先代から3年スパンでのモデルチェンジが発表された「21フリームス」の印象を忖度なしでぶっちゃけてみました。

優秀なリールではありますが、正直言って前途多難にも思えるのです…。その理由はこの先にたっぷりまとめています。

サクッと読んでいってください。

ダイワ「フリームス」のモデルチェンジが決定!

出典:ダイワ

ダイワの人気リール「フリームス」のモデルチェンジが発表されました。

先代である「18フリームス」の評価が高かっただけに、期待しているユーザーも多いことでしょう。

というか先代の「18フリームス」は正直まだまだ現役ですし、モデルチェンジしなくてもぼちぼち売れそうではありました。

先代では完全に限界がきていたライバル機のシマノ「21アルテグラ」と比べると早めのモデルチェンジに感じられます。

ただ、過去の経緯を見ると

  • 15フリームス
  • →18フリームス(ここでLT化)
  • →21フリームス

という流れですから、順当といえば順当なわけです。

ダイワ「21フリームス」の価格と発売日は?

そんな「21フリームス」は2021年4月に発売予定です。番手によって差はありますが、実売価格は13,000円〜16,000円程度。

かなり本格派の性能を保ちながら、価格も抑えられているコスパモデル!

ということで、入門機〜上級者のサブ機まで幅広い活躍を期待できます。

ザイオンV降臨!「21フリームス」の特徴まとめ

出典:ダイワ

そんなわけで、「21フリームス」の特徴を詳しく見ていきましょう。注目ポイントは↓の5点です。

  1. 新素材「ザイオンV」が降臨!
  2. 注目の「ザイオンV」はボディ&ローターに採用
  3. ストッパー付きボディが復活
  4. その他のダイワテクノロジーも充実
  5. デザインは良くも悪くも先代を継承

新素材「ザイオンV」が降臨!

