シマノから発売されている低価格リール「22ミラベル」と「21ナスキー」を徹底比較。

高コスパと評判の両アイテムの仕様を比較しつつ、おすすめの選び分けについて解説していきます。

低価格・高品質なスピニングリールをご所望の方は、ご一読ください。

シマノの汎用スピニングリール一覧

出典:シマノ

まず手始めに、シマノ社から発売されている汎用スピニングリールの全体像をおさらいしておきましょう。

一覧は下表のとおりです。

製品定価
22ステラ85,400~91,900円
19ヴァンキッシュ61,000~64,000円
21ツインパワーXD50,300~51,900円
20ツインパワー46,000~49,800円
20ヴァンフォード31,400~35,500円
19ストラディック26,600~29,800円
21アルテグラ16,800~21,100円
22ミラベル14,400~18,000円
21ナスキー10,700~14,400円
22サハラ8,700~10,500円

この記事で比較するのは「22ミラベル」と「21ナスキー」。

実売価格で1万円前後クラスの低価格・高コスパ路線の製品です。

各ジャンルの入門用リール、あるいは中上級者のサブリールとして注目されています。

シマノ「22ミラベル」の基本情報

出典:シマノ

22ミラベル」は、2022年発売の汎用スピニングリール。

軽量性を持ち味とする低価格リールとして、シマノの2022年秋冬新製品の目玉として注目されてます。

シマノ「21ナスキー」の基本情報

出典:シマノ

21ナスキー」は、2021年発売の汎用スピニングリール。

価格的には「22ミラベル」のひとつ下のグレードにあたります。

やや重ためではあるものの、アンダー1万円とは思えないほど基本性能がしっかりしているのが特長。

上位リールでおなじみの機構を多数採用する、良コスパリールです。

「22ミラベル」と「21ナスキー」の仕様を比較!

ここからは、「22ミラベル」と「21ナスキー」の仕様・スペックを比較していきましょう。

両製品の仕様一覧はコチラ↓です。

22ミラベル21ナスキー
サイレントドライブ
コアプロテクト
HANAGEギア
Xシップ
Gフリーボディー
ベアリング数
BB/ローラー
5/15/1
ボディ材質CI4+高強度樹脂
ローター材質CI4+高強度樹脂
自重(2500Sクラス)205g240g
定価14,400~18,000円10,700~14,400円
実売価格12,000円前後8,000円前後

最も大きな違いは軽さ

価格帯が近い両者には、共通の機構も多く含まれます。

しかしながら、ボディーとローターの材質が違うぶん、「22ミラベル」のほうが圧倒的に軽い。これが一番の違いです。

百聞は一見に如かず。ということで、主要番手の自重比較は下表のとおり。

22ミラベル21ナスキー自重差
C2000S180g210g-30g
2500SHG205g240g-35g
C3000HG205g240g-35g
4000XG245g285g-40g
C5000XG270g305g-35g

見てのとおり、「22ミラベル」のほうが圧倒的に軽いです。

「たった30g」と思うかもしれませんが、リールの30gってのは意外とバカにできません。

両者を手に取って比べてみると、その差がよくわかるでしょう。

「22ミラベル」と「21ナスキー」ならどっちがおすすめ?

22ミラベル」と「21ナスキー」の選び分けにおいては、軽さと実売価格をてんびんにかけることになります。

  • 4000円余計に出してでも、軽いほうがいいなら「22ミラベル
  • 軽さよりもリーズナブルさを重視するなら「21ナスキー

といったところです。

ただ、「どちらがおすすめ?」と聞かれれば、基本的には「22ミラベル」をおすすめすることになります。

総合的に優秀なのは「22ミラベル」

そんなわけなので、1万円強の費用を何とも思わない人には「22ミラベル」をおすすめします。

当たり前ですが、お値段に差があるぶん性能が良いです。特に自重の軽さには、決定的な違いがあります。

ボディーに軽量・高強度なCI4+素材が使われているので、剛性面も「22ミラベル」に軍配。

フトコロが寒くならないなら、総合力が高い「22ミラベル」を選ぶほうが無難でしょう。

「21ナスキー」がおすすめなのは?

とはいえ、「21ナスキー」も決してコスパが悪いというわけじゃありません。

リールの重さが気にならない、あるいはロッドのバランス設計が良くないからあえて重めのリールを合わせたい、といったケースでは「21ナスキー」をチョイスするのもアリです。

また「21ナスキー」はローターが重めなので、適度に慣性が効いた巻き取りが可能。

プラグなどを一定スピードで巻き続けるような釣りでは、ローターに重量がある「21ナスキー」のほうが安定するかもしれません。

「21アルテグラ」も含めると…?

ちなみにシマノ製リールにおいては、「22ミラベル」とほぼ価格帯の上位リール「21アルテグラ」という選択肢もあります。

3製品の仕様を比べると↓のとおり。

21アルテグラ22ミラベル21ナスキー
マイクロモジュールギアⅡ
防水機構Xプロテクトコアプロテクトコアプロテクト
ロングストロークスプール
サイレントドライブ
シリーズコアソリッドMGL
ウォームシャフトオシュレーション
自重(2500Sクラス)220g205g240g
ベアリング数
BB/ローラー
5/15/15/1
ボディ材質CI4+CI4+高強度樹脂
ローター材質高強度樹脂CI4+高強度樹脂
定価16,800~21,100円14,400~18,000円10,700~14,400円
実売価格14,000円前後12,000円前後8,000円前後

21アルテグラ」の強みは、巻き関連の性能が高いことです。

最上位の「22ステラ」まで採用されている”マイクロモジュールギアⅡ”を搭載するなど、ギアまわりの仕様が充実していますからね。

ちなみに、「22ミラベル」と「21アルテグラ」の両製品については、以下の記事で徹底比較しています。

21アルテグラ」にも興味がある方は、↑ものぞいてみてください。

どちらも高コスパだが、総合力なら「22ミラベル」に軍配!

というわけで、「22ミラベル」と「21ナスキー」の比較は以上です。

両者は価格帯が近い製品同士ということで、仕様の共通点は少なくありません。

しかしながら、「22ミラベル」の圧倒的な軽さは、価格差を凌駕しているように思えます。

なるべくリーズナブルで軽いリールをお求めの方にとっては、かなり有力な製品となるでしょう。

とはいえ、ちょっぴり重いことに目をつむれば、「21ナスキー」のコスパもGood!

こちらもまだまだ目が離せません。

あなたは、「22ミラベル」と「21ナスキー」のどっち派でしょうか。

シマノ「22ミラベル」関連の特集記事はコチラ

スピニングリール関連の人気記事はコチラ