情報が解禁されるや否や、方々から大注目されているシマノの新作リール「ヴァンフォード」。中堅クラスのリールの中でもコスパの高さは随一となっていますので新たな相棒をお探しの方は要チェックです!

シマノのリールに新シリーズが追加!

出典:シマノ

シマノから新シリーズのリールが発表され、話題を呼んでいます。その名も「ヴァンフォード」。

明らかに「ヴァンキッシュ」の「ヴァン」をもらいましたよねっていう名前のとおり、「ヴァンキッシュ」の弟分、「ストラディックCI4+」の後継機という位置づけでリリースされています。CI4+素材を用いた軽量リールということで、我々ライトゲーマーからの熱視線を浴びているわけです。

ダイワの「20ルビアス」がブイブイ言わせていた中堅クラスの軽量リールの争いに待ったをかけるシマノ「ヴァンフォード」。本記事ではアジング(ライトゲーム)目線で、特徴や他のリールとの比較をやっていこうと思います。

シマノ「ヴァンフォード」の気になる発売日は?

出典:シマノ

シマノ「ヴァンフォード」の気になる発売日は、2020年9月~となっています。ただ、全機種同時リリースというわけではありません。

  • 9月:2500S、2500SHG、C3000、C3000SDH、3000HG、C3000XG
  • 10月:3000MHG、4000、4000MHG、4000XG、C5000XG
  • 11月:C2000S、C2000SHG、C2500SHG

ってな感じで段階的に発売されていく予定です。

アジングに使えそうな2機種(C2000S / C2000SHG)の発売は11月予定。全国的にハイシーズンを迎えるタイミングでの発売となっており、期待に胸が高鳴ります。

↓ヴァンフォード C2000S↓

【11月入荷予定/ご予約受付中】シマノ ヴァンフォード C2000S [20年モデル]

↓ヴァンフォード C2000SHG↓

【11月入荷予定/ご予約受付中】シマノ ヴァンフォード C2000SHG [20年モデル]

シマノ「ヴァンフォード」の注目ポイント

出典:シマノ

ここからはシマノ「ヴァンフォード」の特徴をサクッと見ていきましょう。すべての機能・テクノロジーを紹介していくと長ったらしくなるので、注目ポイントを↓の4つに絞ってみました。

  • 「19ヴァンキッシュ」と同じローターを採用
  • 自重はバリバリ軽いぞ。
  • ロングストロークスプールも搭載
  • その他の機能もほぼ全部乗せ

「19ヴァンキッシュ」と同じローターを採用

出典:シマノ

各メディアでもガッツリ打ち出されている「ヴァンフォード」の一番の魅力。それは「19バンキッシュ」と同じローターを採用しているという点です。

ご存知のとおり「19ヴァンキッシュ」は現行のスピニングリールの中でも最軽量クラスとなっています。実売価格は4万円台ながらも、アジング界で絶大な支持を集める、いわば王様リールです。

そんな王様と同じローターが、実売価格2万円台前半の「ヴァンフォード」に乗ってくるのは言うまでもなくアツい!贅沢ですな~。

自重はバリバリ軽いぞ。

とはいえ、ロッドワーク主体でアジングをする人(筆者含む)にとっては、ローターの良しあしはわからんバイ!って話なんですわw。なので、スペックで一番注目するのは「自重」ってことになりますよね。

「ヴァンフォード」の自重はというと、アジングで使用する最軽量クラスの番手(C2000S / C2000SHG)が150gとなっており、バリバリ軽いんですよ。兄貴分の「19ヴァンキッシュ C2000S」は自重145g。わずか5gしか変わりません。

5gっていったら、料理で使う小さじ1杯分ですからね。目をつぶって「ヴァンキ」と「ヴァンフォ」を持ち比べても全くわからないレベルだと思います。それほど軽いのです。

ロングストロークスプールも搭載

出典:シマノ

「18ステラ」や「19ヴァンキッシュ」に搭載され、飛距離が伸びるぞと話題の「ロングストロークスプール」も採用されています。若干ではあると思いますが、飛距離面でのアドバンテージもアリ!これは嬉しいことです。

