シマノ社のライトゲーム向けブランドである「Soare(ソアレ)」のリールを総まとめにして紹介します。記事後半では買いなモデルをぶっちゃけつつ、他のリールとの比較もしてみました。新しいライトゲーム用リールをお探しの方は必見です。

「Soare(ソアレ)」ブランドのリールは全2シリーズ

シマノのライトゲームブランド「Soare(ソアレ)」からは↓の2シリーズのリールが発売されています。

シリーズ実売価格
Soare(ソアレ)BB12,000円前後
Soare(ソアレ)CI4+24,000円前後

ブランドカラーの「オレンジ」が映えるリッチなデザインが特徴です。もちろん、ライトゲームを楽しむための十分な性能も備わっています。

てなわけで、ここからは「Soare(ソアレ)」ブランドのリールを一気見していきましょう。

Soare(ソアレ)BB 500S / C2000SSPG / C2000SSHG

出典:シマノ

まずは入門モデルの「Soare(ソアレ)BB」から。1万円台で手に入る高コスパリールです。入門用でも高性能なリールが欲しいって方から人気があります。

機種ラインナップは↓の3種類です。

機種ギア比自重ベアリング数
BB/ローラー
500S5.6160g4/1
C2000SSPG4.3200g5/1
C2000SSHG6200g5/1

Soare(ソアレ)BB 500S

ラインナップの中で最もコンパクトで軽いモデル。

定番の1000番や2000番クラスよりも小さめのボティーとスプールを採用しているとはいえ、1万円台のリールで自重160gはかなり驚異的な数字です。ジグ単に特化した軽量コスパリールが欲しい方はコイツを選びましょう。

Soare(ソアレ)BB C2000SSPG

超浅溝(SSスプール)の2000番リール。ライトゲームで使うのにちょうど良いラインキャパに仕上げてあるので、下巻き等の余計な手間が発生しません。

ハンドル1回転当たりのライン巻き取り量が少ないパワーギアタイプなので、巻き主体でライトゲームを楽しみたい方からも人気です。スローな攻めにもしっかり対応するフィネスモデルとなっています。

Soare(ソアレ)BB C2000SSHG

ラインの回収効率が良いハイギアタイプ。大きくて力強いアクションを軸に攻めたい方にピッタリです。多めに出た糸フケを瞬時に回収してアタリを待つことができます。

Soare(ソアレ)CI4+ 500S / C2000SSPG / 2000SHG

出典:シマノ

続いては「ソアレCI4+」。中上級者も納得の軽量・高性能モデルです。

20ルビアス」や「20ヴァンフォード」といった同価格帯の猛者が登場した今ではメインで使う人は減ってきていますが、まだまだ現役で活躍します。

機種ラインナップは↓の3種類。

機種ギア比自重ベアリング数
BB/ローラー
500S5.6140g8/1
C2000SSPG4.3160g9/1
2000SHG6.0180g9/1

Soare(ソアレ)CI4+ 500S

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥23,943(2020/12/05 07:25:12時点 Amazon調べ-詳細)

「ソアレCI4+」の中で最も小さなモデル。自重140gは、現役のライトゲーム用リールを見渡しても最軽量クラスです。(詳細は後述)

  • 巻きが重め
  • ローターが旧型
  • X-SHIPとコアプロテクトが非搭載

といった見劣りポイントはあるものの、ぶっ飛んだ軽さは魅力的ですし、頼もしい戦力になってくれるのは間違いありません。

ディスられる機会も多いリールなんですが、筆者個人的にはかなり推しなアイテム。めちゃめちゃ愛用しています。

Soare(ソアレ)CI4+ C2000SSPG

コンパクトボディー仕様の超浅溝2000番モデル。パワーギア仕様で巻きが軽いので、リトリーブ中に潮のヨレや違和感系アタリを察知することも得意とします。ジグ単でスローな攻めを展開したいときにおすすめです。

Soare(ソアレ)CI4+ 2000SHG

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥24,474(2020/12/05 07:25:13時点 Amazon調べ-詳細)

重厚感があり、重ためのリグを使った激しいアクションにも対応する2000番リール。遠投リグやメタルジグに合わせたいモデルです。

Soare(ソアレ)リールは500番クラスに注目!

