エギングロッド選びで非常~に悩ましいポイントである「チューブラーとソリッドどっちにするか?」問題について考えてみました。双方のメリット・デメリットを挙げつつ、適切な使いどころをまとめています。ティップ選びにお悩みの方は必見です!

エギングロッドのティップには2種類がある

エギングロッドのティップ(穂先)は主に

  • チューブラーティップ
  • ソリッドティップ

の2種類に分かれます。

チューブラーティップは、穂先が空洞になっていてやや太くて硬いのが特徴。逆にソリッドティップは、穂先の中が詰まっていて細くて柔らかいという特徴があります。この「形状」と「硬さ」の違いが実釣時にちょっとした差を生み出すのです。

チューブラーティップを採用したエギングロッドの特徴

てことで、ここからはチューブラーとソリッド双方の特徴をまとめていきます。まずは太くて硬い「チューブラー」から。大半のエギングロッドに採用される多数派です。

チューブラーティップのエギングロッドを使うメリット

エギングでチューブラーロッドを使う主なメリットは↓の2点です。

  • アクションのキレが良い
  • 反響感度が高い
硬いティップは動きのキレがいい!

硬くて張りが強いので、ロッドからエギへの力の伝達がスムーズ。小さな力でエギをシャキシャキ動かすことができ、深場や流れが強いポイントでも竿先が負けずにしっかりエギをダートさせてくれます。

ロッドが空洞だから響く!

また、チューブラーロッドは竿の頭からケツまでが空洞です。穂先の中が詰まっているソリッドロッドと比べると、振動の伝達効率が良く、反響感度が高くなります。手元に伝わる「コン!」とか「ツッ!」といった振動から、アタリや地形変化などの情報を得やすいのも利点です。

チューブラーティップのエギングロッドを使うデメリット

逆に、チューブラーティップの主なデメリットは「荷重感度が低いこと」。

ティップが硬いから重さがわかりづらい…

ティップの張りが強いぶん、ラインテンションの微妙な”入り”と”抜け”を感知しにくくなります。潮流の変化や居食いの際の違和感(負荷の変化)を感じる能力はソリッドに比べて低めです。

手元に伝わる総合的な情報量は、ソリッドティップに軍配が上がります。視覚からの情報が乏しいナイトゲームになると、この情報量の差が釣果の差につながってくるんです。

チューブラーティップのエギングロッドはこんな時に使う!

メリット・デメリットを踏まえたチューブラーロッドの使いどころは↓のとおりです。

  • 水深があるポイント、流れが強いポイントを攻めるとき
  • 大きなダートで活性の高いイカを釣りたいとき
  • 視界が良いデイゲーム

基本的にチューブラーティップのエギングロッドはかなり万能です。ティップに「強さ」があるので、アングラー側で力加減を調節すればどんなシチュエーションでも使えちゃいます。

入門用やロッド1本で何でもやりたいって方にはチューブラーロッドがおすすめです。

ソリッドティップを採用したエギングロッドの特徴

続いては、細くて柔らかいソリッドティップの特徴を見ていきましょう。

ソリッドティップのエギングロッドを使うメリット

ソリッドティップの最たるメリットは「荷重感度が高いこと」です。

極端な曲がりっぷりですが、ここは気になさらず…

しなやかなティップが小さな負荷にも追随するので、エギにかかるわずかな重みの違いを感じやすくなります。微妙に重さが”抜ける”または”乗る”、違和感系アタリを感じる能力は抜群です。

また、ベイトが溜まっている可能性が高い潮のヨレも、手元に伝わる重さの変化から察知できます。潮流を使って爆釣エリアまでエギを届けるドリフト釣法も展開しやすいです。

ソリッドティップのエギングロッドを使うデメリット

一方で、ソリッドティップの主なデメリットは↓の2つです。

  • アクションのキレが悪い
  • 強度が低く、破損しやすい

ティップが柔らかいためロッドアクションの力がエギに伝わりづらくなります。ダートのキレはチューブラーに軍配です。

深場や急流エリアといった負荷が強い状況では、「強さ」の差が顕著に出ます。ティップが潮の重さに負けすぎるので、大きな跳ね上げは困難です。

また、ティップが細いぶんチューブラーより強度も劣ります。キャストやアクション時に力を込めすぎると破損につながることもあり、注意が必要です。

ソリッドティップのエギングロッドはこんな時に使う!