「21フリームス」を語る上で外せないのが新素材「ザイオンV」の存在でしょう。

軽量・高強度なダイワ独自のカーボンハイブリット樹脂「ザイオン」の進化版であります。

その結果、さらなる軽量化に加え、剛性も向上しているとのこと。

上位グレードの「21カルディア」とともにダイワリールへ初採用が決まり、注目は必至です。

フィネスゲームだけでなく、パワーゲームでも存分に活躍するポテンシャルを秘めています。

注目の「ザイオンV」はボディ&ローターに採用

出典:ダイワ

注目の新素材「ザイオンV」はボディとローターに使われています。

特にインパクトが大きいのはローターです。

従来モデルよりも25%程度の軽量化に成功しているので、巻きだしの軽さは大幅に向上していると予想。

アジングやメバリング、エリアトラウトをはじめとしたフィネスゲームとの相性はさらに良くなっているでしょう。

ストッパー付きボディが復活

出典:ダイワ

最近のリールでは排除されることが多かったボディ部のストッパー。こいつが復活しているのも隠れた注目ポイントです。

不要論が多かったから取っ払ってはみたけど、無いと不便に感じる人も意外に多かった

ってオチでしょうね。

個人的にはストッパーは害悪以外の何者でもないと思っているので、ここは不満点となります。

ただ、ストッパー復活を願っていた方にとっては、かなり魅力的なリールになるでしょう。

そういった意味でも同時期発売の「21カルディア(※ストッパーレスボディ)」とうまく棲み分けされています。

その他のダイワテクノロジーも充実

出典:ダイワ

先代と同様に、ダイワの重要テクノロジーもしっかり網羅されています。

  • マグシールド
  • タフデジギア
  • ATD
  • ロングキャスト-ABS

など、リール操作を快適にする機能はバッチリ揃います。

トータルバランスに定評があった先代よりも、さらに基礎力が上がっていると見て間違いありません。

デザインは良くも悪くも先代を継承

「21フリームス」のデザインは、先代モデルをめちゃめちゃ継承しています。

むしろ、よく見ないと先代との見分けがつかないレベルで似ているんです。

この点については賛否があると思います。

ミーハーで飽き性な筆者的には、

もうちょいデザインを変えて、目新しさを演出してほしかったな…。
初見では先代との違いがあんまわからんかったぞ。

と思っているわけです。

スペックは良いものの、そこまで所有欲が湧いてこないな〜…。

というのが正直な印象ですね。

「21フリームス」の購入に立ちはだかる壁たち

さて、仕様のチェックが終わったところで、「21フリームス」は”買い”なのか?を考えてみたいと思います。

ズバリ、筆者(※港湾部でのアジングがメインのミーハー軽量リール厨)は、多分買いません。

主な理由は↓の4点です。

  • 先代と比べてそこまで軽くなっていない
  • ボディのストッパーが不要すぎる
  • デザインに目新しさがない
  • 他のダイワ製低価格リール(18レガリスなど)が優秀である

もちろん使ってみたい欲はあるものの、現状では「ぜひ買いたい!」と思えるほどの魅力は感じていません。

(って言いながら気づいたらポチっている可能性もあるので、あしからず。)

ただ逆に

  • コスパ重視の低価格リールを3年以上買い替えていない
  • 入門用に高コスパなリールが欲しい
  • 「18フリームス」ライクなデザインが大好き
  • ストッパー欲しかったんだよ〜!

という方にとっては、買いなリールの1角に入ってくるでしょう。

2万円代まで頑張れるなら「21カルディア」を推す!

また、同時期発売の「21カルディア」の存在も、「21フリームス」の購入を見送りたくなる一要因となっています。

  • 新素材「ザイオンV」を採用したボディ&ローター
  • しかも、モノコックボディー
  • デザインも大胆チェンジで大人感漂う

てことで、ミーハーな筆者にとっては「21カルディア」の方が魅力的なのです。

リール予算をアラウンド2万円まで頑張れる方には、「21カルディア」を推します。

余談ですが、2018年のモデルチェンジでも「18カルディア」に飛びつき、「18フリームス」の購入を見送りました。

今回も同じ道を辿りそうです…。

ライバルの「21アルテグラ」がインパクト抜群

そして、「21フリームス」欲を削ぐもうひとつの要因が「21アルテグラ」。こいつがスゴすぎるんですよ。

シマノの上位機「19ストラディック」を追い落とす超絶KYな仕様が発表され、実売価格も「21フリームス」とほぼ一緒。

それでいて、アジンガーな筆者が注目する小型番手の自重もほぼ同水準ときています。

1万円台の新リールなら、「21アルテグラ」の方が魅力的だな〜。
中身はほぼ「19ストラディック」やもんな~。
「マイクロモジュールギアⅡ」と「サイレントドライブ」のコンボが1万円台前半のリールに乗ってんだからな。

というわけなんです。

どちらかを買うという決断に至った場合は、個人的には「21アルテグラ」を優先するでしょう。

「22フリームス(幻)」のほうが良かった説

前述のとおり、「21フリームス」の比較対象となる

  • ダイワ「21カルディア」
  • シマノ「21アルテグラ」

の2リールは、どちらもインパクトが強すぎます。

「18フリームス」がまだ現役で頑張れそうなことも加味すると、モデルチェンジは来年にした方が売れたのでは?

とも思っている次第です。

もちろん完全に結果論ですし、なおかつ誠に勝手な意見であることは自負しています。

ただ、この「22フリームス(幻)のほうが良かった説」に納得してくださる方はかなり多いと確信しています。

あなたはどう思いますか?

ダイワ「21フリームス」の機種ラインナップを一気見!