出典:Amazon

ここまで紹介した6機種は、Soare(ソアレ)ブランドのリールなので、どのモデルも性能は素晴らしいです。ただ、あえて買いなモデルを挙げるとすれば500番クラスの2機種だと思っています。

  • ソアレBB 500S(160g)
  • ソアレCI4+ 500S(140g)

理由は同価格帯の競合リールと比較して”軽い”から!これに尽きます。てことで、他の有力リールと重量を比較していきましょう。

※ちなみに、500番クラスは超小型番手なので用途はもちろん「ジグ単専用」。これから先の内容は「ジグ単専用の軽いリールを選ぶなら?」という点が前提となります。

1万円台以下の有力リールと「ソアレBB 500S」を比較

出典:シマノ

ソアレBBが競合する1万円台以下の有力リール(※ジグ単用)の自重を一覧にすると↓。

リール自重実売価格
★18ソアレBB 500S160g12,000円前後
18カルディア LT 1000S-P170g18,000円前後
18レガリス LT 1000S185g8,000円前後
18月下美人MX LT 1000S-P190g15,000円前後
20月下美人X195g11,000円前後

Soare(ソアレ)BBが余裕のよっちゃんでトップを独走しています。160gは2万円台~の中堅リールのアベレージですもんね。

2万円台以上の有力リールと「ソアレCI4+ 500S」を比較

出典:シマノ

ソアレCI4+が競合する2万円台以上のリール(※ジグ単用)と比較すると↓のとおりです。

リール自重実売価格
★17ソアレCI4+ 500S140g24,000円前後
19ヴァンキッシュ 1000SSSPG145g45,000円前後
18イグジスト FC LT 1000S-P150g68,000円前後
20ルビアス FC LT 2000S150g27,000円前後
20ヴァンフォード C2000S150g25,000円前後

「17ソアレCI4+ 500S」はハイエンドを含めても最軽量。巻きの軽さや防水性能など、総合力は他のリールに及ばないにしても140gの軽さはすごいです。(筆者のような自重至上主義の軽量リール厨にはピッタリですわ。)

※リトリーブ(巻き)主体の攻めには向きません

ちなみに、筆者がリールの軽さにこだわるのはリフト&フォール系アジンガーだから。ロッドワーク主体でリグを操作するので、巻きの性能にこだわる必要がない人種なんです。

逆に、巻き(リトリーブ)を主体で攻める方にとっては、リールの軽さよりも巻きの軽さ・滑らかさが重要になる場面が多くなります。「滑らかではあるが、巻きが重い」という性質を持つ500番クラスの両機種はしっくりこない可能性が高いです。

500番クラスの2機種を推すにあたって、この点だけは補足しておきます。

Soare(ソアレ)のリールでライトゲームを楽しもう!

というわけで、Soare(ソアレ)ブランドのリール紹介は以上です。

人気と信頼のシマノ社・Soare(ソアレ)ブランドのリールなので、基本的に性能は間違いありません。買った後に大後悔ってことはまずないと思っていいです。

競合リールを軽さで圧倒するシマノらしい尖った機種(500番クラス)には特に注目。ぜひゲットしてみてください。

他の”Soare(ソアレ)”アイテムにも注目!

出典:LURE X

Soare(ソアレ)ブランドからはリール以外にも多彩な製品が発売されています。時間がある方は他のアイテムもチェックしてみてください。

関連記事>>>シマノ社「Soare(ソアレ)」のアジング用アイテムを総まとめにしてご紹介!

最新の釣り情報は「釣りビジョンVOD」でゲットしよう!

タックルや実釣テクニックに関する最新情報をゲットするなら「釣りビジョンVOD」を活用するのがおすすめです。常時5000本の動画が見放題になっているので、欲しい情報が効率よく集まりますよ。

>>>「釣りビジョンVOD」の詳細はコチラ<<<

GyoGyoくん
GyoGyoくん

「釣りビジョンVOD」は今なら14日無料!タダでお試しできちゃうゾ♪