その他の機能もほぼ全部乗せ

シマノ製リールの主要テクノロジーもほぼ全部乗せ状態です。目ぼしいところを挙げると↓。

  • HAGANEギア
  • マイクロモジュールギアⅡ
  • X-SHIP
  • NEW マグナムライトローラー
  • Xプロテクト
  • サイレントドライブ
  • Gフリーボディー

中堅機にここまで乗せちゃう?ってぐらいの豪華さです。

とりあえず羅列してみましたが、各テクノロジーの解説はここでは割愛します。(長くなっちゃうので…)。俺は知りたい!って方は、シマノのヴァンフォード公式ページにてご確認ください。

アジングで使える「ヴァンフォード」の番手は??

出典:シマノ
出典:シマノ

「ヴァンフォード」には2020年8月時点では、全部で14機種がラインナップされています。その中で、アジングで使う番手は↓の2機種ぐらいのもんでしょう。

番手自重ベアリング数
BB/ローラー
ギア比最大巻上長
C2000S150g7/15.169
C2000SHG150g7/16.182

アジングには基本的に、巻きが軽いローギアタイプ(C2000S)がおすすめです。極細PEを巻いて、ライトエギングなんかもするかも~って方はハイギア(C2000SHG)を選んでも良いかと思います。

「ヴァンフォード」を他の人気リールと比較してみる

出典:シマノ

ひとまず性能は申し分ない「ヴァンフォード」を競合するリールと比較してみましょう。巻き心地やデザインに関しては好みの要素も入ってくるので、比較の基準はズバリ「自重数値」。

まあ極論を言うと、アジング用リールは軽けりゃそれでOKですからね。剛性は求められていないし、ロッドワークでのリグ操作が基本なので巻きの軽さ、巻き感度もぶっちゃけそこまで必要ありません。

ってことで、アジング界で人気の競合リールと自重数値を比較すると↓。(※軽い順)

有力リール自重(g)
17ソアレ CI4+ 500S140
19ヴァンキッシュ 1000SSSPG145
19ヴァンキッシュ C2000S145
★ヴァンフォード C2000S150
18イグジスト FC LT1000S-P150
20ルビアス FC LT2000S150
17セオリー 1003155
19バリスティック LT2000SS-P160
19バリスティック FW LT1000S-P160
17ソアレ CI4+ C2000SSPG160
16ストラディック CI4+ C2000S160

比較してみて感じた点をちょいとまとめてみます。

やっぱり、予算があるなら「19ヴァンキッシュ」が最強

出典:Amazon

とりあえず、当たり前のことを言っときます。予算を気にしない人はやはり「19ヴァンキ」一択でしょう。自重も軽いし、巻きも軽くて滑らか。総合力に優れます。ガチ勢がこぞって使うわけですよね。

魔法使い
魔法使い

リールに5万出すぐらい、痛くもかゆくもねーよ。

って方には「ヴァンフォード」は不要と思われます。胸を張って「ヴァンキ」を使いましょう。

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥48,000(2020/11/30 11:18:39時点 Amazon調べ-詳細)

巻きの釣りをやらないなら「17ソアレ CI4+ 500S」もアリ

出典:Amazon

予算を抑えつつ、超軽量リールを使いたいなら「17 ソアレCI4+ 500S」も選択肢に入ります。

「機能的には、ほぼナスキーやんけ!それで2万強は高いだろ。」とか、「巻きが重すぎて使い物にならんわ!」など、ボロクソ言われたりしてるリールですが、筆者個人的には結構優秀なリールだと感じています。

確かに巻きは重いので、リトリーブ(巻き)主体でアジングをするにはちょい厳しめ。でも逆に、

魔法使い
魔法使い

ロッドワークでリグを操作するから、リールを使うのは糸フケの回収と魚とのやりとりだけなんだよね~。

って方にとっては、巻きの重さは大きな問題にはなりませんし、2万円ちょいで140gのリールを使えるメリットの方がデカいです。2020年の時点で3年落ちのリールですが、まだまだ現役で活躍してくれますよ。

