入門機・ステップアップ機として人気がある1万円台のエギングロッドを総まとめにしてご紹介。

近年は上位機の開発で培った技術が続々投入され、1万円台ロッドのコスパが格段に上がっています。

ベテラン勢のみなさまもお見逃しなく!

入門&ステップアップに!1万円台のおすすめエギングロッド6選

てことで、さっそく1万円台のおすすめエギングロッド6選を見ていきましょう。

ラインナップは↓のとおりです!

  • ダイワ「エメラルダスX」
  • シマノ「セフィアTT」
  • オリムピック「21カラマレッティUX」
  • メジャークラフト「トリプルクロス エギング」
  • テイルウォーク「エギストSSD」
  • アブガルシア「ソルティースタイルエギング」

注目モデルも2機種ずつピックアップしてみました。機種選びの参考になれば幸いです。

1万円台のおすすめエギングロッド①ダイワ「エメラルダスX」

出典:Amazon

「エメラルダスX」は、エメラルダスのロッドの中で最もリーズナブルな入門機。

エギング界の超人気ブランドロッドが実売12,000円前後で入手できるとあり、入門ロッドとして大人気です。

製品名に”X”と入っているとおり、バット部はダイワの独自技術「ブレーディングX」で強化。

アクションのキレが増し、大型のイカも浮かせやすいブランクスに仕上がっています。

機種一覧は↓のとおり。

機種全長(m)自重(g)エギサイズ(号)
611UL-S2.11851.5~1.8
83ML2.511051.8~3.5
83M2.511132.5~4.0
86ML2.591201.8~3.5
86M2.591202.5~4.0
86MH2.591223.0~4.5
89M2.671242.5~4.0
89MH2.671253.0~4.5

↓秋イカに最適なランガンセミショートモデル83ML↓

↓幅広いエギに対応する王道モデル86M↓

1万円台のおすすめエギングロッド②シマノ「セフィアTT」

出典:シマノ

「セフィアTT」は、セフィアのロッドの中で2番目にリーズナブルな入門&ステップアップ機。

絶妙な柔軟性がある竿調子に調整されており、ジャークを自動で最適化してくれるのが魅力です。

エギング初心者の方でも、簡単に効果的なアクションをつけることができます。

シマノ社独自の「ソフチューブトップ」搭載モデルが選べるというのも、他のロッドシリーズにはない利点。

ソリッドとチューブラーの強みが共存する新感覚ティップで、他とは一味違うエギングを体感できます。

↓ソフチューブトップ搭載のハチロクロッドS86L↓

↓操作性の高い万能セミショートS83M↓

1万円台のおすすめエギングロッド③オリムピック「21カラマレッティUX」

「21カラマレッティUX」は、2020年の話題をかっさらった価格破壊ロッド「UXシリーズ」から満を持して発売されたエギング入門機です。

他ジャンルのUXシリーズと同様にガイドはオールSiC-S仕様のメガコスパ。摩耗に弱いPEラインを使うエギングも安心して楽しめます。

ブランクス関連のテクノロジーは「グラファイトクロスLV」を採用。軽くて強いロッドを生み出す源となっています。

リールシートはダウンロック式のVSSシートです。従来の「カラマレッティ」シリーズで採用されていたアップロックから大胆に仕様変更。

手のひらになじみ、ブランクスタッチがしやすいデザインに生まれ変わっています。

今後の機種追加もあると思いますが、2021年5月現在の機種ラインナップは↓の2モデルです。

機種全長自重対応エギサイズ
832ML2.52m2.0-3.5号
862M2.59m2.5-4.0号

↓扱いやすいマイルドセミショート832ML↓

↓王道の8.6ft×Mパワーモデル862M↓

1万円台のおすすめエギングロッド④メジャークラフト「トリプルクロス エギング」

「トリプルクロス エギング」はメジャークラフトのエギングロッド中堅機です。

仕様の目玉はブランクスに適用された「クロスフォース製法」。4軸カーボンとカーボンテーピングを組み合わせたメジャークラフトの独自製法です。

エギをしっかり跳ね上げ、イカのダッシュを受け止める粘り強さを生み出してくれます。

ガイドにはSiC-Sリングを採用。軽くて摩耗性が高く、口径が大きぶん糸抜けも良いというメリットがあります。

エギングでも人気が高まっているソリッドティップモデルが揃っているってのも特長のひとつです。

穂先を目視して繊細なアタリを掛けにいくティップランをショアから楽しめちゃいます。

そんな「トリプルクロス エギング」の機種ラインナップは↓のとおり。

機種ティップ全長(m)自重(g)エギサイズ(号)
TCX-S862ELソリッド2.59非公表2.0-3.5
TCX-S862E2.59非公表2.5-3.5
TCX-832ELチューブラー2.51非公表2.0-3.5
TCX-862EL2.59非公表2.0-3.5
TCX-832E2.51非公表2.5-3.5
TCX-862E2.59非公表2.5-3.5
TCX-862EH2.59非公表3.0-4.0

↓王道の8.6ft×ソリッドティップモデルS862EL↓

↓万能キャパのセミショート832E↓

1万円台のおすすめエギングロッド⑤テイルウォーク「エギストSSD」

「エギスト SSD」はテイルウォークのエギングエントリー機。

「強さ」「軽さ」「感度」のバランスにこだわって設計されているのが特徴です。

  • エギをビシバシ動かして、イカを速やかに浮かせる「強さ」
  • シャクり疲れを軽減し、流れの変化を感じるための「軽さ」
  • アタリや地形変化を察知するための「感度」

がバランスよく備わっています。

人気を博した先代「SSD L-EGING」との一番の違いは強度。

先代よりも若干重くなっているかわりに、ブランクスの強さがアップしています。

大型のエギにも対応し、ディープや急流ポイントでも操作性を失いません。

より多彩なフィールド、シチュエーションでエギングを楽しめるようになり、死角が無くなっているってわけです。

機種ラインナップは↓のとおり。

↓シリーズ最短・最軽量のマイルド系ショートロッド79L↓

↓春イカ対応のパワーモデル86M↓

1万円台のおすすめエギングロッド⑥アブガルシア「ソルティースタイルエギング」

「ソルティースタイル エギング」は、エギングに必要な基本性能を網羅しつつ、価格を1万円台前半まで抑えた入門機です。

ブランクスにはアブ独自の「Xカーボンテープラッピング」が適用され、単純な強度に加え、ネジレ耐性もアップ。

アブらしいスタイリッシュでなデザインも健在で、見た目の美しさも人気の理由となっています。

定番のチューブラーモデルだけでなく、ショアティップラン仕様のソリッドティップモデルもラインナップ。

自分に合った楽しみ方でイカにアプローチできます。

機種ラインナップは↓のとおり。

↓ビギナーでも扱いやすいマイルドセミショート832ML↓

↓繊細なエギングが楽しめるソリッドティップモデル862MLS↓

コスパ抜群の1万円台ロッドでエギングを楽しもう!

1万円台のエギングロッドは人気メーカー各社から自信作が発売されており、競争が絶賛激化中!

良い意味で価格と釣り合わない性能をもつロッドも少なくありません。

とりあえず1万円台のロッドを入手しておけば、エギング入門から上達まで長く使い倒すことができます。

イカをたっぷり釣るための投資と思ってGETしてみてはいかがでしょう?

この記事で紹介したおすすめアイテム

関連記事