2020年のエギングシーンで最も注目を集めるロッドのひとつが「20セフィア エクスチューン」。大好評の先代モデルから正統進化した新世代エギングロッドの魅力に迫ってみました。今よりもっと繊細で、ゲーム性が高く、スリリングなエギングを楽しみたい方は要チェックです!

エギング界の2大巨塔が動いた2020年

2020年、2大メーカーのエギング準ハイエンド機

が揃ってモデルチェンジされ、エギングファンから注目を集めています。

本記事で特集するのは後者のシマノ「20セフィア エクスチューン」。好評だった先代モデルの良さを継承しつつ最新技術を盛り込み、正統進化を遂げています。

ちなみに、先代モデルの特集記事は↓。

シマノ「セフィア エクスチューン」の特徴&全機種まとめ

ダイワ VS シマノの対決

ほぼ同時期にモデルチェンジが発表され、バチバチにやり合うエギング界の2大巨塔。双方の新世代準ハイエンド機のセールスポイントを独断と偏見でまとめると↓のようなイメージです。

  • ダイワ「エメラルダス AIR AGS」 → 過去最高クラスの自重数値の軽さをプッシュ!
  • シマノ「セフィア エクスチューン」 → 時代は自重数値じゃなくて持ち軽さ・振り軽さでしょ!

エギングシーンを引っ張る2大メーカーが取る方針の明暗は分かれるのでしょうか?

両機の評価や売れ筋は、これからのエギングロッドのトレンドを占うという役割も担っているのです。

シマノ「20セフィア エクスチューン」の特長

出典:シマノ

というわけで、ここからはシマノ「20セフィア エクスチューン」の特長をもうちょい詳しく見ていく!…のですが、その前にセフィアシリーズの全体像をおさらいしておきましょう。

シリーズ実売価格
セフィア リミテッド65,000円前後
★セフィア エクスチューン45,000円前後
セフィア CI4+30,000円前後
セフィア SS20,000円前後
セフィア BB15,000円前後

セフィアシリーズのロッドをグレード順に並べると↑のとおり。

本記事で紹介する「20セフィア エクスチューン」は上から2番目の準ハイエンド機です。気軽に買えるお値段ではないですが、現役バリバリの先代モデルが大きく進化した超高性能エギングロッドとなっています。

そんな「20セフィア エクスチューン」の注目ポイントは↓。

  • コルクグリップに大胆チェンジ
  • 最上位モデルと同じ「Xガイドエアロチタン」を採用
  • 自重はそこまで変わらず…。だけど?
  • ブランクスの粘り強さは健在!
  • おなじみのカーボンモノコックグリップ
  • ソフチューブトップ搭載モデルが中心

順番に見ていきます。

コルクグリップに大胆チェンジ

出典:シマノ

まず、パッと見で大きく変わったとわかるのがグリップですね。ベースはパーフェクションシートなんですが、グリップ部分がEVAからコルクに大胆チェンジ!

フレッシュウォーター系のロッドのような渋さと風合いがにじみ出ています。まあ、機能性というよりは、デザイン性の部分なので好き嫌いがハッキリわかれるかもしれません。筆者個人的には、このコルク……好きです。

最上位モデルと同じ「Xガイドエアロチタン」を採用

出典:シマノ

ガイドセッティングは最上位モデル(セフィアリミテッド)と同じ「Xガイドエアロチタン」を採用するなど、先代モデルからグレードアップ。キャストやジャーク時の空気抵抗が減り、振りの軽さを向上させる大きな要因となっています。

自重はそこまで変わらず…。だけど?

各ジャンルのロッドにおいて、新機種が登場するたびに激しさを増す軽量化競争。そんな中で、↓のように思っているユーザーも一定数存在します。

もう、ロッドの軽量化もかなり限界に近いのでは?というか、数グラム軽くされてもわからんわ。
ていうか、自重数値よりもロッド単体でのバランスの方が大事じゃね?自重が軽くても持ち重りするんなら本末転倒でしょ。

確かに、これ以上の軽量化合戦に価値があるのか?は疑問に感じる部分ではあるわけです。ということで、シマノのエギングロッド上位機で大事にされているのが「持ち軽さ」と「振り軽さ」。これは最上位機であるセフィアリミテッドにおいても共通のコンセプトです。

「20セフィア エクスチューン」は先代モデルと比べて、自重数値はやや重くなっていますが、数字に表れない軽さを重要視して設計されています。リールを付けた状態で持ち、振ってみて下さい。数値に現れない軽さを体感できると思いますよ。

ブランクスの粘り強さは健在!

