高性能・高コスパロッドを次々と投入し、人気を拡大しているオリムピック「コルト」シリーズ。

2022年にも主軸製品への機種追加が決定し、注目を集めています。

本記事では「21コルト プロトタイプ」「21コルト」に追加されるNEWモデルをご紹介。

アジング好き(特に遠投派)の方は要チェックです。

大人気のオリムピック「コルト」シリーズ

オリムピックの「コルト」は、巷で大人気のアジングロッドシリーズ。

高品質なカーボン素材を独自の製竿技術で仕上げ、良い意味で価格に見合わないアイテムが揃う勢いのあるブランドです。

 

そんな「コルト」シリーズの全体像(主要製品)がコチラ↓。

製品参考実売価格
20コルトUX1万円台〜
21コルト2万円台〜
21コルトプロトタイプ3万円台〜
17スーパーコルト6万円台〜
19スーパーコルトAT10万円台〜

2020年には「20コルトUX」が追加され、グッと敷居が下がって知名度アップ。

2021年にも主力グレード2製品をモデルチェンジするなど積極的な動きを見せ、アジング界での存在感をグイグイ高めています。

 

≫関連:【2022最新版】オリムピックのアジングロッド完全ガイド【コルトシリーズを一気見】

2022年、「21コルト プロトタイプ」&「21コルト」に機種追加が決定!

そんな勢いたっぷりの「コルト」シリーズは、2022年も動きます。

人気製品の

  • 21コルト プロトタイプ
  • 21コルト

への機種追加が発表されました。

注目の新機種を紹介する前に、上記2アイテムの特徴を簡単におさらいしておきましょう。

「21コルト プロトタイプ」はこんなロッド!

「21コルト プロトタイプ」は実売3万円台に仕上げられた、シリーズの中堅機。

高級マテリアル・高度テクノロジーがふんだんに使われた超本格派ロッドです。

 

「コルト」シリーズのハイエンド帯は発売からそれなりに時間が経っているものがほとんどですし、流通量もそれほど多くありません。

なので、「21コルト プロトタイプ」が実質的なフラッグシップ機として、シリーズの顔となっています。

(つまりは、めちゃ高性能ってことです。)

 

≫関連:「21コルトプロトタイプ」が発売決定!ヌーボから6年を経てのモデルチェンジに高まるぅ〜!

「21コルト」はこんなロッド!

「21コルト」は実売2万円台の普及機クラス。

シリーズ内では

  • 入門ロッドからのステップアップ用
  • ハイエンドを所持するガチ勢のサブ機

といった役割を担うアイテムです。

 

それなりにお手頃な価格設定なのに、上位機に肉薄する高性能。ということで、コスパも超優秀です。

1万円台の価格破壊ロッド「20コルトUX」に並ぶ、コルトシリーズの売れ筋グレードとなっています。

 

≫関連:「21コルト」の情報が解禁!攻めのモデルチェンジを考察&全機種をチェック

「21コルトプロトタイプ」の追加機種は”782ML-HS”

さて、ここからは2022年の追加機種をチェックしてきましょう。

まずは、「21コルト プロトタイプ」の追加機種”782ML-HS”からです。

 

初期ラインナップに入っていなかったロングモデルとなっており、最大20gのリグを背負うことが可能。

重量級のキャロやフロート等の分離シンカー系のリグを使えるので、沖を回遊するアジにコンタクトできます。

 

メタルジグを使った尺アジ・ギガアジゲームにも適性がありますし、ライトなジグ五目ゲームにもバッチリ対応。

いろんなゲームに使える汎用性も魅力的です。

「21コルト プロトタイプ」の最新ラインナップ

2022年の追加機種を踏まえた「21コルト プロトタイプ」の最新ラインナップがコチラ↓です。

機種全長(m)自重(g)ルアー重量(g)継数
552UL-HS1.6551MAX1.52本
602L-HS1.8354MAX3.02本
642UL-HS1.9354MAX2.02本
672L-HS2.01MAX5.02本
782ML-HS2.34MAX202本

人気のショートモデルに汎用性の高いミドルモデル、そして今回追加されたロングモデルが揃います。

アジングで使うすべてのリグをカバーする陣容となり、完成度が上がっていますね。

 

≫関連:「21コルトプロトタイプ」が発売決定!ヌーボから6年を経てのモデルチェンジに高まるぅ〜!

「21コルト」の追加機種は”802ML-HS”

全長自重ルアー重量継数
2.44mMAX20g2本

「21コルト」に追加されるのも遠投特化のロングモデル”802ML-HS”。

先述の「21コルト プロトタイプ 782ML-HS」よりも4インチ長いジャスト8フィートのレングスを採用した1本です。

取り回しは悪くなりますが、そのぶん遠投性能が高いという形で棲み分けがされていますね。

 

用途としては「21コルト プロトタイプ 782ML-HS」と同様。

キャロ、フロート、メタルジグを合わせての広範囲攻略を得意とします。

ブレイクが遠いサーフやゴロタ浜など、ヒットエリアが遠くなりがちなフィールドにマッチするモデルですね。

「21コルト」の最新ラインナップ

2022年の追加機種を踏まえた「21コルト」の最新ラインナップがコチラ↓です。

機種全長(m)自重(g)ルアー重量(g)継数
572UL-TS1.7050MAX2.52本
572UL-HS1.7052MAX2.02本
592XUL-S1.7548MAX1.52本
612L-HS1.8653MAX3.02本
622UL-HS1.8853MAX2.02本
642L-HS1.9355MAX4.02本
6102L-HS2.0857MAX5.02本
802ML-HS2.44MAX202本

ロングモデルの追加により、機種構成の穴がなくまりました。

多様なニーズに対応する汎用性を製品全体として手にしていますね。

 

≫関連:「21コルト」の情報が解禁!攻めのモデルチェンジを考察&全機種をチェック

ロングモデル、やっぱりきましたね。

というわけで、オリムピック「コルト」シリーズの2022年追加機種紹介は以上です。

昨年(2021年)の「21コルトプロトタイプ」「21コルト」の発表時は、

へえ〜、ロングモデルないんだ。
ジグ単・スプリットぐらいの繊細な釣りに特化する方針なんやな〜。
長尺は旧グレード使えってことか?

なんて思ってましたが、しっかりロングモデルも追加されました。

 

遠投タックルがあればサーチ可能範囲による詰みがなくなるので、安心感ありますもんね。

ユーザーからの「追加してくれ〜!」コールも多かったのでしょう。

 

とにもかくにも、新機種追加でさらに陣容が充実した

  • 21コルト プロトタイプ
  • 21コルト

を含む「コルト」シリーズは、引き続き要チェックですぞ。

 

≫関連:【2022最新版】オリムピックのアジングロッド完全ガイド【コルトシリーズを一気見】

この記事で紹介したアイテム

アジング関連の人気記事はコチラ

オリムピック関連の人気記事はコチラ

その他の人気記事はコチラ