がまかつのエギングロッド普及機「ラグゼ EGRR(イージーダブルアール)」をご紹介。ハイエンド機がリリースされて間もない状況とはいえ、コレ(EGRR)で良くね?って思えるぐらいの性能が実装されています。マテリアルといい、軽さといい、総合力に優れたハイスペックロッドとなっていますので、新たな相棒をお探しの方は必見です!

ハイエンド出たけど、コレ(EGRR)で良くない…??

↑2020年発売のハイエンド機「ラグゼ EGX」↑
出典:がまかつ

2020年夏、がまかつのハイエンドエギングロッド「ラグゼ EGX(イージーエックス)」が発売されました。全モデルの平均自重が80g台(2020年8月時点)など、鬼のスペックに注目が集まっています。

しかし、下位モデルにあたる「ラグゼ EGRR」も相当なハイスペックなロッドなんです。自重アンダー100gは当たり前だし、ブランクスには「TORAYCA(R)T1100G」に「ナノアロイ」という東レの高等技術がテンコ盛り。

ガイドに関しては

  • EGX:チタンフレーム×トルザイトリング
  • EGRR:ステンレスフレーム×SiCリング

とグレードの差はありますが、それをひっくるめても「EGRR」で良くない?と思えるレベルです。というわけで、本記事ではハイエンド顔負けの高性能ロッド「ラグゼ EGRR」の魅力に迫っていきたいと思います。

がまかつ「ラグゼ EGRR(イージーダブルアール)」の特徴

出典:がまかつ

「ラグゼ EGRR」の特徴をもう少し詳しく見ていきましょう。ポイントは↓の4点です。

  • 「TORAYCA(R)T1100G」を採用した高感度ブランクス
  • ガイドは安心のSiC仕様
  • 全モデルが余裕のアンダー100g
  • リザウンドグリップで反響感度を向上

「TORAYCA(R)T1100G」を採用した高感度ブランクス

ブランクスには東レの高弾性カーボン素材「TORAYCA(R)T1100G」を採用。小さなアタリや地形の変化も捉える高い反響感度を実装しています。

カーボン繊維同士をつなげる樹脂には、同じく東レの「ナノアロイ」テクノロジーが適用されています。樹脂の粒子が非常に細かいので、強度も飛躍的に向上。細身でもしっかり粘れるブランクスに仕上がっています。

ガイドは安心のSiC仕様

ガイドセッティングは、ステンレスフレーム×SiCリングの組み合わせ。ラインへのダメージが少ない安心のセッティングとなっています。

振り抜け、糸抜けという面では、上位機に搭載されているトルザイトリングに軍配が上がりますが、性能的にはSiCリングで十分です。超快適にエギングを楽しめます。

全モデルが余裕のアンダー100g

自重の軽さもがまかつ製ルアーロッドの大きな特徴です。「ラグゼ EGRR」は、全モデルの自重が余裕で100gを切る軽さに仕上げられており、感度の向上とシャクリ疲れの軽減に貢献しています。

最軽量モデルのS82L-solidに関しては自重83g。もはやライトゲームロッドの領域です。

リザウンドグリップで反響感度を向上

グリップには中空構造を設けて、響きの増幅と軽量化が図られた「リザウンドグリップ」を採用。圧倒的な感度を誇る高感度ブランクスを引き立ててくれます。

がまかつ「ラグゼ EGRR(イージーダブルアール)」の機種ラインナップ

↑「ラグゼ EGRR」のTVCM↑

がまかつの「ラグゼ EGRR」には、全部で7機種がラインナップされています。スペックの一覧は↓のとおりです。

機種全長(m)自重(g)エギサイズ(号)
S82L-solid2.49831.5~3.0
S80ML-solid2.44851.8~3.5
S79M-solid2.36852.0~3.5
S82M2.49892.0~3.5
S86M2.59922.0~3.5
S86MH2.59952.5~4.0
S79MH+2.36932.5~4.0

注目機種を4つピックアップしてご紹介しておきます。

注目モデル①ラグゼ EGRR S79M-solid

全長自重エギサイズ継数
2.36m85g2.0~3.5号2本

各メーカーがラインナップを充実させつつある7ft台のショートモデル。繊細なソリッドティップを搭載しており、違和感系の小さなアタリへの感度にも優れます。取り回しが良いレングスなので、ボートからのキャスティングゲームにも最適です。

注目モデル②ラグゼ EGRR S82M

created by Rinker
がまかつ
¥32,923(2020/11/25 00:31:55時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重エギサイズ継数
2.49m89g2.0~3.5号2本

絶妙に扱いやすく、飛距離もそこそこ出せるセミショートレングス。取り回しが良いので小場所のランガンでも強みを発揮し、多彩なフィールドで活躍してくれます。定番の8.6ftが少し長いと感じている方はぜひ。

注目モデル➂ラグゼ EGRR S86M

全長自重エギサイズ継数
2.59m92g2.0~3.5号2本

エギングロッドのド定番レングス8.6ftを採用したモデル。まあぁ~万能なので、とりあえずコレを選んでおけば大きな間違いはありません。年間を通して快適にエギングを楽しめる1本です。

注目モデル④ラグゼ EGRR S79MH+

created by Rinker
がまかつ
¥36,000(2020/11/24 08:53:25時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重エギサイズ継数
2.36m93g2.5~4.0号2本

大型のエギでもガツガツ動かせるパワフルモデル。短めの7.9ftなのでイカを掛けた後は引きをダイレクトに感じられ、超スリリングです。デカイカ狙いの楽しさをより一層引き出してくれます。

 

GyoGyoくん
GyoGyoくん

というわけで、がまかつ「ラグゼ EGRR」の紹介は以上~!その他のがまかつ製ロッドも要チェックだゾ~♪

エギングの上達には釣りビジョンVOD!

もっとたくさんのアオリイカを釣るための知識は動画でゲットするのがおすすめです。もちろんYouTubeもいいですが、質の高い釣り動画が集まる専門の配信サービス「釣りビジョンVOD」もGood!今なら14日間無料なので、ぜひ試してみて下さい。

14日間無料の釣りビジョンVODの登録方法はこちらまで!