出典:シマノ

ブランクスにはシマノの十八番である「スパイラルXコア」と「ハイパワーX」が適用されています。細身で振り抜けがいいのに、エギにしっかりアクションが伝わり、デカイカを掛けても余裕で粘る!先代で好評を博した味付けは健在です。

柔らかめのセッティングで大型イカを曲げて獲る!という、エギングにおいて最もエキサイティングな展開を楽しめるモデルが中心になっているところにもシマノらしさを感じます。抱かせた後の楽しみが深いってのも「20セフィア エクスチューン」の魅力です。

おなじみのカーボンモノコックグリップ

出典:シマノ

ブランクスと一体成型されたカーボン製のリアグリップ「カーボンモノコックグリップ」は今作にも搭載されています。ブランクス内での響きを殺さず、反響感度を高めてくれるスグレモノとなっており、シマノ製ロッドの上級機クラスではおなじみの設計です。

ソフチューブトップ搭載モデルが中心

出典:シマノ

「ソフチューブトップ」は読んで字のごとく、チューブラーティップなのに柔らかい穂先のこと。

中空構造のチューブラーティップならではの反響感度はそのままに、ソリッドティップが得意とする荷重感度を追加したセフィアシリーズの目玉テクノロジーです。潮読み感度に優れ、荷重変化による違和感的なアタリも敏感に察知してくれます。

「20セフィアエクスチューン」でも初期ラインナップの7機種のうち、5機種がソフチューブトップ搭載モデル。流行りのソリッドティップモデルをあえて入れていないのは、ソフチューブトップに対する自身の裏返しなのかもしれませんね。

シマノ「20セフィア エクスチューン」の気になる機種ラインナップは?

続いては、シマノ「20セフィア エクスチューン」の機種ラインナップです。今後、追加機種も続々出てくるでしょうが、初期ラインナップは↓の7機種となっています。

機種全長(m)自重(g)エギサイズ(号)
S86L2.591061.5~3.5
S79ML2.36991.8~3.8
S82ML2.491021.8~3.8
S86ML2.591041.8~3.8
S810ML2.691061.8~3.8
S86M2.591072.0~4.0
S90M2.741082.0~4.0

20セフィア エクスチューン S86L

出典:シマノ
全長自重エギサイズ継数
2.59m106g1.5~3.5号2本

中型のエギと極細PEラインを用いた繊細なゲーム展開を得意とするモデル。いい意味でアクションが伝達されにくいので、エギの移動距離を抑えることができます。シーズン終盤のスレイカをじっくり攻略するときにもピッタリです。

20セフィア エクスチューン S79ML

出典:シマノ
全長自重エギサイズ継数
2.36m99g1.8~3.8号2本

ランガンスタイルとの相性が抜群に良いショートレングスモデル。近~中距離を手返し良く探り、足で稼ぎながらアクティブな個体を拾っていく釣りにジャストフィットします。広大な磯場のシャローエリアを打っていく展開なんかでは無類の強さを発揮するでしょう。

20セフィア エクスチューン S82ML

出典:シマノ
全長自重エギサイズ継数
2.49m102g1.8~3.8号2本

飛距離もそこそこ稼げて、取り回しも良いセミショートの8.2ftモデル。ランガンスタイルも、定点打ちも卒なくこなす新時代の万能モデルとなっています。定番レングスである8.6ftはちょっと長いな~と感じている方におすすめです。

20セフィア エクスチューン S86ML

出典:シマノ
全長自重エギサイズ継数
2.59m104g1.8~3.8号2本

キャスト・操作・ファイトなど、すべてにおいてバランスが良いと言われるエギングロッドの王道レングス8.6ftモデル。とにかく汎用性の高い1本をお探しの方に最適です。

20セフィア エクスチューン S810ML

出典:シマノ
全長自重エギサイズ継数
2.69m106g1.8~3.8号2本

しなやかなMLパワーに、8フィート10インチを合わせたロングキャストモデルです。飛距離のアドバンテージが大きいので、ブレイクまで距離のあるポイントでは一人勝ちできる可能性大!普段は手が届かない未開のポイントを攻略できるロマンあふれる1本となっています。

20セフィア エクスチューン S86M

出典:シマノ
全長自重エギサイズ継数
2.59m107g2.0~4.0号2本

大型エギにも対応し、怪物級のデカイカをかけてもズシっと粘れるMパワーモデル。適度な張りのあるチューブラーティップが採用されており、急流ポイントやディープでも高い操作性を発揮してくれます。春の大物を中心にエギングを楽しみたい方にピッタリです。

20セフィア エクスチューン S90M

出典:シマノ
全長自重エギサイズ継数
2.74m108g2.0~4.0号2本

張りとパワー、柔軟性のバランスに優れたロングロッド。キャストの飛距離も稼げて、アクションの伝達能力も高いので、水深のあるオープンフィールドを攻めることが多い方にハマるモデルです。

新時代のセフィアエクスチューンでエギングをもっと!

もっと飛距離を!もっと柔軟性を!もっとシャープな操作感を!…などなど、エギングの可能性をさらに広げてくれる「20セフィア エクスチューン」。

今よりもっと充実したエギングライフをお求めの欲張りアングラーさんにとっては、たまらないロッドに仕上がっていると思います。あなたのワガママをかなえる1本をぜひ探してみてください。

「20セフィア エクスチューン」を釣りビジョンでチェック!

ちなみに、本記事で紹介した「20セフィア エクスチューン」は既に釣りビジョンで登場済。「SALT X(ソルトクロス)」の第9回放送で、湯川マサタカさんが使い倒して、イカを釣りまくっています。状況を見極めながらのランガンも超勉強になるので、ぜひチェックしてみてください。

GyoGyoくん
GyoGyoくん

今なら「釣りビジョンVOD」が14日間無料!他のエギング番組も含めて一気見できるゾ♪

14日間無料の釣りビジョンVODの登録方法はこちらまで!

その他のセフィア製品にも注目!

エギングシーンをリードするシマノ社のセフィアシリーズには、本記事で紹介した「20セフィア エクスチューン」以外にもステキな製品がたくさん揃っています。こちらも要注目です!