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥26,334(2020/11/30 11:18:40時点 Amazon調べ-詳細)

ダイワなら「18イグジスト」か「20ルビアス」ですね

出典:Amazon
出典:Amazon

ダイワ派ならどうなんだい?って話になら、やっぱり「18イグジスト」か「20ルビアス」になりますよね~。ダイワの最軽量リールですからね。

↓予算が潤沢な方は「18イグジスト FC LT1000S-P」↓

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥73,700(2020/11/30 11:18:40時点 Amazon調べ-詳細)

↓コスパ重視の方は「20ルビアス FC LT2000S」↓

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥28,000(2020/11/30 11:18:41時点 Amazon調べ-詳細)

ってことになるかと思います。

じゃあ、「ヴァンフォード」の立ち位置は…?

出典:シマノ

じゃあ、肝心の「ヴァンフォード」は?って話に移りましょう。

価格帯・スペック的に一番の競合になるのは間違いなく「20ルビアス」。自重は示し合わせたかのような同水準ですからね。

ただ、実売価格は

  • ヴァンフォード:23,000円前後
  • ルビアス:29,000円前後

となっていますので、コスパでいうと「ヴァンフォード」が優勢。このスペックで2万円台前半に収まってるのは超魅力的です。

なので、「ヴァンフォード」は

アンコウ
アンコウ

150gクラス以下の軽量リールが欲しいけど、ヴァンキはさすがに高えよ。

って方にピッタリ。「20ルビアス」と比較して、ピンときた方を買うことになるでしょう。

「ヴァンフォード」の懸念点は…?

めちゃめちゃ高コスパな「ヴァンフォード」。あえて無理くり懸念点を挙げるなら、「見た目」かな~と思っています。若干チープに見え…?ないこともないんです。まあ、これは人それぞれ感じ方が違うから、何とも言えませんがね。

筆者個人的には見た目では、「20ルビアス」の方が好みです。それで、自重をはじめとしたスペックは似たり寄ったり。既に「20ルビアス FC LT2000S」を持っているので、今のところは「ヴァンフォード」の購入は見送る方針でいます。

GyoGyoくん
GyoGyoくん

いや、こんだけ推しといて買わないんか~い!

ってツッコミが入りそうですがw。

ただ、もし「ヴァンフォード」に1000番が追加されるなら買いたいな~と思っています。やっぱり2000番スプールはジグ単用にはデカいですからね。

シマノの新型リール「ヴァンフォード」は超優秀なアジングリールである!

というわけで、シマノの新型リール「ヴァンフォード」の紹介は以上です!

筆者が買うか、買わないかは置いといて、シマノの新型リール「ヴァンフォード」は超優秀なアジングリール。実売価格2万円台前半なのに自重150gというのは、ミドルクラスの中でも群を抜いたコスパと言えます。

アンコウ
アンコウ

軽量リールを使ってみたかったけど、値段がネックなんだよな~…。

って思っていた方にとっては、ズキュン!なリールとなるでしょう。ぜひ、ご注目ください♪

↓ヴァンフォード C2000S↓

【11月入荷予定/ご予約受付中】シマノ ヴァンフォード C2000S [20年モデル]

↓ヴァンフォード C2000SHG↓

【11月入荷予定/ご予約受付中】シマノ ヴァンフォード C2000SHG [20年モデル]

その他のシマノ製品も要チェック!

シマノはみなさんご存知の超大手メーカー。リール以外のアイテムも充実しています。アジング好きの方は↓の記事も要チェックです!

アジングの上達には「釣りビジョンVOD」がおすすめ!

アジング上達のための知識やテクニックを仕入れるなら、釣り専門の動画配信サービス「釣りビジョンVOD」がおすすめです。今なら14日間無料でアジング番組を一気見できますので、ぜひお試しあれ~♪

14日間無料の釣りビジョンVODの登録方法はこちらまで!