チューブラーとソリッドの特性を併せ持つ万能ティップ「ソフチューブトップ」。

その特徴を紹介しつつ、ソフチューブトップが搭載されたエギングロッドを総まとめにしてみました。

人気急上昇中の新世代ティップだけに、目が離せませんぞ。

画期的テクノロジー「ソフチューブトップ」とは…?

出典:シマノ

「ソフチューブトップ」は、シマノ社が開発した画期的なテクノロジー。

ソリッドティップのような柔らかさをもつチューブラーティップのことです。

エギングロッドをはじめとして、様々なルアーロッドに採用されています。

「ソフチューブトップ」は以前、ミドルエンド~ハイエンドクラスに搭載される特別なテクノロジーでした。

しかし、多くのユーザーが絶賛の声を上げ続けた結果、現在ではセフィアの入門クラスにも実装されています。

魅力はソリッドとチューブラーの”いいとこ取り”

詳細は後述しますが、ソリッドとチューブラーのいいとこどりをできるってのがソフチューブトップの魅力です。

一般的に、細くて柔らかいソリッドティップは控え目なアクションでゆるりと誘うのが得意。

一方でチューブラーティップは機敏な動きでアグレッシブな誘いを展開するのを得意とします。

関連記事>>>エギングロッドにはソリッド?チューブラー?長所・短所を並べつつ比較してみた。

本来、ソリッドとチューブラーは対極をなす性質を持ちます。

双方の得手不得手がハッキリしているぶん、ロッド選びで迷っちゃうんですよね~…。

そんな迷いを消し飛ばすのが「ソフチューブトップ」です。

ソリッドとチューブラーのいいところと悪いところを中和してくれます。両方の性質をもつから、まじ便利~!ってわけです。

エギングに「ソフチューブトップ」を採用するメリット

ここからは、ソフチューブトップの特徴をもうちょい詳しく見ていきましょう。

まずはメリットからです。ポイントは↓の3点。

  • 中空構造だから反響感度が高い
  • 柔らかいから荷重感度も高い
  • 穂先が丈夫で破損しにくい

中空構造だから反響感度が高い

「ソフチューブトップ」は、分類的にはチューブラーティップとなります。

内部が中空構造になっているので、振動の伝達効率が良いんです。つまり、反響感度が高いってこと。

エギに伝わる「コン」とか「ゴン!」のような振動がしっかり手元に届きます。

アタリが取りやすく、地形の変化やボトムの質感も把握しやすいです。

イカ(と魚)の着き場になりやすい”地形変化”を把握しつつ、アタリがあれば俊敏に掛けにいけます。

柔らかいから荷重感度も高い

前述の通り、「ソフチューブトップ」はチューブラーなのに、めちゃめちゃ柔らかいです。

軽い負荷にもティップが反応し、絶妙なモタレを生み出します。

  • ティップへの負荷が強くなる(ラインテンションが入る)⇒手元にジワ~っと重みが乗る感触
  • 逆にティップへの負荷が弱くなる(ラインテンションが抜ける)⇒手元がフワっと軽くなる感触

↑のようにエギにかかる荷重の変化を繊細に感じ取っていけます。つまり、荷重感度が高いってことです。

荷重感度が高いと、まず取れるアタリが増えます。

  • イカがジワ~っとエギを引っ張る(荷重ON)
  • イカがエギを食い上げる(荷重OFF)

