シマノ「22ミラベル」の登場によって、カオスな状況になりそうな低価格リール界。

この記事では、「22ミラベル」とダイワの人気リール「18レガリス」を徹底比較していきます。

記事後半には、両製品にまつわる補足情報も盛り込みました。

実売1万円近辺でええ感じのリールをお探しの方は、ご一読ください。

「22ミラベル」&「18レガリス」の基本情報

両リールの共通点

シマノ「22ミラベル」とダイワ「18レガリス」には、とある共通点があります。

それは、どちらも”軽量・低価格”を売りにする製品であるという点です。

両者ともに、実売でアラウンド1万円という低価格ながらも、一昔前の中堅~ハイエンドリールなみに軽量化されています。

軽量・低価格・高コスパ!

軽量タックルの優位性は周知のとおりですが、軽いリールやロッドは基本的に高額です…。

そんななか、「なるだけ出費を抑えつつ、軽いリールが欲しい」というニーズに応えてくれるのが、「22ミラベル」であり、「18レガリス」なのです。

「22ミラベル」と「18レガリス」の仕様・スペック比較

出典:シマノ

さて、お次は「22ミラベル」と「18レガリス」の仕様やスペックを比較していきましょう。

仕様一覧は↓のとおりです。

22ミラベル18レガリス
ハンドルねじ込み式供回り式
防水機構コアプロテクトなし
ベアリング
BB/ローラー
5/15/1
主な搭載テクノロジー・HAGANEギア
・Xシップ
・サイレントドライブ
・マグナムライトローター
・コアプロテクト
・Gフリーボディー
・AR-C スプール
・CI4+
・ATD
・エアローター
・タフデジギア
・パーフェクトラインストッパー
・LC-ABSスプール
自重(2500S)205g205g
機種数全11番手全11番手
定価11,100~12,900円14,400~18,000円
実売価格8,000円前後12,000円前後

上表のなかでも特に重要な項目について、いくつかポイントを挙げながら解説していきます。

違い①ハンドル

一番の違いはハンドルの固定方式です。

22ミラベル」はねじ込み式、「18レガリス」は供回り式を採用しています。

ねじ込み式を採用するリールは、供回り式を採用するリールと比べて、ハンドル周りのガタつきが少ないのが特長。

リーリング操作の快適さについては、「22ミラベル」のほうが圧倒的優位といえるでしょう。

違い②防水機構のアリ/ナシ

次に注目すべきは防水機構の有無です。

違いは↓のとおり。

  • 「22ミラベル」は防水機構アリ
  • 「18レガリス」は防水機構ナシ

22ミラベル」には、”コアプロテクト”というシマノ独自の防水機構が搭載されています。

より上位のリールに採用されている”Xプロテクト”ほどではないものの、防水性はそこそこ高いです。

リール内部の経年劣化を、ある程度は抑制してくれます。

一方、「18レガリス」には、防水機構(マグシールド)が搭載されていません。

長期的な耐久性は、「22ミラベル」よりも劣るとみていいでしょう。

違い③軽さ

両者のストロングポイントである自重の違いは↓のとおり。(※類似モデルを5機種ほどピックアップ)

22ミラベル18レガリス
1000番クラス1000
175g
LT1000S
185g
-10g
2000番クラスC2000S
180g
LT2000S
190g
-10g
2500番クラス2500SHG
205g
LT2500S-XH
205g
0g
3000番クラスC3000HG
205g
LT3000-CXH
230g
-25g
4000番クラス4000XG
245g
LT4000D-CXH
245g
0g
5000番クラスC5000XG
270g
LT5000D-CXH
250g
+20g

両者の軽さはおおむね同水準ですが、全体的に「22ミラベル」のほうがやや軽いかな~といったところです。

仕様・スペックは「22ミラベル」の方が優秀!?

ここまで紹介してきた違いをまとめますと、

  • ガタつきの少なさ:「22ミラベル」が優勢
  • 防水性:「22ミラベル」が優勢
  • 軽量性:「22ミラベル」がやや優勢

という感じになります。

お値段が高めな「22ミラベル」の方が、全体的に仕様が充実していますね。

「22ミラベル」と「18レガリス」はどちらがおすすめ?

予算に余裕があるなら「22ミラベル」

まず、予算を1万円ちょっとまで許容できるという方には、基本的には「22ミラベル」のほうがおすすめです。

18レガリス」と比べると、価格差があるぶん順当に性能が高いでしょうからね。

予算に余裕があるなら、「22ミラベル」一択です。

とにかくお値段を抑えたいなら「18レガリス」

逆に、なるだけ予算を抑えたいって方は、「18レガリス」を選ぶのもアリです。

22ミラベル」と比べて格段に重いわけではありませんし、基本性能もアンダー1万円のリールとしては十分すぎるほど。

実釣時に困ることは、ほとんどないと思います。

※ガタつきが心配なら、釣具屋に出向いて実機を触ってみると良いでしょう。

「22ミラベル」と「18レガリス」にまつわる補足情報

出典:シマノ

「18レガリス」は後継機発売が近い?

「18レガリス」の発売は2018年となっており、本記事執筆時点で発売から4年ほど経過しています。

ダイワ社のリールは、3~5年スパンでモデルチェンジされるケースが一般的。

18レガリス」の後継機が登場するのも、そう遠くないでしょう。

  • マグシールド
  • ねじ込み式ハンドル
  • 2500Sクラスの自重195g
  • 実売価格10,000円前後

みたいな後継機がすぐに発売されても、何ら不思議ではありません。

18レガリス」は、2022年現在でも高コスパ。

…なんですけども、後継機の発売が近そうな状況で、飛びつく旨みは少ないです。

「22ミラベル」は品薄必至?

22ミラベル」はシマノ社の2022年秋冬新製品のなかでも、特に注目度が高いアイテム。

発売からしばらくは、品薄で入手困難になる可能性も否定できません。

21アルテグラ」が発売直後から品薄になり、転売ヤーが湧いたことも記憶に新しいですし…。

22ミラベル」も同じ道をたどる可能性が高いかも?

どうしても欲しいって方は、なる早で予約しておいたほうが良いでしょう。

「18レガリス」は待ち、「22ミラベル」が品薄なら…

ってことなので、「22ミラベル」の発売からしばらくは、

という悩ましい状況になりそうな予感…。

そうなってくると、市場への供給量が安定している

あたりも再注目されそうです。

アラウンド1万円のリールは、近年どんどんクオリティーが上がっています。

最新アイテムの「22ミラベル」に固執する必要はそれほどありません。

在庫切れにイライラし続けるぐらいなら、近い価格帯の別リールを買っちゃうほうがストレスは少ないと思います。

22ミラベル」は予約してまで買わんかな~。

という方は、品薄を想定して、今のうちからいくつかの選択肢を検討しておくと良いかもしれません。

低価格リールの動向から目が離せない!

出典:シマノ

てなわけで、シマノ「22ミラベル」とダイワ「18レガリス」の比較は以上です。

どちらも”軽さを持ち味とする低価格リール”ということで、競合度はバチバチ。

性能的には4000円ほどお高い「22ミラベル」のほうが優秀と思われますが、結局はどちらを買っても不満を感じることはないでしょう。

コスパ最強との呼び声も高い「18レガリス」に、その称号を取って代わらんとする「22ミラベル」。

そして、ダイワから発売されるであろう後継機の存在も気になります。

低価格リールの熾烈な競争には、今後も要注目ですね~。

この記事で紹介したアイテム

低価格帯リールの人気記事はコチラ

スピニングリール関連の人気記事はコチラ