2021年の注目リール「21カルディア」をエギング視点で考察していきます。

ついでに、1~2万円台の同価格帯リールとの比較もまとめました。高コスパなエギングリールをお探しの方は、ぜひお役立てください。

「21カルディア」が登場!性能をエギング的に考察

出典:ダイワ

2021年にモデルチェンジされた「カルディア」。先代で非搭載だったテクロジーや素材が採用され、話題を集めています。

エギング目線での「21カルディア」注目ポイントはコチラ↓。

  • 新素材の「ZAION V」を採用
  • モノコックボディー化で剛性アップ
  • FCモデルの追加がアツい!

それぞれについてサクッと解説しておきます。

ちな、「21カルディア」の特徴は↓の記事で詳しく解説しているゾ!

新素材の「ZAION V」を採用

出典:ダイワ

「21カルディア」のボディーとローターには、新素材「ZAION V」が採用されています。

従来の「ZAION」素材よりも軽さと剛性が増しており、先代からわかりやすく進化しているってわけです。

モノコックボディー化で剛性アップ

「21カルディア」にはモノコックボディー(一体成型)も採用され、巻きのパワーと剛性も強化されています。

新素材とモノコックのコンボのおかげで、先代「18カルディア」よりも遥かに丈夫です。

デカイカとやり合う際の安定感は大きく向上しているといえます。

FCモデルの追加がアツい!

先代の「18カルディア」にはなかったFC(フィネスカスタム)モデルが追加されたのも激アツポイントです。

「FC LT2500S」の自重180gは、1万円台の2500番リールの中では余裕の最軽量。

エギング的には一番の注目モデルといえるでしょう。

【余談】非FCモデルの軽量化は進まず…

ただ、非FCモデルの2500番クラスは、先代と比べて軽量化が進んでいません。

先代との比較は↓のとおり。

18カルディア21カルディア
18カルディア LT2500S
(自重185g)
21カルディア LT2500S
(自重190g)

非FCモデルの2500Sクラスは先代の方が軽いってのはちょい残念です。

「21カルディア」のエギング対応モデルは?

出典:ダイワ

「21カルディア」のなかで、エギングに適したモデルは↓の3番手です。

  • FC LT2500S
  • LT2500S
  • LT2500S-XH

21カルディア FC LT2500S

ギア比自重
(g)
最大
ドラグ力(kg)
糸巻量
PE
(号-m)
ベアリング
(ボール/ローラー)
5.11805.00.6-2006/1

「21カルディア」のイチオシモデル。1000番クラスのボディーに2500Sスプールが乗っかっています。

秋エギングにピッタリです。

21カルディア LT2500S

ギア比自重
(g)
最大
ドラグ力(kg)
糸巻量
PE
(号-m)
ベアリング
(ボール/ローラー)
5.21905.00.6-2006/1

非FCの2500Sモデル。エギングの定番サイズではあるのですが、個人的にはより軽い”FC LT2500S”を推します。

21カルディア LT2500S-XH

ギア比自重
(g)
最大
ドラグ力(kg)
糸巻量
PE
(号-m)
ベアリング
(ボール/ローラー)
6.21905.00.6-2006/1

糸フケの回収効率が良いハイギアモデル。手返し重視したい方におすすめです。

「21カルディア」を競合エギングリールと比較

出典:ダイワ

ここからは「21カルディア」を競合リールと比較していきましょう。

1~2万円台の有力エギングリールの自重と実売価格を一覧にしたのがコチラ↓です。

リール自重実売価格
20ルビアス FC LT2500S155g26,000円前後
20ヴァンフォード C2500SHG160g22,000円前後
21カルディア FC LT2500S180g18,000円前後
21フリームス LT2500200g13,000円前後
19セフィアSS C3000S205g20,000円前後
21アルテグラ 2500SHG220g13,000円前後
19ストラディック 2500S220g19,000円前後
18セフィアBB C3000S235g14,000円前後
19エメラルダス LT2500S-DH240g17,000円前後
  • 2500クラスと3000クラス
  • シングルハンドルとダブルハンドル

が混在していますが、現時点の有力リール(※軽さ重視)の勢力図は上表のとおり。

てことで、上表をもとに2021年の1~2万円台エギングリール事情をまとめておきます。

「21カルディア」は1万円台なら最強?

エギング用リールを1万円台から選ぶなら、「21カルディア」が最強でしょう。

”FC LT2500S”の自重180gは1万円台のエギング対応リールの中では最軽量。

エギングに必要な剛性も備わっており、死角がありません。

ちょっと頑張って「20ヴァンフォード」「20ルビアス」ってのもアリ

「21カルディア」からもうちょっと予算を頑張れるなら、「20ヴァンフォード」または「20ルビアス」がおすすめ。

ハイエンドまで含めたエギング用リールの中でもトップクラスの軽さを誇り、「21カルディア」よりも圧倒的に軽いです。

2万円台まで許容範囲に入るなら、「20ヴァンフォード」or「20ルビアス」を激推しします。

ランクを落とすなら「21フリームス」or「21アルテグラ」

やっぱカルディアはちょいと高いわ。
少々重くてもいいから、1万円ちょいぐらいのリールがいいな~。

って方は「21フリームス」あるいは「21アルテグラ」がおすすめです。

1万円ちょいの価格帯ながらも、防水機構がしっかりしており、巻きも滑らか。

ノーストレスでエギングを楽しめます。

デザイン重視ならエギング専用ブランドのリール

ダイワの「エメラルダス」やシマノの「セフィア」といったエギング専用ブランドのリールも選択肢に入ってきます。

「エメラルダス」や「セフィア」のロッドと合わせてコーデを楽しみたい方におすすめです。

「21カルディア」はエギングシーンでも輝く高コスパリール

というわけで、「21カルディア」のエギング的考察は以上です。

コスパに優れ、同価格帯のリールのなかで高い優位性を誇るのは先代カルディアと同様。

エギングリールとしてもかなり魅力的な選択肢となっています。気に入った方はぜひGETしてみてください。

この記事で紹介したおすすめアイテム

関連記事