といった振動(反響感度)では感知しにくい”違和感系”のアタリを、手元に乗っている重さの変化で察知することが可能です。

ティップが硬いロッドよりもワンテンポ早くアワセを入れていけます。

さらに、荷重のON・OFFで潮流の変化もわかるってのも利点です。

ベイトが溜まり、イカが着いている可能性が高い”潮目”への突入を手元の違和感(重さの変化)で察知できます。

目に見えないチャンスゾーンを探せるわけなので、当然釣果アップにつながるというわけです。

穂先が丈夫で破損しにくい

繰り返しになりますが、「ソフチューブトップ」は分類的にはチューブラーティップとなります。

ソリッドティップと比べて穂先が太いので、丈夫で破損しにくいです。

力いっぱいキャストしても、激しいジャークを繰り返してもティップが折れづらく、安心してエギングを楽しめます。

エギングに「ソフチューブトップ」を採用するデメリット

当然ながらソフチューブトップにもデメリットは存在します。

ソリッドほどの繊細さも無ければ、チューブラーほどの強さもありません。これがデメリットとなります。

まあ簡単にいえば、”どっちつかず”ってことですね。

ソフチューブトップは、ソリッドとチューブラーの性質を中和するようなティップです。

双方の性質を併せ持ちますが、ソリッド・チューブラー特有の尖った性能は鳴りを潜めてしまいます。

具体的には↓。

  • 通常のチューブラーほど反響感度が高くない
  • ソリッドほど荷重感度は高くない
  • 通常のチューブラーほど機敏なアクションは出せない

※上記はあくまで”一般的に”ですから、もちろん例外はあります。

感度についてはティップだけでなく、ロッドの総合的な性能も関係しますし、人によって感じ方も違います。

その点は予めご理解ください。

通常のチューブラーほど反響感度は高くない

ソフチューブトップは、一般的なチューブラーティップよりもかなり柔らかめです。

ティップのモタレが振動の一部を吸収してしまうこともあります。

中空構造という点では振動の響きは良いですが、硬くて中空構造という特徴を持つ”通常の”チューブラーティップよりは反響感度は低くなってしまいます。

ソリッドほど荷重感度は高くない

荷重感度については、一般的なチューブラーよりは高いものの、ソリッドティップには劣ります。

柔らかさはソリッドティップ並みですが、細さについては敵いません。

ごくごくわずかな負荷の変化を感じ取る能力は、ソリッドティップの方が高いといえるでしょう。

通常のチューブラーほど機敏な動きはできない

ソフチューブトップの柔らかさは、アクションのキレという点においてはマイナス要因となります。

ティップがパワーを逃がすので、穂先が硬い一般的なチューブラーロッドよりもエギの動きが緩くなりがちです。

  • 思い切り水深があるポイントのボトム付近
  • 潮の流れがめちゃ速い

といった、ティップへの負荷が強い状況では特に、エギを意のままに操作するのが難しくなります。

上記のようなシチュエーションでは、ティップに張りがある通常のチューブラーロッドを使う方が有利でしょう。

「ソフチューブトップ」を搭載したセフィアロッドを一気見!

出典:シマノ

ここまで、「ソフチューブトップ」のメリット・デメリットを紹介してきたけど、いかがでしたか?

ほげ~、ソフチューブトップめっちゃいいやん!こりゃ使ってみてえわ。

ってなった方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

ってことで、ここからは「ソフチューブトップ」が搭載されたシマノ製エギングロッド(※ショア用)を総まとめにして紹介していきます。

手ごろな「セフィアBB」から、超絶ハイエンドの「セフィアリミテッド」まで網羅してみました。

予算と照らし合わせながらチェックしてみてください。

セフィアBB(予算:15,000円前後)

出典:シマノ

「Sephia(セフィア)BB」は、シリーズの中で最もお手頃な入門機。

エギングを思い切り楽しめる性能を詰め込みつつ、価格は15,000円前後に抑えられています。

関連記事>>>シマノ「セフィア BB」の特徴&全機種まとめ

「Sephia(セフィア)BB」のソフチューブトップ搭載モデルはコチラ↓↓

セフィアBB S83L

全長自重エギサイズ継数
2.52m99g1.5~3.5号2本

セフィアBB S86L

全長自重エギサイズ継数
2.59m102g1.5~3.5号2本

セフィアTT(予算:17,000円前後)

2020年に追加された新グレード”TT”を冠したエギングロッド。

ジャークやイカとのやりとりを快適にするブランクス全体の柔らかさが大きな特徴です。

関連記事>>>ジャークを簡単にする”柔”が決め手!シマノのNEWロッド「Sephia(セフィア)TT」をご紹介!

「Sephia(セフィア)TT」のソフチューブトップ搭載モデルはコチラ↓↓

セフィアTT S83L

全長自重エギサイズ継数
2.51m96g1.5~3.5号2本

セフィアTT S86L

全長自重エギサイズ継数
2.59m96g1.5~3.5号2本

セフィアSS(予算:22,000円前後)

出典:シマノ

上位機にも適用される先端テクノロジーを多く採用したコスパ抜群のステップアップ機です。

ほとんどの機種がアンダー100gとなっており、軽量化の水準もGood!

