シマノのアジングロッドがすっげぇ使いやすいもんで、ジグヘッドやワームも気になってきちゃったな。
誰か〜!ソアレシリーズのジグヘッド・ワームの選び方とかおすすめとか教えてちょ♪

本記事では↑のような疑問にお答えすべく、シマノのアジング用ジグヘッド・ワームを総まとめにしてみました。各製品の特徴や使い分けがバッチリわかるように仕上げましたので、ぜひお役立てください。

シマノ製ジグヘッドの特徴

まずはシマノ製ジグヘッド全製品に共通する特徴をサクッとご紹介しておきます。注目ポイントは↓の2点です!

  1. 高性能なオリジナルフック
  2. 役割が明確な4つのモデル

高性能なオリジナルフック

シマノのジグヘッドには緻密に造られた高性能フックが使われています。全体的な特徴として挙げられるのは↓の2つ。

  1. ちょいオープンゲイブ
  2. 狭めのゲイブ幅

口の小さなアジがしっかり吸えるようにゲイブ幅を狭めにし、アジが吐き出す前に外向きのフックで掛けるという算段です。針先は開いているといってもほんのわずか。極端なオープンゲイブではないので、アタリを弾くリスクが抑えられています。

役割が明確な4つの基本モデル

シマノ製ジグヘッドのフックは各個に尖った性能を与えず汎用性を重視するチューニングです。しかし、そのぶんヘッドの形状でジグヘッドの役割(個性)を明確にしています。

  • リフト&フォール主体なら「スフェーラヘッド」
  • ディープや急流ポイント用の「タングステンファインヘッド」
  • ダートで捕食スイッチを入れる「スキップヘッド」
  • 巻き抵抗がわかりやすくリトリーブに最適な「ドラッグヘッド」

といったように、各ジグヘッドの使いどころが非常に明確です。大まかな特性さえ知っておけば、好みの攻め方にベストマッチするジグヘッドを簡単に選ぶことができます。

 

シマノのアジング用ジグヘッドまとめ

というわけで、ここからは各ジグヘッドの特徴を見ていきましょう!シマノ製のアジング用ジグヘッドのラインナップは↓の4種類です。

  1. ソアレ スフェーラヘッド
  2. ソアレ タングステンファインヘッド
  3. ソアレ スキップヘッド
  4. ソアレ ドラッグヘッド

ソアレ スフェーラヘッド

アジングでは鉄板といえるラウンドヘッド型のジグヘッド。テンションフォール時の姿勢が安定するので、リフト&フォール主体の基本的なアプローチを得意とします。

一見すると丸く見えるのですが、サイドは平たくなっているので横からの潮受けもGood!軽量ジグヘッドを流れと同調させるドリフトアプローチにもおすすめです。

フック形状はシャンクは短めでワームのアピール力を活かし、やや外向きのフックで即掛けする定番スタイル。シマノ製のアジング用ジグヘッドを買うならまずコイツからでしょう!

シマノ(SHIMANO)
¥550(2020/06/04 05:25:25時点 Amazon調べ-詳細)

ソアレ タングステンファインヘッド

鉛よりも高比重なタングステン製ヘッドが採用されたジグヘッド。同じ重量の鉛製ジグヘッドよりもヘッドが小型化されており、空気と水の抵抗を受けにくいのが特徴です。

キャスト飛距離も増し、フォールもスムーズ。より広範囲を攻めたいとき、ディープや急流ポイントを重点的に攻めたいときに便利です。

ソアレ スキップヘッド

やじり型のアタマが特徴のジグヘッド。ロッドを軽くシャクってあげれば、左右にダートしてくれるので魚へのアピール力はピカイチです。リアクションバイトを誘いたいデイゲーム、機敏な動きで捕食スイッチを入れたい渋めなナイトゲームでの使用がおすすめ。

しかし、激しいダートは魚をスレさせる原因にもなってしまいます。基本はナチュラルな巻きとリフト&フォールを主体としながら、どうしてもの時にダートを使うなど、ある程度使いどころを限定してあげたほうが無難です。

シマノ(SHIMANO)
¥385(2020/06/04 16:10:50時点 Amazon調べ-詳細)

ソアレ ドラッグヘッド

進行方向にある大きな水受けカップが特徴のジグヘッド。水平移動時の引き抵抗が大きくなり、リトリーブ時にジグヘッドの存在感を得やすいのが利点です。

また、リールの性能に依存する部分もあるのですが、引き抵抗の変化によって潮流の変化も察知しやすいのもGood!リトリーブを中心にアジングを組み立てる方にピッタリのジグヘッドとなっています。

シマノ(SHIMANO)
¥385(2020/06/04 05:25:26時点 Amazon調べ-詳細)

 

次ページ>>>シマノ製ワームの特徴

1 2 3