メリット・デメリットを踏まえてソリッドロッドの使いどころをまとめると↓のとおりです。

  • 視界が悪いナイトゲーム
  • スレイカを攻略するためのスローなゲーム展開
  • エギを流すドリフト釣法

チューブラーが万能型なら、ソリッドは専門型。ダート⇒フォールを規則的に繰り返すベーシックなアプローチに反応しないイカを狙うときに真価を発揮します。

違和感程度のアタリを掛けにいく、シャロータイプのエギを超スローに操作してスレイカを誘うなど、要は玄人好みってことですね。

まずは万能型のチューブラーでエギングの基本を覚え、「繊細な攻めにも挑戦したい!」と感じ始めた時がソリッドの出番になるでしょう。

チューブラー / ソリッドティップのおすすめロッドをご紹介

ここまで読み進めた方は、チューブラーとソリッドの特徴がわかり、自身のエギングに適しているのはどちらか?も見えてきたんじゃないでしょうか。

てことで、チューブラーとソリッドそれぞれのおすすめロッドを軽く紹介しておきます。ロッドの長さはエギングの王道である8.5ft前後を中心にチョイスしました。

チューブラーティップを採用したおすすめエギングロッド

まずは太めでパワーがあり、反響感度に優れる万能型のチューブラーロッドからです。

ローエンドのおすすめ:ダイワ「エメラルダスX 86M」

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥40,940(2020/12/05 06:14:27時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重エギサイズ継数
2.59m120g2.5~4.0号2本

詳細はコチラ>>>ダイワ「エメラルダス X」の特徴&全機種まとめ

ミドルエンドのおすすめ:オリムピック「20カラマレッティ 852M」

オリムピック/Olympic 20カラマレッティ 20GCALS-852M
全長自重エギサイズ継数
2.57m92g2.5-4.0号2本

詳細はコチラ>>>大注目のオリム新製品「20カラマレッティ」全機種のスペックを一気見!

ハイエンドのおすすめ:がまかつ「ラグゼ EGX S86ML」

created by Rinker
がまかつ
¥47,520(2020/12/05 17:19:50時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重エギサイズ継数
2.59m85g1.8~3.5号2本

詳細はコチラ>>>平均自重80g台!?めちゃ軽な「ラグゼ EGX(イージーエックス)」の全モデルをチェック!

ソリッドティップを採用したおすすめエギングロッド

お次は細くてしなやか、繊細な攻めに対応するソリッドティップを採用したおすすめロッドです。

ローエンドのおすすめ:メジャークラフト「トリプルクロス TCX-S862EL」

created by Rinker
Major Craft(メジャークラフト)
¥16,069(2020/12/05 11:47:52時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重エギサイズ継数
2.59m非公表2.0-3.5号2本

詳細はコチラ>>>メジャークラフト「トリプルクロス(エギング)」の特徴&全機種まとめ

ミドルエンドのおすすめ:シマノ「セフィアCI4+ S806M-S」

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥33,800(2020/12/05 17:19:51時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重エギサイズ継数
2.59m94g2.0~4.0号2本

詳細はコチラ>>>シマノ「セフィア CI4+」の特徴&全機種まとめ

ハイエンドのおすすめ:ダイワ「20エメラルダス AIR AGS 84ML-S」

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥38,346(2020/12/05 06:14:28時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重エギサイズ継数
2.54m83g1.8-3.5号2本

詳細はコチラ>>>まだ軽くなるんだ…。モデルチェンジしたダイワ「20エメラルダス AIR AGS」がスゴイ!