関連記事>>>シマノ「セフィア SS」の特徴&全機種まとめ

「Sephia(セフィア)SS」のソフチューブトップ搭載モデルはコチラ↓↓

セフィアSS S83L

全長自重エギサイズ継数
2.51m92g1.5~3.5号2本

セフィアSS S86L

全長自重エギサイズ継数
2.59m92g1.5~3.5号2本

セフィアCI4+(予算:28,000円前後)

出典:シマノ

十分に軽い「Sephia(セフィア)SS」をさらに軽量化し、高度なテクノロジーも追加された人気のミドルエンド機。

コルクの風合いをプラスしたお洒落なデザインも見どころです。

関連記事>>>シマノ「セフィア CI4+」の特徴&全機種まとめ

「Sephia(セフィア)CI4+」のソフチューブトップ搭載モデルはコチラ↓↓

セフィアCI4+ S803L

全長自重エギサイズ継数
2.51m89g1.5~3.5号2本

セフィアCI4+ S806L

全長自重エギサイズ継数
2.59m89g1.5~3.5号2本

セフィアエクスチューン(予算:43,000円前後)

出典:シマノ

2020年に堂々のモデルチェンジを迎え、さらに洗練された外観と性能にグレードアップしたシマノ自慢の準ハイエンド機です。

細身で振り抜けが良く、正確なエギ操作ができ、各種感度も抜群。抜け目のない高性能モデルが揃っています。

関連記事>>>2020年に堂々のモデルチェンジ!シマノ「セフィアエクスチューン」の実力はいかに??

「Sephia(セフィア)エクスチューン」のソフチューブトップ搭載モデルはコチラ↓↓

セフィアエクスチューン S86L

全長自重エギサイズ継数
2.59m106g1.5~3.5号2本

セフィアエクスチューン S79ML

全長自重エギサイズ継数
2.36m99g1.8~3.8号2本

セフィアエクスチューン S82ML

全長自重エギサイズ継数
2.49m102g1.8~3.8号2本

セフィアエクスチューン S86ML

全長自重エギサイズ継数
2.59m104g1.8~3.8号2本

セフィアエクスチューン S810ML

全長自重エギサイズ継数
2.69m106g1.8~3.8号2本

セフィアリミテッド(予算:68,000円前後)

出典:シマノ

他を寄せ付けない価格と性能をもつシマノ社の最高峰エギングロッドです。

セフィアカラーを全面に打ち出した優雅なデザインに仕立てられており、まじでカッコよすぎます!

関連記事>>>価格と性能がヤバすぎ?「セフィア リミテッド」の超ハイエンドっぷりに絶句。

「Sephia(セフィア)リミテッド」のソフチューブトップ搭載モデルはコチラ↓↓

セフィアリミテッド S83L

全長自重エギサイズ継数
2.51m102g1.5~3.5号2本

セフィアリミテッド S85ML

全長自重エギサイズ継数
2.57m103g1.8~3.8号2本

セフィアリミテッド S77ML

全長自重エギサイズ継数
2.31m100g1.8~3.8号2本

セフィアリミテッド S89ML

全長自重エギサイズ継数
2.67m104g1.8~3.8号2本

「ソフチューブトップ」でソリッド・チューブラーを欲張ろう!

シマノの「ソフチューブトップ」は、ソリッドとチューブラーの良さを併せ持つ画期的テクノロジー。

程よい響きと柔軟性を携え、エギングの次元をさらに引き上げてくれます。

”地形”と”潮流”の変化を感じながら、いかなるバイトも逃さない!妥協なきエギングを楽しみたい方は、ぜひ使ってみてください。

その他のSephia(セフィア)アイテムにも注目!

シマノのエギングブランド「Sephia(セフィア)」からはロッドにリール、エギ、周辺アイテムまで多彩な製品が揃っています。

釣果アップにつながる高性能アイテムが目白押しですので、他のアイテムもチェックしてみてはいかがでしょうか?

関連記事>>>2020年に堂々のモデルチェンジ!シマノ「セフィアエクスチューン」の実力はいかに??

関連記事>>>爆釣アイテム多数!シマノのエギ「セフィアクリンチ」シリーズを一気見!

関連記事>>>深紅が渋カッコイイ!「Sephia(セフィア)」のエギング用リールを一気見しよう!

エギングの上達には「釣りビジョンVOD」

もっとたくさんのイカを釣るための知識とテクニックは、釣り専門の動画配信サービス「釣りビジョンVOD」から仕入れるのがおすすめです。

セフィア製品が登場する番組もたくさんあり、ギア情報の収集にも役立ちますよ。

>>>「釣りビジョンVOD」の詳細はコチラ<<<

GyoGyoくん
GyoGyoくん

「釣りビジョンVOD」は今なら14日間無料~!タダでお試しできるゾ♪