2021年にモデルチェンジされたシマノ製リール「21アルテグラ」は買いなのか?アジング目線で考察していきます。

競合する有力リールとの比較も交えていますので、予算1万円台のリールをお探しの方は、ぜひお役立てください。

いろいろと話題のシマノ「21アルテグラ」

シマノ社の人気リール「アルテグラ」が2021年にモデルチェンジされ、いろいろと話題になっています。

一番のサプライズは、「21アルテグラ」に搭載されているテクノロジーです。

  • 18ステラと同じ”マイクロモジュールギアⅡ”
  • シマノ社の上位リールでおなじみの”サイレントドライブ”

を筆頭に、高等技術のオンパレード。

ひとつ上位のリール「19ストラディック」をオワコンに追い込むほどの超絶コスパなのです。

「21アルテグラ」でアジングと好相性のモデルは?

そんな「21アルテグラ」の中で、アジングと相性が良いのは↓の2モデルです。

  • C2000S
  • C2000SHG

21アルテグラ C2000S

ギア比自重(g)ラインキャパ
(PE 号-m)
ベアリング数
(BB/ローラー)
5.11850.6-1505/1

アジングでは定番のノーマルギアモデル。繊細なリグ操作を得意とし、ジグ単とは特に好相性です。

21アルテグラ C2000SHG

ギア比自重(g)ラインキャパ
(PE 号-m)
ベアリング数
(BB/ローラー)
6.11850.6-1505/1

メタルジグや遠投リグといった重ための仕掛けと相性が良いハイギアモデルです。

「21アルテグラ」を競合リールと比較!

出典:シマノ

ここからは「21アルテグラ」と競合するアジングリールを比較していきます。

基準はもちろん”自重”。筆者がアジング用リール選びで最重要と考える項目です。

「21アルテグラ」とライバル関係になる1万円台リールを一覧にして比較するとコチラ↓。

リール自重実売価格
18ソアレBB 500S160g13,000円前後
21カルディア FC LT2000S175g18,000円前後
19ストラディック C2000S185g19,000円前後
21フリームス FC LT2000S185g13,000円前後
21アルテグラ C2000S185g13,000円前後
18月下美人MX LT2000S-P190g15,000円前後
20月下美人X LT2000S-P200g11,000円前後
18ソアレBB C2000SSPG200g13,000円前後

総合力の高い「21アルテグラ」

まずは「21アルテグラ」について。自重(185g)に関しては、お値段なりといったところでしょう。

ただ、本記事の冒頭でも紹介した仕様をはじめ、リールとしての総合力・コスパは競合リールの中でもトップクラス。

買って後悔することはない安パイリールといえるでしょう。

1番のライバルは「21フリームス」

「21アルテグラ」がお値段的にバチバチ競合するのが、ダイワの「21フリームス」です。

個人的には情報解禁時のインパクトは「21アルテグラ」の方が強いと感じました。

…が、「21フリームス」の実力もかなりのもの。

重さは「21アルテグラ」と変わらないので、あとはデザイン等のお好みでってことになりますね。

予算をちょっと頑張るなら「21カルディア」

1万円台後半まで予算を頑張れるなら、「21カルディア」がおすすめです。

自重も「21アルテグラ」「21フリームス」より10g程度軽いですし、ジグ単に特化した「1000S」モデルもラインナップされています。

とにかく軽いジグ単リールなら「18ソアレBB 500S」

1万円台でとにかく軽いリールを選ぶなら「18ソアレBB 500S」という選択肢もアリです。

  • ラインキャパ的にジグ単以外はムリ
  • 実質ハイギアなので巻きは重め
  • 防水機構などテクノロジー面は競合より劣る

といったマイナスポイントはあれど、1万円台で160gという軽さは他を寄せつけません。

「21アルテグラ」はアジング用リールとしても当然アリだ。

というわけで、”21アルテグラ考察(アジングVer.)”は以上です。

完全に上位リール「19ストラディック」を蹴落としている「21アルテグラ」の良さは、アジングでも活きること間違いなし!

見事なコスパに仕上がっているので、ぜひゲットしてみてください。

この記事で紹介したおすすめアイテム

関連記事