出典:ダイワ

相対評価軸で好き勝手言ってきましたが、絶対評価で語るなら「21フリームス」が優秀なリールであることは間違いありません。

(今さらながらフォローしておきます。)

てことで、「21フリームス」の機種ラインナップを一気見していきましょう。

番手と主な対象魚を一覧にすると↓のとおり。

番手主な対象魚
FC LT1000Sアジング、メバリング、エリアトラウトなど
FC LT2000S
FC LT2000S-XHネイティブトラウト、ライトソルト全般
LT2500エギング、バーサタイル
LT2500-XHエギング、バスフィッシング、バーサタイル
LT3000-Cバーサタイル
LT3000-CXH
LT3000バーサタイル、シーバス、SLJ
LT3000-XH
LT4000-Cシーバス、SLJ、サクラマスなど
LT4000-CXHシーバス、ライトショアジギング、サーフ、SLJ、サクラマスなど
LT5000-CXHライトショアジギング、ショアキャスティング、サーフ、磯ヒラ
LT6000D-Hショアジギング、ショアキャスティングなど
  • 1000~2000番クラス
  • 2500~3000番クラス
  • 4000~6000番クラス

の3カテゴリに分けて各番手の詳細スペックをまとめておきますね。

1000~2000番クラス

21フリームス FC LT1000S

ギア比自重
(g)
最大ドラグ力
(kg)
糸巻量
PE(号-m)
ベアリング
(ボール/ローラー)
5.21805.00.3-2005/1

21フリームス FC LT2000S

ギア比自重
(g)
最大ドラグ力
(kg)
糸巻量
PE(号-m)
ベアリング
(ボール/ローラー)
5.21855.00.4-2005/1

21フリームス FC LT2000S-XH

ギア比自重
(g)
最大ドラグ力
(kg)
糸巻量
PE(号-m)
ベアリング
(ボール/ローラー)
6.21855.00.4-2005/1

2500~3000番クラス

21フリームス LT2500

ギア比自重
(g)
最大ドラグ力
(kg)
糸巻量
PE(号-m)
ベアリング
(ボール/ローラー)
5.320010.00.8-2005/1

21フリームス LT2500-XH

ギア比自重
(g)
最大ドラグ力
(kg)
糸巻量
PE(号-m)
ベアリング
(ボール/ローラー)
6.220010.00.8-2005/1

21フリームス LT3000-C

ギア比自重
(g)
最大ドラグ力
(kg)
糸巻量
PE(号-m)
ベアリング
(ボール/ローラー)
5.321010.01.0-2005/1

21フリームス LT3000-CXH

ギア比自重
(g)
最大ドラグ力
(kg)
糸巻量
PE(号-m)
ベアリング
(ボール/ローラー)
6.221010.01.0-2005/1

21フリームス LT3000

ギア比自重
(g)
最大ドラグ力
(kg)
糸巻量
PE(号-m)
ベアリング
(ボール/ローラー)
5.222510.01.0-2005/1

21フリームス LT3000-XH

ギア比自重
(g)
最大ドラグ力
(kg)
糸巻量
PE(号-m)
ベアリング
(ボール/ローラー)
6.222510.01.0-2005/1

4000~6000番クラス

21フリームス LT4000-C

ギア比自重
(g)
最大ドラグ力
(kg)
糸巻量
PE(号-m)
ベアリング
(ボール/ローラー)
5.223512.01.5-2005/1

21フリームス LT4000-CXH

ギア比自重
(g)
最大ドラグ力
(kg)
糸巻量
PE(号-m)
ベアリング
(ボール/ローラー)
6.223512.01.5-2005/1

21フリームス LT5000-CXH

ギア比自重
(g)
最大ドラグ力
(kg)
糸巻量
PE(号-m)
ベアリング
(ボール/ローラー)
6.225512.02.0-3005/1

21フリームス LT6000D-H

ギア比自重
(g)
最大ドラグ力
(kg)
糸巻量
PE(号-m)
ベアリング
(ボール/ローラー)
5.732512.03.0-3005/1

苦境に立たされそうな「21フリームス」。あなたはどう見る?

というわけで、ダイワのNEWリール「21フリームス」の紹介は以上です。

本文でも好き勝手言ったとおり、相対評価だと苦境に立たされそうな雰囲気であるってのがホンネ…。

絶対評価なら間違いなく良いリールなんですが、競合するリールのインパクトが強すぎます。

大型新人の影に隠れる悲しき万能プレイヤー的な立ち位置になりそうな「21フリームス」。

あなたの目にはどう映っているでしょうか?

この記事で紹介したおすすめアイテム

関連記事