

飛距離は犠牲になりますが、キャスト精度と取り回しの良さが強力な武器になります。

近〜中距離に狙いを絞って、テンポよくランガンしたい方におすすめです。

テイルウォークのチニングロッド⑥ライトゲーマー TZ

「ライトゲーマー TZ」は汎用ライトゲームロッドの上位グレード。

ショアから狙える小〜中型魚にあらかた対応する万能モデルが揃います。

上位機だけに、トルザイトリング等の高級素材がロッドの至るところに惜しみなく投入されています。

感度や使用感は上級者でも納得の仕上がりです。

「ライトゲーマー TZ」は全3機種がチニングに対応可。スペックの一覧は↓のとおりです。

機種全長自重ルアー重量
S66UL1.98m83gMAX9g
S77L2.31m85gMAX15g
S88ML2.64m135gMAX28g

注目機種は「ライトゲーマーTZ 88ML」。

created by Rinker
全長:2.64m / 自重:135g / ルアー重量:MAX28g / 継数:2本

圧倒的なキャスト飛距離を叩き出せる8.8ftのロングモデルです。

重たいリグを遥か遠くまでぶっ飛ばし、広範囲を探ることができます。

エギングやシーバスなんかにも流用でき、チニング以外にもマルチな活躍を期待できるでしょう。

テイルウォーク製ロッドでチニングを楽しもう!

というわけで、テイルウォークのチニングロッド紹介は以上です。

専用ロッドこそラインナップされていませんが、魚種限定を解除した多彩なロッドシリーズが揃っていましたね。

チニング以外の釣りにも柔軟に対応するモデルが多く、1本持っておくと何かと便利です。

ピンとくる1本が見つかった方は、GETしてみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介したアイテム

created by Rinker
全長:2.29m / 自重:77g / ルアー重量:MAX8g / 継数:2本
created by Rinker
全長:2.44m / 自重:92g / ルアー重量:MAX10g / 継数:2本
created by Rinker
全長:1.93m / 自重:85g / ルアー重量:MAX12g / 継数:2本
created by Rinker
全長:2.64m / 自重:135g / ルアー重量:MAX28g / 継数:2本

関連記事