ソリッドとチューブラーのいいとこどりができる「ソフチューブトップ」

出典:シマノ

チューブラーが定番なんだろうけど、ソリッドも捨てがたいな~。流行りのドリフトってやつにも挑戦してみたいし…。でも、細くて折れやすいってのがね~…。
ん~もう!迷っちゃう!

って方は、「ソフチューブトップ」仕様のロッドを検討してみてもいいでしょう。

「ソフチューブトップ」は、ソリッドとチューブラーのいいとこ取りができるシマノ社のテクノロジーです。形状的にはチューブラーなんですが、ソリッドティップ並みの柔らかさがあります。

チューブラーの持ち味であるアクションのキレと反響感度の高さをできる限り残しながら、ソリッドティップが得意とする繊細な攻めにも対応させた絶妙なチューニングです。

チューブラーにするか?ソリッドにするか?で悩み過ぎて夜も眠れない方はぜひ使ってみて下さい。

「ソフチューブトップ」を搭載したおすすめエギングロッド

てことで、「ソフチューブトップ」を搭載したおすすめロッドもまとめておきますね。

ローエンドのおすすめ:セフィアBB S86L

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥12,280(2020/12/06 01:46:01時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重エギサイズ継数
2.59m102g1.5~3.5号2本

詳細はコチラ>>>シマノ「セフィア BB」の特徴&全機種まとめ

ミドルエンドのおすすめ:セフィアCI4+ S806L

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥27,500(2020/12/05 17:19:51時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重エギサイズ継数
2.59m89g1.5~3.5号2本

詳細はコチラ>>>シマノ「セフィア CI4+」の特徴&全機種まとめ

ハイエンドのおすすめ:セフィアリミテッド S85ML

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥75,229(2020/12/05 07:24:18時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重エギサイズ継数
2.57m103g1.8~3.8号2本

詳細はコチラ>>>シマノ「セフィア リミテッド」の特徴&全機種まとめ

チューブラーとソリッドを使い分けてエギングの釣果アップを目指そう!

というわけで、エギングにおけるチューブラーとソリッドの比較は以上です。本記事の要点を↓の表にまとめときます。

ティップ特徴
チューブラーティップ反響感度とアクションのキレに優れ、多彩なシチュエーションに対応する万能型。
しかし、繊細な攻めや違和感系アタリを取るのは苦手。
ソリッドティップ荷重感度に優れ、スレイカ攻略やドリフトアプローチで違いを出せる繊細さが魅力。
一方で、アクションのキレと穂先の強度がチューブラーよりも劣る。
ソフチューブトップ
(※シマノ社)
ソリッドティップのような柔らかさが特徴のチューブラーティップ。ソリッドとチューブラーの良さも悪さも中和してくれる。

自分のスタイルに合ったティップを選ぶと、ゲーム性が高まり、もっとエギングが楽しくなること間違いなし!釣果アップのためにも、ティップにこだわってみてはいかがでしょうか?

2020年発売の注目エギングロッドはコチラ!

アンコウ
アンコウ

おけ、ワイにドンピシャのティップがわかったわ。こうなったら、最新の高性能ロッドを買ったろう!

って方は↓の記事を覗いてみて下さい。2020年に発売された注目ロッドをまるっと一気見できます。

関連記事>>>激アツ・激戦!2020年に発売された注目のエギングロッドを総まとめ

エギングの上達には「釣りビジョンVOD」

エギング上達のための知識は「釣りビジョンVOD」から仕入れるのがおすすめです。釣果アップのテクニックを学べるエギング番組が豊富に揃っています。

>>>「釣りビジョンVOD」の詳細はコチラ<<<

GyoGyoくん
GyoGyoくん

「釣りビジョンVOD」は今なら14日間無料!気軽にお試しできるゾ♪