シマノのライトゲーム専用リール「22ソアレBB」をご紹介。

先代機にはないテクノロジーも多く搭載され、性能がもりっと増強されています。

コスパの高いライトゲーム用リールをお探しの方は要チェックです。

シマノ「22ソアレBB」が登場

出典:シマノ

シマノ「Soare(ソアレ)」ブランドのライトゲーム用リール「ソアレBB」がモデルチェンジ。

最新仕様となってシーンに解き放たれます。

先代モデルである「18ソアレBB」から約4年ぶりのリニューアルということで、多数のテクノロジーが新搭載され、コスパは爆上がり。

低価格かつ本格的なライトゲーム用リールとして、先代をしのぐ人気リールになりそうな雰囲気が漂っています。

「22ソアレBB」の価格と発売日

「22ソアレBB」の発売は2022年12月予定。

定価は17,500〜18,000円となっており、先代からほぼ据え置かれた形です。

実売価格は13,000円前後で、一部店舗ではすでに予約受付も始まっています。

逃したくない機種が見つかった方は、早いタイミングで確保しておきましょう。

上位グレード「21ソアレXR」も発売済み

出典:シマノ

ちなみに、「22ソアレBB」の直属の上位リールとなる「ソアレXR」は2021年に発売済み。

お値段は2万円台後半まで跳ね上がりますが、そのぶん「22ソアレBB」よりも圧倒的に軽いです。

予算に余裕がある方は、こちらもチェックしてみてください。

シマノ「22ソアレBB」は汎用リールと何が違う?

この記事をのぞいてくださった方のなかには、

ソアレのリールって、他の汎用スピニングとどう違うの?

と疑問に思っている人もいるかもしれません。

そんなわけで、ここからは「22ソアレBB」がライトゲーム特化たる所以を解説していきます。

”ライトゲーム”特化のカギとなる機構は

  • ハイレスポンスドラグ
  • パワーギア

の2つです。

ハイレスポンスドラグ

出典:シマノ

まずはハイレスポンスドラグ。

魚が走るスピードに合わせて、ドラグの滑り具合が自動で調整される高性能ドラグです。

ファイト中のライン切れを防ぎ、釣果アップに貢献してくれます。

細糸を使うメリットが大きいライトゲームには、うってつけのドラグです。

パワーギアモデル

もうひとつの違いは、パワーギアモデルの存在。

「22ソアレBB」では、汎用スピニングリールにはラインナップされていないパワーギアモデルが充実しています。

パワーギアモデルでは、ハンドル1回転で巻き取るラインの量が少なくなるよう設定されています。

より繊細なルアー操作を得意とし、軽量リグを中心に攻めるライトゲームとの相性は抜群です。

シマノ「22ソアレBB」には重要テクノロジーも盛り盛り

出典:シマノ

「22ソアレBB」には、リールの基本性能を向上させるシマノ社の独自テクノロジーもたっぷり搭載されています。

ひとつひとつ解説していると長くなってしまうので、概要だけザクっとまとめておきますね。

てことで、一覧がコチラ↓。

テクノロジー主な恩恵
HAGANEギアギアの耐久性、巻き心地の良さアップ
マイクロモジュールギアⅡ ※ギアの耐久性、巻き心地の良さアップ
Xシップ ※ギアの耐久性、巻き心地の良さアップ
サイレントドライブ ※巻き心地の良さ、巻き感度アップ
Xプロテクト高い防水性、リールの劣化防止
Gフリーボディー重心バランスの向上、操作性アップ
AR-Cスプールライントラブルの抑制、遠投性アップ
ロングストロークスプール ※遠投性アップ
CI4+ ※ボディーの軽量化、耐久性アップ
S A-RB巻き性能の低下抑制
ワンピースベールライントラブルの抑制
【注】※つきの機構は500SPGには非搭載

仕様的には、「21アルテグラ」とあらかた同水準となっています。

「22ソアレBB」は2000番クラスで自重185g(※予定値)となっており、重さも「21アルテグラ」とだいたい同じぐらいです。

なので簡単にいえば、「22ソアレBB」は「21アルテグラ」のライトゲーム特化版とも言い換えることができます。

シマノ「22ソアレBB」の機種ラインナップ

出典:シマノ

「22ソアレBB」には全3機種がラインナップされており、現状でわかっているスペックは↓のとおりです。

機種ギア比自重糸巻量ベアリング数
BB/ローラー
500SPG未定PE0.3号
140m
4/1
C2000SSPG未定PE0.6号
140m
5/1
C2000SSHG未定PE0.6号
140m
5/1

22ソアレBB C2000SSPG

ギア比自重糸巻量ベアリング数
BB/ローラー
未定PE0.3号
140m
4/1

軽量リグの繊細な操作を想定した、C2000クラスのパワーギアモデル。

ジグ単でのアジング、メバリングにマッチします。

最低限の糸フケ回収とレンジ調整をしながら、リグをじわ〜っと漂わせるドリフト系の釣りとは特に好相性。

スローでフィネスな近距離戦を楽しみたい方のための1台です。

22ソアレBB C2000SSHG

ギア比自重糸巻量ベアリング数
BB/ローラー
未定PE0.6号
140m
5/1

C2000クラスのハイギアモデル。

メバルプラッキングやフロート等の遠投リグに合わせたいセッティングです。

広範囲を手返し良く、サクサク探りたい方に合う1台となっています。

22ソアレBB 500SPG

ギア比自重糸巻量ベアリング数
BB/ローラー
未定PE0.6号
140m
5/1

軽量ジグ単での近距離戦に特化した超小型番手。

ジグ単アジンガーからの支持が厚いアイテムとなっており、先代の「18ソアレBB」においても人気が高かった番手です。

お値段のわりに軽量なので、軽さを重視してリールを選びたい方にとっては、魅力的な1台となるでしょう。

ただ、500SPGには、「マイクロモジュールギアⅡ」や「サイレントドライブ」、「Xシップ」など、2000番クラスには乗っている主要テクノロジーが非搭載というデメリットもあります。

他番手と比べて基本性能がだいぶ低めという点は、あらかじめ理解しておきましょう。

「22ソアレBB」とあわせてチェックしたいリール

出典:シマノ

シマノからは「22ソアレBB」の他にも、多くのスピニングリールが発売されています。

別の選択肢もチェックしたいという方は、↓あたりのリールをチェックしてみると良いでしょう。

製品参考実売価格
21ソアレXR2万円台〜
20ヴァンフォード2万円台〜
21アルテグラ1万円台〜
22ミラベル1万円台〜
21ナスキー8,000円台〜
22サハラ6,000円台〜

さらに高コスパに!「22ソアレBB」がええ感じ。

ライトゲーム特化のハイコスパリール「22ソアレBB」の紹介は以上です。

今作では、先代モデルに非搭載のテクノロジーも多く採用され、性能にだいぶ磨きがかかっている模様。

低価格帯リールのなかでも、特に見逃せないアイテムとなっています。

ライトゲーム用リールの新調を検討されている方は、ぜひ注目してみてください。

「22ソアレBB」の機種一覧

機種ギア比自重糸巻量ベアリング数
BB/ローラー
500SPG未定PE0.3号
140m
4/1
C2000SSPG未定PE0.6号
140m
5/1
C2000SSHG未定PE0.6号
140m
5/1

シマノ「ソアレ」関連の人気記事はこちら

スピニングリール関連の人気記事はこちら